2017年05月16日

睡眠学習

 心理学者の実験によると、
 インスタントというようなことは如何(いか)に
 駄目なものであるかという一例でありますが、
 同じような程度の子供を二類に分ける。
 そうして一類の子供には、
 眠っておる間にその眠りを破らない程度に、
 教えようと思うことを音盤に吹込んで、
 何回も何回も繰返して耳の側で聞かせる。
 もう一類の子供には全然それをやらない。
 そうしておいて、
 今度改めてその二類の子供を一緒にして、
 音盤に吹込んだ事を教える。
 すると能力に相違はないのに、
 眠っておる間に聞かされた子供は、
 聞かされなかった子供に比して
 はるかによく憶えると言う。
 誠に面白い実験であります。
posted by ハジャケン at 09:16| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする