2017年03月26日

名字の言〉 2017年3月26日

熊本地震から来月で1年となる。一般に、発災からの節目を刻む時、被災者が「記念日(アニバーサリー)反応」を起こす恐れがあるという▼記念日反応とは、身近な人の死や災害などに直面した人が、その出来事のあった日の前後に、つらい体験や悲しみを思い出し、不眠や落ち込みなど心身に不調を来すこと。心的外傷後ストレス障害(PTSD)に特徴的な反応の一つである。一見、落ち着いた生活を取り戻したように見える人や、精神的苦痛を感じた自覚をもたない人でさえ、こうした反応を示す場合があるといわれる▼これを防ぐ重要な対処法の一つが「周囲とのつながり」を深めること。家族や親しい友人と語り合うことはもちろん、地域の人々と協力した過去の記憶を呼び起こすだけでも効果があるという▼熊本の婦人部員は、この一年、被災した友に寄り添うことに徹してきた。先月も、震災で心身を患い、半年ほど家にこもっていた友が、彼女をはじめ学会家族の支えで、外出することができた。「私も被災者の一人ですが、師匠や同志の励ましで立ち上がることができました。ご恩返しです」と彼女は言う▼蓄積された記憶はさまざまだからこそ、じっくりと相手の話を聴くことが大切だ。心通う対話で、地域の絆を強めたい。(剣)
posted by ハジャケン at 10:18| 山梨 ☁| 最近の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橘曙覧『独楽吟』

 たのしみは珍しき書人にかり
  始め一ひらひろげたる時
 たのしみは空暖かにうち晴れし
  春秋の日に出でありく時
 たのしみは朝起き出でゝ昨日まで
  無かりし花の咲ける見る時
 たのしみは心にうかぶはかなごと
  思ひつゞけて煙草すふ時
 たのしみはまれに魚煮て児等皆が
  うましうましといひて食ふ時
 たのしみはそゞ読みゆく書の中に
  我とひとしき人をみし時
posted by ハジャケン at 10:15| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曾谷殿御返事P1056

謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め水の中に火を尋ぬるが如くなるべしはかなし・はかなし、
何(いか)に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、うるし千ばいに蟹(かに)の足一(ひと)つ入れたらんが如し、毒気(どっけ)深入(じんにゅう)・失(しっ)本心(ぽんしん)故(こ)は是なり―――
 曾谷殿御返事P1056
posted by ハジャケン at 10:13| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月26日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月26日
恩を知り、恩に報いていくことが、
人間の歩むべき道である。
親を愛し、
親に心の底から感謝できるようになっていくことが、
人間としての深まりであり、
成長の証と言ってよい。
そのように人間として成長していってこそ、
自らもよい親となり、
和楽の家庭を築いていける。
そうした心が、
子育てにも大きな影響を与えていく。
posted by ハジャケン at 10:12| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする