2017年05月19日

報恩抄P293

夫れ老狐(ろうこ)は塚をあとにせず白(はく)亀(き)は毛(もう)宝(ほう)が恩をほうず畜生すらかくのごとしいわうや人倫をや、
されば古への賢者予(よ)譲(じょう)といゐし者は剣をのみて智伯が恩にあてこう演と申せし臣下は腹をさひて衛(えい)の懿(い)公(こう)が肝(きも)を入れたり、
いかにいわうや仏経をならはん者父母・師匠・国恩をわするべしや、此の大恩をほうぜんには必ず仏法をならひきはめ智者とならで叶うべきか―――
 報恩抄P293
posted by ハジャケン at 09:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする