2017年05月31日

雌伏 五十七

小説「新・人間革命」〉 雌伏 五十七

 かつて奄美大島の一部の地域で、学会員への激しい迫害事件があった。村の有力者らが御本尊を没収したり、学会員の働き場所を奪ったりするなどの仕打ちが続いた。生活必需品も売ってもらえなかった。車を連ねて学会排斥のデモが行われたこともあった。
 奄美の女子部員は、少女時代に、そうした逆風のなかで、父や母たちが悔し涙を堪え、自他共の幸せを願って、懸命に弘教に励む姿を目の当たりにしてきた。
 奄美大島地域本部の女子部長である長田麗も、その一人であった。父親は、彼女が一歳の時に船の遭難事故で他界していた。病弱な母親が、和裁の仕事をして、女手一つで彼女と姉を育てた。暮らしは貧しかった。
 一家は、一九五八年(昭和三十三年)に入会する。母は“自分たちが宿命を転換し、幸せになるには、この信心しかない”と、真剣に学会活動に取り組んでいった。
 すると、日々の生活に張り合いと希望を感じ、体調も良くなり、次第に、確信が芽生えていった。母は、口数の少ない人であったが、小学生の麗を連れて弘教に歩いた。旧習の根深い地域である。訪ねた家で返ってくるのは、決まって蔑みの言葉であり、嘲りであり、罵倒であったが、母は負けなかった。
 「学会の信心は絶対に正しい。やれば、必ず幸せになれるんですよ」と、厳として言い切るのである。人びとの幸せを願う懸命な母の姿に、人間の強さと輝きを見た思いがした。
 麗が小学校の高学年の時、母が風邪をこじらせ、高熱を出した。氷囊の氷もすぐに溶けてしまうほどだった。一晩中、看病した。
 病床で、母は繰り返した。
 「私に、もしものことがあっても、絶対に学会から離れてはいけない。御本尊様だけは放してはいけない……」
 その言葉は、幼い娘の生命に、深く刻まれた。やがて健康を回復した母は、元気に学会活動に励み始めた。和裁の仕事も増え、生活は安定していった。功徳の体験は確信を育み、ますます信心を強盛にしていく。
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月31日

「創価学会は、絶対的幸福境涯に至る軌道の上を走る、いわば“列車”です。これに自ら乗れば誰でも幸せになれます」。ある壮年部員が会合でユニークな例え話をした。「ただし、途中下車したら駄目ですよ」▼今は苦しみのトンネルの中だとしても、信心で前に進む限り、幸福の目的地へ近づける――話を聞いた皆が納得したに違いない▼海沿いの岩手県釜石市に生まれ育った婦人部員は、東日本大震災の津波で自宅を失った。“なぜ……。幸せの道から外れたのだろうか”。そんな彼女を励まそうと、内陸の花巻市から同志が何度も足を運んだ▼その真心に再起を誓った彼女はその後、縁あって花巻市に転居し、先の同志と喜びの再会を。“学会から離れない限り、幸福の直道を歩んでいける”と実感した彼女は今、自身と同じく見知らぬ地に避難した友を励ます側に回り、充実の日々を送る▼岩手県が生んだ宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』(集英社)には、「ほんとうの幸」といった言葉が随所に出てくる。話が進むと、それが「みんなのほんとうのさいわい」という趣旨の言葉に変化していく。旅はにぎやかなほど楽しい。そして山越え谷越え、目的地へ進む過程そのものに、充実があり、満足がある。幸福を目指す広布旅も同じだろう。(城)
posted by ハジャケン at 09:24| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神 霊

 人の心の微妙というものは時間もなければ、
 空間もない、人種・民族もない。
 そこにあるものは脈々として伝わる天地・人間を
 貫く不思議な生命というものであり、
 精神というものであり、神霊というものである。
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当体義抄P512

正・像二千年の国王・大臣よりも末法の非人は尊貴なりと釈するも此の意なり―――
 当体義抄P512
posted by ハジャケン at 09:21| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月31日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月31日
日頃、子どもに語りかけるひと言を大切にしたい。
日々、子どもたちと一緒に美しいものを喜び、
新しいものを見いだしとぃきたい。
心を育むものは、心である。


posted by ハジャケン at 09:20| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

雌伏 五十六

小説「新・人間革命」〉 雌伏 五十六

 四国の同志が、「さんふらわあ7」号で神奈川文化会館を訪れた約一カ月後の二月十七日のことであった。鹿児島県の奄美大島地域本部(後の奄美光城県)の女子部員八十六人が、山本伸一がいた東京・立川文化会館を訪問したのである。
 ――一年前の二月一日、伸一は、九州研修道場で行われた九州記念幹部会に出席した。「七つの鐘」の総仕上げとなるインド訪問を控えての幹部会であった。
 九州各県から集った参加者のなかに、奄美の女子部の代表もいた。伸一は、研修道場で皆と記念のカメラに納まり、奄美のメンバーに語りかけた。
 「何か要望があったら、あとで女子部長の方に言ってください。どんなことでも結構です。遠慮などする必要はありません。私は、可能な限り、皆さんの要望に応えたいんです。離島で苦労に苦労を重ね、奮闘してきた、大事な宝の皆さんだもの」
 奄美の代表が、女子部長に希望を伝えた。
 「創価女子会館で、奄美大島地域本部の女子部の勤行会を行わせてください!」
 東京・信濃町に、女子部の会館として創価女子会館が開館したのは、一九七七年(昭和五十二年)十二月であった。以来、全国の女子部員が、訪問を望んでいたのである。
 伸一は、その要請を快諾した。
 彼女たちは誓い合った。
 「それぞれが各地域で、広布拡大の大波を起こして、広宣流布の師匠である山本先生のもとに集いましょう!」
 宗門僧による卑劣な学会攻撃も続いていた。そのなかでメンバーは、創価の正義の旗を掲げ、情熱をたぎらせて、弘教に走った。しかし、九州研修道場での出会いから三カ月を経ずして、伸一が会長を辞任したのだ。
 突然、太陽が雲に覆い隠された思いであった。でも、負けなかった。
 「こうした時だから、弘教の大勝利をもって、先生に安心していただきましょう!」
 逆境は、人間の真価を問う試金石となる。
posted by ハジャケン at 09:20| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月30日

73歳で大学に合格し、現在、学生生活を送るタレントの萩本欽一さん。先日、テレビで受験勉強の方法を紹介していたが、英単語の覚え方がユニークだった▼一つの単語を語呂合わせで“物語”にするというもの。例えば「unfortunately(=残念ながら)」であれば、「餡が、4カ所から、チューチューと吸われてなくなった。残念ながら」という具合。ユーモアに富んだ工夫が、いかにも“欽ちゃん”らしい▼円周率の4万桁暗唱の元ギネス記録保持者・友寄英哲さんも、円周率の数字の羅列を、10桁ずつに分けて語呂合わせで覚えたという(本紙5月10日付)。その“物語”は、荒唐無稽な方が、よりインパクトがあって記憶に残りやすいそうだ▼脳には、私たちの想像をはるかに超える能力が秘められている。東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授によれば、脳には可塑性(変形しやすい性質)があり、何歳になっても学び直しができる。発達のピークを過ぎても、努力をすれば身に付けたい能力を獲得できるという▼年齢を重ねるほど、「自分にはできない」「この歳だから無理」と決め付けてしまいがち。この“決め付け”が成長を妨げる最大の敵だ。自分らしく、若々しい挑戦の心で、充実と喜びの人生を開きたい。(朋)
posted by ハジャケン at 09:17| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正覚正精進の人

 人心というものは微妙なものです。
 今は文明自体の持つ病的傾向や、
 人間の疎外をはじめとして、
 意識的無意識的にやはり末法的〈eschatological〉になっているので、
 救済の福音に動かされやすくなっているのです。
 この際にやはり望ましいことは一人でも多く
 自ら一燈となって一隅を照らしてゆく正覚正精進の人びとです。
posted by ハジャケン at 09:15| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持妙法華問答抄P465

されば持たるる法だに第一ならば持つ人随って第一なるべし―――
 持妙法華問答抄P465
posted by ハジャケン at 09:13| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月30日
花々も、毎日、成長している。
あらゆる緑の木々も、成長している。
人生もまた、成長である。一日また一日、
希望と努力を重ねながら、
最上の幸福の自身の運命を築くことだ。
決して性急な跳躍をする必要はない。
posted by ハジャケン at 09:12| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

雌伏 五十五

小説「新・人間革命」〉 雌伏 五十五

 ボーッと、「さんふらわあ7」号の出航を告げる汽笛が夜の海に響いた。
 四国の同志は、甲板に出ていた。船は、静かに離岸し始めた。
 見送りに埠頭に集った神奈川の同志が、「さようなら!」「また来てください!」と口々に叫びながら手を振っている。岸辺には、窓明かりが光る神奈川文化会館がそびえ、横浜の街の灯が広がっていた。次の瞬間、文化会館の明かりが一斉に消えた。上層階の窓に、幾つもの小さな光が揺れている。
 船舶電話に連絡が入った。
 「今、山本先生と奥様が、最上階で懐中電灯を振って、見送ってくださっています。船から見えますか?」
 直ちに船内放送でメンバーに伝えられた。
 皆、甲板の上から、最上階の光に向かって盛んに手を振り、声を限りに叫んだ。
 「先生! 四国は頑張ります!」
 「ご安心ください!」
 「地域広布の先駆けとなります!」
 皆、目を潤ませていた。
 伸一たちは、船が見えなくなるまで、いつまでも、いつまでも懐中電灯を振り続けた。
 遠ざかる船上で叫ぶメンバーの声が、伸一たちに聞こえることはない。しかし、彼も峯子も、わが同志の心の声を聴いていた。また、彼らの送る光は、四国のメンバーの胸に、消えることのない、勇気と希望の灯火となって映し出されていったのである。
 日蓮大聖人は、「道のとを(遠)きに心ざしのあらわるるにや」(御書一二二三ページ)と仰せである。求道の志ある人には、成長がある。歓喜があり、感謝がある。それは、新しき前進の大原動力となろう。
 伸一は、この夜も、船が揺れず、無事故で皆が帰れるように唱題した。さらに、夜更けてから船と連絡を取り、再度、「来られなかった方々に、くれぐれもよろしく」と伝えた。
 翌朝も、安否を確認する連絡を入れた。
 彼にとっては、弟子たちこそが最高の宝であり、未来を照らし出す太陽であった。
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月29日

東京・目黒区には坂が多い。故・美空ひばりさんの自宅も坂道の途中にあった▼現在は「美空ひばり記念館」として公開されているその場所に、本人の一詩が飾られている。「生れし時に/この道知らずとも/この道を歩み/幾年月ぞ/今日涙して/明日又/笑おうぞ」。昭和の歌姫が生を受けたのは、80年前の今日。52年の生涯に歩んだ道は、マスコミの心ない中傷や、病との格闘、最愛の母と弟の死など、苦難の風雨に打たれ続ける坂道でもあった▼ひばりさんがレコードデビューした昭和24年は、21歳の池田先生が戸田城聖先生の出版社に入社した年でもある。戸田先生の自宅の最寄り駅は目黒駅。池田先生はその自宅に何度も通い、時に雨の権之助坂を師と共に歩いた。自身の肺病、師の事業の破綻、先輩の裏切り……うち続く嵐の中、師弟という“人生の高み”を目指し、池田青年は上り続けた▼上るも下るも、同じ一つの坂である。苦しくとも栄光への道を上り切るか、それとも鍛えを避けて下ってしまうか。問われているのは、常に己の心だ▼他人と比べるのではなく“昨日の自分”に勝つ。一歩でも二歩でも、日々の歩みを止めない。振り返ったとき、素晴らしい人生の景色を見下ろせるはずだ。自分との戦いを、今日もいざ!(之)
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一燈照隅行

 日本人の言う、中立・中道・平和・民主、
 これはことごとく的を外しておる。
 ことごとく大事なところを取り違えておる。
 これを一つはっきりさせる思想・学問が必要であります。
 このままいくと、不養生の限りを尽しておる肉体と同じで、
 必ず混乱に陥る。不祥事が起こります。
 これをいったいどうすればいいか。
 結局、正しい思想・正しい学問を興すことである。
 そして、それぞれがただ議論をしておるだけでなく、
 いわゆる一灯照隅行(いっとうしょうぐうぎょう)で、
 一人ひとりがわが立つ一隅をそれぞれ照らしていく。
 そうすれば一灯が千灯、万灯になるので、
 それをやるよりほかに日本は救いようがない。
posted by ハジャケン at 08:43| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撰時抄P260

道心あらん人人は此を見ききて悦ばせ給え正像二千年の大王よりも後世ををもはん人人は末法の今の民にてこそあるべけれ此を信ぜざらんや、
彼の天台の座主(ざす)よりも南無妙法蓮華経と唱うる癩人(らいにん)とはなるべし―――
 撰時抄P260
posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月29日
世界を支えているのは、
一部の偉ぶった指導者などではない。
目立たなくても、自らの使命に生き抜いている、
お母さんたちです。


posted by ハジャケン at 08:41| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

名字の言〉 2017年5月28日

「音楽は時代を映す鏡」といわれる。では、変化が激しい現代でヒット曲を生む秘訣は何か。若者に人気の楽曲を手掛ける音楽家が答えた▼情報通信技術などの発達で、音楽を“聴く方法”“受け取る方法”は多様になった。だが、曲作りの本質は変わらない。重要なのは人々の“歌いたい”という気持ちを引き出すこと。“聴く”だけでは受け身にすぎない。童謡と同じように、歌は「歌い継がれることで広まっていく」という(柴那典著『ヒットの崩壊』講談社現代新書)▼歌う時、人は自分の感情を託したり、人生の経験を重ねたりするもの。だから同じ歌でも、人ごとに深みや味わいは異なる。歌うという行為によって、その人は代わりのいない“主役”となり、自身を表現するのだ▼各地でたけなわの創価青年大会は、後継育成の大きな軸になっている。これまで「聴く側」「見る側」だった青年たちが、「歌う側」「踊る側」となって躍動する姿に、感嘆の声は尽きない。このステージに立った一人一人もまた、紛れもなく“広布の主役”だ▼「自らの使命を自覚した時、才能の芽は、急速に伸びる」とは池田先生の言葉。決意一つで、青年はいくらでも伸びていく。地域の未来を担う若き友の成長を祈り、全力で応援しよう。(差)
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空念仏

 日本くらい平和、平和と言うて大事な問題を
 抹殺(まっさつ)する風俗はほかにない。
 平和は誰でも口にするが、それをどう達成するか。
 こういう実際問題になると、これくらい難しいことはない。
 こういう穢国濁世(えこくじょくせ)、
 あるいは穢国悪世というような時代に、
 平和は空念仏(からねんぶつ)になりやすい。
 単なる概念、あるいは標語みたいなものになって、
 実際のものにならない。
 平和というものを実際のものにしようと思ったら、
 非常な抑制機能、すなわち非常な道徳的精神が必要である。
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野殿御消息P1528

法華経を持つ人は父と母との恩を報ずるなり、我が心には報ずると思はねども此の経の力にて報ずるなり―――
 上野殿御消息P1528
posted by ハジャケン at 09:29| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月28日
順調な時ばかりでは、本当の幸福を実感できるはずがない。
険しき山河がありても、すべてを悠々と乗り越え、
深く人間の価値を知りながら進むことだ。
そこには喜びがある。そこには満足がある。
そこには後悔がない。


posted by ハジャケン at 09:28| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

雌伏 五十四

小説「新・人間革命」〉 雌伏 五十四

 山本伸一は、「熱原の三烈士」「さくら」と、ピアノを弾いていった。“凜々しき勇気の信仰者に育て!”“幸の桜花咲く人生の春を!”との祈りを込めた演奏であった。
 彼は思った。
 “今、この時に、求道の炎を燃やし、波浪を越えて、横浜の地までやって来た四国の同志の果敢な行動は、広宣流布の歴史に燦然と輝き、永遠に語り継がれるにちがいない。
 大事なことは、学会が苦境に立った時に、いかに行動し、新しい突破口を開くかだ”
 伸一は、「最後に“大楠公”を弾きます。また、お会いしましょう」と語り、さらに、ピアノに向かった。
 皆、調べに耳を傾け、“大楠公”に歌われた楠木正成・正行の父子に創価の師弟を重ねながら、心に誓っていた。
 “私たちは、断じて学会精神を継承していきます。いかなる事態になろうが、広宣流布の道を開き抜いていきます。四国は負けません。創価の勝利の旗を翻してまいります!”
 求道の思い熱き同志の目に、涙が光った。
 そして、全員で四国創価学会の万歳を三唱し、大拍手が響くなか、会食懇談会は終了した。伸一は言った。
 「ありがとう! お元気で! 今日は、皆さんの船をお見送りいたします。
 どうか、留守を預かるご家族の皆さん、それぞれの組織の皆さんに、くれぐれもよろしくお伝えください。また、青年部は、お父さん、お母さんを大切に!」
 四国のメンバーが神奈川文化会館を出た時には、すっかり夜の帷に包まれていた。
 埠頭には、二百人余りの神奈川のメンバーが集まり、乗船する四国の同志を見送った。
 音楽隊が四国の歌「我等の天地」を演奏するなか、船からは色とりどりのテープが投げられた。次いで、神奈川のメンバーが、演奏に合わせて県歌「ああ陽は昇る」を熱唱したあと、皆で一緒に「広布に走れ」「威風堂々の歌」を大合唱した。創価の法友の心は一つにとけ合い、歌声が星空に轟いた。
posted by ハジャケン at 09:16| 山梨 ☔| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年5月27日

米サンフランシスコ市にあるゴールデン・ゲート・ブリッジは80年前のきょう開通した。全長2737メートル、主塔の高さは227メートル。振動に耐えられるよう、固定するのではなく、ケーブルで橋桁をつり上げている▼橋のたもとの広場にはケーブルの断面図が展示されている。直径約92センチのケーブルの中には、2万7000本以上のワイヤがある。一本一本は細くとも、束ねることで巨大な橋を支えているのだ。これを通して池田先生はつづった。「学会も、一人ひとりは小さな力であっても、力を合わせ、結束していけば、考えられないような大きな力を出せる。団結は力なんだ」▼仏法が広がることを「広宣流布」という。その実像は、各地の同志による一本一本の奮闘のドラマの「糸」で織りなされたものにほかならない▼アメリカ青年部は今、明年の「5万人の結集」へ躍進する。リーダーの一人が「“5万”とは人数にとどまらず、5万通りの『勝利の実証』なんです」と語っていた。皆が自身の課題に挑戦し抜いてこそ、その“戦う心”の結合は大きな波動を生む▼御書に「異体同心なれば万事を成じ」(1463ページ)と。大目標に挑む中で、一人一人の本領もまた発揮されていく。互いに励まし“全員で一歩前進!”を目指したい。(蹴)
posted by ハジャケン at 09:14| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代人の災い

 私は現代人の最も大いなる禍は、帰する所、
 人間の機械化に依る人格の破綻(はたん)に在ると思う。
 本来人格は知情意の渾然(こんぜん)たる統一である。
 人間の価値は知情意の円満な発達になければならぬ。
posted by ハジャケン at 09:10| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盂蘭盆御書P1429

目連が色身は・父母の遺体なり目連が色身仏になりしかば父母の身も又仏になりぬ―――
 盂蘭盆御書P1429
posted by ハジャケン at 09:09| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 5月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
5月27日
一日一日をていねいに生きよう!
美しいものをたくさん発見できる人こそ、
美しい人である。


posted by ハジャケン at 09:08| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする