2016年05月04日

力走35

力走 三十五

 一九七七年(昭和五十二年)七月、高知の同志の念願であった高知文化会館(後の高知平和会館)が高知市内に完成した。さらに、同年十二月には、高知研修 道場(後の土佐清水会館)が土佐清水市にオープンした。
 このころには、高知県創価学会は大きな前進の足跡を刻み始めていた。そして、島寺からは、再三にわたって山本伸一に、高知訪問の要請が寄せられていた。
 伸一は、新しい県長・婦人部長を支え、共に戦ってくれた功労の同志に、御礼を言いたかった。
 高知でも、会員を学会から離反させて、寺の檀徒にするため、宗門僧らによる学会への陰湿な誹謗・中傷が繰り返されてきた。そうしたなかで、歯を食いしばって創価の正義を叫び抜き、学会員を守り抜いてきた人たちを讃え、励ましたかったのである。
  
 伸一の一行が高知文化会館に着いたのは午後五時半で、辺りは夜の帳に包まれていた。
 文化会館は、高知市の中心部を流れる鏡川に面して立つ、鉄筋コンクリート四階建ての堂々たる会館であった。
 この夜、伸一が真っ先に出席したのは、草創からの功労者の代表百五十人との懇談会であった。懐かしい多くの顔があった。
 風雪に耐えて、広宣流布の険路を勝ち越えてきた勇者たちの頭髪は、既に薄くなり、また白いものが目立ち、額には幾重にも皺が刻まれていた。しかし、その瞳は、歓喜と求道と闘魂に燃え輝いていた。
 「わが姿たとえ翁と見ゆるとも心はいつも花の真盛り」(注)とは、高知が生んだ日本植物学の父・牧野富太郎の言葉である。
 伸一は、高知を訪問できた喜びを語り、皆を抱きかかえる思いで訴えた。
 「“戸籍の年齢”と“生命の年齢”とは違います。気持ちが若ければ、“生命の年齢”は青年です。永遠なる楽しき広布旅です。高知県創価学会を日本一にするために、私と共に、もう一度、頑張ろうじゃないですか!」

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注『牧野富太郎自叙伝』講談社
posted by ハジャケン at 09:40| 山梨 | 最近の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする