2017年04月14日

一代五時継図P689

恵能く惑を破し理を顕す・理は惑を破すこと能(あた)わず、
理若し惑を破せば一切衆生・悉く理性を具す何が故ぞざる、若し此の恵を得れば即ち能く惑を破す故に智を用(も)つて乗体と為す―――
一代五時継図P689
posted by ハジャケン at 09:04| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

総勘文抄P569

痛ましいかな悲しいかな末代の学者仏法を習学して還って仏法を滅す―――
 総勘文抄P569
posted by ハジャケン at 08:37| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

総勘文抄P560

九界の衆生は一念の無明(むみょう)の眠の中に於て生死(しょうじ)の夢に溺(おぼ)れて本覚の寤を忘れ夢の是非(ぜひ)に執(しゅう)して冥(くら)きより冥きに入る―――
 総勘文抄P560
posted by ハジャケン at 08:58| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

法華初心成仏抄P544

「法に依って人に依らざれ義に依って語に依らざれ知に依って識に依らざれ了義経に依って不了義経に依らざれ」―――
 法華初心成仏抄P544 
posted by ハジャケン at 09:04| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

持妙法華問答抄P463

只須(すべから)く汝仏にならんと思はば慢のはたほこをたをし忿(いか)りの杖をすてて偏に一乗に帰すべし、
名聞名利は今生のかざり我慢(がまん)偏執(へんしゅう)は後生のほだしなり―――
 持妙法華問答抄P463
posted by ハジャケン at 10:51| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

四 恩

 我々はこの天地の中にあって、
 無量の恩恵に生きているのである。
 心地観経によれば、人に四恩が説かれている。
 第一は父母の恩、第二は衆生(しゅじょう)の恩、
 第三は国王の恩、第四は三宝の恩。
 正法念経には一に母、二に父、三に如来、
 四に説法の師の恩を挙げている。
 もとよりそれはいみじきものを挙げたのであって、
 哲学や科学の進歩はますます我々に
 万物の不可思議な因縁と
 恩義とを教えるばかりである。
posted by ハジャケン at 09:09| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生成仏抄P383

都て一代八万の聖教・三世十方の諸仏菩薩も我が心の外に有りとは・ゆめゆめ思ふべからず、
然れば仏教を習ふといへども心性を観ぜざれば全く生死を離るる事なきなり、
若し心外に道を求めて万行万善を修せんは譬えば貧窮(びんぐ)の日夜に隣(となり)の財(たから)を計(かぞ)へたれども半銭の得分もなきが如し、
然れば天台の釈の中には若し心を観ぜざれば重罪滅せずとて若(も)し心を観ぜざれば無量の苦行となると判ぜり、
故にかくの如きの人をば仏法を学して外道となると恥(はずか)しめられたり、爰(ここ)を以て止観(しかん)には雖(すい)学(がく)仏教・還(げん)同外見(どうげけん)と釈せり―――
 一生成仏抄P383 
posted by ハジャケン at 09:08| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

一生成仏抄P383

故に妙法と唱へ蓮華と読まん時は我が一念を指して妙法蓮華経と名くるぞと深く信心を発すべきなり―――
 一生成仏抄P383
posted by ハジャケン at 09:02| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

報恩抄P314

「法華経を讃むると雖も還て法華の心を死(ころ)す」等云云、此等をもつておもうに法華経をよみ賛歎する人人の中に無間地獄は多く有るなり、
嘉祥・慈恩すでに一乗誹謗の人ぞかし―――
 報恩抄P314 
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

撰時抄P287

王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず―――
 撰時抄P287
posted by ハジャケン at 08:33| 山梨 | 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

撰時抄P271

此経を釈して云く浅は易く深は難しとは釈迦の所判なり浅を云て深に就くは丈夫の心なり―――
 撰時抄P271
posted by ハジャケン at 08:35| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

唱法華題目抄P16

但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず―――
唱法華題目抄P16  
posted by ハジャケン at 09:21| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

南条兵衛七郎殿御書P1495

善なれども大善をやぶる小善は悪道に堕つるなるべし―――
 南条兵衛七郎殿御書P1495
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

新池御書P1441

いかなる智者聖人も無間地獄を遁るべからず、又それにも近づくべからず与同罪恐るべし恐るべし―――
 新池御書P1441
posted by ハジャケン at 09:57| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

妙法比丘尼御返事P1408

謗法と申す罪をば我れもしらず人も失とも思はず・但仏法をならへば貴しとのみ思いて候程に・此の人も又此の人にしたがふ弟子檀那等も無間地獄に堕つる事あり―――
 妙法比丘尼御返事P1408
posted by ハジャケン at 09:50| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

松野殿御返事P1382

有る人此れを分って云く「先きに悪因を列(つら)ね次ぎに悪果を列ぬ悪の因に十四あり・一に驕慢(きょうまん)・二に懈怠(けだい)・三に計(けい)我(が)・四に浅(せん)職(しき)・五に著(じゃく)欲(よく)・六に不解(ふげ)・
七に不信(ふしん)・八に顰蹙(ひんしゅく)・九に疑惑(ぎわく)・十に誹謗(ひぼう)・十一に軽善・十二に憎善・十三に嫉善・十四に恨(こん)善(ぜん)なり」此の十四誹謗は在家出家に亘(わた)るべし恐る可し恐る可し―――
 松野殿御返事P1382
posted by ハジャケン at 09:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

阿仏房尼御前御返事P1308

相構えて相構えて力あらん程は謗法をばせめさせ給うべし―――
 阿仏房尼御前御返事P1308
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

阿仏房尼御前御返事P1307

但(ただ)し謗法に至って浅深あるべし、偽り愚かにしてせめざる時もあるべし、真言・天台宗等は法華誹謗(ひぼう)の者いたう呵(か)責(しゃく)すべし、
然れども大智慧の者ならでは日蓮が弘通の法門分別しがたし、然る間まずまず・さしをく事あるなり立正安国論の如し、
いふと・いはざるとの重罪免れ難し、云って罪のまぬがるべきを見ながら聞きながら置いていましめざる事・眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲なり、
章安の云く「慈無くして詐(いつわ)り親むは即ち是れ彼が怨なり」等云云、重罪消滅しがたし弥(いよいよ)利益の心尤も然る可きなり、
軽罪の者をば・せむる時もあるべし・又せめずしてをくも候べし、自然になをる辺(へん)あるべし・せめて自他の罪を脱(まぬが)れて・さてゆるすべし、
其の故は一向謗法になれば・まされる大重罪を受くるなり、彼が為に悪を除けば即ち是れ彼が親なりとは是なり―――
 阿仏房尼御前御返事P1307
posted by ハジャケン at 09:00| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

秋元御書P1072

世間の学匠は法華経に余行を雑(まじ)えても苦しからずと思へり、日蓮も・さこそ思い候へども経文は爾(しか)らず―――
 秋元御書P1072
posted by ハジャケン at 09:00| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

曾谷殿御返事P1064

禅宗と申す大邪法・念仏宗と申す小邪法・真言と申す大悪法・此の悪宗はなをならべて一国にさかんなり―――
 曾谷殿御返事P1064
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

曾谷殿御返事P1056

謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め水の中に火を尋ぬるが如くなるべしはかなし・はかなし、
何(いか)に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、うるし千ばいに蟹(かに)の足一(ひと)つ入れたらんが如し、毒気(どっけ)深入(じんにゅう)・失(しっ)本心(ぽんしん)故(こ)は是なり―――
 曾谷殿御返事P1056
posted by ハジャケン at 10:13| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

種種御振舞御書p92

されば仏法を習わん人・後生をねがわん人は法華誹謗をおそるべし―――
 種種御振舞御書p923 
posted by ハジャケン at 09:14| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

御義口伝P755

本心を失うとは謗法なり―――
 御義口伝P755 
posted by ハジャケン at 09:14| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

総勘文抄P570

此くの如く自在なる自行の行を捨て跡形も有らざる無明(むみょう)妄想(もうそう)なる僻(ひが)思(おもい)の心に住して三世の諸仏の教訓に背(そむ)き奉れば
冥(くら)きより冥きに入り永く仏法に背くこと悲しむ可く悲しむ可し―――
 総勘文抄P570 
posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする