2017年05月15日

肢体怠弛すれば百興廃る

 これと反対に
 「手足・身体が怠(おこた)り弛(ゆる)むと
 諸々の盛んなことも一斉に廃れてしまう」
 その通りですね。
 「聖人が天下を治めるのをみると、
 人心を励まし勇ませ士気をふるいおこして、
 つとめて天下の人々をして
 露を含む朝の葉の如く生々とならしめ、
 久しい旱魃(かんばつ)つづきの午後の苗のように
 ぐったりさせるようなことをしない」
 ――つまり聖人というものは、
 精神が爽奮すれば百廃ともに興るように、
 天下の人心を発奮させて
 百廃ともに救われる政治をするというのであります。
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする