2017年05月17日

雌伏 四十五

小説「新・人間革命」〉 雌伏 四十五

 四国の同志は、山本伸一の会長辞任後、月日を経るにつれて、彼の訪問を強く希望するようになっていった。もとより、それは四国だけではなかった。全国各地から伸一に寄せられる便りの多くが、来訪を求めていた。
 四国では県幹部らで語り合った。
 「山本先生に、四国においでいただくわけにはいかないのでしょうか。やはり、四国広布の大前進のためには、先生のもとで、再度、師弟共戦の決意を固め、信心の歓喜のなかで新出発するしかないと思います」
 婦人部の幹部が、思い詰めたように、こう切り出すと、年配の壮年幹部が言った。
 「しかし、先生は会合で指導したり、機関紙誌に登場したりすることができない状況だからね。残念だが、時を待つしかないのかもしれないよ」
 「でも、いつまで待てばいいのですか。五年ですか、十年ですか」
 「いや、いつまでと言われても……」
 そうした語らいを聞きながら、四国長の久米川誠太郎は胸を痛めた。
 “皆のこの思いをかなえる方法はないものか。なんとかしなければ!
 先生が会長を辞められてから、皆の心には、空虚感のようなものが広がり、歓喜も次第に薄れてきているように感じる。今こそ、弟子が立ち上がるべき時であることは、よくわかる。しかし、そのための契機となる起爆剤が必要なのだ。それには、やはり先生に皆とお会いいただくしかない。では、具体的に、どうすればよいのか……”
 久米川に、一つの考えがひらめいた。
 彼は、意を決したように口を開いた。
 「先生の行動が制約されているのなら、私たちの方から、お伺いしよう!」
 彼の言葉を受けて、四国青年部長の大和田興光が身を乗り出すようにして語った。
 「ぜひ、そうしたいと思います。私たちと先生の間には、本来、なんの障壁もないはずです。あるとすれば、それは弟子の側がつくってしまった、心の壁ではないでしょうか」
posted by ハジャケン at 10:51| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月17日

「日本で47番目に有名な県」「いいえ、砂丘はありません」――自虐的な言葉が、かえって目を引くある県のカレンダー。累計約10万部を販売する大ヒット商品になった。ある県とは「島根県」。“発想の転換の勝利”だった▼同県の自然館で、国の特別天然記念物「オオサンショウウオ」を飼育する壮年部員がいる。閑散とする同館の状況を打開したいと祈る中、「展示水槽内での人工繁殖」を思いつく。国内での例はないが、だからこそ価値があると確信した▼夜を徹して川に漬かり、生息環境を調べた。水槽内を限りなく自然界に近づけた結果、産卵に成功。日本初の快挙に、来館者が押し寄せた。以来、毎年、産卵を成功させ、全国で指導も行う▼33年前の5月、池田先生は提案した。「『山陰』ではなく、われらの生き抜く天地を『山光』と命名したい」。地域の繁栄と幸福を祈り、山光り、里光る土地の素晴らしさを見事に表現した言葉が、同志だけでなく、多くの市民を勇気づけていった▼山陰には人口の少ない地域もあるかもしれないが、その分、古き良き「ふるさと」の風情がたっぷり残っている。多くの場合、短所と長所は裏表だ。問われるのは、わが地域を元気にしたいという、人間の情熱であり、短所も長所に変える知恵なのである。(子)
posted by ハジャケン at 09:46| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育ての秘訣

 子供には高いものを豊富に与えて置かねば
 成人して偉くならない。
posted by ハジャケン at 09:44| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野殿御返事P1575

其の上わづかの小郷に・をほくの公事(ぐうじ)せめあてられて・わが身は・のるべき馬なし・妻子はひきかくべき衣(きぬ)なし。かかる身なれども法華経の行者の山中の雪に・せめられ食ともしかるらんと・おもひやらせ給いて・ぜに一貫をくらせ給へるは・貧女がめおとこ二人して一つの衣をきたりしを乞食にあたへ・りだが合子(ごうし)の中なりし・ひえを辟支仏に・アタへたりしがごとし、たうとし・たうとし―――
 上野殿御返事P1575
posted by ハジャケン at 09:43| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月17日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月17日
家族のため、近隣のために、自分らしく、
誠実に精一杯の努力をして生きてきた女性の一生は、
平凡であっても、尊く美しい。


posted by ハジャケン at 09:42| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする