2017年06月30日

雄飛 十四

小説「新・人間革命」〉 雄飛 十四

 訪中前の日本での語らいで、山本伸一は、巴金ら中国作家代表団に、「次回は、革命と文学、政治と文学、平和と文学などについて語り合いましょう」と言って、再び会うことを約したのである。
 そして、第五次訪中で、二十四日に伸一が主催した北京での答礼宴の折には、謝冰心と再会。さらに、この上海で巴金と二度目の会談が実現したのである。
 伸一が、政治と文学の関係について意見を求めると、彼は即答した。
 「文学は政治から離れることはできない。しかし、政治は、絶対に文学の代わりにはなり得ません。文学は、人の魂を築き上げることができるが、政治にはできないからです」
 話題は、文化大革命に移っていった。
 巴金は文革の時代、「反革命分子」とされ、文芸界から追放された。彼を批判する数千枚の大字報(壁新聞)が張り出され、「売国奴」と罵られもした。彼は、この苦難をきちんと総括し、自分を徹底的に分析し、当時、起こった事柄を、はっきり見極めていくことの大切さを強調した。
 巴金は文化講演会でも、こう訴えている。
 「私は書かなければなりません。私は書き続けます。そのためには、まず自分をより善良な、より純潔な、他人に有益な人間に変えねばなりません。
 私の生命は、ほどなく尽きようとしています。私はなすべきこともせずに、この世を離れたくはありません。私は書かねばならず、絶対に筆を置くことはできません。筆によってわが心に火をつけ、わが体を焼きつくし、灰となった時、私の愛と憎しみは、この世に消えることなく残されるでしょう」
 時代の誤った出来事を看過してはならない。その要因と本質とを深く洞察し、未来のために戦いを開始するのだ。
 会談で巴金は、「今、文革についての小説を書き始めました。ゆっくりと、時間をかけて書いていくつもりです」と語った。
 正義の闘魂が、新しき社会を創る。
posted by ハジャケン at 09:58| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月30日

過去のオリンピックの映像を見ていて、ふと思った。マラソン競技の優勝者はゴールテープを切るのに、100メートルや400メートルリレーなどの競技にはテープがない。短距離走はレースの最終盤までもつれ、僅差で勝負がつくため、ゴールの瞬間の写真判定に、より正確を期すためらしい▼さらに興味深い話を、陸上競技経験者に聞いた。短距離選手はゴール地点ではなく、ゴールの少し先を見据えて疾走するという。ゴールそのものを目指すと、“あそこで終わりだ”と、ゴール寸前でわずかに速度が落ちてしまう。彼いわく「ゴールは通過地点。加速しながら駆け抜けるんです」▼学生部時代、資格試験に何度、挑戦しても突破できない友がいた。思い悩む彼に先輩が助言した。「合格がゴールじゃないよ。何のために挑み、何の使命を果たすのか。資格を取った先の活躍に、本当の勝負があるのだから」▼友は一念を定め直し、祈っては学び続けた。その後、ついに試験を突破。現在、法曹界で使命感を燃やして奮闘している▼広布のため、真面目な人が報われる社会を築くため――この大目的をしっかり見据えた時、最後の最後まで駆け抜ける力が出る。“未来のために今を勝つ”と決め、本年前半のゴールを最大最高の力で駆け抜けよう。(城)
posted by ハジャケン at 09:55| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性へ

気が利いて、まめやかで、優しくて、
善言に耳を傾ける素直さがあり、その上に容貌敢て醜くからず。
これ女性に望むところ。
posted by ハジャケン at 09:47| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四条金吾殿御書P1117

法華経の信心を・とをし給へ・火をきるに・やすみぬれば火をえず―――
 四条金吾殿御書P1117
posted by ハジャケン at 09:45| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月30日
よい環境はよい人間をつくる。
自ら、そうしたよい環境、
よい人間のつながりを求めていく人は、
かぎりなく伸びていける。


posted by ハジャケン at 09:44| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

雄飛 十三

小説「新・人間革命」〉 雄飛 十三

 山本伸一は、二十八日、蘇歩青との会談に続き、夕刻には作家・巴金の訪問を受けた。
 巴金は、『家』『寒夜』などの作品で世界的に著名な中国文学界の重鎮であり、中国作家協会の第一副主席であった。
 巴金との会談は、これが二回目であった。
 今回の訪中を控えた四月五日、中国作家代表団の団長として日本を訪れた彼と、静岡研修道場で初めて懇談したのである。
 ここには、中国作家協会名誉主席で、代表団の副団長として来日した現代中国文学の母・謝冰心らも同席し、文学の在り方や日本文壇の状況、紫式部、夏目漱石などをめぐって、活発に意見を交換した。
 この会談の六日後に行われた聖教新聞社主催の文化講演会で巴金は、「私は敵と戦うために文章を書いた」と明言している。彼は、革命前の中国を覆っていた封建道徳などの呪縛のなか、青春もなく、苦悩の獄に繫がれた人たちに、覚醒への燃える思いを注いで、炎のペンを走らせてきたのだ。
 巴金は語っている。
 「私の敵は何か。あらゆる古い伝統観念、社会の進歩と人間性の伸長を妨げる一切の不合理の制度、愛を打ち砕くすべてのもの」
 彼は七十五歳であったが、民衆の敵と戦う戦士の闘魂がたぎっていた。伸一は語った。
 「青年の気概に、私は敬服します。
 今日の日本の重大な問題点は、本来、時代変革の旗手であり、主役である青年が、無気力になり、あきらめや現実逃避に陥ってしまっていることです。そこには、文学の責任もあります。青少年に確固たる信念と大いなる希望、そして、人生の永遠の目標を与える哲学性、思想性に富んだ作家や作品が少なくなっていることが私は残念なんです。
 社会を変えてきたのは、いつの世も青年であり、若い力です。青年には、未来を創造していく使命がある。そして、実際にそうしていける力を備えているんです。断じてあきらめてはならない。それは、自らの未来を放棄してしまうことになるからです」
posted by ハジャケン at 09:02| 山梨 ☔| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月29日

「丁寧な歯みがき。結局、これを続けるのが一番」。歯科医から口酸っぱく言われたことがある。悪くなってから治すより予防に努めよう、と▼しばらくは実践するが、次第に意識が薄れ、「丁寧な」が続けられなくなる。痛みが出るたび、“やっておけばよかった”と後悔し、持続の大切さと難しさを痛感する。地道な努力なしに、“一気に解決”とはいかないものだ▼ではどうすれば持続できるのか。卓球の福原愛選手のメダル獲得や青山学院大学駅伝チームの箱根制覇の“陰の立役者”となったフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏は、皆が陥りがちな“ゼロイチ思考”を否定する。ゼロイチ思考とは、物事をやらない(ゼロ)か、やる(イチ)かで分けるもの。例えば“1日10キロ走ると決めたら、その間は完璧に10キロ走らないと自分の努力を認めない”という考え方だ▼これだと、できなかった日が“失敗体験”になり、いつしか嫌になってしまう。反対に5キロでも3キロでも“続ける”ことを重視すれば、やる気は失われず、自信や達成感につながるという(『結果を出し続ける』光文社新書)▼池田先生は、「毎日の生活が即人生」と。一日一日が勝負。一歩でも半歩でも、できる限りの努力を積み重ねる。その人に人生の栄光は輝く。(靖)
posted by ハジャケン at 09:00| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖人の道

人間一人生きることは何んでもないが、
子を育てることはそれ自身一つの道徳だ。
それすら世間普通の者は容易でない。
況【いわ】んや他人の子を育てることに於【おい】てをや。
更に況んや萬物を育てるに於てをや。これ聖人の道だ。
posted by ハジャケン at 08:58| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四条金吾殿御書P1112

「此の経は持(たも)つこと難し若し暫も持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なり是(かく)の如きの人は諸仏の歎(ほ)めたもう所」と云云、
日蓮讃歎したてまつる事は・もののかずならず、諸仏所歎と見えたり、あらたのもしや・あらたのもしやと・信心をふかくとり給うべし―――
 四条金吾殿御書P1112
posted by ハジャケン at 08:57| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月29日
母を思い浮かべる時、人は優しくなれる。
清らかな心を蘇らせるとができる。
誰にも、お母さんがいます。
あの人も、この人も、
すべての人にお母さんがいるのです。
たとえお母さんがこの世にいなくても、
母なる存在を、必ず心にもっている。


posted by ハジャケン at 08:56| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

雄飛 十二

小説「新・人間革命」〉 雄飛 十二

二十八日の午後、宿舎の錦江飯店に戻った山本伸一のもとへ、復旦大学の蘇歩青学長が訪れた。伸一は、復旦大学へは一九七五年と七八年(昭和五十年と五十三年)に図書贈呈のために訪問しており、蘇学長とは旧知の間柄である。
 蘇歩青は著名な数学者であり、この日も数学や教育をめぐっての語らいとなった。そのなかで、「数学は難しいといわれるが、易しく教えることはできるか」との質問に対する学長の答えが、伸一の印象に残った。
 「何事も、『浅い』から『深い』へ、『小』から『大』へ、『易しいもの』から『難しいもの』へという過程があります。無理をさせずに、その一つ一つの段階を丹念に教え、習得させていくことで、可能になります」
 さらに学長は、力を込めて語った。
 「つまり、学ぶ者としては、一歩一歩、おろそかにせず、着実に学習していくことが大事です。そして、自分の最高の目標をめざして、歩み続けていくことです。しかし、そこに到達するまでには、“とうてい出来ない”と思うこともあるでしょう。まさに、この時が勝負なんです。そこで我慢し、忍耐強く、ある程度まで歩みを運んでいくと、開けていくものなんです。それは、『悟る』ということに通じるかもしれません」
 何かをめざして進む時には、必ず「壁」が生じる。そこからが、正念場であるといえよう。それは、自分自身との戦いとなる。あきらめ、妥協といった、わが心に巣くう弱さを打ち砕き、前へ、前へと進んでいってこそ、新たな状況が開かれるのだ。勝者とは、自らを制する人の異名である。
 伸一は蘇歩青と、その後も交流を重ね、二人の語らいは六回に及ぶことになる。
 八七年(同六十二年)六月、伸一は、復旦大学の名誉学長となっていた蘇歩青との友情と信義の証として、詩「平和の大河」を贈った。そこには、こうある。
 「大河も一滴の水より 平和の長江へ 我等 その一滴なりと ともどもに進みゆかなむ」
posted by ハジャケン at 09:36| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月28日

史上最年少で将棋のプロ棋士になった中学3年生の藤井聡太四段が、デビューから29連勝を果たし、30年ぶりに歴代最多の連勝記録を塗り替えた(26日)。将棋ファンはもとより、若き新星の快挙に日本中が沸いている▼将棋は日本が誇る文化で、愛好者は多い。第2代会長の戸田先生もまた、将棋を愛した一人だった。かつて池田先生は「師弟二人で将棋を指しながら勝負の哲学を語りあった」と述懐しつつ、将棋に学ぶ“勝利の鉄則”を後継の友に述べたことがある▼@「攻めあいは、ひるんだら負け」。激戦の時こそ強気で攻め抜いていくこと。A「攻めるは守りなり」。攻撃こそ最大の防御である。そしてB「終盤はスピード」。最後の最後で勝負を決するのはスピードである、と▼日本将棋連盟会長の佐藤康光九段は、藤井四段の特徴の一つに「終盤の強さ」を挙げる。最終盤に勝ちを読み切ってから、勝利へと突き進むまでのスピードに優れ、最短距離で勝利をつかむ力があると評価した(NHK・WEB特集)▼何事も、いざ勝負の終盤ともなれば、競り勝つか、押し込まれるかのせめぎ合い。人生の戦いにあっても「ここが勝負」という急所がある。それを見抜き、強気かつ迅速な行動を貫いた人が、最後の勝者となる。(差)
posted by ハジャケン at 09:34| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性の使命

「私はドイツの母親、
ドイツの婦人の家庭的な伝統の中に、
我々の政治的未来に対する、
我々の築くいかなる要塞にもまして確固たる保証を見る」
とは鉄血宰相ビスマルクの名言であるが、
さて今日我が日本の方は如何なるものであろうか。
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日興遺誡置文P1618

未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致す可き事―――
 日興遺誡置文P1618
posted by ハジャケン at 09:28| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月28日
ほかの人には当たり前のようなことでも、
自分にはわからなかったり、
できなかったりすれば、
誰だって落ち込んでしまう。
しかし、大切なのは、
そこからどうするかです。何ごとも、
最初から完璧な人などいません。
つまずいたら、「よし頑張ろう」
「さあ、これからだ」と立ち上がればいいのです。


posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

雄飛 十一

小説「新・人間革命」〉 雄飛 十一

 二十六日の夕刻、山本伸一は宿舎の榕湖飯店で、桂林市画院の院長で広西芸術学院教授の李駱公と懇談した。李院長は日本留学の経験もあり、著名な書画家、篆刻家である。
 書や絵画について話が弾んだが、次の言葉が、伸一の心に深く残った。
 「書道というものは、単なる文字のための文字ではありません。人間の思想、感情から生まれるものであり、その人の世界観、宇宙観、人格を表すものです」
 広西芸術学院は、三十年後の二〇一〇年(平成二十二年)四月、伸一に終身名誉教授の称号を贈っている。
   
 二十七日午前、訪中団一行は桂林を発ち、広州を経由して、夕刻、上海に到着した。ここが、最後の訪問地となる。
 翌二十八日午前、伸一は上海体育館で行われた、上海市へのスポーツ用品の贈呈式に出席し、午後には同市の長寧区工読学校を視察した。ここは、十六、七歳の非行少年の更生を目的とした全寮制の学校である。
 一行は、校長らの案内で各教室を回った。
 伸一は生徒たちと次々に握手を交わし、語り合った。あらゆる可能性を秘めているのが若者である。何があっても強く生き抜いてほしいと思うと、手にも声にも力がこもった。
 「人生は長い。ちょっとしたきっかけで挫折してしまうこともある。でも、それによって、絶対に希望を失ってはならない。挑戦ある限り、必ず希望はあります。
 しかし、自暴自棄になったり、あきらめたりすることは、その希望の灯を自ら消してしまうことになる。したがって、どんなことがあっても、自分に負けてはなりません。自分に勝つことが、すべてに勝つことです。
 この学校で、しっかり学び抜いて、社会のために、お父さん、お母さんのために、自己自身のために勝利してください。決して落胆せずに大成長し、必ず日本に来てください。
 忍耐だよ。負けてはいけないよ!」
 頷く生徒たちの目に、決意の輝きを見た。
posted by ハジャケン at 08:59| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月27日

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」――短歌ブームの火付け役になった、歌人・俵万智さんの『サラダ記念日』(河出書房新社)の出版から30年。最近でも、インターネット上での投稿や「歌合」が注目を浴びるなど、短歌が静かなブームだ▼日本最古の歌集「万葉集」には、皇族から一般庶民まで幅広い階層の歌が収められている。古今東西、歌とは人間のやむにやまれぬ思いの昇華であろう▼今年、シルバー世代が対象の詩歌コンクールで入賞した、大分の壮年部員。広布の舞台でも、励ましを短歌に込め、延べ300人の同志に贈ってきた。きっかけは38年前、娘の病苦に悩む友を、「辛くとも己に克つが活きる道試練のりこえ春を呼ばなむ」と激励したこと。友は信心根本の挑戦に奮い立った▼壮年が師と仰ぐ池田先生は、詩歌の師でもある。14万5000行の詩作をなした「桂冠詩人」の先生は、詩心とは「絶望をはね返す希望の力」「人間を強くし、民衆と民衆を結びつける力」とつづった▼君よ負けるな、との一念からほとばしる一言の持つ力は、どんな流麗な言葉にも勝る。その意味で、創価の同志は“人間の賛歌をうたう詩人”に違いない。広布のロマンを胸に、今日も友のもとへ歩こう。(泰)
posted by ハジャケン at 08:57| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先 妣

死んだお母さんの事を先妣【せんぴ】と言う。
妣という文字は配偶、つまり父のつれあいという意味と同時に、
親しむという意味を持っておる。
母というものは、亡くなった母の年になってみて、
はじめて親父の本当のよき配偶であった、
本当にやさしく親しめる人であった、ということが解る。
所謂恋愛の相手とは違う。
本当の愛、本当の女性、母・妻、というものは、
亡くなった母の年になると解る。
posted by ハジャケン at 08:54| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎地四郎殿御書P1448

法華経の法門を一文一句なりとも人に・かたらんは過去の宿縁ふかしとおぼしめすべし―――
 椎地四郎殿御書P1448
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月27日
挑戦の魂に行き詰まりはない。
「幸福は、挑戦する人間にこそ微笑む」
との西洋のことわざがあるが、
すべては行動から始まる。
行動を開始すれば、知恵がわく。


posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

産経主催の安倍講演について産経の記事。

産経主催の安倍講演について産経の記事。

DDJmSmGU0AAFDNh.jpg
posted by ハジャケン at 12:08| 山梨 ☁| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため

政治の話は 極力避けてますが
今回の 安倍首相の 加計獣医学部の ひた隠し
おまけに、バレそうになると フランチャイズ化とか
すべて 病的な人間ならいざしらず
これで 一国を国民を護る総理なのか

大臣は なんのためにいるのだろうか?
もちろん、担当部省庁のためだが
政府として 時の首相の迷走を阻止するのも役目だろう。
国民には総理総裁を罷免する法がないのだろうから。

すべて 官邸 内閣府 人事課というものが出来てから
省庁も大人しくなってしまった。
前川氏のように、いてもたってもいられず
声を発している方を マスコミはオモシロおかしく記事するのでなく
いま、なにをすべきかを国民の立場で 発信していただきたいものだ。
海外の反応も メディアコントロールされているのか
耳にも目にもしたことがない。
ネット内では 各国のメディアが発信しているのは承知しています。
日本国は 時の政府 官邸のものではない。
国民の下僕として智慧していただきたい。

ただし、全員がそうだとはおもってない。
思っているが 家族がいれば生活が脳裏を過ぎり
沈黙する方々もいるだろう。
しかし、いまだけのもんだいではない。
未来を背負う子供たちに あの時代がと言われない
日本国のために 首相辞任をしていただきたい。

誰がなってもという空論を描くのではなく
良き代表にすればいい。
良くなるのも悪くなるのも 国民である私たちが監視することだ。
なんで こんな政治屋ばかり出てくるのだろうか
昔は威厳あるが 是々非々の政治家がいた。
新渡戸稲造氏の武士道を読んで 心を磨いていただきたいものだ。

正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため「獣医学部の全国展開」宣言!
不要な規制緩和でこんなとんでもない事態が

https://news.infoseek.co.jp/article/litera_6423/
posted by ハジャケン at 11:50| 山梨 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雄飛 十

小説「新・人間革命」〉 雄飛 十

 同行した中日友好協会の孫平化副会長の話では、「漓江煙雨」といって、煙るような雨の漓江が、いちばん美しいという。だが、桂林の景観が醸し出す詩情に浸りながらも、話題は現実の国際情勢に及んでいた。
 前年末に、ソ連がアフガニスタンに侵攻したことから、ソ連への非難の声が中国国内でも高まっていたのだ。そして、山本伸一がソ連へも友好訪問や要人との対話を重ねていることに対して、快く思わぬ人もいたのである。
 船上の語らいで、伸一は、こう言われた。
 「中国と日本に金の橋を架けたあなたがソ連に行けば、中日の関係は堅固なものになりません。行かないようにしてほしい」
 伸一は、率直な意見に感謝しながらも、同意することはできなかった。
 「皆さんのお気持ちはわかります。しかし、時代は大きく変化しています。二十一世紀を前に、全人類の平和へと、時代を向けていかなくてはなりません。大国が争い、憎み合っている時ではありません。
 “互いのよいところを引き出し合いながら調和していこう”“人間が共に助け合って、新しい時代をつくっていこう”――そういう人間主義こそが必要になってくるのではないでしょうか」
 彼は懸命に訴えたが、なかなか納得してもらうことはできなかった。すぐに、中国とソ連と、どっちが大事なのかといった話に戻ってしまうのである。
 漓江の風景は刻々と変わるが、やがては大海に注ぐ。同様に、時代は人類平和の大海原へと進む――そう伸一は確信していた。
 「私は中国を愛します。中国が大事です。同時に、人間を愛します。人類全体が大事なんです。ソ連の首脳からも、『絶対に中国は攻めない』との明言をもらい、お国の首脳に伝えました。両国が仲良くなってもらいたいのです。私の考えは、いつか必ずわかっていただけるでしょう」
 彼の率直な思いであり、信念であった。
 粘り強い行動こそが不可能を可能にする。
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年6月26日

日本三大疎水の一つである福島県郡山市の安積疎水。この開拓の物語が昨年、文化庁の「日本遺産」に認定された。山脈に隔てられた湖と平野を水路でつなぐという、明治政府初の国営農業水利事業である▼推進したのは“維新三傑”の一人・大久保利通。窮乏した武士の救済と近代化のモデルを安積開拓に託した。しかし彼は道半ばで凶刃に倒れ、計画は頓挫しかける▼この時、当時の福島県令・山吉盛典が立ち上がった。安積開拓を「内国開墾の第一着手にして、則ち他日の標準雛形とも称すべし」と語った大久保の言々句々を『済世遺言』としてまとめ、彼の遺志を説いて回った。その後、旧士族の入植者をはじめ、のべ85万人が開拓に加わり、構想から11年後の明治15年に完成。不毛といわれた土地には多様な食文化と新産業が興った▼歴史に「もし」は禁物だが、山吉県令の尽力がなければ、現在の郡山の発展はなかったかもしれない。いかなる難事業も、その成否は、大情熱を燃やした先駆者と共に、同じ心を持つ後継者がいるかどうかで決まるといえよう▼世界広布の伸展もまた、恩師・戸田先生の精神を継いだ池田先生と、共戦の同志が成し遂げた大偉業。師の歴史を仰ぎつつ、新たな開拓に挑む一人でありたい。(閃)
posted by ハジャケン at 09:32| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする