2017年09月13日

暁鐘 十一

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 十一

 ソフィア大学は、聖クリメント・オフリドスキ通りにあった。青い屋根をもつ重厚な石造建築の校舎が伝統を感じさせた。
 山本伸一への名誉学術称号授与の式場となった講堂は、高い天井に彫刻が施され、荘厳な雰囲気に包まれていた。
 式典では、I・アポストロワ哲学部長が推挙の辞を述べたあと、I・ディミトロフ総長が立ち、古代ブルガリア語で認められた名誉博士の学位記を伸一に手渡し、握手を交わした。集っていた学部長や教授など、約百人の参加者から、盛んな拍手が起こった。
 引き続いて、「東西融合の緑野を求めて」と題する伸一の講演となった。
 彼は、ブルガリアは、地理的にも、歴史的にも、精神面においても、“西”と“東”とが交わり、拮抗してきた大地であり、西洋文明と東洋文明を融合・昇華させ、新たな人類社会を構築していくカギともいうべき可能性があることを訴えた。
 そして、ブルガリア正教など、東方正教における「神」と「人間」の距離について論じ、東方正教では「神」と「人間」との間に介在するものは、いたって少なく、両者の距離は近いとの洞察を語った。
 さらに、ブルガリアの革命詩人フリスト・ボテフの詩「わが祈り」の一節をあげた。
 「おお わたしの神よ 正しき神よ!
  それは 天の上に在す神ではなく
  わたしの中に在す神なのです
  わたしの心と魂の中の神なのです」(注)
 ここでは、既に「神」は「人間」の心の中にあり、民衆との隔たりはない。
 伸一は、わが胸中に「神」を見る、その考え方は、「神」が天上の高みから、人間の生命の奥深く降り来ることによって、人びとをあらゆる権威の呪縛から解き放とうとするかのようであると所感を述べ、ボテフの訴える「神」について言及していった。
 「それは、虐げられた農民、民衆に、燦々と降り注ぐ陽光にも似た、人類愛の叫びであります」
 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『フリスト・ボテフ詩集』真木三三子訳、恒文社
posted by ハジャケン at 10:05| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月13日

社会人1年目の女子部員が「コミュ力(コミュニケーション能力)を上げたい」と言っていた。上司や先輩と、何を話せばよいか分からないという▼一方で上司の多くも、部下との接し方に悩んでいる。事実、部下のマネジメントに関するビジネス書は売れ続けている▼出版や教育事業を手掛けるある企業では、“育ボス”(従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や管理職のこと)を育成するための研修を導入している。子育て経験のない管理職が、子どもを持つ社員の家庭を訪れ、1日数時間の家事・育児を体験するというもの。“当事者の気持ちなんて分からない”と感じていた管理職が研修後、“本音を言ってもらえるよう日頃のコミュニケーションを大切にしたい”と気持ちの変化を語っていたという▼年齢や性別、境遇が違う人の悩みを理解することは容易ではない。しかし、相手の立場や置かれている状況を少しでも知ろうと行動すれば、新たな気付きが生まれ、相手との心の通い合いが始まる▼御書に「人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし」(1598ページ)と。友の悩みに同苦する行動は、自分自身の人間革命にもつながっていく。自他共の幸福を目指し、対話の花を爛漫と咲かせていこう。(新)
posted by ハジャケン at 10:04| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月13日

社会人1年目の女子部員が「コミュ力(コミュニケーション能力)を上げたい」と言っていた。上司や先輩と、何を話せばよいか分からないという▼一方で上司の多くも、部下との接し方に悩んでいる。事実、部下のマネジメントに関するビジネス書は売れ続けている▼出版や教育事業を手掛けるある企業では、“育ボス”(従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や管理職のこと)を育成するための研修を導入している。子育て経験のない管理職が、子どもを持つ社員の家庭を訪れ、1日数時間の家事・育児を体験するというもの。“当事者の気持ちなんて分からない”と感じていた管理職が研修後、“本音を言ってもらえるよう日頃のコミュニケーションを大切にしたい”と気持ちの変化を語っていたという▼年齢や性別、境遇が違う人の悩みを理解することは容易ではない。しかし、相手の立場や置かれている状況を少しでも知ろうと行動すれば、新たな気付きが生まれ、相手との心の通い合いが始まる▼御書に「人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし」(1598ページ)と。友の悩みに同苦する行動は、自分自身の人間革命にもつながっていく。自他共の幸福を目指し、対話の花を爛漫と咲かせていこう。(新)
posted by ハジャケン at 10:02| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬鹿殿様

 「馬鹿殿様」というのは、
 実は非常な褒め言葉なんであります。
 大勢の家来の中には下らない奴もおるだろうし、
 悪い奴もおる。
 しかも自分の上には目を光らせている
 意地の悪い幕府当局がある。
 その中で悠々と藩を維持していくというのは、
 なまじ小利巧な殿様ではとてもできたものじゃない。
 よほど馬鹿にならんと治めていくことはできない。
 『論語』にも、「その知及ぶべし、その愚及ぶべからざるなり」
 (「公冶長【こうやちょう】篇」)という名言がある。
 馬鹿殿様というのは、
 その「愚及ぶべからざるなり」という意味で、
 わかったようなわからんような、
 悠々として、すべてを包容して、
 事なく治めていくなんて、小利巧な人間、
 小才の人間ではとてもできる芸当ではない。
 「馬鹿殿様」というのは、
 その意味でもおもしろい、
 活きた言葉であります。
(先哲が説く指導者の条件 19P)
posted by ハジャケン at 09:57| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄弟抄P1093

各各・随分に法華経を信ぜられつる・ゆへに過去の重罪をせめいだし給いて候、たとへばくろがねをよくよくきたへばきずのあらわるるがごとし、
石はやけばはいとなる金は・やけば真金となる、此の度こそ・まことの御信用は・あらわれて法華経の十羅刹も守護せさせ給うべきにて候らめ―――
 兄弟抄P1093
posted by ハジャケン at 09:56| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月13日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月13日
学びゆく女性は、
幸福への世界を広げる。
学びゆく女性は、
人生の正しき行路を知ることができる。


posted by ハジャケン at 09:55| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする