2017年04月06日

雌伏 十二

小説「新・人間革命」〉 雌伏 十二

 田森寅夫は、歯を食いしばりながら信心を続けていくと、学校に給食のパンを卸せるようになり、また、外国人客も増えていった。さらに、大手の洋菓子店へも卸すことになり、彼の店は、軽井沢を代表する老舗のベーカリーとして評判になっていった。
 彼は、商売で実証を示すだけでなく、町の発展にも力を尽くし、地域の人びとのために献身した。そうした姿に、学会への誤解や偏見は氷解し、多くの人たちが理解者となったのである。
 山本伸一は、長野研修道場で田森夫妻と話し合うなかで、翌日、田森の店の二階にある喫茶室で、地域のメンバーの代表を招いて懇談会を開くことにしたのである。
 その席で伸一は、一九五七年(昭和三十二年)の夏、軽井沢に滞在中の戸田城聖のもとへ駆けつけた折に、恩師が語っていた言葉を紹介した。
 「戸田先生は、山紫水明なこの地を愛され、『将来、ここで夏季研修会を開きたいな』としみじみと話しておられた。ここに研修道場ができ、恩師の構想実現へ、また一歩、前進することができました。
 やがて、長野研修道場には、全国、いや全世界の同志の代表が集うようになり、いわば、広宣流布の電源の地となっていくでしょう。それだけに、この長野県に、世界模範の創価学会を創り上げてください。私も、全力で応援します」
 この日の夜、研修道場では、地元の軽井沢・中軽井沢支部合同幹部会が行われていた。
 会合の終了間際、会場に姿を現した伸一は、共に勤行した。そして、ピアノに向かい、「うれしいひなまつり」や「月の沙漠」などを次々に演奏して励ました。皆の喜びは爆発し、会場は沸き返った。
 同志は、伸一の姿を瞼に焼きつけ、“創価の師弟の大道を誇らかに歩もう”と、決意を新たにするのであった。
 いかなる権威、権力をもってしても、師弟の心の絆を断つことなど断じてできない。
posted by ハジャケン at 08:39| 山梨 | 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月6日 名字の言〉 2017年4月6日

パイロットを夢見る少年部員が空港を訪れた。春休みを利用した“社会科見学”である▼案内役は副操縦士。鉛筆を手にした豆記者から質問が飛ぶ。飛行機の重さは? 燃料はどこに積むの? そして「パイロットになるために大切なことは?」。答えは「勉強も大事。体を鍛えるのも大事。でも一番大事なのは『親孝行』かな」。メモを取る少年の手が止まった▼父や母は最も身近な存在ゆえ、つい感謝を忘れがち。だが「当たり前」を「ありがとう」の言葉に置き換えられる心こそ、パイロットに必須の資質だという。旅客機を飛ばすために、どれほど多くの人が汗を流しているか。クルーや整備士、貨物や清掃のスタッフ、営業や旅客担当者……。「感謝の言葉は心をつなぐ。みんなの心が一つになって初めて最高の仕事もできるんだよ」と副操縦士は言った▼文豪ゲーテの至言に「感謝しなければならぬ人と出あいながら、感謝をわすれていることが、どんなにしばしばだろう」(大山定一訳)と。御書には「言と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(563ページ)と仰せである▼飛行機が人を運ぶ乗り物なら、言葉や声は「思い」を乗せて運ぶもの。向かう先は相手の「心」だ。感謝の気持ちも目的地に着いてこそ、である。(恭)
posted by ハジャケン at 08:37| 山梨 | 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しい形而上学 @

 問題は結局われわれの直覚力に帰するので、
 やはり人間は精神を集中して
 全心全霊をなにものかに打込まなければ、
 精神も磨かれないし本当の力も発揮出来ない。
 世の中を救おうと思ったら、
 古(いにしえ)の名宰相のように
 寝ても醒めても国家のことを考え、
 民族のことを考えて、
 それに全心全霊を打込まなければ、
 本当の為政者たることは出来ないのであります。
 大衆を相手に駈(か)けずり廻(まわ)って
 演説をやっておるようなことでは、 
 この世界の危機に当って
 本当の立派な政治は出来ない。
 そのためにはどうしても
 哲学や信念を持たなければならないのであります。
posted by ハジャケン at 08:35| 山梨 | 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撰時抄P287

王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず―――
 撰時抄P287
posted by ハジャケン at 08:33| 山梨 | 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月6日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月6日
子どもが楽しく喜んで学校に通うことができるかどうかは、
最初のスタートにかかっています。
わずかの時間でも、お母さんが笑顔で送り出し、
また子どものほうから何か話しかけてきたときには、
決して面倒がらずに、しっかり耳を傾けてあげること。
それが、どれだけ子どもの心を安定させるか、計り知れません。
posted by ハジャケン at 08:33| 山梨 | 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする