2017年03月27日

先輩のユーモア

 道二つ仁と不仁の追分(おいわけ)や
  左は地獄右は極楽―白隠(はくいん)
 気は長く勤めは堅く色薄く
  食細うして心広かれ―天海(てんかい)
 欲深き人の心と降る雪は
  つもるにつれて道を失ふ―高橋泥舟(たかはしでいしゅう)
 身を削り人をば救ふすりこ木の
  この味知れる人ぞ尊とき―親鸞(しんらん)
 ※上人越後回国中、
 すりこ木の図に賛を乞われてものせし歌
 この家を貧乏神がとりまきて
 七福神の出所もなし―仙崖(せんがい)
 (評伝 日本もかくのごとし)
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする