2017年05月19日

雌伏 四十七

小説「新・人間革命」〉 雌伏 四十七

 船上幹部会で、四国長の久米川誠太郎は力説した。
 「今、学会を取り巻く環境は厳しいものがあります。山本先生は自由に全国を回って指導することも、難しい状況です。しかし、どんな力をもってしても、先生と私たちの絆を断ち切ることなど絶対にできない! 
 先生の行動が制約されているなら、私たち弟子が、師匠のもとへ馳せ参じればよい。燃え盛る求道の一念あるところに、不可能の障壁などありません。私たち四国が先駆けとなって、先生と共に、創価学会創立五十周年の開幕をお祝いしようではないですか!」
 賛同の大拍手がわき起こった。皆、意気軒昂であった。
 四国でも愛媛県大洲市や高知県高知市など、悪僧たちの非道な仕打ち、暴言に、皆が悔し涙を流し、耐えに耐えてきた。そのうえ、学会員の信心の命綱ともいうべき師弟の絆を、分断しようとする策謀が実行されたのである。“もう、そんなことに唯々諾々と従うわけにはいかぬぞ!”というのが、同志の真情であり、決意となっていたのだ。
 山本伸一のもとには、「さんふらわあ7」号の様子が、逐一、報告された。
 彼は、「ゆっくり、楽しく来てください」と伝言した。また、船内ホールには、上映設備が整っていることを聞いていたので、「皆で映画観賞もしてください」と伝えた。
 楽しい船旅となったが、夜半になると、低気圧の影響で、海は荒れ始めた。
 ドドドーン! ドドッ、ドドーン!
 船は揺れた。しかし、救護の役員として参加したドクター部の医師らが、事前に船酔いの予防注射を勧めるなどの対策を施していたため、事なきを得た。
 何ごとによらず、無事故、大成功を収めるには、周到な備えが不可欠となる。ゆえに日蓮大聖人は、「前前の用心」(御書一一九二ページ)を強調されているのである。
 波を砕いて船は走る。皆、明日の伸一との再会に思いを馳せながら、眠りに就いた。
posted by ハジャケン at 09:29| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月19日

10歳で農場を手伝い、ペンキ塗り、車掌、軍隊、販売員など職を転々。3度の大事故や離婚も経験した。起業した会社は相次ぎ破綻。モーテル経営は成功したが火事で全焼し、65歳で無一文になった▼この人は世界的な外食チェーンの創業者カーネル・サンダース。“失敗は新たな挑戦への機会”と考えていた彼は、無一文になっても手製のフライドチキンで再びビジネスに挑んだ▼車で寝泊まりしながら営業をかけ、契約店を拡大。年間で地球20周分もの距離を走った。その情熱が広がり、現在120カ国に店舗を展開する(中野明著『カーネル・サンダースの教え』朝日新聞出版)▼七転び八起きの人生に、90歳に近い多宝会の婦人の言葉が重なった。夫の死など苦難の山坂を越え、入会したのは60歳。「信心して、やっと私自身の人生が始まった気がします。だから、まだ“30歳”にもなっていないの(笑い)。いよいよ、これから。祈っていると、やりたいことがあふれてくるの」。“生涯挑戦”の心で新しい友情を広げる▼誰に何を言われようと、人生は自分自身のもの。諦めない限り、勝機は必ずある。失敗して立ち止まったなら、もう一度、自分でスタートラインを引けばいい。常に「今、ここから」出発するのが本因妙の仏法である。(靖)
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目の養生法

 まず、私は朝起きると顔を洗う時に
 必ず冷水に顔をつっこむことにしております。
 これが一つの楽しみで、私は一生涯髪を伸ばさない。
 つぎに水の中で目を洗うのです。
 開け閉(た)てしたり、左右に動かしたり、
 あるいは上下に動かしたりして眼球の運動をする。
 それが一通り済むと、今度は上から手で揉む。
 眼科の医者にいわせると、
 これくらいよい目の養生法はないそうです。
 寒中など初めは眼球が凍りはせんかと
 思うくらい冷たいが、
 やっておると何ともいえぬ好い気持ちになる。
 だから山などへ行って、
 滾々(こんこん)と湧いておる清水を見ると、
 まず首をつっこんで目を洗いたくなる。
posted by ハジャケン at 09:24| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報恩抄P293

夫れ老狐(ろうこ)は塚をあとにせず白(はく)亀(き)は毛(もう)宝(ほう)が恩をほうず畜生すらかくのごとしいわうや人倫をや、
されば古への賢者予(よ)譲(じょう)といゐし者は剣をのみて智伯が恩にあてこう演と申せし臣下は腹をさひて衛(えい)の懿(い)公(こう)が肝(きも)を入れたり、
いかにいわうや仏経をならはん者父母・師匠・国恩をわするべしや、此の大恩をほうぜんには必ず仏法をならひきはめ智者とならで叶うべきか―――
 報恩抄P293
posted by ハジャケン at 09:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月19日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月19日
他人の畑に気を取られていては、
どこまで行っても満足は得られない。
自分の畑を耕さない限り、
人生に真の実りは満喫できない。
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする