2017年03月15日

大山61

小説「新・人間革命」〉 大山 六十一

 山本伸一は、前年の一九七八年(昭和五十三年)七月三日、男子部歌「友よ起て」を作詞・作曲して、後継の青年たちに贈った。
  
 〽広布のロマンを 一筋に
  打てよ鳴らせよ 七つの鐘を
  やがては誉れの 凱歌の世紀
  花に吹雪に 友よ起て
   
 その歌詞にあるように、「七つの鐘」は鳴り響き、今、学会は「凱歌の世紀」をめざして、新しい旅立ちの朝を迎えたのだ。
 五月三日――五月晴れの空のもと、「七つの鐘」の総仕上げを記念する第四十回創価学会本部総会が、東京・八王子市の創価大学体育館で行われた。参加者は皆、新出発の祝賀の本部総会であることはわかっていた。しかし、誰もが心のなかで、一抹の寂しさを拭いきれずにいた。“これから学会は、どうなってしまうのか”との思いも強かった。
 開会は、午後二時である。この総会には、法主の日達をはじめ、宗門僧の代表も出席することになっていた。伸一は彼らを迎えるために、午後一時半前から新会長の十条潔らと創価大学の玄関前に立った。やがてマイクロバス、乗用車が到着し、僧が降りてきた。
 「ようこそ、おこしくださいました!」
 伸一はモーニングに身を包み、丁重にお辞儀をし、僧たちを迎えた。しかし、多くはあいさつもせず、無表情に、傲然と通り過ぎていく。なかには、したり顔で一瞥し、冷ややかな笑いを浮かべる者さえいる。
 伸一の脳裏には、悪僧の冷酷な仕打ちに苦しんできた学会員の悲痛な顔が浮かんでは消えた。今回、自分が身を引くことで、宗門が言うように事態が収まるなら、それでよいと彼は思った。
 守るべきは誰か――健気な学会員である。最愛の同志である。尊き仏子たちである。
 そのために自分は盾になり、犠牲にもなろうと、彼は心を定めていたのである。
 決定した心には、勇気の太陽が昇る。
posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 🌁| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月15日

サッカー界の歴史に残る劇的な一戦だった。現在、開催中のUEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグ。世界一レベルの高い、伝統的な大会でのことである▼決勝トーナメント1回戦。スペインの名門、FCバルセロナは、窮地に追い込まれていた。初戦で0対4の大敗。2戦目では3点を先制するものの、後半17分に1点を返される。ルール上、勝ち進むには、あと3点が必要という厳しい状況▼だが選手たちは諦めていなかった。超一流のスターたちが必死の形相でボールを追う。試合終了間際、立て続けに3点を奪い、大逆転。スタジアムは歓声に揺れた▼実業家・松下幸之助氏の講演会でのこと。一人の中小企業の経営者が、どうすれば松下さんの言う経営ができるのかと質問した。氏は答える。“まず大事なのは、やろうと思うこと”。その時の聴衆の一人で、後に世界的企業に成長した会社の経営者は、「“できる、できない”ではなしに、まず、“こうでありたい。おれは経営をこうしよう”という強い願望を胸にもつことが大切だ」と感じたという(『エピソードで読む松下幸之助』PHP新書)▼勝てるかどうかではなく、まず勝つと決める。最後まで諦めない。大逆転のドラマは、わが一念から始まる。(速)
posted by ハジャケン at 08:59| 山梨 🌁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

礼 楽 @

 真の礼は如何(いか)ほど
 秩序が整然として居っても、
 単なる機械的布置(ふち)とは違って、
 其処に美しい節奏(リズム)がなければならぬ。
 その部分と部分、部分と全体との間に
 存する微妙な関係による物の生動―造化の
 純一なる流動を「楽(がく)」と謂い、
 其処に生ずる快適の感情を楽(らく)と謂う。
 健康は一種の楽(がく)である。
 だから健康な人は
 勇躍と愉悦(ゆえつ)とを禁じ得ない。
 子供は最も善く躍動し欣喜(きんき)する。
皆生命の旋律である。
 勝れた人格に接しても音楽的な快を感ずる。
 故にそういう人格のことを
 風韻(ふういん)とか気韻とか
 韻致(いんち)などという言葉で表すのが常である。
posted by ハジャケン at 08:57| 山梨 🌁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日女御前御返事P1248

罪に四あり総罰・別罰・冥罰・顕罰なり、聖人をあだめは総罰一国にわたる又四天下・又六欲・四禅にわたる、
賢人をあだめば但(ただ)敵人等なり、今日本国の疫病は総罰なり定めて聖人の国にあるをあだむか、山は玉をいだけば草木かれず国に聖人あれば其の国やぶれず、
山の草木のかれぬは玉のある故とも愚者はしらず、国のやぶるるは聖人をあだむ故とも愚人は弁(わきま)へざるか―――
 日女御前御返事P1248
posted by ハジャケン at 08:56| 山梨 🌁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月15日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月15日
子どもは、いつか、
独り立ちしていかなくてはならない。
「子どもを『幸福にすること』と『甘やかすこと』を
混同してはいけない」とは
フランスの思想家ルソーの言葉です。
子どもを幸福にするために大切なのは、
どんな試練にあっても、
それに負けない強さを育んでいくことではないでしょうか。
posted by ハジャケン at 08:55| 山梨 🌁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする