2017年09月06日

暁鐘 六

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 六

 山本伸一は、ここで、ドイツの理事長たちから相談を受けていた事柄の一つである、離婚の問題について言及していった。
 欧米では、離婚が多く、メンバーから相談を受けることもあるという。理事長らは、仏法者として、これに、どう対処していけばよいのか、懇談の際、伸一に尋ねたのである。
 彼は、この問題について、考え方の原則を、あらためて確認しておこうと思った。
 「社会では離婚に関する問題が多いようですが、プライバシーについては、私たちは深く立ち入るべきではないし、干渉めいたことも慎むべきです。それぞれが責任をもって考えていく問題です。
 ただし、他人の不幸のうえに自分の幸福を築いていくという生き方は、仏法にはないということを申し上げておきたい。
 ともかく、よく話し合い、夫婦が信心をしている場合には、解決のために、互いにしっかり唱題し、どこまでも子どもの将来のことなどを考えて、できうる限り歩み寄っていく努力をお願いしたい。離婚をしても自身の宿命というものを変えることはできません。
 また、リーダーの心構えとして、悩める友が相談に来た場合、その人の人格、人権を尊重して、いっさい他言するようなことがあってはなりません。その人のプライバシーを、自分の家族や友人も含め、第三者に軽率に語るようなことは、絶対に慎むべきです。そんなことがあれば、本人に迷惑をかけるだけでなく、自分も、また学会も、信頼を失うし、幹部としては失格者であることを銘記していただきたい。
 これは、ドイツに限らず、日本においても、どの国にあっても、リーダーが厳守すべき鉄則であることを確認しておきます」
 伸一は、メンバーが疑問に思っていることや聞きたいことについて、わかりやすく、明快に語っておきたかった。そのために、フランクフルト入りした時から、皆に声をかけ、話に耳を傾けてきた。皆の心に宿った疑問を解決できてこそ、晴れやかな大前進がある。
posted by ハジャケン at 09:14| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月6日

「僕は、戦いに敗れることを活力源にして次々に戦いをいどんでいる」とは、映画界の巨匠・黒澤明監督の言葉。栄光と挫折が交差するその生涯は、多くの示唆を与えてくれる▼敬愛するドストエフスキーの『白痴』を映画化した時のこと。気負い過ぎたのか、作品は不評で、評論家も辛辣だった。順調だった矢先の出来事に落胆は大きかったという▼だが監督は転んでもただでは起きなかった。自分では気付かない視点を取り入れようと、周囲の声に真摯に耳を傾けた。自ら書き進めたシナリオも、批判があれば何度もやり直した。こうして完成したのが名作「生きる」であり「七人の侍」である。彼が人生を懸けて追求したのは「人間の幸福」だった(都築政昭著『黒澤明の映画入門』ポプラ新書)▼失敗から学べる人は強い。その経験を教訓として生かせるからだ。それはやがて、失敗を恐れない境涯を開き、人々を励ます力にもなる。学会員の信仰体験が共感を呼ぶのも、失敗や挫折、幾多の苦難にも負けず、それらを活力源に変えた「心の強さ」に感動するからだろう▼失敗は誰人にもあり、それ自体が幸・不幸を決めるのではない。試練に心を折られるのか、勝利と幸福への出発点とできるのか。その鍵は、わが一念にある。(仁)
posted by ハジャケン at 09:11| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大臣と小臣

 明治時代は、大臣に限らず、
 重職に当った人を見ると、義理にも、
 この大任に堪えよくその責を果せるかどうか、
 甚だどうも覚束ない次第であるというくらいの挨拶はしている。
 義理にもそのくらいのことは言っている。
 ところが昨今の大臣連中など見ておりますと、
 吉田内閣だけでも百人以上の大臣が出来たが、
 ああなると大臣でなく、小臣か足軽か知らんが、
 それにしても少しは謙遜なり反省なりの態度があってもよさそうだが、
 如何にも嬉しそうで、得意満面で、
 聞くに足る挨拶をした人がない。
posted by ハジャケン at 09:09| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総勘文抄P562

過去と未来と現在とは三なりと雖も一念の心中の理なれば無分別なり―――
 総勘文抄P562
posted by ハジャケン at 09:08| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月6日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月6日
私の母は多くの子を育てた。
苦労の多かった人生の坂道を、
無言の力強さで黙々と歩んだ。
そんな母の最後の言葉は
「私の人生は勝ったよ」だった。


posted by ハジャケン at 09:07| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月6日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月6日
私の母は多くの子を育てた。
苦労の多かった人生の坂道を、
無言の力強さで黙々と歩んだ。
そんな母の最後の言葉は
「私の人生は勝ったよ」だった。


posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする