2017年09月04日

暁鐘 四

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 四

 交歓会には、来賓としてカーン博士らも出席しており、あいさつに立った。
 博士らは、いずれも、山本伸一が進める仏法を基調とした平和運動への期待を述べた。
 最後に伸一がマイクを取った。
 「私たちには、この地球上で幸せになる権利がある。平和に生きていく権利がある。また、自由に生きていく権利がある。
 では、それを実現していく源泉とは何か。日蓮大聖人の仏法であると訴えたい。
 なぜか――人間こそが一切の原点であり、最も大切なものは生命です。その生命をことごとく解明し、万人が等しく、尊極無上なる『仏』の生命を具えていることを説き、各人の崩れざる幸福と平和を確立する方途を示しているのが、大聖人の仏法であるからです。また、それを実践しているのが創価学会です。
 太陽が地球を遍く照らして、その光が恵みを与えるように、日蓮大聖人の仏法は、人びとに真実の幸福をもたらす教えであり、いわば太陽の仏法であります。
 仏法のその厳たる力を、全世界の同志の体験が証明しています。皆さんは、大仏法の光を浴びて、わが生命を蘇生させ、崩れざる幸せを築いてください。
 一人の人間を幸せにし、満足させ得ないような宗教が、どうして世界の平和を実現し得よう。どうして世界の人びとを救えようか。
 どうか、皆さんは、この太陽の仏法を確実に実践し抜き、一人ひとりが幸せを厳然と享受していただきたいのであります。
 今日の仏法兄弟の集いは、まだ小さな存在かもしれない。しかし、三十年、五十年、百年後には、この集いが幸福と平和の広宣流布の大潮流をもたらし、今日という日が、記念の日と輝いていくことを確信してください」
 伸一は、信心の目的は一人ひとりの幸福にあり、そこにこそ、平和運動の目的もあることを、確認しておきたかったのである。
 戦争がなければ平和なのではない。人間が生の喜びを嚙み締め、歓喜に包まれ、幸せを満喫して生きてこそ、平和なのだ。
posted by ハジャケン at 08:54| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年9月4日

先日の座談会でのこと。友好を広げた女子部員。家族旅行に行った婦人部員――皆が夏の思い出をにぎやかに語った▼印象に残ったのが、ウオーキングを始めたという壮年部員。「仕事が忙しいので休日は休むことを第一に考えていましたが、思い切って運動したら驚くほど爽快になりました。おすすめです」と日焼けした笑顔で▼人はストレスがかかると、それを避けようとしたり、静かに休もうと思ったりしがち。だが、そうした対処は効果的でないと精神科医の福間詳氏は指摘する。行動を控えて外からの刺激を遮断すると、“楽しい刺激”も入らなくなり、結果として“嫌なこと”が心の中に充満してしまう▼氏は、嫌なことを避けるのではなく、「楽しいこと、幸せを感じることに意識を向けること」が大切と強調する。例えば自然の中を歩いたり、好きな小説を読んだり、誰かと会話したり。新たな刺激によって不快な感情が“分断”され、ストレスが軽減されるという(「潮」10月号)▼“忙しいから何もできない”ではなく“忙しいからこそ何かを始めよう”と考えたい。かねてやりたかったこと、新しいことに挑めば、心は伸びやかになる。ましてそれが自他共の幸福を目指す広布の挑戦であるなら、生命の喜びは計り知れない。(起)
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不惜身命

 夢中で学問していると、すぐに時間がたつ。
 夜も更けたから寝ようというのでは大抵駄目になる。
 『論語』に「朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり」とは、
 決して単なる形容詞ではない、本当のことだ。
 身体にこたえるし、明日が大変だと思いつつも、
 やってしまうだけの勇気を持つことだ。
 不惜身命【ふしゃくしんみょう】≠ニいうが、
 学問でも芸術でも何でも同じだと思う。
posted by ハジャケン at 08:47| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生成仏抄P384

衆生の心けがるれば土もけがれ心清ければ土も清しとて浄土と云ひ穢土と云うも土に二の隔なし只我等が心の善悪によると見えたり、
衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり―――
 一生成仏抄P384
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月4日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月4日
私が小学校五年生の頃の秋でした。
わが家が、
風速三十三メートルほどの大きな台風に襲われたことがあります。
兄たちは、兵隊にとられて家にはいない。
真っ暗な家のなか、
幼い子どもたちの不安は募りました。
しかし、その時です。
父が、厳として、「怖くない!」
と言ったのです。母も、
毅然と、「お父さんがいるから、
絶対に心配ないよ!」と。
子の父母のひと言に、
どれだけ、ほっとし、
勇気がわいてきたことか。
私は、今でも鮮烈に思い出します。


posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする