2017年04月25日

女性に贈る言葉365日 4月25日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月25日
躾とは、日々の生活を、闊達に、
円滑に、自他共に楽しく、
回転させていくためのリズムを、
「美」に「美しく」
体得していくことといえるかもしれない。


posted by ハジャケン at 08:50| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

雌伏 二十六

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十六

 若い力が育てば、未来は希望に光り輝く。
 九月の創価大学の訪問で山本伸一は、試合を控えたラグビー部のメンバーや、野球部、卓球部の代表とも記念のカメラに納まった。
 十月には、創価大学の体育大会に臨み、閉会式であいさつした。社会にあって、あらゆることに対応していくために、学生時代に基本を徹して身につけていくよう、力を込めて訴えたのである。
 人生の価値創造のためには、崇高な使命を自覚することが大切である。そして、その使命を果たしていくには、基本をしっかりと修得していくことが不可欠であるからだ。
 さらに、東京創価小学校の運動会や、いもほり大会にも参加した。
 創価学園の寮を訪ね、寮生、下宿生との懇談も行った。ここでは、一人ひとりが「光る存在」になってほしいと語った。「光る存在」とは、人びとを励まし、希望、勇気を与える人のことである。
 また、十一月の二日には、創価大学の「創大祭」に、三日には、創価大学の卒業生の集いである「創友会」の総会に出席した。
 伸一には、“創価大学、創価学園の出身者は、民衆の幸福、世界の平和の実現のために、必ず二十一世紀の大空に羽ばたいてくれるにちがいない”との大きな期待と強い確信があった。そのメンバーが、自らを磨き鍛え、大成長している姿を見ると、元気が出た。勇気が湧いた。
 「創友会」総会に集った一人が、声を弾ませて報告した。
 「先生。私たちは、確認し合いました。
 『もう創立者に決意を述べている時代は終わった。これからは、“実際に、こうしました。こうなりました”と、結果をもって集う実証の時代である。それが、弟子が立つということである』と」
 伸一の顔に笑みが浮かんだ。
 「そうか。嬉しいね。みんなが創立者の自覚で道を開いていくんだ。それが、わが創価教育の栄えある伝統なんだから」
posted by ハジャケン at 08:39| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋元御書P1071

器に四の失(とが)あり・一には覆(ふく)と申してうつぶけるなり・又はくつがへす又は蓋をおほふなり、
二には漏(ろ)と申して水もるなり、三には汙(う)と申して・けがれたるなり水浄けれども糞(ふん)の入りたる器の水をば用ゆる事なし、
四には雑(ぞう)なり・飯に或は糞或は石或は沙或は土なんどを雑(まじ)へぬれば人食(くら)ふ事なし、器は我等が身心を表す、
我等が心は器の如し口も器・耳も器なり―――
 秋元御書P1071
posted by ハジャケン at 08:35| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月24日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月24日
平凡でもいい   
私はいつも   
春風の笑顔を 忘れずにいたい    
太陽の希望を はつらつと輝かせたい    
月光と語らいながら 知性を深めたい    
白雪のごとく 清らかに光る人でありたい


posted by ハジャケン at 08:34| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

名字の言〉 2017年4月23日

人の経歴の8割は偶然の出来事で決まる――スタンフォード大学のJ・D・クランボルツ教授が提唱する学説だ。社会的成功を収めた数百人を調査した結果、8割がその地位を築いた要因に、偶然の出会いなど予期せぬ出来事を挙げたという▼とはいえ、決して“偶然に身を委ねる生き方”を勧めているわけではない。教授は、主体的に行動する中で起こるさまざまな偶然を人生を開く好機にする「計画的偶発性理論」を提唱。成功の鍵として@旺盛な「好奇心」A努力を重ねる「持続力」B前向きに物事を捉える「楽観主義」C固定観念に縛られない「柔軟性」D失敗を恐れない「冒険心」を挙げる▼「ああなりたい」「こうしよう」と意思をもって努力することは大切だ。ただ人生は何が起きるか分からない。予想外の何かが起きたとき、“自分が考えていたこととは違う”などと切り捨てず、“新しい人生が開けるかもしれない”と捉えてみる。不断の努力を重ねつつ、目の前の出来事に心を開いておく――その構えがチャンスを呼び込むともいえよう▼池田先生は御書を拝し、「強き信心とは、強力な磁石のように、幸いを万里の外より集める力である」と▼勇んで動けば、思いがけないドラマが待っている。出会いの春。軽快に一歩を踏み出そう。(開)
posted by ハジャケン at 09:09| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋元殿御返事P1070

師檀となる事は三世の契り種熟脱の三益別に人を求めんやーーー
 秋元殿御返事P1070
posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月23日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月23日
私は、生涯青春という言葉が好きである。
いわゆる若さとは、決して年齢によって決まるものではない。
自分の持つ目標に向かって、
たくましく生き抜く情熱の炎によって決まると信じているからだ。
若くして心の老いた人もいる。一方、
どんなに高齢になっても希望を失わず、
心の若々しい人は生涯青春である。


posted by ハジャケン at 09:05| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

雌伏 二十五

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十五

 山本伸一は、創立者として創価大学、創価高校・中学、東京創価小学校の諸行事等にも、極力、出席するように努めた。彼は、人生の最後の事業と定めた教育に、今こそ、最大の力を注ごうと決意していたのである。
 九月には、創大生や学園生の代表と一緒に、国立市の梨園へ梨狩りにも行った。
 創価大学では、秋期スクーリングに参加していた通信教育部の学生たちと記念撮影もした。彼は、働き学ぶ通教生の大変さを痛感していた。自身も勤労学生であったからだ。
 伸一は、戦後、東洋商業(後の東洋高校)の夜学を出て、大世学院の夜学に進んだ。入学した翌年の一九四九年(昭和二十四年)一月から、戸田城聖が経営する出版社に勤務した。この年の秋、不況の煽りを受け、会社の経営が行き詰まり、残務整理に追われる日が続き、やがて夜学を断念する。戸田は伸一に万般の学問を授けるため、全精魂を注いで個人教授を行う。いわゆる「戸田大学」である。
 そして、伸一が会長に就任して六年ほど過ぎたころ、大世学院の後身となる富士短期大学(後の東京富士大学)から、卒業のためのリポートを提出してはどうかとの強い勧めがあった。彼は、教えを受けた大世学院の高田勇道院長に報いる意味からも、学校側の厚意に応えることにした。
 当時、伸一は、日本国内はもとより、欧米訪問など、東奔西走の日々であり、小説『人間革命』の執筆もあった。そのなかでリポート提出のための関係書籍を買い求め、移動の車中や、会合と会合のわずかな時間を縫うようにして学習に励み、「日本における産業資本の確立とその特質」(経済史)など、十のリポートを書き上げていった。
 したがって伸一には、通教生たちの苦闘が痛いほどわかるのである。それだけに断じて負けないでほしかった。最後まで挫けずに、卒業の栄冠を手にしてほしかったのである。
 「鉄は炎の中で鍛えられ、人は困難の中で鍛えられる」(注)とは、中央アジアの誇り高きカザフ民族の箴言である。
 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『カザフ民族の諺と慣用句』V・B・ザハーロフ、A・T・スマイロワ編訳、カチェヴニキ出版所(ロシア語)
posted by ハジャケン at 10:53| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月22日

かつて物理学者のアインシュタイン博士が来日した折、開かれた歓迎の会食会。博士を招待した出版社の社員たちに交じり、一人の少年がテーブルの端で小さくなって座っていた▼彼を見つめる博士に、通訳が耳打ちする。“あの子は、社員たちが東京駅に博士を迎えに行った時、一人で留守番をしていた子”――博士は即座に立ち上がり、その十二、三歳の少年の目の前へ。握手をして彼の労をねぎらった。博士は、この日の日記に「事実上もっとも年少の社員の晴れやかな握手によって歓迎」されたとつづっている▼博士は常に“陰の人”に敬意を払った。ホテルを出る時にも、わざわざスタッフに向かって、心のこもったしぐさで帽子をとった。反対に、地位ばかり高く、傲慢な連中には、厳しく批判的な目を向けた(金子務著『アインシュタイン・ショックT』岩波書店)▼池田先生は、「わが学会は、陰の労苦を惜しまない尊き尊き皆さま方によって支えられている」と語った。本紙配達員の「無冠の友」をはじめ、不惜身命で広宣流布に走る全ての陰の同志への感謝は尽きない▼陰に徹する人を「英雄」とたたえ、励ましの光を送り続けていく。それが創価三代の師弟の魂であり、現代社会に必要な人間尊敬の哲学である。(速)
posted by ハジャケン at 10:51| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖教の目的

 聖学の目的は人と為(な)るに在(あ)る。
 乃(すなわ)ち聖教の目的も
 人と為るの道を教えることになければならぬ。
 人と為るということは、
 決して漫(みだり)に書を読むことでもなければ、
 単に思想を抱くだけのことでもない。
 小は一身を修めることより
 大は天下を治平(ちへい)するに至る迄、
 現実に目覚ましい理想欣求(ごんぐ)である故に
 聖教は常に最も活き活きした現実に
 人生を動かしてゆく力でなければならぬ。
posted by ハジャケン at 10:50| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曾谷殿御返事P1059

法華経は燈の如く行者は油の如し檀那は油の如く行者は燈の如し―――
曾谷殿御返事P1059
posted by ハジャケン at 10:48| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月22日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月22日
子どもの前で陰険な夫婦喧嘩は避けたいものだ。
子どもたちは、たとえ見ぬふりをしていても、
つぶらな瞳を通し、柔らかい皮膚を通して、
鋭敏に両親の振舞いを感受し、
それに感応していることを、
つねに忘れてはならない。


posted by ハジャケン at 10:45| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする