2017年05月13日

雌伏 四十二

小説「新・人間革命」〉 雌伏 四十二

 参加者が久しぶりに聞く、元気な山本伸一の声であった。皆、一心に耳を傾けていた。
 「皆さんの美しい演技の裏には、どれほど厳しい修業があり、根性と忍耐をもって技術を磨き、挫けずに前進してきたことか。人生もまた、美しい開花の裏には苦闘がある。
 今日の総会は、テーマに掲げたように、まさしく『二〇〇一年 大いなる希望の行進』の開幕でした。私も二〇〇一年へ、希望の行進を開始します。一緒に進みましょう!
 皆さんは、学会第二世、第三世であると思います。その若い皆さん方も、荒れ狂う人間世界の、厳しい現実の嵐のなかを進まねばならない。学業、仕事、人間関係、病気など、さまざまな課題や試練が待ち受けているでしょう。しかし、それを経て、すべてを勝ち越えてこそ、初めて二〇〇一年への希望の行進が成就することを知ってください。
 何があっても、今日のこの日を忘れず、この根性と忍耐とを思い起こし、全員が強い信心で、幸福輝く二十一世紀の峰を登り切っていただきたい。
 皆さんの幸せと人生の勝利を、祈りに祈って、本日の御礼のあいさつといたします」
 再び会場は大拍手に包まれた。
 伸一は、若き後継の世代が、二十一世紀の大空に向かって、はつらつと真っすぐに伸びていることを実感し、大きな喜びを覚えた。何ものにも勝る希望を得た思いがした。
 鼓笛隊総会は、歴史の大きな節目となった一九七九年(昭和五十四年)の有終の美を飾り、二十一世紀への新しい出発を告げるファンファーレとなったのである。
 激動と波瀾と新生の、劇のごとき一年が終わろうとしていた。大晦日、伸一は、静岡研修道場にいた。この静岡県で捕らえられた初代会長・牧口常三郎を偲びながら、自身の新しい大闘争が、始まろうとしていることを感じた。闇は未だ深かった。
 彼は、魯迅の言葉を思い起こしていた。
 「光明はかならずや訪れる。あたかも夜明けをさえぎることはできないように」(注)
 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 「寸鉄」(『魯迅全集10』所収)伊藤虎丸訳、学習研究社
posted by ハジャケン at 09:08| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月13日

名字の言〉 2017年5月13日

 毎朝、近所の竹林を見るたび、その成長の勢いに驚く。「天まで届きそうな」との表現がぴったりだ▼実は天まで届くエレベーターの開発が国内で進んでいる。その名も宇宙エレベーター。実現すれば、宇宙へ人や荷物を運ぶことができる。「『竹取物語』のかぐや姫も竹のエレベーターで地球と月の間を昇降した」。開発検討会議では、そんなユーモアを交えた発表も▼SFファンの間では古くから夢物語として語られていた。だが26年前、開発条件に応えられる素材が発見され、議論が加速。完成目標は2050年という▼「胸中に成竹あり」との故事がある。竹の絵を描くには、まず胸中に竹の姿を思い描くこと――「人生も同じ」だと池田先生はつづる。「心に、未来のどんな絵を描くか。ありありと、目前に見えるがごとく、希望に満ちた絵を描かねばならぬ」。古今の大事業もまた、たとえ誰も信じずとも「できる!」と思った最初の一人から始まった▼勤行・唱題は胸中に「幸福と勝利の絵」を描く作業とも言えようか。絵が現実になった時、周囲にも“自分もできる!”との確信が広がる。御書に「竹の節を一つ破ぬれば余の節亦破るるが如し」(1046ページ)と。まず自分が心に“絵”を描き、挑み始める。そこから人間革命の万波を。(之)
posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忠 厚

 忠厚(ちゅうこう)という文字は
 非常によく使われる大事な文字であります。
 人間は薄くてはいかん。味も薄くてはいかんが、
 人間の内容というものは、特に薄くてはいかん。
 できるだけ厚くなければならん。
 しかもその人間の内容の中でも、
 特に大事なのは情が厚いということであります。
 「忠」というのは、われわれの理想・目的に従って
 努力することを言うのです。その努力、
 つまり真面目(まじめ)に行おうという努力、
 忠は非常にけっこうでありますが、そのために、
 往々にして人間は一種の功利主義になっている。
 目的のためには犠牲を省みんということで、
 人情味・人間味がなくなる、つまり軽薄になる。
 それでは人心がつかん。
 やっぱり大功を成就する者というのは、
 人を使わなければならんから、忠厚である、
 忠にしてかつ厚である。何事によらず厚みがある。
 特に情において厚みがあります。
posted by ハジャケン at 09:04| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南条兵衛七郎殿御書P1495

しかるに当世は正・像二千年すぎて末法に入って二百余年、見濁りさかりにして悪よりも善根にて多く悪道に堕つべき時刻なり
 悪は愚癡の人も悪としればしたがはぬ辺もあり火を水を以てけすが如し、善は但善と思ふほどに小善に付いて大悪の起る事をしらず―――
 南条兵衛七郎殿御書P1495
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月13日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月13日
自分を産み、育ててくれたお母さん。
昼も、夜も、休むことなく働き続けてきたお母さん。
いつもは口うるさくても、
いざという時は必ず守ってくれたお母さん。
わが子のため、家族のために、
ひたぶるな祈りを重ねてきたお母さん。
尊い、尊い、お母さんです。
どんな有名人や、政治家をさしおいても、
無名のお母さんこそ、
たたえていくべきです。
誰がたたえなくても、
私は最大に賞賛し、感謝の心を贈りたい。


posted by ハジャケン at 09:02| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする