2017年09月05日

名字の言〉 2017年9月5日

サッカー日本代表が6大会連続となる「FIFAワールドカップ(W杯)」への出場を決めた。9カ月後に開幕する本大会での活躍が楽しみだ▼W杯の第1回大会は1930年。当時は予選がなく13カ国が参加した。時を経て、今回のW杯予選には約200カ国・地域のチームが出場。世界で最も親しまれるスポーツの代表である▼くしくも、創価学会の始まりも1930年だった。そして今や広宣流布の運動は192カ国・地域に。W杯やオリンピックに匹敵する広がりとなった。今月の青年研修会に参加した世界五大州の友の躍動の姿が、それを象徴していた▼ある交流交歓会会場での一こま。開会前、アフリカ4カ国の友が地元の少年少女部員と勤行・唱題を始めた。興奮気味の子どもたちにザンビアの青年部長は語った。「私たちは違う国で生まれ、違う言葉を話します。でも、『ナンミョウホウレンゲキョウ』は世界共通。池田先生のおかげで、どこにいても、この信仰を持つことができるようになったのよ」。未来っ子の瞳がひときわ輝いた▼池田先生が世界広布の第一歩をしるしてから半世紀。24時間、絶え間なく“ダイモク”が地球を包む時代となった。我らも世界広布の先駆者の誇りで、使命の道をさっそうと走ろう。(差)
posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする