2017年04月19日

雌伏 二十二

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十二

 八月二十七日、山本伸一は、長野研修道場から小諸文化会館を訪れた。ここでも三回にわたって、三百人ほどの人たちと記念撮影をし、さらに代表と勤行し、懇談した。
 伸一は、どこまでも題目第一に、「勇敢なる信心を! 地道なる信心を!」と訴えた。
 研修道場に帰ったのは、夜九時近かった。
 二十八日は、長野滞在の最終日である。この日も研修道場を見学に来た人たちと十数回にわたって記念撮影し、懇談や家庭訪問を重ねた。その語らいのなかで、県長の斉田高志に語った。
 「長野研修道場は、地の利も良いし、夏は涼しく、美しい自然に恵まれている。これからは、全国、全世界の同志がここに集い、研修会も盛んに行われ、世界の人びとの憧れの地となるでしょう。
 したがって、その研修道場のある長野県創価学会もまた、世界一の人材山脈がそびえ、世界一の人間共和の模範となる組織をめざしてほしい。世界の同志から、『信心は長野に学べ!』と言われるようになってもらいたいというのが、私の願いなんです。
 それには団結しかない。それぞれの地域の特色を最大限に生かしながら、広宣流布のために、皆が心を一つにしていくことです。そうしていくには、県長が同志のために必死に尽くすことです。皆が、“あの県長は、私たちのために、ここまで気を配ってくれるのか”“ここまで献身してくれるのか”と思ってこそ、心を合わせ、協力してくれる。そこに団結が生まれるんです。
 リーダーが怠惰でいいかげんな姿勢であれば、人はついてこないし、団結もできない。そうなれば会員がかわいそうです。真剣で、誠実であることが、人びとの信頼につながっていきます。懸命に走り抜くんだよ」
 人材の育成は、来る日も来る日も、一人ひとりの心田に発心の種子を植える作業から始まる。伸一は、長野滞在中、身をもってそれを教えようとしてきたのである。行動に勝る、人を育むための教科書はない。
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月19日

沖縄・那覇市の3大祭りの一つ「那覇ハーリー」が5月の連休に開催される。祭りのメインはハーリー競漕。地域対抗をはじめ、中学校対抗や職域対抗などもにぎやかだ▼爬竜船と呼ばれる小船に32人のこぎ手と、船首部分に鐘打ち役、船尾にはかじ取り役が乗り込み、速さを競う。本番が近づく今、早朝や夕刻には、あちこちから練習に励む鐘の音が聞こえる▼20年以上にわたり、ハーリーのこぎ手を務める壮年に話を聞いた。「大切なのは鐘打ちのリズムに、全員が呼吸を合わせて櫂をさばくことです」と。どんなに力や技術のあるこぎ手をそろえても、櫂をこぐタイミングがバラバラなら力はそがれ、スピードに乗ることはできない。逆に、皆の呼吸が合えば、ぐんぐん勢いは増していくという▼御書に「殷の紂王は、70万騎の大軍でしたが『同体異心』であったので、戦いに負けました。周の武王は、800人でしたが『異体同心』であったので、勝ったのです」(1463ページ、通解)と仰せの通りである▼異体同心の団結とは、個性を抑えるものではない。大目標に向かって、心一つに切磋琢磨する。そのなかで一人の力が最大限に引き出され、想像を超えた大きな力となる。「5・3」から「7・3」へ、「一人」が輝く団結の前進を開始したい。(結)
posted by ハジャケン at 08:43| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

師 道

 人間というものは、誠の人であればあるほど
 人生を生きるに従って、
 道を学ばざるを得なくなる。
 四十、五十にして聞くなきは、
 それこそ孔子の言われるように論ずるに足らぬ、
 これが本当の師道でもあるわけであります。
posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田入道殿御返事P1010

馬鳴(めみょう)菩薩は東印度の人、付法蔵の第十三に列(つなら)れり本(もと)外道の長たりし時勒(ろく)比丘と内外の邪正を論ずるに其の心言下(げんか)に解(と)けて重科を遮(しゃ)せんが為に
自ら頭を刎(は)ねんと擬す所謂(いわく)我・我に敵して堕獄せしむ、勒比丘・諌(いさ)め止めて云く汝頭を切ること勿(なか)れ其の頭と口とを以て大乗を讃歎せよと―――
 大田入道殿御返事P1010
posted by ハジャケン at 08:41| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月19日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月19日
家庭ではよき娘となり、職場では、皆に慕われ、
信頼される存在となって光っていくことだ。

posted by ハジャケン at 08:40| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

雌伏 二十一

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十一

 山本伸一が激励した人のなかに、佐久から来た柳坂亘・志津夫妻がいた。二人は、研修道場の庭の整備のために、伸一の滞在中も、連日のように通って来ていたのである。
 亘は、六十歳前後の造園業を営む壮年であった。伸一は夫妻に言った。
 「研修道場を大切にしてくださる柳坂さんの思いは、私の心でもあります。
 私は、ここを訪れた方々が、英気を養い、信心を錬磨し、最高の思い出をつくり、決意を新たにして、各地の広宣流布に邁進していっていただきたいと念願しています。
 そのためには、整備された、すがすがしい環境が大事です。お二人は、その重責を担ってくださっている。尊いことです。
 その労苦は、仏法の因果の理法に照らして、無量の功徳、大福運になっていくことは間違いありません。どうか、いつまでもお元気で、研修道場を守ってください」
 記念撮影が終わったのは、午後四時近かった。撮影回数は三十回ほどになり、一緒にカメラに納まった人は三千人を超えた。
 伸一は、記念撮影の準備・運営にあたった役員の青年たちに語りかけた。
 「ありがとう! 参加者は皆、喜んでいたよ。皆さんのおかげです」
 そして、駐車場の草刈りなど、陣頭指揮を執っていた長野県の男子部長に言った。
 「雨の中、泥まみれになって草刈りをしていた姿を、私は永遠に忘れません。学会員に尽くし抜いていく。それが私との共戦です。
 長い人生には、失敗も、挫折もあるかもしれない。しかし、それでも前へ進むんです。いちばん大事なことは、何があろうが、生涯、学会から離れず、同志のため、広布のために、献身していくことです。
 自分が脚光を浴びようとするのではなく、冥の照覧を信じて、広宣流布に生き抜くんです。それこそが本当の勇気です。
 その時に、自身が最も輝くし、その人こそが、人生の最高の勝利者です。私は、みんなのことを、じっと見続けていきます」

 小説『新・人間革命』語句の解説
 ◎冥の照覧/「冥」とは、奥深く、目に見えないことで、ここでは凡夫には見えない仏神をいう。仏や諸天善神が、人びとの一念や行動をことごとく知っていること。
posted by ハジャケン at 09:00| 山梨 | 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月18日

かつて長寿の双子姉妹として人気を博した、きんさん・ぎんさん。妹の蟹江ぎんさんの4人の娘さんたちも、負けず劣らずの長寿姉妹で、平均年齢は98歳になる▼彼女たちの“元気の秘訣”は、毎日のように集まって「おしゃべり」することだった。長寿医療の研究者が調べたところ、4姉妹が自由に会話している時、脳の血流が増えていることが分かった(石川恭三著『沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長』河出書房新社)▼脳の血流が増えると、神経細胞が活発になり、認知症の予防や、抗うつ効果も期待できるといわれる。「健康社会」を考えるうえで、人と人との対話や交流は欠かせない要素だ▼先ごろ、91歳で入会した婦人が語っていた。「学会に入って20歳、いえ30歳は若返りました(笑い)」。世代や立場を超え、和気あいあいと励まし合う。成功談だけでなく、時には失敗談も愉快に語り合う。そんな学会の世界で今、彼女は新たな人生を謳歌している▼「おぼしき事言はぬは腹ふくるゝわざ」と『徒然草』にある。礼節をわきまえ、愚痴や文句を慎む姿勢は大切だが、思ったことを言わず、我慢し続けるのは体にも障る。互いを敬いつつ、どんどんしゃべって知恵を出し、元気を出す。日々の学会活動は“最高の健康法”だ。(誠)
posted by ハジャケン at 08:58| 山梨 | 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリートとは

 アメリカのウォルター・リップマンは、
 民主主義の頽廃(たいはい)を救うためには、
 唯(ただ)一つエリートをつくるより
 外には途(みち)がないと言っております。
 そうしてエリートとは、
 『中庸(ちゅうよう)』の語を引用して、
 「天命を知るものなり」と申しております。
 天命を知って道の修業をする。
 道を学ぶことによって、
 本当の指導者が養われるのであります。
posted by ハジャケン at 08:56| 山梨 | 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡御書P960

これはさてをきぬ日蓮を信ずるやうなりし者どもが日蓮がかくなれば疑いををこして法華経をすつるのみならずかへりて日蓮を教訓して我賢(かしこ)しと思はん僻(びゃく)人(にん)等が念仏者よりも久く阿鼻地獄にあらん事不便とも申す計りなし、
修羅が仏は十八界我は十九界と云ひ外道が云く仏は一究竟道(くきょうどう)我は九十五究竟道と云いしが如く日蓮御房は師匠にておはせども余(あまり)にこはし我等はやはらかに法華経を弘むべしと云んは蛍(ほたる)火(び)が日月をわらひ蟻(あり)塚(づか)が崋(か)山(ざん)を下(くだ)し井江が河海をあなづり鳥鵲(かささぎ)が鸞(らん)鳳(ほう)をわらふなるべしわらふなるべし―――
 佐渡御書P960
posted by ハジャケン at 08:55| 山梨 | 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月18日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月18日
恋愛をするならば、
大いなる創造への精神力がわき出づるような、
互いに高めあうものであってほしい。

posted by ハジャケン at 08:54| 山梨 | 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

雌伏 二十

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十

 三台の撮影台を使って写真撮影が行われたが、長野研修道場は長蛇の列が途切れることはなかった。飯山、長野、上田から、穂高、松本から、塩尻、諏訪から、飯田、伊那から、続々と同志は集って来た。
 山本伸一は、記念撮影が終わるたび、皆に声をかけ、語り合い、何十人、何百人もの人と握手を交わした。
 記念撮影も終盤に入った時、日焼けした精悍な顔の青年が、感極まった声で語った。
 「先生! ありがとうございます! 私たち男子部は、断じて戦い、勝って、先生にお応えしていきます」
 伸一は、にっこり微笑むと、力を込めて語り始めた。
 「そうだ。師匠が表に出て動けないならば、師に代わって立ち上がるのが弟子です。私と会えなければ元気が出ない、勇気も湧かないというのであれば、真の師弟ではない。師をしのぐ果敢な実践をもって、広宣流布の未曾有の上げ潮をつくっていくんです。
 私が君たちを指導・激励し、全力を注いで育成してきたのは、こうした時のためです。
 今こそ、『私たちに任せてください! 弟子の戦いを見てください!』と胸を張り、私に代わって同志を励まし、元気づけていくのが師弟だ! 君たち一人ひとりが山本伸一なんだよ! 私は、肝心な時に力を発揮できないような弱虫を育ててきた覚えはありません。今こそ君たちが、学会を、それぞれの地域を担っていくんだ。その重要な時に感傷的になって、力を出せないことほど、情けない話はありません。
 それが、今の私の思いだ。魂の叫びです。頼んだよ!」
 そこにいた青年たちの瞳が、決意に燃え輝いた。唇を嚙み締める人もいた。拳を握り締める人もいた。
 戸田城聖は、一九五四年(昭和二十九年)十月、彼のもとに集った一万人の青年に訴えた。
 「吾人は、前途多難に対して奮起を望むものである」(注)と。

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 「青年諸君に告ぐ」(『戸田城聖全集4』所収)聖教新聞社 
posted by ハジャケン at 08:50| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月17日

今年は「宗教改革から500年」とされる。大学教授だったマルティン・ルターが1517年、“買えば罪が許される”とする免罪符を批判し、95カ条の意見書を発表。教会の腐敗を指摘し、宗教改革の口火を切った▼意見書は難解なラテン語で書かれた。それが、庶民にも分かるドイツ語に訳され、流布した。文字の読めない人には、読める人が語って聞かせた。聖書をドイツ語に訳したのもルター。信仰の情熱こもる言論と、万人に理解される根本の聖典の存在が、時代を動かす原動力となった▼学会には、万人救済の経典である日蓮大聖人の「御書」がある。仏法の甚深の法門や、門下への温かい励ましなどがしたためられたこの書を、学会員は日々学び、実践する。10言語以上に翻訳・出版され、世界中に広がっている▼今月28日で、学会による御書発刊から65周年。第2代会長の戸田先生は「発刊の辞」に記した。「この貴重なる大経典が全東洋へ、全世界へ、と流布して行く事をひたすら祈念して止まぬものである」。今、その言葉通りの時代が到来した▼国を超え、この一書に、どれほどの人々が希望を見いだしてきたか。人生を変えることができたか。学会はどこまでも御書根本に「人間のための宗教」の道を進みゆく。(鉄)
posted by ハジャケン at 08:49| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸賈の諫言

 私の愛読書の一に
 『陸賈(りくか)新語』がある。
 陸賈という人物がそもそも快男児である。
 野人的英雄・漢の高祖(こうそ)が
 天下平定の大業に成功して大得意の時、
 彼は進んで書を講じようとした。
 高祖は馬鹿にして、
 乃公(おれ)は馬上・天下を得た。
 本など知ったことか!
 すごすご引退るかと思いの外、
 彼は毅然(きぜん)として反論した。
 馬上・天下を得るも、
 馬上・天下を治めることはできません。
 湯王・武王は逆取して順守したものです。
 文武両用することが長久の術です。
 もし秦が先聖に法(のっと)り、
 仁義の政を行ったならば、
 どうして天下が陛下のものになったでしょうか!
 これには流石の高祖もぎゃふんと参った。
 それでは試みにどうして秦が天下を失い、
 俺が天下を得たかの理由を
 明らかにしてくれと望まれて、
 彼の著したものが
 『陸賈新語』十二篇であるといわれる。
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡御書P956

仏説て云く「七宝を以て三千大千世界に布き満(みつ)るとも手の小指を以て仏経に供養せんには如(し)かず」取意、
雪山童子の身をなげし楽法梵(ぎょうぼんぼん)志(じ)が身の皮をはぎし身命に過(すぎ)たる惜き者のなければ是を布施(ふせ)として仏法を習へば必(かならず)仏となる身命を捨る人・他の宝を仏法に惜べしや、
又財宝を仏法におしまん物まさる身命を捨べきや―――
 佐渡御書P956 
posted by ハジャケン at 08:43| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月17日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月17日
教育も子育ても、時間のかかる作業です。
一生懸命に取り組んでも、
その結果がすぐに表われないかもしれない。
でも、子どもたちに幸福の種を植え、
その心を豊かに耕した事実は残ります。
あなたの労苦は、
すべて子どもたちの宝として実っていくのです。

posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

名字の言〉 2017年4月16日

江戸時代の蘭医学者・緒方洪庵が著した『扶氏医戒之略』に次の一節がある。「病者に対しては唯病者を視るべし。貴賤貧富を顧ることなかれ」▼診察に限らず、洪庵は普段から誰にでも分け隔てなく接した。弟子の福沢諭吉は「客に接するにも門生を率いるにも諄々として応対倦まず、誠に類い稀れなる高徳の君子」と師を敬慕していた(中田雅博著『緒方洪庵――幕末の医と教え』思文閣出版)。相手によって態度を変えない。これが「大人」の要件の一つだろう▼先日、群馬の壮年が、池田先生と地元会館で出会った時のことを語ってくれた。来館の10日程前、先生は海外で国家元首と会見し、その模様が本紙に報じられていた。その先生が婦人や子どもを心を砕いて励ましている。要人であれ庶民であれ、真剣に向き合うその姿に、深い感銘を受けたという▼壮年は職場で取締役まで務めたが、退職した途端、接し方を変える人もいた。その後、がんを患う。不安を隠せない彼に、師の姿に学ぶ学会の同志は“一緒に信心で勝とう”と励ましを。手術の日、同志は懸命に題目を送ってくれた。壮年は振り返る。「学会は真心の世界。この真実を語らずにはいられません」▼一人の「人間」として向き合う。そうして結ばれた絆ほど強いものはない。(江)
posted by ハジャケン at 08:18| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一義の自覚

 我々はまず人生において
 何が第一義であるかを
 とっくり弁(わきま)えねばならぬ。
 さすれば、名利の欲はとみに減退し消滅する。
 「志意脩(おさ)まれば則ち富貴に驕(おご)り
 (富貴を眼中に置かぬ意)、
 道義重ければ則ち王公を軽んず。
 内に省れば則ち外物軽し」(苟子、修身篇)。
posted by ハジャケン at 08:16| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P762

是に随い喜ぶを随喜とは云うなり惣じて随とは信の異名なり云云、唯信心の事を随と云うなり―――
 御義口伝P762
posted by ハジャケン at 08:15| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 4月16日

女性に贈ることば365日
 池田大作
4月16日
「忙しい」という字は、「心を亡くす」と書きます。
あわただしさのなかで、ただ追われる生活に流されてしまえば、
大切なことまで見えなくなってしまいます。
その時こそ、「何のため」
という問いかけを思い起こすことです。
posted by ハジャケン at 08:14| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

雌伏 十九

小説「新・人間革命」〉 雌伏 十九

 長野研修道場には、三台の撮影台が設置されていた。
 午後一時前、山本伸一は、「さあ、戦いの開始だ!」と峯子に言うと、ポロシャツ姿で皆の待っている研修道場の前庭に飛び出していった。
 「お待ちしていました。ようこそおいでくださいました。二十一世紀への新しい出発をしましょう!」
 参加者から歓声があがった。額に深い皺が刻まれた老婦人が、目を潤ませて語った。
 「先生! 新聞でも先生のお姿を拝見できないものですから、心配で、心配で、寂しくて、ずーっと祈ってきました。でも、お元気なので安心しました。嬉しいです」
 伸一は、この老婦人を抱きかかえるようにして、励ましの言葉をかけた。
 「おばあちゃん、ありがとう! 
 私は、この通り元気ですよ。おばあちゃんがお元気ならば、私も元気です。私も、おばあちゃんのお顔を心に焼き付けて、毎日、お題目を送ります。だから、私たちは、いつも一緒ですよ。来世も一緒です。
 うんと長生きしてください。ますます元気で、もっと、もっと幸せになってください。それ自体が、広宣流布の力になります。同志の希望になります」
 八十代半ばだという、別の老婦人には、力強く、こう語った。
 「百歳まで生き抜いてください。いや、二十一世紀まで生きて、広宣流布の未来を見届けてください。学会は、さらに大発展します。世界に大きく広がります。私は今、そのための戦いを開始したんです」
 また、壮年には断固たる口調で宣言した。
 「学会の正義は、必ずや明確になります。まだ、宗門僧による理不尽な攻撃や、一部の週刊誌による無責任な批判が続いていますが、そんなことで心が揺らげば、必ず後悔します。日蓮大聖人の仰せのままに広宣流布してきたのは学会しかありません。この厳たる事実を絶対に見失わないことです。戦おう!」
posted by ハジャケン at 13:43| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雌伏 十九

小説「新・人間革命」〉 雌伏 十九

 長野研修道場には、三台の撮影台が設置されていた。
 午後一時前、山本伸一は、「さあ、戦いの開始だ!」と峯子に言うと、ポロシャツ姿で皆の待っている研修道場の前庭に飛び出していった。
 「お待ちしていました。ようこそおいでくださいました。二十一世紀への新しい出発をしましょう!」
 参加者から歓声があがった。額に深い皺が刻まれた老婦人が、目を潤ませて語った。
 「先生! 新聞でも先生のお姿を拝見できないものですから、心配で、心配で、寂しくて、ずーっと祈ってきました。でも、お元気なので安心しました。嬉しいです」
 伸一は、この老婦人を抱きかかえるようにして、励ましの言葉をかけた。
 「おばあちゃん、ありがとう! 
 私は、この通り元気ですよ。おばあちゃんがお元気ならば、私も元気です。私も、おばあちゃんのお顔を心に焼き付けて、毎日、お題目を送ります。だから、私たちは、いつも一緒ですよ。来世も一緒です。
 うんと長生きしてください。ますます元気で、もっと、もっと幸せになってください。それ自体が、広宣流布の力になります。同志の希望になります」
 八十代半ばだという、別の老婦人には、力強く、こう語った。
 「百歳まで生き抜いてください。いや、二十一世紀まで生きて、広宣流布の未来を見届けてください。学会は、さらに大発展します。世界に大きく広がります。私は今、そのための戦いを開始したんです」
 また、壮年には断固たる口調で宣言した。
 「学会の正義は、必ずや明確になります。まだ、宗門僧による理不尽な攻撃や、一部の週刊誌による無責任な批判が続いていますが、そんなことで心が揺らげば、必ず後悔します。日蓮大聖人の仰せのままに広宣流布してきたのは学会しかありません。この厳たる事実を絶対に見失わないことです。戦おう!」
posted by ハジャケン at 09:20| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月15日

「生きているうちに息子に伝えなければ」――カナダの実業家キングスレイ・ウォードは、2度の心臓手術の後、会社を継ぐ息子に手紙を書いた。後に『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』として出版され、新社会人の必読書としてベストセラーになった▼「礼儀正しさに勝る攻撃力はない」「服装は君に代わって物を言う」……。仕事で遭遇する局面での対応を説く同書。親子の立場を超えた「同じ道を志す友」への愛情が伝わってくる。「君の父親であったおかげで、素晴らしい人生だった」(城山三郎訳)▼岡山県で不動産会社を営む壮年は末期の胃がんと診断された。「余命半年」の宣告後、創価大学で学ぶ息子の元へ。「池田先生の弟子として生きた。最高に幸せだったよ」。父は広布のバトンを託し、霊山へと旅立った▼帰郷した息子は26歳で会社を継いだ。経営難でも父の背中を追い、多くの友人にも弘教した。先月には過去最高の売り上げを計上し、新たな自社物件を購入するまでに▼今春、約89万人が社会に巣立った。理想と現実の差を感じることもあろう。しかし池田先生は新社会人の友に語った。「大誠実に徹していけば、全てを生かして、必ずいい方向に転じていくことができる」。苦闘の時も師父はじっと見守っている。(子)
posted by ハジャケン at 09:18| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学問の第一義

 学問の第一義は言うまでもなく、
 道心の長養でなければならぬ。
 道徳の発揮でなければならぬ。
 平たく言えば、
 純真な自己に生きようとするのが
 学問の第一歩なのである。
posted by ハジャケン at 09:16| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P734

共の一字は日蓮に共する時は宝処に至る可し不共ならば阿鼻(あび)大城(だいじょう)に堕つ可し―――
 御義口伝P734
posted by ハジャケン at 09:15| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする