2017年08月28日

人格価値を悟る

 意外に多く教養ある婦人が、
 人間の価値を知識や地位や財産や手腕に求めて居る。
 漱石の云った様に
 「頭と腕を挙げて実世間に打込んで、
 肉眼で指す事の出来る権力か財力を掴【つか】まなくては
 男子で無いと考えている」教養ある婦人が実際多い。
 そして巧みな会話や流行の服装が
 「覚めたる婦人」に対する勢力も亦【また】著しい。
 神秘家の言葉をかりると、
 そういう婦人はコジテーションCogitation(仮見【かけん】)に止まって、
 メディテーションmeditation(内観)、
 コンテムプレーションcontemplation(中観【ちゅうかん】)も無い。
 ゆえに到底真の人格価値を悟ることが出来ないのである。
 真の人格価値はやはり至純【しじゅん】なる内省に待たねばならぬ。
 純真な女性であって、始めて大丈夫【ますらお】を恋するであろう。
posted by ハジャケン at 08:51| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする