2017年05月02日

雌伏 三十三

小説「新・人間革命」〉 雌伏 三十三

 山本伸一の声に一段と熱がこもった。
 「次いで大聖人は、『異体同心にして』(御書一三三七ページ)と仰せです。『異体』とは、一人ひとりの個性や特質を尊重することであり、『同心』とは、広宣流布という同じ目的に向かい、心を一つにしていくことです。たとえば、城の石垣も、さまざまな形の石が、しっかりとかみ合い、支え合っているからこそ堅固なんです。
 異体同心は、最も強い団結をもたらすとともに、自身を最大に生かし、力を発揮していく原理でもあります。
 この異体同心の信心で、南無妙法蓮華経と唱えていくことを、『生死一大事の血脈』というのだと言われている。そこに、仏から衆生へと生命の最重要の法が伝わっていく。それが大聖人が弘通する肝要であると宣言されているんです。そして、その実践のなかに、広宣流布の大願成就もある。
 もしも、意見の違いなどによって感情的になり、怨嫉したりするようになれば、本末転倒です。何があろうが、“広宣流布のために心を合わせ、団結していこう”という一念で、異体同心の信心で進むことこそが私たちの鉄則です。いや、学会の永遠の“黄金則”です。
 さらに大聖人は、『日蓮が弟子の中に異体異心の者之有れば例せば城者として城を破るが如し』(同)と述べられている。
 最大の悪とは、内部から広宣流布をめざす異体同心の団結を攪乱、破壊することです。それは、広布の激戦を展開している渦中に、味方が自分たちの城に火を放ち、斬りかかってくるようなものだ。異体同心を破る者は、いかに自己正当化しようが、第六天の魔王の働きをなすものです」
 学生部の幹部の一人が口を開いた。
 「幹部として一生懸命に頑張って、信心を完結する先輩もいれば、退転し、敵対していった先輩もいました。その根本的な要因は、どこにあるのでしょうか」
 「結論からいえば、奥底の一念が、広布中心か、自分中心かということです」
posted by ハジャケン at 09:05| 山梨 ☔| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月2日

2015年のワールドカップ(W杯)で日本の躍進を支えたラグビー界の名将エディー・ジョーンズ氏。2年後の19年W杯日本大会へ、現在はイングランド代表の指揮を執る。前回大会で1次リーグ敗退に終わった「ラグビーの母国」の立て直しに着手し、テストマッチで18連勝をマークするなど、その名を一段と高めている▼「義を見て為ざるは、勇なきなり」とは『論語』の有名な一節だ。何をすればいいか分かっていながら、しないことは、勇気がないからだとの意。この言葉を、ジョーンズ氏が日本チームの会議室に掲げたことがある▼当時の日本チームは皆がミスを恐れ、萎縮していたという。その中で彼は勝つためのマインドセット(心構え)づくりに重点を置いた。その根本として「勇気」を挙げたのである。そして一人一人の眠っていた力を引き出し、本番で遺憾なく発揮させた▼彼いわく「勇気とは、慣れ親しんだ自分を捨てること」と(『ハードワーク』講談社)。人は、大きな課題を前にすると、過去の経験に照らして「できない理由」を探しがち。だが、そうした“これまでの自分”を思い切って捨てる。そして一歩踏み出した時、“新しい自分”に出会える▼新緑がまぶしい「躍動の5月」。心弾ませ、勇気の挑戦を開始しよう。(差)
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

叩けば叩くほど

 叩けば叩く程音が出るという人間は
 余程(よほど)偉い人だ。
 その人から、社会的なものを全部除けば
 零になるという人は弱い。
posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法門申さるべき様の事P1268

御持仏堂にて法門申したりしが面目なんどかかれて候事・かへすがへす不思議にをぼへ候、そのゆへは僧となりぬ其の上一閻浮提にありがたき法門なるべし、
設(たと)い等覚の菩薩なりとも・なにとかをもうべき、まして梵天・帝釈等は我等が親父・釈迦如来の御所領をあづかりて正法の僧をやしなうべき者につけられて候、
毘沙門(びしゃもん)等は四天下の主此等が門(かど)まほり・又四州の王等は毘沙門天が所従なるべし、其の上日本秋(あき)津嶋(つしま)は四州の輪王の所従にも及ばず・但(ただ)嶋の長(おさ)なるべし、
長なんどにつかへん者どもに召されたり上(かみ)なんどかく上(うえ)・面目なんど申すは・旁(かたがた)せんずるところ日蓮をいやしみてかけるか、
総じて日蓮が弟子は京にのぼりぬれば始はわすれぬようにて後には天魔つきて物にくるうせう房がごとし、わ御房もそれていになりて天のにくまれかほるな。
のぼりていくばくもなきに実名をかうるでう物くるわし、定めてことばつき音(おん)なんども京(みやこ)なめりになりたるらん、
ねずみがかわほりになりたるやうに・鳥にもあらずねずみにもあらず・田舎法師にもあらず京法師にもにず・せう房がやうになりぬとをぼゆ、
言をば但いなかことばにてあるべし・なかなか・あしきやうにて有るなり、尊(そん)成(じょう)とかけるは隠岐(おき)の法皇の御実名かかたがた不思議なるべし―――
 法門申さるべき様の事P1268
posted by ハジャケン at 08:58| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月2日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月2日
人生にあって師をもとめることは幸せであり、
大きな喜びである。自らが決めた子弟の道を
人生の誇りとして貫き通すところに、
人間としての美しさ、尊さがある。



posted by ハジャケン at 08:57| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする