2017年09月05日

暁鐘 五

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 五

 十八日の午後、山本伸一は、フランクフルト会館を訪れ、ドイツ広布二十周年の記念勤行会に臨んだ。会館では記念植樹や記念撮影も行われ、ドイツ広布の道を切り開いてきた同志の、さわやかな喜びの笑みが広がった。
 勤行会に引き続いて、伸一を囲んで、信心懇談会が行われた。
 彼は、東西に分断されたドイツの現状を憂えながら、語っていった。
 「ご存じのように、資本主義も行き詰まっている。社会主義も行き詰まっております。しかし、私どもは、それぞれの体制をうんぬんしようというのではない。どんな体制の社会であろうが、そこに厳として存在する一人ひとりの人間に光を当てることから、私たち仏法者の運動は始まります。
 際限のない人間の欲望を制御し、一人ひとりが自他共の幸福をめざして、身近な生活のうえに、社会のうえに、いかに偉大な価値を創造していくか――そこに、社会の行き詰まりを打開していく道があります。どんな理想を掲げた体制も、人間自身の生命の変革、すなわち人間革命なくしては、その理想は画竜点睛を欠き、絵に描いた餅にすぎない。
 日蓮大聖人の仏法は、宇宙根源の法とは何かを教えており、その法への信仰は、人間に内在する無限の創造力の根源である『仏』の生命を引き出していくためであります。
 混迷する社会にあって、わが生命に仏界を涌現させ、清新な生命力をみなぎらせ、明確なる人生道と幸福道と平和道を闊歩していく力となり、道標となるのが信心なんです。
 しかも、『天国』といった現実を離れたところに幸福を求めるのではなく、自分が今いる場所で、日々の現実生活のなかで、崩れざる幸福を確立していけると説いているのが、仏法の教えです」
 カオス(混沌)の様相を呈している時代だからこそ、仏法という確かな生命の哲学を求めることが、各人の人生にとっても、世界にとっても、大きな希望の光となることを、伸一は訴えたかったのである。
posted by ハジャケン at 09:10| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月5日

サッカー日本代表が6大会連続となる「FIFAワールドカップ(W杯)」への出場を決めた。9カ月後に開幕する本大会での活躍が楽しみだ▼W杯の第1回大会は1930年。当時は予選がなく13カ国が参加した。時を経て、今回のW杯予選には約200カ国・地域のチームが出場。世界で最も親しまれるスポーツの代表である▼くしくも、創価学会の始まりも1930年だった。そして今や広宣流布の運動は192カ国・地域に。W杯やオリンピックに匹敵する広がりとなった。今月の青年研修会に参加した世界五大州の友の躍動の姿が、それを象徴していた▼ある交流交歓会会場での一こま。開会前、アフリカ4カ国の友が地元の少年少女部員と勤行・唱題を始めた。興奮気味の子どもたちにザンビアの青年部長は語った。「私たちは違う国で生まれ、違う言葉を話します。でも、『ナンミョウホウレンゲキョウ』は世界共通。池田先生のおかげで、どこにいても、この信仰を持つことができるようになったのよ」。未来っ子の瞳がひときわ輝いた▼池田先生が世界広布の第一歩をしるしてから半世紀。24時間、絶え間なく“ダイモク”が地球を包む時代となった。我らも世界広布の先駆者の誇りで、使命の道をさっそうと走ろう。(差)
posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間の真価

 人間の真価はなんでもない小事に現われる。
 これについでは古今東西いろいろの識者が
 時に触れて論じておりますが、
 誠にその通りであります。
 真に人を安んずるとか、百姓を安んずるとかいうことは、
 天心の流注、
 人間に自ら備っておるところの本然【ほんぜん】の心、
 良心というものの自らなる流露によって、
 はじめて出来ることであります。
posted by ハジャケン at 09:04| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持妙法華問答抄P466

命己に一念にすぎざれば仏は一念随喜の功徳と説き給へり―――
 持妙法華問答抄P466
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月5日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月5日
人間、孤独では生きていけない。
独りで自分勝手に生きることが
自由で幸せのように見えることもあろうが、
実際はそうではない。
人との連帯、
励ましあいのなかでこそ、
人間は生きがいをもち、
使命感や向上心を失わずに
進んでいくことができる。


posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする