2017年09月07日

暁鐘 七

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 七

 山本伸一は、次いで、学会の組織はなぜ必要なのかについて、語っていった。
 「ともすれば、個人の自由と組織とは相反するように感じる人もいるかもしれない。しかし、国家でも、会社でも、また、いかなる団体でも、その目的を果たしていくためには、組織は不可欠です。同様に創価学会にあっても、皆が信・行・学を実践し、広宣流布を進めていく手段として、組織はなくてはならないものといえます。
 今、皆さんが、こうして信仰することができたのも、組織があっての結果です。また、多数の人びとが秩序ある前進をしていくためにも組織は必要であり、それがなければ、独善的で自分勝手な信心となり、いわゆる我見に陥りかねない。
 そうなれば、正しい信仰、正しい行学から外れ、妙法を基盤にした正しい生き方を確立していくこともできなくなってしまう。
 ともかく、一人だけの信仰では、進むべき軌道がわからなくなってしまうものです。信心を貫くには、大勢の人びととスクラムを組み、勇気ある人生を歩み抜けるよう励まし合い、退転を戒め合い、正道へ向かうよう守り合うことが大切です。そう考えるならば、組織というものが、いかに重要であるか、よくおわかりいただけると思う。
 ただし、組織は手段であり、個々人の信心の向上を促し、幸福になっていくための指導こそが、その出発点であることを忘れてはならない。あくまでも学会の組織の目的は、一人ひとりのメンバーの絶対的幸福であり、成仏にあります。組織での役職も上下の関係を意味するものではありません。幹部は、いわば団結の要となる存在といえます。
 ゆえに、メンバーは互いに尊敬し合い、共に社会の一員として理解、信頼し、励まし合いながら、人生を勝ち飾っていただきたい」
 学会は、人びとの幸福と人類の平和、すなわち広宣流布を実現する唯一無二の団体である。したがって戸田城聖は、「戸田の命より大切な学会の組織」と言明したのである。
posted by ハジャケン at 09:12| 山梨 ☔| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月7日

引退した闘牛士が、闘牛用の牛を育てて暮らしていた。ある時、知人からアメリカの黒人音楽家が作った「スケッチ・オブ・スペイン」というレコードの話を聞く。闘牛士は外国人がそんな作品を作るのは不可能だと言い張った。「フラメンコやスペイン文化の知識が少ないからな」▼しかし、レコードがかかると彼は静かに聞き入った。終わると立ち上がり、久しぶりに闘牛士の服を着た。そして、自分が飼っていた牛と闘いを始めたという。理由を聞かれると「音楽に感動して、闘わずにはいられなくなった」と▼ジャズ・トランペッター、マイルス・デイビスの作品にまつわる逸話だ(『マイルス・デイビス自叙伝U』宝島社文庫)。ジャズの商業用レコードが誕生したのは今から100年前。以来、数々の名演・名盤が生まれ、世界中の人々を魅了してきた▼ジャズはアフリカから奴隷として連れてこられた人々に起源を持つ。苦悩の中で鍛えられた音楽だからこそ「生命を鼓舞する強さ」を持つと、池田先生は語っている▼学会歌もまた、広宣流布という民衆による平和闘争の中で生まれた。ゆえに、人々に感動を与え、行動へと駆り立てる力を備えているのだろう。夏から秋へ、わが魂の歌を歌いながら、命を躍らせ前進していこう。(値)
posted by ハジャケン at 09:11| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明治の人物

 明治の頃の人物を調べて見ると、
 優れた人物が多い。
 ところが私家の行いを見ると、
 どうも酒飲みや女好きが多い。
 地方長官会議などやると大変だったらしい。
 私の親族の者が熊本の県令をしておったが、
 その長男が私の学生時代の保証人で、
 よくその当時の話をしてくれました。
 地方長官会議の時、宴会などをやると、
 酒飲みが多くて、大臣を遠慮なくやっつける。
 酒は飲む、喧嘩はする。
 女は御馳走くらいに心得ていた男が多い。
 私事を論ずればまことに悪い。
 ところが一朝天下国家のことになると
 非常に滅私奉公の精神に富んでおった。
posted by ハジャケン at 09:08| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総勘文抄P563

此の八万法蔵を我が心中に孕み持ち懐き持ちたり我が身中の心を以て仏と法と浄土とを我が身より外に思い願い求むるを迷いとは云うなり此の心が善悪の縁に値うて善悪の法をば造り出せるなり―――
 総勘文抄P563
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月7日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月7日
大勢の人に尽くす。
その人がいちばん偉い。
どんな有名人よりも、権力者よりも偉い。
人生の最後に、みんなが
「ああ、あの人のおかげで、
私は幸せになったんだ。あの人の励ましで、
私は立ちあがれたんだ」と、
慕って集まってくる。そういう人が、
人間としていちばん偉い。
そして、いちばん幸福です。


posted by ハジャケン at 09:02| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする