2017年06月09日

雌伏 六十五

小説「新・人間革命」〉 雌伏 六十五

 「それでは、一緒に勤行しましょう」
 山本伸一は、「勇将グループ」のメンバーらと共に勤行し、皆の健康と一家の繁栄、目黒創価学会の勝利を真剣に祈念した。
 その後、婦人部、女子部の幹部らと懇談した。区の婦人部長からは、特に伸一の会長辞任後、激しさを増す寺の学会批判のなか、一人も同志を落とすまいと、個人指導に全力を注いでいることが報告された。
 「苦労をかけるね。辛いだろうが、今が正念場だよ。必ず事態を打開していくから、すまないが頑張ってほしい」
 伸一の言葉に、彼女は目を潤ませた。
 「先生、私たちは負けません! 大切な同志を、守り抜いてみせます」
 「ありがたいね。頼みます」
 すると、区の女子部長が言った。
 「女子部は今、活発に部セミナーを開催して、折伏・弘教を推進しております。信心する友人も増え、皆が歓喜に燃えています」
 「すごいね。新しい時代が来たね。時代は創るものだ。一緒に築き上げようよ」
 伸一は、嬉しかった。
 彼と峯子が一九五二年(昭和二十七年)五月三日に結婚し、新生活のスタートを切ったのが目黒区三田であった。戸田城聖の家にも近かった。夫婦して師を守り、学会の未来を開こうと誓い合い、広布の新たな歩みを開始していったのだ。その目黒の青年たちが、吹雪に胸を張り、進むように、喜々として弘教に励んでいることに喜びを覚えたのである。
 語らいのあと、伸一は、二階の広間に向かった。既にセミナーは終わっていたが、役員をはじめ、各部のメンバーが残っていた。彼は、ここでも皆と記念撮影し、さらに、「うれしいひなまつり」「月の沙漠」「人生の並木路」をピアノ演奏した。
 「皆さんへの、せめてもの励ましとして、ピアノを弾かせていただきました。何があっても、堂々と勇気をもって進もう!」
 試練の嵐のなかで、同志は奮戦していた。創価の新しき力の胎動が始まっていたのだ。
posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月9日

作家の半藤一利さんが「デマのスピード」と題して、こんなエピソードを紹介している▼時は1938年(昭和13年)。日中戦争が泥沼化し、日常生活も苦しくなる中、巷には多くのデマが飛び交っていた。そこで、デマが広まる速さを“実験”しようと陸軍参謀の一人が民間の友人に吹き込んだ。“国民の士気に関わるので今は伏せているが、実は双葉山が昨日死んだ”▼その後、参謀本部は“24時間内に、この噂話が入ったら直ちに報告せよ”と国内外の全陸軍部隊に周知した。双葉山といえば当時、69連勝した大横綱。噂話はたちまち広がった。一番遠くは満州(現・中国東北部)にある司令部からの報告だったという(『歴史のくずかご』文春文庫)▼日蓮大聖人は「立正安国論」で「速に対治を回して早く泰平を致し」(御書33ページ)と。世にはびこる誤った思想や宗教を「速に」打ち砕き、「早く」社会の平穏を取り戻す。これが仏法者のあるべき姿勢であろう▼インターネットの発展により、今は情報が瞬時に世界を巡る。人々の不安をあおる悪意に満ちた話も後を絶たない。私たちはウソを追い抜くような速度で、人を励まし、人をつなぐ言論戦を展開したい。よりよい社会を築くために必要なのは「真実を伝えるスピード」である。(値)
posted by ハジャケン at 08:59| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六 有

 万世(ばんせい)の為に太平を開くの語で名高い
 宋初の碩学張横渠(ちょうおうきょ)の説。
 その達見深識に敬服する。
 (一)言に教有り。(言葉には人の道の教え)
 (二)動に法有り。(行動は礼に適う)
 (三)晝(ひる)に為す有り。(昼は有為な働き)
 (四)宵(よる)に得る有り。(夜は読書の学び)
 (五)瞬に養有り。(射には修養)
 (六)息に存有り。(学問は呼吸の如く)
 瞬・養有りは、先ず瞬(まばた)かざるを学んで而(しか)る後、
 射を言うべし(列子・湯問)でわかる。
 息・存あり。学記に四焉即ち蔵焉・修焉・息焉・遊焉を説いている。
 学問が息と同じになることである。
 達人の息は静かに深い。
posted by ハジャケン at 08:56| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P761

今日蓮等の類(たぐい)南無妙法蓮華経と唱え奉る者は皆地涌の流類なり―――
 御義口伝P761
posted by ハジャケン at 08:54| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月9日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月9日
家柄でもない。
学歴でもない。
容姿でもない。
財産でもない。
社会的地位でもない。
幸福はあなた自身の心で決まる。


posted by ハジャケン at 08:53| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

雌伏 六十四

小説「新・人間革命」〉 雌伏 六十四

 山本伸一は、勇将グループのメンバーと、目黒平和会館の階段で記念のカメラに納まった。そして、目黒長の佐々井幸啓に言った。
 「活動は明るく、はつらつと進めていくんだよ。みんな、ありのままでいいんです。
 リーダーは、画一的に物事を進めるのではなく、どうすれば、それぞれの人が自分らしく、伸び伸びと、最も力を発揮していけるのかを考えていくことです。
 また、前進の牽引力となるのは、リーダーの率先垂範です。自分の行動と情熱、真剣さで、皆を触発していくんです。同志の心に歓喜と闘魂を燃え上がらせるのが勇将です」
 以来、十一カ月ぶりの訪問であった。
 会館のロビーには、子どもたちの声が弾み、何人もの壮年や婦人の姿があった。これから二階の広間で、柿の木坂支部の支部セミナーが開催されるという。
 「皆、大変ななかで、胸を張って頑張っているんだね。嬉しいね」
 彼は、子どもたちも含め、そこにいたメンバーと一緒に写真を撮った。
 会館の三階に上がると、二十人ほどの壮年が集っていた。なんと、あの「勇将グループ」の研修会であった。
 責任者を務める本部長の勝田常一が、感極まった顔で言った。
 「先生! ありがとうございます」
 「不思議だね。また、『勇将グループ』の皆さんとお会いできるなんて」
 「前回、記念撮影していただいたメンバーは卒業し、今回は、新しいメンバーが集っています」
 「すばらしいことだ。陸続と人材が育っていってこそ、広宣流布の前進はある。現状維持は停滞です。創意工夫をかさね、常に現状を打破し、希望へ、勝利へ、未来へと進んでいく力が信心です。どうか、一人立つ一騎当千の人材を育て続けてください。目黒は全員が勇将となり、常に勝利の大道を開き、その精神を世界に伝え抜いてほしい。
 『勇将・目黒』万歳だ!」
posted by ハジャケン at 08:36| 山梨 ☔| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月8日

宮崎県内の海岸で、アカウミガメの産卵が始まった。実は日本は、世界有数のアカウミガメの産卵地。太平洋側を中心に産卵が確認され、北太平洋では唯一の産卵地となっている▼環境省の「ウミガメ保護ハンドブック」によると、日本で生まれたアカウミガメは、黒潮にのって太平洋を横断し、エサが豊富な米カリフォルニア半島の沖合を目指す▼そこで成長したアカウミガメは、産卵のために再び日本へ戻ってくるのだが、子ガメが親ガメほどの大きさになるには、約30年もかかるそうだ。長旅を経て、夜の浜辺で静かに産卵するアカウミガメがいとおしくなる▼カメと言えば、法華経に説かれる「盲亀浮木の譬え」を思い出す。深い海の底にすむ「一眼の亀」は苦しみから逃れるため、自分にぴったり合う栴檀の浮木に出あうことを願う。ところが、海面に浮上する機会は千年に一度。その時、大海原で条件を満たした浮木に出あうことは極めてまれなことから、正法に巡り合うことの難しさを教えている▼日蓮大聖人は「一切衆生は一眼の亀なり栴檀の浮木とは法華経なり」(御書779ページ)と。仏法に巡り合えた喜びと感謝を忘れまい。師と共に、同志と共に前進する世界広布新時代の今こそ、千載一遇の「天の時」である。(誼)
posted by ハジャケン at 08:35| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六 憎

 金持って高ぶるほど憎きはなし。
 書を見ずして物識り顔する。
 人に物やりて恩にきせる。
 吝(しわ)きこと。
 欲ふかきこと。
 人をそねむ。
 ―柳澤里恭・雲萍雑誌―
posted by ハジャケン at 08:32| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P748

師子吼とは仏の説なり説法とは法華別しては南無妙法蓮華経なり、
師とは師匠授くる所の妙法子とは弟子受くる所の妙法・吼とは師弟共に唱うる所の音声なり作とはおこすと読むなり、
末法にして南無妙法蓮華経を作(おこ)すなり―――
 御義口伝P748
posted by ハジャケン at 08:31| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月8日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月8日
健康は勝ち取っていくものです。何を食べ、
どんな生活を送るのか。決めるのは自分自身です。
病気を治すことより、
病気を防ぐことが第一の健康法なのです。


posted by ハジャケン at 08:30| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

雌伏 六十三

小説「新・人間革命」〉 雌伏 六十三

 山本伸一は、奄美のメンバーを見送ると、東京・世田谷区の功労の同志夫妻を訪ねた。一家は、目黒区内で焼き鳥店を営んでおり、開店前のひととき、その店舗で懇談した。
 彼は、集っていた家族の近況に耳を傾けながら、人生には幾つもの苦難の坂があり、信心根本にそれを乗り越えていくなかに、一生成仏への確かな道があると語るなど、励ましを重ねた。
 このあと、目黒平和会館(後の目黒国際文化会館)へ向かった。目黒区の宗門寺院では、前年一月から、学会への激しい誹謗・中傷が繰り返されていた。一途に広宣流布に走り抜いてきた同志は、身勝手な学会批判に、地団駄を踏む思いであった。そのなかで、正義の勝利を確信し、活動に励んできたのだ。
 伸一は、前年の三月十一日にも、同志の激励のために目黒平和会館を訪れていた。会長辞任の一カ月余り前のことである。その時、一階に居合わせた高等部員に声をかけた。
 「未来は君たちのものだ。やがて広宣流布のいっさいを担って、活躍する時代が来る。そのために、今は、しっかり勉強して、力をつけ、時が来たら、社会のため、民衆のために、さっそうと戦っていくんだよ。二十一世紀の君たちの雄姿を楽しみにしています」
 そして、階段を上がり始めると、ちょうど壮年たちが下りてきた。若手壮年の人材育成グループのメンバーであるという。
 「なんという名前のグループなの?」
 伸一が尋ねると、先頭にいた壮年が、胸を張って答えた。
 「『勇将グループ』です」
 「いい名前だね。中心者はどなたですか」
 「私です!」と、その壮年が言った。
 「お名前は?」
 「勝田常一と申します」
 眉毛の太い、凜々しい顔立ちの四十過ぎの丈夫である。
 「『勇将』に『勝田』――すばらしいね。勇将というのは、吹き荒れる烈風に勇み立つ人だ! 困難に闘魂を燃やす人だ!」
posted by ハジャケン at 08:44| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月7日

“スーパー銭湯”などの人気はあるものの、都内の公衆浴場の数は、年を追って減り続けているという▼東京・八王子市のある銭湯が昨秋、創業62年でのれんを下ろすことに。だが周知されるや、存続を求める署名運動が起こった。始めた有志の一人は「住民の貴重な交流の場だし、震災時には防災拠点にもなるから」と。署名は約2600人分も集まり、感動した店主が閉店の延期を宣言。テレビでも紹介され、銭湯は今、多くの人でにぎわう▼東京・信濃町の総本部がある場所にも、かつて「信濃湯」という名の銭湯があった。営業していた時期は、昭和21年からの10年間。戦火で家を失った人たちのために地元町会が作ったもので、連日満員の大繁盛だったそうだ。昼間や休日には集会場として活用され、子どもたちが紙芝居を見たり、婦人が民謡を踊ったりしていたという▼人情味あふれる交流の場が今、世界中の人々が訪れる地となったことに、往時を知る方々も「不思議な縁を感じる」と語る。毎夏、総本部の敷地で行われる信濃町商店振興会主催の盆踊り大会も盛況だ▼社会の平和と安穏を目指す「立正安国」とは一面、“地域共同体の再生作業”ともいえよう。にぎやかに対話を広げながら、心通い合うわが町を築いていこう。(之)
posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする