2017年04月25日

雌伏 二十七

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十七

 十一月十六日、創価学会創立四十九周年を記念する本部幹部会が、東京・巣鴨の東京戸田記念講堂で開催された。
 講堂の立つ豊島区には、初代会長・牧口常三郎と第二代会長・戸田城聖が軍部政府の弾圧によって投獄された東京拘置所があった。牧口は、ここで殉難の生涯を終えたのだ。
 戸田記念講堂は、その場所にも近く、両先生の死身弘法の精神をとどめる創価の新法城として工事が進められ、この年の六月に完成したのである。しかし、山本伸一が会合に出て指導することは制約されており、彼は落成式への出席を控えた。
 そうしたなかでも、講堂のオープンに尽力してくれている方々を讃え、御礼を述べようと、式典の前日に講堂を訪れ、同志と語らい、励ましたのである。以来、折々に、ここに足を運んでは、地元・豊島区や隣接する北区の同志、全国各地から集って来たメンバーと懇談を重ねたのだ。
 伸一は、先師の殉難の地である豊島区から、東京勝利の広布の大波を起こそうと決意していた。戦い抜こうという一念があれば、いかなる状況にあろうが、戦うことはできる。鉄格子の中でさえ闘争の道はある。投獄された牧口は、取り調べの場にあっても、堂々と創価の正義を語り説いている。
 御聖訓には「大悪を(起)これば大善きたる」(御書一三〇〇ページ)と仰せである。初代会長の殉教という「大悪」が起こったがゆえに、広宣流布の大勝利という「大善」が必ず実現できる道が開かれたのだ。
 しかし、ただ傍観しているだけでは、事態を転じていくことはできない。断じて、「大悪」を「大善」に変えてみせるという、決意と確信と勇猛果敢なる実践が不可欠となる。まさに、人の一念、人の行動こそが、御書の仰せを現実のものとしていくのである。
 伸一は今、彼を封じ込め、仏意仏勅の広宣流布の団体である学会を崩壊させようとする策謀のなかで、必ず突破口を開こうと、懸命な戦いを開始していた。
posted by ハジャケン at 08:57| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月25日

中国・周恩来総理のめいの周秉宜氏が今月来日し、創価大学や信濃町の総本部などを訪問した。その際、池田先生と学会に対する周総理の認識の一端が新たな証言として語られた(本紙12日付)▼創価大学の観桜会では、周秉宜氏が学会青年部との交流の思い出を振り返った。1992年、氏が東京に滞在中、学会青年部が後援する日中交流イベント(中野区内)に出席。そこで1枚のパネルを目にする。周総理が日本に留学中、中野区内に下宿していた頃の周辺の様子をイラストで再現したものだった▼大正8年ごろ、周総理が同区内に住んでいたことは知られていたが、詳しい住所は分からなかった。それを中野青年部が、総理の発言や資料をもとに粘り強く調査し、下宿先が、東中野にある学会の中野文化会館近くだったと特定したのだ▼周秉宜氏は「青年部の皆さんは、一つの物事に対して手を抜くことなく真面目に取り組まれた。そこに周総理や中日友好、平和に対する誠実な心を痛切に感じた」と。周桜が咲き誇る中、創大生と共に、池田思想を学ぶ若き研究者や学生が、その声に耳を傾けていた▼日中の友好がアジアと世界の安定をもたらす。それを託すのは青年しかいない――周総理と池田先生の心は、確かに引き継がれていた。(朋)
posted by ハジャケン at 08:53| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄弟抄P1088

設ひ・いかなる・わづらはしき事ありとも夢になして只法華経の事のみさはぐらせ給うべし―――
 兄弟抄P1088
posted by ハジャケン at 08:51| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月25日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月25日
躾とは、日々の生活を、闊達に、
円滑に、自他共に楽しく、
回転させていくためのリズムを、
「美」に「美しく」
体得していくことといえるかもしれない。


posted by ハジャケン at 08:50| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする