2017年08月08日

雄飛 四十六

小説「新・人間革命」〉 雄飛 四十六

 ワシントンDCに続いて訪れたシカゴでは、十二日、市内のマダイナ公会堂に五千人のメンバーが喜々として集い、シカゴ文化祭、そして記念総会が行われた。
 二十年前、山本伸一がシカゴを初訪問した時、メンバーは十数人であったことを思うと、隔世の感があった。この文化祭で、ひときわ彼の心をとらえたのは、サチエ・ペリーと、その七人の子どもによる演目であった。
 彼女は十四歳の時に広島で被爆していた。一九五二年(昭和二十七年)、米軍の軍人であった夫と結婚し、アメリカに渡った。だが、待ち受けていたのは、夫のアルコール依存症と暴力、経済苦、子どもの非行、言葉の壁、偏見と差別であった。七人の子どもを育てるために、必死に働いた。一家の住む地域は、人種間の対立や争いごとが絶えず、夫から、護身用として銃を持たされた。苦悩にあえぎ、恐怖に怯える毎日であった。
 そんなある日、近所に住む日系の婦人から仏法の話を聞き、信心を始めた。六五年(同四十年)のことである。
 必ず幸せになれるとの励ましに心は燃えた。何よりも宿命を転換したかった。題目を唱えると勇気が湧いた。そして、教学を学ぶなかで、自分には地涌の菩薩として、このアメリカの人たちに妙法を教え、自他共の幸福を実現していく使命があることを知ったのだ。
 人生の真の意義を知る時、生命は蘇る。
 カタコトの英語を駆使して弘教に歩いた。
 宿命は怒濤のごとく、彼女を襲った。末娘は病に苦しみ、手術を繰り返した。夫のアルコール依存症、経済苦も続いた。しかし、“何があっても、断じて負けまい”と、信心を根本に、敢然と立ち向かう自分になっていた。七人の子どもたちも信心に励み、家計を支えるためにバンドを組み、プロとして活躍するようになった。宿命と戦いながらも、希望と歓喜を実感する日々であった。
 彼女は、この体験を、文化祭の舞台で読み上げたのである。一人ひとりの蘇生の体験があってこそ、普遍の法理は証明されていく。
posted by ハジャケン at 10:15| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年8月8日

冷たいものを飲み過ぎたり、出先でつい食べ過ぎたりと、食生活が乱れがちな時期。世間ではグルメ番組の影響などもあり“あの店がいい”“これがおいしい”といった話題にも事欠かない▼料理研究家の土井善晴さんは、最近は「食べる人」が主役になったと言う。食べるだけの人は、おなかがすくと機嫌が悪くなる。“デパ地下”に行けば、つい食べきれないほど買い込んでしまう。健康面を考えると、「食べる人」ではなく「作る人」こそ主役になる必要があると指摘する▼料理を「作る人」は、たとえ1人暮らしでも、台所に立てば肉ばかりでなく、自然と野菜も加えようとするもの。料理を作る行為には、栄養バランスまで正しく「調整する機能」が本来的に含まれている。日頃の食事で「作る」を基本にすることが、自身や家族の幸せにもつながる(「第三文明」9月号)▼御書に「飲食節ならざる故に病む」(1009ページ)とある通り、不摂生は病気の元。欲望の制御が最大の鍵だが、その有効な方法の一つが、「作る人」になることともいえる▼「食」という最も身近で、生命の源となる営みを、真剣に考え、主体性をもって取り組む人は、自然、人生の万般にわたって、そうした姿勢で臨めるだろう。「信心即生活」はわが足元、いな口元から始まる。(朋)
posted by ハジャケン at 10:13| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妙密上人御消息P1240

賢人と申すは・よき師より伝へたる人・聖人と申すは師無くして我と覚れる人なり―――
 妙密上人御消息P1240
posted by ハジャケン at 10:07| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月8日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月8日
鍛えの中からしか、個性は輝かない、
見事に自分の個性を鍛え上げた人は、
美しい。誰が見ても、
ほれぼれするほど美しい。
すぐ消えてしまう一時の美ではなく、
ずっと続く一生涯の美です。


posted by ハジャケン at 10:03| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする