2017年04月13日

雌伏 十七

小説「新・人間革命」〉 雌伏 十七

 蔵林龍臣は七十一歳であり、五人の子どもたちも、広宣流布の庭で活躍していた。この日も、アメリカに永住している四男以外は元気に集い、孫も含め、賑やかに山本伸一と峯子を迎えてくれた。
 蔵林は、伸一を床の間の前に案内した。
 「こちらにどうぞ!」
 「それはいけません。人生の大先輩である蔵林さんが、お座りになってください」
 一瞬、蔵林は、メガネの奥の目に困惑の色を浮かべた。しかし、伸一の強い勧めに、床の間を背にして座った。
 部屋にある衝立の書も見事であった。黒光りした柱や意匠を凝らした欄間が、風格を感じさせた。
 伸一が、家の歴史について尋ねると、「実は、わが家にはこんな言い伝えがありまして」と言いながら、伝承を語り始めた。
 ――昔、ある冬の夜のことである。庄屋の彦左衛門が、ため池に落ちて凍えるキツネを助け上げ、体を湯で拭いて乾かし、山へ帰した。キツネは、嬉しそうに「コン、コン」と鳴きながら消えていった。翌朝、家に二羽のキジが置いてあった。雪の上には、点々とキツネの足跡が続いていた。
 「恩返しにやってきたというわけです」
 伸一が、「人間も見習わなければいけませんね」と応えると、側にいた人たちは、真剣な顔で頷いた。忘恩の徒が暗躍し、学会員をいじめ、苦しめている時だけに、皆、恩に報いることの大切さを、強く感じていたのであろう。
 戸田城聖の事業が破綻した時にも、それまで、さんざん戸田の世話になり、大恩を受けながら、手のひらを返すように、悪口し、恨み、憎んで、去っていった者もいた。
 「忘恩は明瞭この上もない不正」(注=2面)とは、哲人ソクラテスの箴言である。
 日蓮大聖人は、老狐や白亀が恩に報いた故事をあげ、「畜生すらかくのごとしいわうや人倫をや」(御書二九三ページ)と、人として報恩の誠に生きることの大切さを強調されている。報恩は人間の生き方の基である。

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 クセノフォーン著『ソークラテースの思い出』佐々木理訳、岩波書店
posted by ハジャケン at 08:44| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月13日

海あり山あり。広大な福島県は気候の変化に富み、桜の季節が長い。「宝の山」と歌われる磐梯山の麓に立つ福島研修道場には、池田先生が自ら植樹した三代桜がある。この桜は毎年、5月3日前後に爛漫の雄姿を見せる▼開花が早い遅いと気をもむのは人間の都合。環境の違いで、それぞれの木に咲くべき「時」がある。これは人の生き方も同じで、“開花の春”は一様ではない▼先日、総本部で行われた「うつくしまフェニックスグループ」(原発事故の影響で福島県内外に避難した友)の首都圏大会で、母子がリレー体験を発表した。大震災から3年目。小学校3年の次女が体調を崩し、学校に行けなくなった。母に心配を掛けまいと、小さな胸にしまい込んできた不安と恐怖の感情が噴き出したのだ。食欲がなく、座ることもできない娘を母が背負う。体重20キロにも満たない軽さに涙が止まらない▼母は「必ず健康にしてみせる!」と信心で再起を誓う。家族の愛情に包まれた娘は一進一退しながらも心身が安定し、今春、母子は笑顔で中学校の入学式に臨んだ▼語り終えた親子に拍手がしばらく鳴りやまなかった。同志も、この日が来ることを信じ、祈り続けてきたのだ。待ち望む時間が長いほど、功徳満開の春の喜びは大きい。(城)
posted by ハジャケン at 08:41| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道の親

 師友は我々にとって第二次の父母兄弟である。
 骨肉の親に対して言えば道の親である。
 そは我々の疲れ病む心意に
 尽きせぬ力と光とを与え、
 疑いと悩みとの他ない人生に、
 意味と悦楽とを恵む者である。
 よい師友を得る時、
 我々はちょうど塵埃(じんあい)と
 喧騒(けんそう)と濁気との都会を去って
 深山幽谷(しんざんゆうこく)に入るように、
 覚えず清新な気を深く呼吸し、
 身心はふたたび健やかに蘇(よみがえ)る。
 そして、おのずからなる英霊の雰囲気が
 我々を卓歯濫ュ(たくれいふうはつ)せしめ、
 ともすれば絶望しようとした人生に、
 また霊活な気分で面接させ、
 萎(な)えんとした双脚(そうきゃく)に
 堂々と四股踏(しこふ)み鳴らさせるのである。
posted by ハジャケン at 08:38| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総勘文抄P569

痛ましいかな悲しいかな末代の学者仏法を習学して還って仏法を滅す―――
 総勘文抄P569
posted by ハジャケン at 08:37| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月13日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月13日
徹する姿勢―――これこそ、
幸福のカギである。
わが道に徹してこそ、
後悔なき所願満足の人生が開かれていく。
posted by ハジャケン at 08:36| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする