2017年04月02日

名字の言〉 2017年4月2日

アジアの広布伸展が目覚ましい。先月、タイやシンガポールなど南アジア4カ国の青年部代表がインドのデリーに集い、日本の派遣団と研修会や記念幹部会を行った▼どの会場でも、参加者が到着するや玄関前で多くのインドの友が迎え、「ワンワールド・ウィズ・センセイ!」などの元気な掛け声に包まれた。底抜けに明るい表情とみなぎる活力に圧倒された▼「コンニチハ!」。片言の日本語で婦人部の友が声を掛けてくれた。話を聞くと、歓迎メンバーは南アジアの同志を最高の歓喜で迎えようと、1カ月前から会合を開いて池田先生の指導を学び、対話拡大に励んだという。中には子どもの病が発症するなど悩みを抱える友もいた。彼女自身も自宅が火事になりかけたという。「でも、苦難があるから強くなれます。それを教えてくれた池田先生と学会に、この歓迎を通して感謝を表したいのです」。朗らかに語る笑顔がまぶしかった▼日蓮大聖人は、仏法の「最上第一の相伝」とは法華経の「当に起って遠く迎うべきこと、当に仏を敬うが如くすべし」にあると仰せである。互いの心の内に仏性を見る“敬いの心”に真の団結は生まれる▼まず自分自身が躍動し、その喜びの命で仏子を迎えたインドの友。その振る舞いに地涌の輝きを見た。(朋)
posted by ハジャケン at 09:59| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間喪失の時代

 ひとかどの人で論語の一冊、
 観音経の一冊を書写しなかった人はいない。
 生活の中に『論語』を持ち、
 法華経を持ち、観音経を持ち、
 あるいは中江藤樹(なかえとうじゅ)を持ち、
 山鹿素行(やまがそこう)を持たざる者はなかった。
 それはその人の中に、その生活の中に、
 事業の中に哲学や信仰があった。
 学問求道があった。
 これが国を興し、人を救った。
 それが今日なくなった。
 こういうところに現代の浅ましい人間喪失がある。
 人間喪失とは、魂の喪失、心の喪失である。
 文明国の中でそれが最もはなはだしいものが
 今日の日本ではないか。
posted by ハジャケン at 09:58| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新池御書P1441

いかなる智者聖人も無間地獄を遁るべからず、又それにも近づくべからず与同罪恐るべし恐るべし―――
 新池御書P1441
posted by ハジャケン at 09:57| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月2日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月2日
恩師・戸田先生は、「恩を返すのが最上の人間だ」と言われた。
報恩の人生は美しい。
お世話になった人に恩返しをしていこうという心が、
いちばん、自分を成長させる。
限りない向上のエネルギーとなっていく。
報恩の人こそ、人生の勝利者である。
posted by ハジャケン at 09:56| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする