2017年05月12日

雌伏 四十一

小説「新・人間革命」〉 雌伏 四十一

 今回の第三回鼓笛隊総会では、壮年・婦人・男子・女子部の合唱団が一体となって交響詩「民衆」を歌い上げた。まさに多様な民衆が力を合わせ、凱歌を轟かせていったのだ。
 山本伸一は、詩「民衆」に綴っている。
   
 科学も 哲学も
 芸術も 宗教も
 あらゆるものは
 民衆に赴くものでなければならない
   
 君のいない科学は冷酷――
 君のいない哲学は不毛――
 君のいない芸術は空虚――
 君のいない宗教は無慙――
    
 君を睥睨する者どもは
 脚下にするがよい……   
    
 伸一は、交響詩を聴きながら、学会が担っている使命の意味を、深く嚙み締めていた。
 “あらゆる権力の軛から、そして、宿命の鉄鎖から民衆を解放する――それが創価学会の使命だ! それがわれらの人間主義だ! 私は戦う! 断じて戦う! 民衆のため、広布のために。そして、何があっても民衆を守り抜き、民衆の時代を開いてみせる!”
 鼓笛隊総会はフィナーレとなった。メンバーが場内通路をパレードし、全出演者が舞台に上がり、「平和の天使」を大合唱する。
   
 〽平和の天使 鼓笛の同志よ……
   
 熱唱する乙女らの頰に感涙が光っていた。それは、清らかな青春の魂の結晶であった。
 伸一は、あいさつの要請を受けていた。彼も、メンバーの健気な努力と精進に、御礼と感謝の励ましの言葉をかけたかった。
 観客席でマイクを手にして立ち上がった。歓声と雷鳴のような拍手が起こった。
 「大変に美しく、立派な演技であり、見事な総会でした。感動いたしました!」
posted by ハジャケン at 08:58| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月12日

本年、日本の各地で創価青年大会が開催され、弘教や新たな活動者の誕生など、さまざまな「青年拡大」のエピソードが生まれている。その潮流の広がりは世界同時進行だ▼フィリピンでは先月、初の青年部教学研修会をマニラで開催した。大小7000以上の島々から成る同国。1カ所に全国の代表が集うのは容易ではない。しかし、中部のビサヤ諸島や南部のミンダナオ島からも飛行機等を乗り継いで参加するなど、約230人が意気高く集った▼「異体同心の団結」「仕事と信心」などをテーマに、計6時間にわたった講義や質問会。印象的だったのは参加者の輝くような瞳だ。長旅の疲れをものともせず、一言も聞き漏らすまいと真剣に耳を傾ける。メモを取る姿も多く見られた▼メンバーは「仕事の悩みなど、自分が直面している課題について学べ、非常に有意義だった」「普段は会えない地域の友と交流できて、とても刺激になった」と喜びを。「触発」こそ成長の原動力だと深く感じた▼「青年を育てたところが栄える。後輩を伸ばした組織が発展する」――池田先生はこう語り、一貫して次代を担う人材の育成に心血を注いできた。未来を創るのは青年。わが地域で、若き友の成長と勝利を祈り、最大の励ましを送っていきたい。(駿)
posted by ハジャケン at 08:55| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

維新の源流

 ご承知のように徳川幕府は
 三世紀近い長い間続きましたが、
 その下には所謂(いわゆる)三百諸侯、
 二百六十余藩というものがあって、
 みなそれぞれ言わば
 小日本国をつくっておったわけであります。
 そこには名君と言われる人、
 賢宰相と言われる人が、或(あるい)は
 碩学(せきがく)とか、鴻儒(こうじゅ)・
 名僧とか言われる人々が輩出致しまして、
 儒ヘ・仏教・国学・神道という様な
 学問や信仰が真剣に研究され、教育されて、
 実に崇高(すうこう)な教養・信念が
 養われて来ておった。
 これが明治の革命をよく維新にしたと
 申して宜しいのであります。
posted by ハジャケン at 08:53| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三沢抄P1489

うつぶさの御事は御としよらせ給いて御わたりありしいたわしくをもひまいらせ候いしかども・うぢがみへまいりてあるついでと候しかば・けさんに入るならば・定めてつみふかかるべし、
其の故は神は所従なり法華経は主君なり・所従のついでに主君への・けんさんは世間にも・をそれ候、
其の上尼の御身になり給いては・まづ仏ををさきとすべし、かたがたの御とがありしかばけんさんせず候、
此の又尼ごぜん一人にはかぎらず、其の外の人人も・しもべのゆのついでと申す者をあまた・をひかへして候、
尼ごぜんは・をやのごとくの御としなり、御なげきいたわしく候いしかども此の義をしらせまいらせんためなり―――
 三沢抄P1489
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月12日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月12日
自己の目的と使命に向かって、
挑戦に挑戦を重ねる。
あきらめない。動く。学び、語る。
また学ぶ。その、これでもか、
これでもかという実践の結果、
ある時、パーッと大きく開けるものである。


posted by ハジャケン at 08:51| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする