2017年08月07日

名字の言〉 2017年8月7日

「ワンオペ育児」という言葉が広まりつつある。ワンオペとは、飲食店などで従業員が一人で全業務を行うこと(ワンオペレーション)。この過酷な労働と同じように、一人で育児を行う若い母親が増えている▼「夫の仕事が忙しくて頼れない」「たまに家にいても、非協力的」などの悩みを抱える人も少なくない。「疲れがたまり、追い詰められ、つい子どもに強くあたってしまい、さらに落ち込む」という人も。共働きだと、状況はより深刻になる▼帰宅すると、赤ん坊と3歳の子が泣いていた。そして妻も泣いていた。その姿にハッとした――ある男子部員が語っていた。彼は、“子を立派に育てるのは自分の責任”と腹を決め、挑戦を始めた。朝早く出社し、仕事を全力で早く終わらせ、親子の時間を増やす。家事も率先する。「今は“パパを楽しもう”と思えるようになりました」▼池田先生は述べている。「たった一人でも、味方になってくれたら、どんなにうれしいか」「『自分は、あなたの味方だ!』と伝えてくれる人がいれば、闇の中に『光』が差す」▼育児だけでなく、さまざまな悩みを一人で抱えている人がいる。そんな人に一言でも声を掛け、少しでも共感できたなら、家庭も社会も、もっと明るくなるはずだ。(鉄)
posted by ハジャケン at 08:32| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする