2017年08月01日

雄飛 四十

小説「新・人間革命」〉 雄飛 四十

 七月下旬、山本伸一は、「忘れ得ぬ同志」と小説『人間革命』を担当する「聖教新聞」の記者たちと、神奈川研修道場で打ち合わせを行った。彼が、『人間革命』の連載再開を告げると、編集担当者は驚いた顔をした。そして、ためらいがちに話し始めた。
 「読者は、大喜びすると思います。しかし、宗門の若手僧たちは大騒ぎし、先生が格好の標的になってしまうのでは……」
 こう言って口ごもった。
 すかさず、伸一は強い語調で語り始めた。
 「そんなことはわかっているよ。今、大事なことは、私がどうなるかではない。守るべきは同志です。学会員は、非道な僧や、それに同調する人間たちから、冷酷な仕打ちを受け続けても、じっと堪え、広宣流布のため、学会のために、健気に、一途に、懸命に頑張ってくださっている。
 私の責任は、仏子である、その学会員の皆さんを守ることだ。勇気の光、希望の光、確信の光を送り、皆が自信と誇りをもって、使命の道に邁進していけるようにすることだ。そのために私がいるんです。
 したがって、今だからこそ、『人間革命』を書かなければならない。それが私の戦いなんだよ。いいね。わかるね」
 記者は、大きく頷いた。
 伸一は、笑みを浮かべ、言葉をついだ。
 「できるだけ早く始めたいんだ。挿絵を担当してくださっている画伯とも、至急、連絡を取ってほしい。また、実は今、肩が痛くて腕が上がらないんだよ。すまないが、場合によっては、口述を書き取って連載するようにしてくれないか」
 この一九八〇年(昭和五十五年)の夏、関東地方は長雨で、蒸し暑い日が続いていた。伸一は、前年からの疲労が重なっており、その天候が体にこたえた。しかし、彼は燃えていた。胸には闘志があふれていた。
 「正義は必ず勝つという信念のみが、私たちを鼓舞する」(注)とは、マハトマ・ガンジーの魂の言葉である。
 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『マハトマ・ガンジー全集 68巻』インド政府出版局(英語)
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☀| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年8月1日

世界で最も平和な国は?――国際研究機関が平和度合いを格付けした今年の「世界平和度指数」が公表され、アイスランドが昨年に続き1位に選ばれた。紛争やテロ、人権、軍事費などの項目をもとに算出されている▼澄んだ夜空にオーロラが瞬く同国。首都レイキャビクは1986年、冷戦終結に向けた米ソ首脳会談が行われた歴史の舞台でもある。それに先立つ79年から、首都で市民や団体による「ピース・マーチ」が始まった。人種や宗教、思想・信条を超えて平和を願い、街を行進する▼これにはSGIも長年、参加してきた。昨年は参加者が最大規模に。行進後の集会では青年部の代表が司会を務めた。同国でSGIが法人認可されて明年は10周年。ジョンスドッティル理事長は「SGIは平和団体として認められ、信頼されるようになりました」と語った▼メンバーは皆が初めから“平和の闘士”だったわけではない。御書や池田先生の指導を学び、生命尊厳の哲学を実践する中で、一人一人の意識が変わり、平和へ行動する主体者になったのだ▼第2代会長・戸田先生の「原水爆禁止宣言」60周年。それは恩師の遺訓を胸に世界を駆けた池田先生の行動の60年でもある。その平和建設の魂は、世界の青年に確かに受け継がれている。(奨)
posted by ハジャケン at 09:29| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年8月1日

世界で最も平和な国は?――国際研究機関が平和度合いを格付けした今年の「世界平和度指数」が公表され、アイスランドが昨年に続き1位に選ばれた。紛争やテロ、人権、軍事費などの項目をもとに算出されている▼澄んだ夜空にオーロラが瞬く同国。首都レイキャビクは1986年、冷戦終結に向けた米ソ首脳会談が行われた歴史の舞台でもある。それに先立つ79年から、首都で市民や団体による「ピース・マーチ」が始まった。人種や宗教、思想・信条を超えて平和を願い、街を行進する▼これにはSGIも長年、参加してきた。昨年は参加者が最大規模に。行進後の集会では青年部の代表が司会を務めた。同国でSGIが法人認可されて明年は10周年。ジョンスドッティル理事長は「SGIは平和団体として認められ、信頼されるようになりました」と語った▼メンバーは皆が初めから“平和の闘士”だったわけではない。御書や池田先生の指導を学び、生命尊厳の哲学を実践する中で、一人一人の意識が変わり、平和へ行動する主体者になったのだ▼第2代会長・戸田先生の「原水爆禁止宣言」60周年。それは恩師の遺訓を胸に世界を駆けた池田先生の行動の60年でもある。その平和建設の魂は、世界の青年に確かに受け継がれている。(奨)
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細井平洲の手紙

細井平洲の上杉鷹山に宛てた手紙の中に、
学者を語って面白い一文がある。
「世の中に払底なる(底を払って空しい)者と申し候は、
学術志行兼備と申す人に御座候。
何れの国にも学者は学者風にて、書に対し候時は学者に御座候。
人に対し候時は世人に御座候」と。
書に対する時だけ学者で、他の時は俗人というのでは、
人を感化・指導することなど思いもよらぬ。
posted by ハジャケン at 09:25| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法蓮抄P1053

夫れ天地は国の明鏡なり今此の国に天災地夭(ちよう)あり知るべし国主に失(とが)ありと云う事を鏡にうかべたれば之を諍うべからず国主・小禍のある時は天鏡に小災見ゆ今の大災は当に知るべし大禍ありと云う事を―――
 法蓮抄P1053
posted by ハジャケン at 09:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月1日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月1日
理想があるから青春です。
理想があるから人生です。
理想のない人は、寂しい。
反対に、生涯、
わが理想を求めて生きる人は、
どんなに年をとっていても、
心は永遠に青年です。

posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする