2016年12月31日

一年ありがとうございました

ここ数年

思いもよらない事件、事故
温暖化による自然環境の異常

すべては
人間が 住みよい環境をと
自然破壊しつつあるのでしょうか

一度 破壊したものは
あとには 戻れません。

もう一度
自分を反省し
明年に 未来に良いものを残して行きたいものです。

人任せにせず
ちょっとだけ動くことが大事でしょう。

今年一年
当ブログご笑覧頂き
ありがとうございました。

なかなか 当方の発言がなく申し訳ございませんでした。
明年は 一人事風に投稿いたしてまいります。

今後とも
ご指導ご教示お願いいたします。

ハジャ
posted by ハジャケン at 10:36| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

お詫び

いつも、明日に向かって走れblogご来訪ありがとうございます。

昨日は、三つも同じ投稿アップしてしまい
申し訳ございませんでした。

これからも よろしくお願いいたします。

ハジャ
posted by ハジャケン at 09:59| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

本年のご訪問ありがとうございましたm(_)m

いつも、当ブログご笑覧
ありがとうございます。

2014年も、今日一日
みなさんにとって
どのような年であったでしょうか?

政治も経済も社会も自然環境も
激変の年でしたね。

明2015年は
自然との共生を源に
原発被災者さま仮設生活されてる方々
ご健康であり明るい灯が見えますように。
良き年でありますことを祈念いたします。

ご愛顧有難うございました。

明日に向かって走れ
管理者 ハジャ
posted by ハジャケン at 01:26| 山梨 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

お詫び

日頃、当ブログご来訪、ご笑覧ありがとうございます。

ここ数日、PC不具合にて投稿出来ません。
今夜、明日には復旧投稿いたします。

ご心配お掛け申し訳ございません。

HTCより送信
posted by ハジャケン at 10:29| 山梨 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

お詫び

今回の大雪災害につき、
平時の内容から 山梨県関連を中心にした
大雪、交通、生活情報の投稿とさせて頂きます。

当地でも、各地の災害を
対岸の火事ととらえ
まさか!との思いでしょう。

人生には、この「まさか」が、
いつ、どこでも起こることを認識し、
今後の糧としていきたいものです。

災害は忘れた頃に・・・

善からんは不思議、わるからんは一定これなり。と

人生は、良いことなど希であり、常に悪いことのほうが当たり前に多いのだ。と・・・


まだまだ、マスコミでは報道されていない
高齢者の助けのメッセージも多いようです。



posted by ハジャケン at 22:01| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートフォン

当ブログは、スマートフォンなどでも閲覧出来ますので、ご利用ください。
posted by ハジャケン at 21:37| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

明けまして おめでとうございます

2.jpg



本年も、皆様にとって ご健勝ご多幸の2014年でありますように。
変わらぬご愛顧と、ご来訪を お待ちしております。
posted by ハジャケン at 01:55| 山梨 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

一年ありがとうございました。

今年一年、当ブログ閲覧くださり、誠に ありがとうございました。

少しでも、今というものを感じていきたかったのですが
当方の勉強不足、スキルのなさを感じております。

しかし、多少でも、何かを感じてくださったと確信しております。
この一年を振り返り、歴史の怖さを痛感しております。

政治も経済も社会も 人任せにせず
自分も責任の一端があることを自覚し
どう、未来に繋げていくか?
ここから 始まると感じております。

明年も、皆様にとって、スキルアップの年であり
強靭な心を維持しうる年でありますよう
また、ご健勝であられますよう
祈念いたしております。

メッセージ、叱咤激励
ありがとうございました。

明年も、相変わらず、ご訪問くださりますように。
良き年を お迎えくださいませ。

多謝
ハジャ
posted by ハジャケン at 11:19| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

お詫び 

いつも、当ブログご訪問ありがとうございます。

この度は、パソコンのHDD換装、すべてのソフトの再インストールと
データー移行に時間が掛かってしまい、
当ブログの更新、投稿も遅延しました。

また、読者の方々からも 多大なご心配を頂き
本当に申し訳ございませんでした。

同時に、今現在も風邪で四苦八苦している状況です。

皆様におかれましても、天候の不順
寒暖の差が大きく、風邪など ひかれませんように
御自愛くださいませ。

本当に、ご心配おかけし、申し訳ございませんでした。
これからも、当ブログご愛顧よろしく、お願い致します。

ハジャ
posted by ハジャケン at 01:33| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

本年も よろしくお願いいたします

青年学会 勝利の年
おめでとうございます。

本年も、よろしくお願いいたします。

2013blg.jpg

2013年
変革の年となりえるでしょうか。
それには、一人一人が変革する思いがあるかどうかでしょう。
友のためにも、常に先生の御指導、御書を心肝してゆこうと決意。

勇気の年

青年学会 勝利の年へ
posted by ハジャケン at 11:16| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

ありがとうございました

本年2012年も、あと数時間で2013年へ

当ブログを飽きずにご愛顧くださり、
ありがとうございました。

本年後半は、各国で代表が変わり
我が国も変わりました。

明年は、変革の序曲となりうる年と感じます。
我が師匠を我が心に常に心肝し、戦いぬいていきましょう。

誰かがやるのではなく、自分から・・・

明年も、皆様にとって、良き年でありますように、
相変わらず、よろしく お願いいたします

              2012/12/31 ハジャ


posted by ハジャケン at 17:24| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

創価学会関西吹奏楽団 特別演奏会をUSTREAM配信

創価学会関西吹奏楽団 特別演奏会をUSTREAM配信

番 組 名 : 創価学会関西吹奏楽団 特別演奏会
配信日時 : 6月5日(日) 13:00〜15:30予定(日本時間)
曲 目 : 交響曲第3番≪オルガン付き≫(サン=サーンス)、バレエ音楽≪白鳥の湖≫(チャイコフスキー) 他
※配信時間前は、閲覧できません。
※インターネットの回線状況により音声や映像の途切れなどがあります
※パソコンでのみの視聴となります


【Ustreamの視聴サイト】
http://www.ustream.tv/channel/sokanetlive

SOKAnetのfacebookページ内にある「MyUstream」からもご覧になれます。
http://www.facebook.com/sokanet.jp

【ツイッターを開設】
USTREAM配信専用のツイッターアカウントを開設しました(〜6月5日)     

 アカウント @SOKAnetLIVE
ハッシュタグ #ks40

【利用サポート】

インターネットの回線状況によっては、音声や映像が途切れたり、閲覧できなくなることがあります。USTREAMのヘルプセンターをご覧ください
posted by ハジャケン at 21:14| 山梨 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

『24』、ファイナルシーズンは放送延期に 原発事故に配慮




残念ですが、しかたありませんね。
posted by ハジャケン at 09:57| 山梨 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

2011年のテーマ  「人材・躍進の年」

もう一度、本年のテーマを読み直したい。
これまでの学会を変えよう!青年学会を!と
ナナメの関係、対話とは自分の心を開くこと 相手の言葉を聞くこと
信心も仏法も生活法である。
幹部だけの法を感じるのは 権威主義になりつつあるのだろうか
口では何とでもいえるが、表情で分かることもある
学会は、信・行・学が根本と教わった。
教学なき信心などないと私は思っている。
もっと 減劫の如く 時代も人間も変わって来ているのだ。
だから 青年学会に変革しなければ。それには まず自分の心を開くこと
組織の中でも同じなのだ。今日の新人間革命 厳護50に書かれています。
もう一度、厳護の37あたりから読み合わせもいいだろう。
これまでと同じ、打ち出しに凪がされる 甘い水の楽を求めるのも人間だから
一人立ての心を持たなければ。 
しかし、いつの間(魔)にか 形状記憶合金の如く・・・・
戻ってしまうのも、魔と感じねば・・・


2011年のテーマ  「人材・躍進の年」

創立100周年の2030年へ、学会は、さらなる前進を堂々と開始した。少子化をはじめ、時代は激動している。しかし、いかに時代が変わろうと、否、変わるからこそ、学会は根本の指針に立ち返り、新たな勝利への道を開いていきたい。
学会の原点は、どこまでも「人材」である。そして、時代の焦点は「青年」であり、青年の新しい息吹が脈打つところに、新時代への「躍進」がある。ゆえに学会は、2011年のテーマを「人材・躍進の年」と掲げ、100周年への希望あふれる歩みを進めていきたい。
日蓮大聖人は、法華経の虚空会の会座に、無数の菩薩が集い来る姿を「星の虚空に充満するが如し」(御書1127ページ)と仰せである。「創価学会は人材をもって城を築け」との戸田第2代会長の指針が、今こそ不滅の輝きを放つ、「創価の人材」の総立ちの時である。宝の多宝会の友をはじめ、全同志が使命深き広宣流布の「人材」として立ち上がり、一人一人が広布の拡大に勝利し、人生に勝利し、師弟勝利の実証を打ち立てていきたい。
さらに、新しい「躍進」の原動力は「青年」である。池田名誉会長は「青年の糾合こそ、あらゆる団体の発展の方程式である。心広々とスクラムを広げていきたい」「青年を仲間に!−−学会は、これで未来を開こう!」と呼び掛けた。
絢爛たる創立100周年の勝利のためには、新たな青年が増え、生き生きと活躍する「青年学会」を築かねばならない。広宣流布の伸展を永遠に盤石たらしめるために、壮年部・婦人部も、大切なわが家の後継者育成を含めて、青年層への折伏・弘教に総力を挙げて取り組んでいきたい。
学会の活動基調である(1)折伏・弘教の推進(2)聖教新聞の拡大(3)地域友好活動(4)未来後継の人材の育成を中心として、以下の諸活動をポイントに、信心を深めゆく教学運動にも一層、力を入れて取り組み、教宣活動も着実に推進していく。
(「年間の活動」2010年11月発表)
posted by ハジャケン at 10:13| 山梨 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

おめでとうございます 2011

2011-1-1.jpg

いよいよ 2011年がスタートしました。

常に前を見て、広布の山を師匠と共に登っていきましょう。

日蓮が慈悲曠大ならば、南無妙法蓮華経は万年の外未来までもなが(流布)るべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり、無間地獄の道をふさぎぬ

日蓮の慈悲が広大ならば、南無妙法蓮華経は万年のほか、未来までも流布(るふ)するであろう 日本国の一切衆生の盲目を開く功徳がある。無間地獄の道をふさぐものである。
報恩抄  p329   

"On Repaying Debts of Gratitude", 736p.  
If Nichiren's compassion is truly great and encompassing, Nam-myoho-renge-kyo will spread for ten thousand years and more, for all eternity,

posted by ハジャケン at 00:00| 山梨 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

この一年ありがとうございました。

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

早いもので、平成22年も本日が最後の日となりました。

1年間、誠にありがとうございました。

明年
「人材・躍進の年」
ことばだけでなく、智慧を働かせて
自分を知ることが出来なければ
周りも変えられない!との思いで
組織の中の自分でなく
私が創価学会だ!私を見よ!との決意で
明年も師匠共々に戦っていきましょう

一人立て

 
どうぞ皆さま良いお年をお迎えくださいませ。

2030年11月18日 創立100周年まで あと7262日 です。


管理者 ハジャ
posted by ハジャケン at 15:46| 山梨 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

seesaaメンテナンスにて

皆様、いつもご訪問ありがとうございます。
昨日、本日とseesaaメンテナンスにて投稿出来ませんでした。
順次、投稿を開始いたしますので、今後とも宜しくお願い致します。
posted by ハジャケン at 16:27| 🌁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

おめでとうございます

あけまして おめでとうございます。

本年も皆様にとって 大勝利でありますよう
お互い、切磋琢磨・叱咤激励してまいりましょう。

ご健勝を、ご祈念いたします。

                 管理人 はじゃ

posted by ハジャケン at 09:01| ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ありがとうございました。

この一年、明日に向かって走れ ブログ版・ウェブ版のご来訪
誠に、ありがとうございました。

当ブログの投稿も気がつけば、五千投稿を越えておりました。
一年を振り返り、様々な事があり、時に紛動もされたりもありましたが
自分への叱咤激励と陰で支えてくださる方々がいたことで、どうにか達成することが出来ました。
日本のみならず、海外の方々の閲覧もあり、感謝に堪えません。
皆様のご支援の賜と感じております。
本当に、ありがとうございました。

明年は、学会創立80周年へ、池田名誉会長ご就任50周年へ、そのほかの草創期の出来事の佳節の年となります。
私自身、心に秘めた目標・目的を持って、とにかく自分に勝つ!との思いで、前進してまいります。

皆様にとって、良き年となりますように、御祈念いたします。
これからも、当ブログご来訪、よろしくお願い致します。

重ねて、この一年 ありがとうございました。

                 管理人 ハジャ





posted by ハジャケン at 10:15| ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ありがとうございます。

いつも、ご来訪ありがとうございます。

web版 更新のお知らせ

長谷川副会長 牙城会全国大会ご指導 95/9/24
素晴らしい お話です。

『新・人間革命』宝塔19・20
常楽我浄について書かれてます

御書と師弟  妙の三義

以上 PDFですが、よろしくお願い致します。


posted by ハジャケン at 20:57| ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

ハプスブルク帝国の栄光 華麗なるオーストリア大宮殿展 富士美術館

ハプスブルク帝国の栄光
華麗なるオーストリア大宮殿展
富士美術館


パンフレット(富士美術館提供)
ost_panf_ページ_1.jpg

ost_panf_ページ_2.jpg

内容
 ヨーロッパの名門ハプスブルク家の隆盛とともに繁栄したオーストリア。政治と文化の拠点として栄えたウィーンには、13世紀から約700年間にわたりハプスブルク家一族の歴史をとどめてきた王宮や、マリア・テレジアによって現在の絢爛豪華な姿となったシェーンブルン宮殿があります。また各地にもシュロースホーフ宮殿をはじめとした、帝国の栄光を物語る数多くの美しい宮殿が散在しています。

 本展は、各地の宮殿の家財・美術品を統括・管理するオーストリア王宮家具博物館の全面的な協力のもと、ハプスブルク帝国の栄光を物語る「宮殿」にスポットを当て、美しい文化の都オーストリアを代表する宮殿の魅力を紹介します。絵画、工芸、食器、家具、宝飾などのさまざまなジャンルの作品約200点によって、18世紀の女帝マリア・テレジアの時代から19世紀最後の皇后エリザベートに至る時代を中心に、華麗な宮廷生活の美が今蘇ります。

展示作品
オーストリアの宮殿とハプスブルク帝国の皇帝・皇后ゆかりの美術作品と遺品
絵画、彫刻、工芸、家具、調度、食器、服飾、宝物、ジュエリー、遺品

展示映像
宮殿建築と庭園を撮影した映像の上映

(富士美術館 サイト説明)


【会期】2009年10月31日(土)〜2010年1月17日(日)
【休館日】月曜日(ただし、祝日の場合は開館。翌火曜日が振替休館)
年末年始(12/25〜1/1)
【開館時間】10:00〜17:00※入館受付は閉館時間の30分前まで
【入場料】
     当日 前売・割引
大人 1200円 1000円
大高生 800円 700円
中小生 400円 300円

※新館展示室もご覧になれます。
※( )内は前売券、各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・当館メルマガ登録者ほか]
※土曜日は中小生無料
※障がい者及び付添者1名は半額[証明書等をご提示下さい]
※前売券はローソンチケット【Lコード37799】、電子チケットぴあ【Pコード688−784】、各プレイガイドでお求めになれます。

【主催】東京富士美術館、毎日新聞社
【後援】外務省、文化庁、オーストリア大使館、八王子市、八王子市教育委員会
【協力】Lufthansa Cargo、ヤマトロジスティクス、NHKエデュケーショナル、株式会社ベナ

posted by ハジャケン at 17:26| ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

いつも、ご来訪ありがとうございます。web版更新のお知らせ

いつも、当ブログご来訪ありがとうございます。

明日に向かって走れ web版 更新のお知らせ

御書と師弟 第28回 仏法即社会まで

池田名誉会長
本部幹部会 第32回までを アップ致しました。

ブログ版共々 web版も よろしくお願い致します。

                はじゃ 2009/10/15


posted by ハジャケン at 01:31| ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

[必見]情熱大陸 10月18日午後11時 楽天 岩隈久志氏です

『情熱大陸』は、日曜よる11時からのひと時を、次の日から始まる長い一週間を前向きに生きるための力を感じてもらうテレビドキュメンタリーです。毎回、スポーツ、演劇、音楽、学術など、ありとあらゆる分野の第一線で活躍する人物にスポットを当て、その人の魅力・素顔に迫ります。

次回放送予定です。

岩隈久志
いわくまひさし 28歳

2009年10月18日放送 テレビ山梨

弱小球団と言われ続けた東北楽天イーグルスが今年、奇跡を起こそうとしている。球団創設以来、念願だったクライマックスシリーズ進出を果たした「イヌワシ軍団」苦節5年、その中心でエースとして孤軍奮闘してきたのが岩隈久志(いわくまひさし)28歳だ。
今年3月のWBCで日本中を熱狂させた岩隈が、ペナントレースをどう闘うのか?番組が密着取材を始めたのは6月の事だった。前半戦の好調でAクラスをキープしていた楽天だったが、岩隈がヒジの故障により登録抹消―。エースを欠いた楽天は連敗、瞬く間にBクラスに転落した。例年ならばここでドラマは終わり…だが今年は違った。復活した岩隈は6連勝を飾り、そこからチームの怒涛の快進撃が始まったのだ。
驚異の復活の陰には、彼が何よりも大切に思っている「家族」の存在があった。試合で見せる表情とは全く違う「夫として、父として」の岩隈の姿にカメラが密着!最高潮の盛り上がりを見せるクライマックスシリーズの最新の模様と共にお伝えする。

posted by ハジャケン at 09:51| ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

青年よ 二十一世紀の広布の山を登れ(PDF)アップしました。

師匠が昭和56年12月10日に綴った

「青年よ 二十一世紀の広布の山を登れ」(PDF)を、web版にアップさせて頂きました。

とても素晴しい師匠のメッセージに感動を覚えました。
もちろん ご存じとは思いますが、再度、皆様の胸中に心肝して頂ければ幸いに存じます。

とても、長文なので、ブログへのアップは分割になってしまいますので
下記、当方web版ページにて PDFファイルでアップ致しました。
携帯ご利用の方々には、分割で当ブログにアップする予定です。
お断り、パソコンにPDF閲覧ソフト、Adobe Readerが必須です。


明日に向かって走れ web版


「青年よ 二十一世紀の広布の山を登れ」(PDF)

posted by ハジャケン at 20:18| ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする