2017年03月27日

雌伏 三

小説「新・人間革命」〉 雌伏 三

 山本伸一は、世界を結び、確かな平和への道を開くために、各国の識者や大使らとも積極的に交流を図っていった。五月十九日には、親善交流のために、中日友好の船「明華」で、交流団の団長として来日した中日友好協会の廖承志会長と都内のホテルで会談した。
 語らいのなかで伸一は、いかなる立場になろうが、日中の平和・文化・教育の交流を推進し、両国の友好に、さらに尽力していきたいと決意を披瀝した。そして、万代にわたって崩れることのない友好のためには、民間次元の強いつながりが重要になると訴えた。
 また、廖会長は、伸一に、五度目となる訪中を要請したのである。
 二人は、第一次訪中以来、幾度となく対話を重ね、深い友情に結ばれてきた。廖会長は、この四年後の一九八三年(昭和五十八年)六月に他界する。伸一は、その翌年、廖家を弔問し、経普椿夫人、子息と、廖承志の尊き生涯を偲びつつ語り合った。
 二〇〇九年(平成二十一年)十月、中国・広州市にある仲ト農業工程学院から、伸一と妻の峯子に、それぞれ名誉教授の称号が贈られる。「仲ト」とは、孫文の盟友で、廖承志の父・廖仲トのことである。同校の淵源となる仲ト農工学校は、彼と共に新中国の建設に生きた夫人の何香凝によって創立されている。
 さらに同校には、廖承志と伸一の研究センターがつくられ、二〇一〇年(同二十二年)十一月に開所式が行われた。
 伸一の植えた友誼の苗木は、二十一世紀の大空に大きく枝を広げていったのである。
 彼は、廖承志会長との会談に続いて、五月二十二日にはソ連のノーボスチ通信社の国際部長や論説委員、大使館関係者らと神奈川文化会館で語り合った。米ソ第二次戦略兵器制限交渉(SALTU)や、アジア及び世界の平和・文化・教育の問題などをめぐって意見交換したのである。その席で伸一に、強い訪ソの要請が出されたのだ。
 恒久平和の実現を願い、懸命に努力し、行動していくことこそ、仏法者の責務である。
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月27日

広島平和記念資料館の本年度入館者数が159万3280人を上回り、25年ぶりに過去最多を更新した。中でも外国人の割合は、20・8%と増加。海外旅行客の定着に加え、オバマ前米大統領が来館したことが要因になった。今、核兵器廃絶を願う世界の声が高まる▼広島市が推進する「被爆体験伝承者」1期生として、母の記憶を継ぐ被爆2世の婦人部員がいる。昨年、非政府組織(NGO)の企画に参加し、世界21カ国で原爆の惨状を語った▼104日にわたる長旅。宿泊先では、ある女性と2人部屋になった。「実は私、学会員なんです。勤行してもよろしいでしょうか」。意を決して聞くと「私も学会員よ」と。長崎で被爆した婦人部員だった▼英国・ロンドンでも講演。終了後、参加者の一人であるイギリス人女性が打ち明けてくれた。「私は日本の仏教を信仰しています。“SGI”といいます」。さらに、その場にいた通訳の女性も「私も学会員なんです」。感動的な創価家族の出会い。4人は手を取り合い、平和への前進を誓った▼きょう27日から、国連で「核兵器禁止条約」制定に向けた交渉会議が始まる。一人一人の心に、平和の種をまく。その世界の同志が織り成す点と点がつながり、“絶対悪”を根絶する連帯となる。(子)
posted by ハジャケン at 08:48| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先輩のユーモア

 道二つ仁と不仁の追分(おいわけ)や
  左は地獄右は極楽―白隠(はくいん)
 気は長く勤めは堅く色薄く
  食細うして心広かれ―天海(てんかい)
 欲深き人の心と降る雪は
  つもるにつれて道を失ふ―高橋泥舟(たかはしでいしゅう)
 身を削り人をば救ふすりこ木の
  この味知れる人ぞ尊とき―親鸞(しんらん)
 ※上人越後回国中、
 すりこ木の図に賛を乞われてものせし歌
 この家を貧乏神がとりまきて
 七福神の出所もなし―仙崖(せんがい)
 (評伝 日本もかくのごとし)
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曾谷殿御返事P1064

禅宗と申す大邪法・念仏宗と申す小邪法・真言と申す大悪法・此の悪宗はなをならべて一国にさかんなり―――
 曾谷殿御返事P1064
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月27日
地上にひとつの太陽が昇れば、
万物はエネルギーを受けることができる。
同じように、家族のなかで、
自分が太陽となれば、
その光で周囲を照らしていくことができる。
posted by ハジャケン at 08:44| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする