2017年04月18日

佐渡御書P960

これはさてをきぬ日蓮を信ずるやうなりし者どもが日蓮がかくなれば疑いををこして法華経をすつるのみならずかへりて日蓮を教訓して我賢(かしこ)しと思はん僻(びゃく)人(にん)等が念仏者よりも久く阿鼻地獄にあらん事不便とも申す計りなし、
修羅が仏は十八界我は十九界と云ひ外道が云く仏は一究竟道(くきょうどう)我は九十五究竟道と云いしが如く日蓮御房は師匠にておはせども余(あまり)にこはし我等はやはらかに法華経を弘むべしと云んは蛍(ほたる)火(び)が日月をわらひ蟻(あり)塚(づか)が崋(か)山(ざん)を下(くだ)し井江が河海をあなづり鳥鵲(かささぎ)が鸞(らん)鳳(ほう)をわらふなるべしわらふなるべし―――
 佐渡御書P960
posted by ハジャケン at 08:55| 山梨 | 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする