2017年09月08日

暁鐘 八

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 八

 懇談会のあと、山本伸一の一行はフランクフルト市内にある「ゲーテの家」を訪れた。
 三日前、伸一は、モスクワで、「トルストイの家」を視察していた。戦後の混乱した時代のなかで青春期を過ごした彼は、この文豪らの作品をむさぼるように読み、未来に生きる希望と力を得てきた。
 伸一は、文豪たちの住居を訪ね、その生活環境を知ることで、人間像と作品への洞察をさらに深め、機会があれば、青年たちに人物論や作品論を講義したいと考えていたのだ。
 「ゲーテの家」は、五階建てであり、一九四四年(昭和十九年)に戦火に焼けたが、復元されたという。
 伸一たちは、台所から食堂、居間、音楽室、美術室などを、一部屋一部屋、見て回った。ゲーテは、当時、フランクフルトきっての富豪であったといわれ、調度品なども見事な光沢を放ち、風格を感じさせた。
 書斎は四階であった。この部屋で、『若きウェルテルの悩み』や畢生の大著『ファウスト』などの執筆を手がけていったのである。
 部屋には、立って書くための机が置かれていた。ゲーテは、立って書くことを心がけていたという。ここにも、脈打つ青年の気概が感じられた。
 トルストイもゲーテも、当時としては、かなりの長寿であり、共に八十二歳で他界するが、生涯、ペンを執り続けた。ゲーテは、「太陽は沈む時も偉大で荘厳だ」(注)との言葉を残している。まさに、彼自身の人生の終幕を予言しているようでもあった。
 伸一は、今、自分は五十三歳であることを思うと、まだまだ若いと感じた。
 “人生の本格的な闘争は、いよいよこれからである。世界広布の礎を築くため、後継の青年たちの活躍の舞台を開くために、命ある限り行動し、ペンを執り続けなければならない”と、自らに言い聞かせた。
 伸一が西ドイツでの一切の行事を終え、次の訪問国ブルガリアへと飛び立ったのは、二十日の午後一時であった。
 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 高橋健二著『ヴァイマルのゲーテ 評伝』河出書房新社
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☔| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月8日

60年前の7月12日、池田先生の不当逮捕に抗議した「東京大会」。この日、戸田先生は、ある雑誌の取材を受け、対談を行った▼その中で、核兵器について言及している。「原子爆弾だけは許せんぞ、おれは決めているのだよ」「そういうことは断じて許さん」。権力の魔性が牙をむいた「大阪事件」の渦中にも、戸田先生は核兵器廃絶の思索を巡らせていた▼それから2カ月ほど後のきょう9月8日、戸田先生は神奈川の地で、青年への「遺訓の第一」として「原水爆禁止宣言」を発表した。国際政治学者の武者小路公秀氏は、「核兵器使用それ自体をサタンと断じる戸田先生の主張はますます重要なものとなろう」と指摘する▼「原水爆禁止宣言」発表の翌年、池田先生は本紙に寄稿。法華経譬喩品の「三界は安きこと無し 猶火宅の如し 衆苦は充満して 甚だ怖畏す可し」(法華経191ページ)を通し、恩師の遺訓の実現を呼び掛けた。その先頭に立ち、核兵器廃絶への民衆の連帯を世界に広げてきたのもまた、池田先生である▼今月20日、国連本部で「核兵器禁止条約」の署名式が行われる。核兵器は権力の魔性の産物であり、「絶対悪」である。核兵器を巡る国際社会の緊張が高まる今だからこそ、この恩師の思想を時代精神に高めたい。(芯)
posted by ハジャケン at 08:43| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当代の人物

 ところが今日の大官名士を見ると、
 その私家の際はまずよろしい。
 酒も飲まぬ。
 喧嘩もしない。
 もちろん漁色も目立ってはやらない。
 ダンスホールを閉鎖しろとか、
 待合を止めろとか喧しく言う。
 大官連中も小さくなっている。
 行儀が良い。
 しかし国家の大事に臨むと、
 生きているのか死んだのかさっぱり分らぬ。
 ひたすら己を守るに汲々としている。
 ここが明治の人物と当代の人物と非常に違うところである。
 願わくば私家の際も人生国家の大事に当っても
 立派であって欲しいが、どうもそうはいかぬ。
 この辺に真の教育の悩みがあります。
posted by ハジャケン at 08:41| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P788

所詮南無妙法蓮華経は三世一念なり―――
 御義口伝P788
posted by ハジャケン at 08:39| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月8日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月8日
「声美人」「手美人」という言葉があるが、
お母さんの声、
お母さんの手ほど美しいものはない。
子どもをあやし、子どもを呼ぶ母の声。
おむつを換え、ご飯をつくり、
服を着させる母の手。
「母の声」「母の手」に守られて、
人は皆、大人になっていく。
母の声が世界を結び、
母の手が平和へとつながっていく時、
どれほど美しい地球になることであろう。


posted by ハジャケン at 08:39| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする