2017年04月07日

名字の言〉 2017年4月7日

「KY」といえば“空気読めない”の略として、10年ほど前から若い人を中心に使われている言葉。その場の雰囲気や状況などを察することができないという、日本社会独特の否定的な表現である▼一方で、事故や災害を未然に防ぐための取り組みに「KY活動」「KY訓練」という言葉がある。この場合のKYは「危険予知」を指す。1970年代から使われ始めたというから、言葉の歴史としては、こちらの方が“先輩”だ▼例えば、事故につながりかねない危険な体験を共有する本紙の「ヒヤリハット配達員会」や、婦人部・女子部が午後10時までに帰宅することを促す「10帰運動」なども、広い意味でKY活動の一つといえるだろう▼御書に「敵と申す者はわすれさせてねらふものなり」(1185ページ)と。“これくらいは大丈夫だろう”“いつも通っている道だから”など、わずかな油断や心の隙に乗じてトラブルは忍び寄る▼事故は、日常生活の中に潜んでいるからこそ、交通ルールの順守や普段の心構えが何より大切だ。一日一日を、「必ず、やりきる」と「決意のKY」で出発し、「きょうも良かった」という「喜びのKY」で締めくくれるよう、地域で声を掛け合っていこう。15日まで、春の全国交通安全運動。(道)
posted by ハジャケン at 09:38| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しい形而上学 A

 そういう意床で、われわれの人生、
 生活、現実というものに真剣に取組むと、
 われわれの思想、感覚が非常に霊的になる。
 普段ぼんやりして気の付かぬことが、
 容易に気が付く。
 超現実的な直覚、これが正しい意味に於(お)ける
 形而上(けいじじょう)学というものであります。
posted by ハジャケン at 09:36| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報恩抄P314

「法華経を讃むると雖も還て法華の心を死(ころ)す」等云云、此等をもつておもうに法華経をよみ賛歎する人人の中に無間地獄は多く有るなり、
嘉祥・慈恩すでに一乗誹謗の人ぞかし―――
 報恩抄P314 
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月7日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月7日
日々新鮮な魂で
喜び舞いゆくあなたよ!
悲しむこともなく
負けることもなく
今日も愉快に勝ち進む
あなたの名は
「幸福博士」だ
posted by ハジャケン at 09:34| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする