2017年05月11日

雌伏 四十

小説「新・人間革命」〉 雌伏 四十

 山本伸一は、女子部には虚栄に生きるのではなく、“民衆の子”であることを誇りとして、民衆の大地に根を張り、民衆と共に、民衆のために生き抜いてほしかった。そこにこそ現実があり、そこで築いた幸せこそが、幸福の実像であるからだ。
 彼は、その願いを込めて、女子部に詩「民衆」を贈ったのである。
 鼓笛隊は、前年の一九七八年(昭和五十三年)十月、東京・八王子の創価大学のグラウンドで第二回鼓笛隊総会を開催。ここで、初めて交響詩「民衆」が披露されたのである。この総会は、雨の中で行われた。
 女子部合唱団三千人の熱唱、群舞メンバー三千人の躍動、鼓笛隊アンサンブル百五十人による熱こもる演奏が繰り広げられた。
 雨は容赦なくたたきつける。合唱団も、奏者も楽器も濡れていく。グラウンドで踊る群舞メンバーの青、黄、ピンクの真新しいドレスの裾も泥水に染まる。しかし、その表情は晴れやかであり、誇らかであった。民衆の時代を創造しようという、はつらつとした気概にあふれていた。
 伸一も雨に打たれながら、演技を鑑賞した。彼のスーツはびっしょりと濡れていった。しかし、降りしきる雨をものともせぬ、乙女たちの真剣な姿を見ると、傘など差す気にはなれなかった。ただ、皆が風邪をひかないように心で唱題しながら、華麗にして力強い舞台を見守っていた。
 交響詩「民衆」が終わると、大拍手がグラウンドを圧し、雲を突き抜けるかのように天に舞った。その瞬間、雨があがった。太陽が顔を出したのだ。
 伸一は、この総会から、皆が、何があろうと断じて負けずに広宣流布の共戦の道を歩み通す心を学び取ってほしかった。そして、そこには、必ず希望の太陽が輝くことを生命に刻んでほしかった。その信強き女性の連帯こそが、民衆凱歌の幕を開く力となるからだ。
 以来一年余、彼は、この第三回鼓笛隊総会で再び交響詩「民衆」を聴いたのである。
posted by ハジャケン at 08:43| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月11日

“桜前線”は津軽海峡を越え北海道へ。札幌では、創価青年大会が開かれた先月30日から見頃に。厚田の戸田記念墓地公園では、「創価学会の日」の5月3日に開花が確認された▼北海道の人気情報誌が同園を特集し、「訪れる人々の喜ぶ姿がとても印象的」「また来ようと思わせる桜」と紹介していた。記事には「厚田の桜の特徴」が「手を伸ばせば触れられるほど身近まで、枝葉が伸びている」と書かれていた▼なぜ、そのような形になったか。「浜風に負けないように、冬になる前の短期間で栄養を吸い上げられるように、幹が太くて短く、枝が横に広がるように育っている」との解説が、同誌に載っていた。困難な環境に立ち向かう大自然の生命力が、迫力のある「桜のトンネル」を生んだ、というのだ▼「“枝葉末節”という言葉がありますが、私に言わせれば、とんでもない話です」と、樹木医の壮年部員が語っていた。「花を支えるのは、枝と葉と根です。大地に根を張り、太陽に向かって葉を広げ、しっかり枝を伸ばさなければ、決して美しい花は咲きません」と▼今年は同園の開園から40周年の佳節。厳しい冬を乗り越えて咲くから、桜は感動を呼ぶ。人もまた同じ――そう厚田の桜が語り掛けているようだ。(鉄)
posted by ハジャケン at 08:41| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

権力の使い方

 今日の政府・内閣などを見ると、
 権力というものの理解の仕方、
 あるいは権力というものの用い方に
 非常な誤解や失敗がある。
 権力を通すべきところを、一向に通さない。
 そして私心・私欲のようなものに権力をうまく使う。
 権力の取り扱い方に、大きな錯誤がある。
 これは天下のことを取り計らう上において
 重要な問題であります。
 しかし、金をうまく使う人はたくさんあるが、
 権力をうまく使う人は実に少ない。
 権力を寝かしてしまったり、権力を悪用したり、
 なかなかうまくさばけません。
posted by ハジャケン at 08:39| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三三蔵祈雨事P1472

すりはむどくは三箇年に十四字を暗(そら)にせざりしかども仏に成りぬ提(だい)婆(ば)は六万蔵を暗にして無間に堕(お)ちぬ・是れ偏(ひとえ)に末代の今の世を表するなり、
敢て人の上(うえ)と思(おぼ)し食(め)すべからず―――
 三三蔵祈雨事P1472
posted by ハジャケン at 08:38| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月11日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月11日
人生の幾山河を乗り越えてきた、
かけがえのない経験の輝きは、
年配者のみがもつものである。
若い人たちは、尊き人生の長者の方々を尊敬し、
その智慧の宝を決しておろそかにしてはならない。


posted by ハジャケン at 08:37| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする