2014年01月14日

正義 10

正義10

 「仏教の極意たる『妙法』が万民必然の生活法則たることを、科学的に実験証明しよう」
(注1)──それが、牧口常三郎の企図であった。そして、妙法は、「数万の正証反証(幸
不幸)の累積によつて、単なる哲学的なる抽象概念としての真理たるに留まらず、生活の
実相に表はれる生活力の限りなき源泉」(注2)であることを実証したのである。
 つまり、日蓮大聖人の仏法は、「百発百中の生活法則たることが何れにも何人にも証明し
得ることゝなつた」(注3)のだ。
 「一切は現証には如かず」(御書一二七九p)である。広宣流布実現への力は、百万言の
理論よりも、一つの実証にこそある。
 さらに、牧口は、こう述べている。
 「失礼ながら僧侶方の大概は御妙判と称して御書やお経文によつて説明はして下さるが、
現証によつて証明して下さらないのを遺憾とする。しかも川向ひの火事を視るが如く真理
論でやるが、日常生活に親密の関係の価値論でそれをやらないから無上最大の御法も十分
に判らう筈がない」(注4)
 実生活において悩み苦しむ人に徹して関わろうとせず、苦悩を乗り越える道が仏法にあ
ることを、大確信をもって訴えられぬ僧侶への、鋭い指摘といってよい。
 また、彼は、仏法の法理の上から、魔が競い起こらぬ宗門の信心の在り方に疑問を投げ
かけている。本当の信心があれば、魔は怒濤のごとく競い起こるものであるからだ。
 「日蓮正宗の信者の中に『誰か三障四魔競へる人あるや』と問はねばなるまい。そして
魔が起らないで、人を指導してゐるのは『悪道に人をつかはす獄卒』でないか。然らば魔
が起るか起らないかで信者と行者の区別がわかるではないか」(注5)
 宗門も含め、日本の仏教各派が宗論を回避し、教えの高低浅深を問うことなく、もたれ
合っていた時代のなかで牧口は、宗教の検証に着手し、宗教革命の烽火を上げたのである。
それは、宗教が人間の幸・不幸を決するとの強い確信からであった。
posted by ハジャケン at 10:37| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

正義 九

正義 九

牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう )は、一九二八年(昭和三年)、日蓮仏法(にちれんぶっぽう)に深く感銘(かんめい)し、日蓮正宗信徒(しょうしゅうしんと)として信仰の歩みを踏み出す。
しかし、牧口は、既成仏教化(きせいぶっきょうか)した宗門(しゅうもん)の信心の在(あ)り方、つまり寺信心≠ノ甘んじようとしたのではない。
本来の日蓮大聖人(だいしょうにん )の教えに立ち返り、その御精神のままに、真正(しんせい)の日蓮門下の大道(だいどう)を歩もうとしたのである。
一九三〇年(同五年)十一月十八日、牧口と弟子の戸田城聖(とだじょうせい)によって、創価教育学会が創立される。
それは当初、仏法を根底(こんてい)とした教育改革を掲げてスタートする。
だが、教育に限らず、仏法こそ、「吾々(われわれ)の生活法の総体的根本的のものである」(注1)ことから、宗教革命(しゅうきょうかくめい)を全面(ぜんめん)に押し出した活動へと移行していく。
四一年(同十六年)に創刊された創価教育学会の機関紙「価値創造(かちそうぞう)」第一号には、同会の綱領(こうりょう)が掲載(けいさい)されている。そ
のなかには、次の一文も見られる。
「『慈(じ)なくして詐(いつわ)り親(した)しむは即(すなわ)ち是(こ)れ彼(かれ)が怨(あだ)なり。彼が為(ため)に悪(あく)を除(のぞ)くは即ち是れ彼が親(おや)なり』といふ法華経(ほけきょう)の真髄(しんずい)に従(したが)ひ、化他(けた)によつての自行(じぎょう)を励(はげ)み以(もっ)て生活革新(かくしん)の実証(じっしょう)をなすを会員の信条(しんじょう)とす」(注2)
そこには、自行のみならず、化他の仏道修行、すなわち折伏(しゃくぶく)・弘教(ぐきょう)の実践(じっせん)が明確に示されている。
信教の自由が脅(おびや)かされた戦時下(せんじか)で、学会は、折伏・弘教を活動の柱としたのだ。
まさに、広宣流布(こうせんるふ)を御遺命(ごゆいめい)とされた日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)の大精神(だいせいしん)の継承(けいしょう)であり、途絶(とだ)えんとしていた信心(しんじん)の命脈(めいみゃく)の蘇生(そせい)であった。
さらに特筆(とくひつ)すべきは、その活動の眼目(がんもく)を、「生活革新の実証」に置いたことである。
日蓮仏法の実践によって各人(かくじん)が生活を革新し、それぞれがかかえる苦悩(くのう)を解決して、幸福を築き上げていけることを、実験証明(じっけんしょうめい)しようとしたのだ。
人びとの苦悩から目をそらした宗教は、既(すで)に死せる宗教である。
悩(なや)める人びとに寄(よ)り添(そ)い、共(とも)に生きてこそ、真実(しんじつ)の宗教なのだ。

(注)1  「創価教育学体系梗概」(『牧口常三郎全集8』所収)第三文明社
(注)2  「価値創造」補注(『牧口常三郎全集10』所収)第三文明社
posted by ハジャケン at 10:31| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

正義8

正義8

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転などにも必要であった。いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。
人びとは、個人の意思とは関係なく、先祖代々の寺に所属し、宗旨、寺院を替えることは、原則、できなかったのである。
さらに寺院は、葬儀などの法事、儀式を執り行うことによって、布施、供養を得て、富を手にしていく。権力と富を保障された僧侶は、真実の仏の教えを探究して切磋琢磨し合う求道の息吹を失い、腐敗、堕落していった。また、檀信徒を下に見る僧侶中心主義に陥り、葬儀や先祖供養などの儀式を重視する葬式仏教へと、仏教そのものを大きく変質させていったのである。
明治の初めに、寺請制度はなくなったものの、権威の衣をまとって民衆を睥睨する、仏教界の体質は変わらなかった。また、時の政策で僧侶の妻帯が認められると、それを受け入れ、世俗にまみれていったのである。
苦悩する人びとの、魂の救済に励むこともせず、儀式を執り行う形式・形骸化した宗教が、日本の仏教界の実態であった。
福沢諭吉は、その姿を「日本国中既に宗教なしと云ふも可なり」(注)と喝破している。
宗門も、例外ではなかった。
寺請制度のなかで葬式仏教化し、明治に入って条件付きながら信教の自由が認められても、僧侶が折伏・弘教に奔走する姿は、ほとんど見られなかった。
広宣流布という日蓮大聖人の御精神は、まさに絶えなんとしていたのである。
仏法は、常住不変であり、法それ自体が滅することはない。しかし、その正法を継ぐべき者が、大聖人の御遺命である広宣流布を忘れ、死身弘法の大精神を失ってしまえば、それは、事実上の法滅である。
まさに、その法滅の危機のなか、さっそうと出現し、広宣流布の大願実現に立ち上がったのが、創価の師弟であった。
posted by ハジャケン at 10:45| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義7

正義7

 学会は、万人に「仏」を見る日蓮仏法の正義を叫び続けてきた。それは、戦時下での恒
久平和への根源的な思想闘争であった。
 だが、軍部政府の弾圧の嵐が創価教育学会を襲い、会長・牧口常三郎、理事長・戸田城
聖らが逮捕されると、迫害を恐れて、多くの退転者が出たのである。
 結局、不惜身命の決意で正法正義を守り抜いたのは、牧口と戸田の師弟だけであった。
二人は、取り調べの場にあっても、堂々と仏法を語り説いていった。
 久遠の誓いに結ばれた二人の絆は、殉難のなかで金色の光彩を放ち、永遠なる創価の師
弟の大道を照らし出していったのである。
 牧口と戸田の、この死身弘法の大精神が、未来永劫に脈動し続けていってこそ、創価学
会の魂は受け継がれ、広宣流布の清流が、大河となって広がっていくのだ──そう山本伸
一は痛感していた。
 精神の継承なき宗教は、儀式化、形骸化、権威化して魂を失い、衰退、滅亡していく。
 日蓮大聖人は「ただ心こそ大切なれ」(御書一一九二p)と仰せである。人間の一念、精
神にこそ、広布前進の原動力がある。
 ゆえに伸一は、諸会合などで、両会長の闘争と精神を訴え抜くとともに、末法広宣流布
のうえで、二人が果たした甚深の意義についても、さまざまな角度から言及していった。
そして、両会長の遺徳を宣揚するとともに、その精神と実践を伝え残し、継承していくた
めに、全国の主要会館等に恩師記念室を設置するよう提案し、推進してきた。
 思えば、牧口、戸田の師弟が刻んできた学会の歩み自体が、「宗教のための人間」から、
「人間のための宗教」の時代の幕を開く、宗教革命の歴史であった。
 日本の既成仏教は、長い間、政治権力に与してきた。特に江戸時代になると、寺請制度
によって大きな力を得た。これは、人びとは各寺院の檀家となり、寺院は寺請証文を発給
して、キリシタンなど幕府禁制の宗教や宗派の信徒ではないことを証明する制度であった。
posted by ハジャケン at 10:42| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義6

正義6

 山本伸一が、「広布第二章」の世界広宣流布にあたって、最も力を注いできたのは、教学
の深化と展開であった。
 日蓮大聖人が示された永遠不変の妙法の法理を探究し、御本仏の大精神に立ち返り、そ
れを万人にわかりやすく開き示し、世界へ、未来へと伝えていくことこそ、最重要の課題
であると、彼は感じていたのだ。
 そして、学会として協議を重ね、一九七七年(昭和五十二年)を「教学の年」とした。
伸一は、自ら「諸法実相抄」など、重書の講義を開始し、世界に開く新しい教学運動を推
進していった。
 この年の一月十五日に行われた第九回教学部大会でも、仏教史観について記念講演をし
た。そこでは、仏法は本来、「人間のための宗教」であることや、民衆のなかで広宣流布に
戦うことが真の法師であること、寺院の本来の意義等について論じていった。
 さらに、翌七八年(同五十三年)も、「教学の年」第二年とし、学会の仏法研鑽の大潮流
が広がっていったのである。
 また伸一は、「広布第二章」を迎えた時から、世界広宣流布の道を開くために、全会員が
先師・牧口常三郎、恩師・戸田城聖の精神を継承していかなければならないと強く感じて
いた。先師、恩師の精神とは、全人類の幸福と平和を実現するために、広宣流布に一身を
捧げ抜く決意である。日蓮大聖人の正法正義を貫く、慈悲と勇気の信心である。
 大聖人の仏法は、万人が本来、妙法蓮華経の当体であり、「仏」の生命を具えた尊厳無比
なる存在であると説いている。いわば、「生命の尊厳」と「人間の平等」の哲理である。学
会は、創価教育学会の時代から、その教えを掲げ、弘教を推進してきたのである。
 それは、「現人神」といった国家神道の考えを、根本から否定するものにほかならなかっ
た。つまり、国家神道を精神の支柱にして思想統一を図り、戦争を遂行する軍部政府と学
会は、原理的に対決を余儀なくされていたのだ。そこに、牧口、戸田の戦いがあった。
posted by ハジャケン at 10:41| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義5

正義5

 日蓮大聖人は仰せである。
 「大悪は大善の来るべき瑞相なり、一閻浮提うちみだすならば閻浮提内広令流布はよも
疑い候はじ」(御書一四六七p)
 ──大悪は、大善が来る前兆である。一閻浮提すなわち全世界がひどく乱れたならば、
法華経に説かれている「閻浮提の内に広く流布せしめる」という文が実現することは、よ
もや疑いようがないであろう。
 山本伸一は、この御聖訓のうえから、”戦争が絶えず、あらゆる危機的な状況が打ち続
く今こそ、世界広宣流布の時代が到来したのだ。人類は、日蓮大聖人の仏法を渇望してい
るのだ”と、ますます強い確信をいだいた。
 仏法には、現代がかかえる諸問題の、根本的な解決の原理と方途が示されている。
 法華経では、万人が仏の生命を具えた尊厳無比なる存在であることが説かれ、他者の幸
せを願う「慈悲」という生き方が示されている。その法理を、人間一人ひとりの胸中に打
ち立てていってこそ、社会に蔓延する生命軽視の風潮を転換し、戦争の惨禍にピリオドを
打つことができるのだ。
 また、自分と環境とが不可分の関係にあるという仏法の「依正不二」の哲理は、環境破
壊をもたらした文明の在り方を問い直し、人類繁栄の新たな道を開く哲学となろう。肉体
と精神とは密接不可分の関係にあると説く「色心不二」もまた、人間の全体像を見失いが
ちな現代医学の進むべき道を示す道標となる。
 さらに、人は、一人で生きているのではなく、互いに深い因縁で結ばれ、支え合って存
在しているという仏法の「縁起」の思想は、分断した人間と人間を結合させる力となろう。
 生と死を解明し、生命変革の方途を明かし、真実の人間道を示す仏法は、人類の珠玉の
叡智であり、至宝である。
 その仏法を、人類の共有財産とし、平和と繁栄を築き上げることこそが広宣流布である。
ゆえに伸一は、世界各国・地域を巡り、仏法という大法理を伝え、人びとの心田に、幸福
と平和の種子を蒔き続けてきたのだ。
posted by ハジャケン at 10:39| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義4

正義4

 山本伸一は、世界広宣流布を推進する一方で、世界の指導者たちと本格的な対話を重ね
た。特に、SGI結成の前年にあたる一九七四年(昭和四十九年)には、日中、日ソの新
たな友好の道を開くとともに、中ソ紛争の解決の道を探るために、世界の指導者との対話
を展開していったのである。
 彼は、この年の五月から六月にかけて中国を初訪問し、李先念副総理らと語り合った。
九月にはソ連を初訪問してコスイギン首相と会談。さらに、十二月にも再び訪中して、周
恩来総理と会見したのである。
 互いに敵対視し、関係は悪化の一途をたどる中ソ両国に、対話の窓を開いてもらいたい
との思いからの行動であった。
 七五年(同五十年)になると、伸一の平和行動には、ますます力がこもっていった。
 一月の六日には、日本を発ってアメリカを訪問。十日、ニューヨークの国連本部にワル
トハイム事務総長を訪ねて会談した。
 ここでは、核兵器廃絶、中東問題などについて意見を交換したほか、国連の形骸化や大
国のエゴによる国連の私物化を防ぐために、「国連を守る世界市民の会」をつくることを提
案した。そして、青年部が集めた「核廃絶一千万署名簿」を手渡したのである。
 十三日には、ワシントンDCでキッシンジャー国務長官と会談した。
 世界の火薬庫といわれる中東の問題、米ソ・米中関係、SALT(戦略兵器制限交渉)
などについて語り合った。
 伸一は、平和への対話行を続けて、グアムの「世界平和会議」に臨んだのである。
 日蓮大聖人は、飢饉や疫病等による民衆の苦悩をわが苦とされ、立正安国の旗を掲げ、
広宣流布の戦いを起こされた。もし宗教が、人びとの幸福と平和の実現から眼をそらすな
らば、それは、宗教の存在意義を、自ら捨て去ったといってよい。
 初代会長・牧口常三郎もまた、「人を救ひ世を救ふことを除いて宗教の社会的存立の意義
があらうか」(注=2面)と述べている。
posted by ハジャケン at 10:38| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

正義3

小説「新・人間革命」
2014年 1月6日
正義3
 第一回「世界平和会議」の席上、国際仏教者連盟(IBL)が発足し、会長に山本伸一
が、名誉総裁に日達法主が就いた。
 また、この席で、全参加者の懇請と総意によって創価学会インタナショナル(SGI)
が結成され、伸一がSGI会長に就任。世界広宣流布をめざす創価学会の、地球的な規模
のスクラムが組まれたのである。
 「世界平和会議」であいさつに立った日達は、「南無妙法蓮華経は世界の宗教」であり、
「日蓮大聖人がこの皆様のお姿を御覧になられたならば、どんなにお喜びになられるか」
と感慨を込めて語った。
 そして、大聖人は、仏法の流布は?時?によると仰せであり、その?時?は、山本会長
の努力によってつくられ、今、世界的な仏法興隆の?時?を迎えたと明言し、「最も御本仏
の御讃嘆深かるべきものと確信するものであります」と述べている。
 さらに、戦争は人類に破滅をもたらすことから、山本会長は、世界平和への潮流を起こ
そうと、率先して働いていると賞讃。ますます異体同心の団結をもって、世界平和の実現
をめざすよう訴えて、話を結んだ。
 伸一は、人類の未来を考える時、一日も早く、平和の大潮流を起こしていかなければな
らないと、痛切に感じていた。
 当時、東西冷戦も続いていた。ソ連と中国も対立の溝を深め、一触即発の状況を呈して
いた。また、核兵器の保有国も増え、核拡散が懸念され、核の脅威は増大しつつあった。
一方、先進国と発展途上国との貧富の差も激しさを増していたし、環境破壊、食糧問題等
も深刻化していたのである。
 伸一は、それらの諸問題を解決していくことこそ、仏法者としての重要な課題であり、
使命であると考えていたのである。
 「未来の宗教というものは、人類の生存をいま深刻に脅かしている諸悪と対決し、これ
らを克服する力を、人類に与えるものでなければならない」(注)とは、トインビー博士の
洞察である。

■引用文献
 小説『新・人間革命』の参考・引用文献  日達名誉総裁のあいさつは、「聖教新聞」一
九七五年一月二十七日付参照  注 「二十一世紀への対話」(A・J・トインビー共著『池
田大作全集3』所収)聖教新聞社
posted by ハジャケン at 11:00| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義2

小説「新・人間革命」
2014年 1月4日
正義2

 ロシアの作家・チェーホフは記した。
 「新しい生活のあけぼのが輝いて、正義が凱歌を奏する時が必ず来る」(注)
 一九七八年(昭和五十三年)四月、創価学会は、山本伸一の第三代会長就任十八周年を
目前にして、民衆の凱歌の祭典ともいうべき?合唱祭?に力を注いでいた。
 信仰によって、人生の使命を知った喜びと生命の躍動を、友の幸せのために生きる誇り
と歓喜を、歌声をもって表現し、希望の春風を、地域に、社会に送ろうとしたのである。
 創価学会は、七二年(同四十七年)の秋、「広布第二章」の新しい船出を開始した。
 伸一は、いよいよ本格的な世界広宣流布の流れを開こうと、着々と準備を整えてきた。
 彼が会長就任以来、世界各地を回り、自ら植え育ててきた仏法の種子は、見事に芽吹い
ていた。各国・地域に次々に団体も誕生し、それぞれの実情に応じて自主的に活動を推進
し、広宣流布の幸の花園を広げてきた。
 そうしたなかで、国境を超えて、団体と団体とが連携を強め、啓発、協力し合っていき
たいとの声が起こった。
 その意向に基づき、七三年(同四十八年)五月に「ヨーロッパ会議」が、八月に「パン・
アメリカン連盟」が、十二月に「東南アジア仏教者文化会議」が結成された。
 さらに、各国・地域の連帯を世界に広げて交流を図るために、その要となる機関を設け
てほしいとの要請も出され、七四年(同四十九年)九月、東京・千駄ケ谷に「国際センタ
ー」が誕生。次いで七五年(同五十年)一月二十六日、グアムの地に世界五十一カ国・地
域のメンバーの代表が集い、歴史的な第一回「世界平和会議」が開催されたのである。
 創価学会は、一閻浮提広宣流布という日蓮大聖人の御予言を、決して虚妄に終わらせる
ことなく、現実のものとし、新しき時代の朝を開いたのである。
 仏法伝持の人とは、大聖人の仰せのままに戦い抜く「行動の人」なのだ。広宣流布の勝
利の旗を打ち立てる「実証の人」なのだ。
posted by ハジャケン at 10:58| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義1

小説「新・人間革命」
2014年 1月1日

正義1

 創価学会の使命は、世界広宣流布にある。法華経の精髄であり、一切衆生の成仏得道の大法である日蓮大聖人の仏法を、人びとの胸中に打ち立て、崩れざる世界の平和と、万人の幸福を実現することにある。

 大聖人は師子吼された。

 「今日蓮が時に感じて此の法門広宣流布するなり」(御書一〇二三ページ)、「法華経の大白法の日本国並びに一閻浮提に広宣流布せん事も疑うべからざるか」(同二六五ページ)

 大聖人は、末法にあって全人類の救済のために妙法流布の戦いを起こされ、一閻浮提、すなわち全世界への大法弘通を誓願された。学会は、御本仏のその大誓願を果たすために出現した、人間主義の世界宗教である。

 大聖人の正法正義を守り抜いた、後継の弟子・日興上人の御遺誡には、こうある。

 「未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致す可き事」(同一六一八ページ)

 この御遺誡のままに、学会は正義の旗を掲げ、初代会長・牧口常三郎は軍部政府の弾圧と戦い、獄中で死身弘法の生涯を閉じた。

 第二代会長・戸田城聖もまた、約二年間にわたって投獄されている。彼は獄中にあって、“われ地涌の菩薩なり”と悟達し、師・牧口の遺志を胸に、生きて牢獄を出た。広宣流布に一人立ったのだ。その正義の旗の下に、われらは集った。一人ひとりが“地涌の使命”をもって、この世に出現したのだ。

 “地涌の使命”とは、広宣流布だ!

 自他共の幸せのために、勇んで大正法を語りに語り抜いていくのだ。苦難と絶望の淵から雄々しく立ち上がり、人間蘇生の大ドラマを演じ、仏法の偉大なる功力を証明するのだ。何があっても負けない、強靱にして豊かな心を培い、人格を磨き抜き、歓喜に満ちあふれた人生を生き抜くのだ。

 世界広布新時代の朝は来た。世界は、彼方にあるのではない。自分の今いる、その家庭が、その職場が、その地域が、絢爛たる使命の大舞台だ。世界広宣流布の中心地なのだ。

 さあ、立ち上がろう。元初の太陽を胸に!
posted by ハジャケン at 10:57| 山梨 ☀| 新・人間革命 正義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする