2017年05月01日

雌伏 三十二

小説「新・人間革命」〉 雌伏 三十二

 青年たちは、真剣な眼差しで山本伸一を見つめ、言葉を待った。
 「今日は、将来のために、広宣流布をめざすうえでの、最第一の鉄則とは何かを、あえて言い残しておきます。
 それは、金剛不壊の異体同心の団結です。
 大聖人は、こう仰せになっている。
 『総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此の心なく水魚の思を成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり、然も今日蓮が弘通する処の所詮是なり、若し然らば広宣流布の大願も叶うべき者か』(御書一三三七ページ)
 ここには、すべての日蓮大聖人の弟子・檀那ら、つまり、広宣流布に生きる私どもが拝すべき根本指針が述べられています。
 まず、『自他彼此の心なく』、すなわち自分と他人、あれとこれとを分け隔て、差別する心を排していきなさいと言われている。
 人間には、国家、民族、文化・習慣、また、社会的な地位や立場、年代、出自、さらには、ものの見方、感じ方など、さまざまな違いがあります。そうした、いっさいの差異にとらわれることなく、共に同志である、等しく地涌の菩薩であるとの原点に、常に立ち返っていかなくてはならない。
 また、『水魚の思を成して』と言われているように、同志は皆、親密な、切っても切れない関係にあることを自覚し、各人が互いに尊重し合い、守り合っていくことです。
 したがって、“あの幹部は好きになれないから、組織にはつきたくない。活動もしたくない”というのは、この御金言に反します。また、それは、自分のわがままに負けてしまっている姿です。
 今、共に信心に励んでいるのは、決して偶然ではない。過去遠遠劫からの深い縁に結ばれ、一緒に久遠の誓いを果たすために末法濁世に出現したんです。
 その縁のうえに今があることを、同志が互いに自覚するならば、強い絆が育まれ、広宣流布への大きな前進の力が生まれます」
posted by ハジャケン at 08:48| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月1日

英語の「infant」は「乳児」「未成年」などを意味する。語源はラテン語の「infans」。「in」は否定、「fans」は「話す」を表す。言葉を用いて考え、他者とコミュニケーションをとれるかが、大人と子どもの違いということだろう▼人間の世界は、言葉によって成立しているといっても過言ではない。情報技術の発達により、私たちの日常には、以前にも増して、さまざまな言葉があふれるようになった▼御書に「言と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(563ページ)と仰せのように、言葉は、人間の心を映す「鏡」だ。言葉は人と人を結び、笑顔にする力にもなれば、反対に、他者を深く傷つける“凶器”にもなり得る▼1956年(昭和31年)の「大阪の戦い」の中、一部マスコミが創価学会を“暴力宗教”と報じた。ところが、関西の同志は「そないに有名な学会の座談会や、あんたも来てみまへんか?」と、悪意の中傷を逆手に取り、生き生きと対話を展開。たくましい知恵で逆風も追い風に変え、広布史に燦然と輝く不滅の金字塔を打ち立てた▼正は正、邪は邪と言い切る。言葉の暴力に対しては鮮やかに切り返していく。創価の運動とは、善なる言葉で社会を包みゆく「言論戦」である。(嶺)
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五 知

 世に知者は多いが、
 時を知ること。
 難を知ること。
 命を知ること。
 退を知ること。
 足るを知ること。
 五知を養い得て、
 始めて能く難局に当ることができる。
 五知先生伝(宋初の賢人李繹(りえき)―宋史同伝)
posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿仏房尼御前御返事P1307

法華経を持ち信ずれども誠に色心相応の信者・能持此経の行者はまれなり―――
 阿仏房尼御前御返事P1307
posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月1日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月1日
日々新たにして日に日に新たなり―――
今日も生まれ変わった生命の息吹で 
全力で走りゆくことだ 
今日の満足と、明日への飛躍と―――


posted by ハジャケン at 08:41| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする