2017年03月13日

大山59

小説「新・人間革命」〉 大山 五十九

 一九五一年(昭和二十六年)の一月六日、万策尽きた戸田城聖が書類整理をしながら語った言葉は、山本伸一には“大楠公”に歌われた楠木正成の心情と重なるのであった。
  
 〽正成涙を打ち払い
  我子正行呼び寄せて
  父は兵庫に赴かん
  彼方の浦にて討死せん
  いましはここ迄来れども
  とくとく帰れ故郷へ
  
 以来、二十八年余――伸一は今、静岡研修道場にあって、後継の人を残して決死の大戦に赴こうとする勇将の胸の内を、そして、わが師の思いを嚙み締めていた。
 彼もまた、十条潔ら新執行部に、さらには後継の若き人材たちに、これからの学会を託して、新しき世界広宣流布へと旅立つことを思うと、あの時の戸田の覚悟が強く心に迫ってくるのである。
 伸一は、研修道場の白いピアノに向かった。指が鍵盤を走り、“大楠公”の曲を奏で始めた。
   
 〽父上いかにのたもうも 
  見捨てまつりてわれ一人
  いかで帰らん帰られん
  此正行は年こそは
  未だ若けれ諸共に
  御供仕えん死出の旅
   
 〽いましをここより帰さんは
  わが私の為ならず
  己れ討死為さんには
  世は尊氏の儘ならん
  …………
   
 彼は心で恩師・戸田城聖に誓っていた。
 “正成も、父の遺志を継いだ正行も、足利方と戦い、敗れ、無念の最期を遂げましたが、私は負けません。必ず全同志を守り抜き、世界広宣流布の新舞台を開きます!”

 *小説『新・人間革命』文中の「青葉茂れる桜井の(大楠公)」(作詞=落合直文)の歌詞は、正規には本文中のとおりですが、学会のなかでは慣習的に、「いまし」は「汝(なんじ)」、「来(きつ)れ」は「来(きた)れ」、「わが私の」は「われ私の」と歌われています。
posted by ハジャケン at 08:49| 山梨 | 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月13日

バスケットボール界の伝説的選手マイケル・ジョーダン。彼は常に、高い理想を持ちながらも、短期間の目標を設定し、着実に努力を重ねてきた▼大学3年の時のこと。周囲からの期待の大きさを感じた彼は、次第に“華麗なダンクシュート”ばかりを追求するように。だが逆に技術は伸び悩み、壁にぶつかった▼ある日、監督に指摘され、好調だった時は基本練習を繰り返していたことに気付く。「3年生のぼくは近道を探していただけ」と振り返る彼は、こう断言する。「目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない」(『挑戦せずにあきらめることはできない』楠木成文訳、ソニー・マガジンズ)▼目標が大きいと“一気に”“要領よく”進めたいと思うことがある。しかし、地道な努力なくして、大きな飛躍は望めない。御書には「衆流あつまりて大海となる」(288ページ)と。広大な海は、小さな川の集まりであり、その川もまた、一滴一滴の水が集まったものである▼池田先生は「大発展、大勝利といっても、日々の挑戦の積み重ねである。今を勝ち、きょうを勝つなかにしか、将来の栄光も、人生の勝利もない」と語る。不可能の壁は、少し頑張れば可能な、しかし弛みない努力の末に破られる。(速)
posted by ハジャケン at 08:47| 山梨 | 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文明発達の原理

 儒教は、最も現実に即した
 倫理及び政治に関する教であり、
 人間の倫理を、根本的に君と臣・親と子・
 夫と婦・長と幼・朋友(ほうゆう)
 相互の五種の関係に分類し、
 この倫理を通じて道徳が実践せられる処(ところ)に
 文明が発達する。
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 | 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乙御前御消息P1219

犬は獅子をほうれば腸(はらわた)くさる・修羅(しゅら)は日輪を射奉れば頭(こうべ)七分に破(わ)る、一切の真言師は犬と修羅との如く・法華経の行者は日輪と獅子との如し―――
 乙御前御消息P1219
posted by ハジャケン at 08:44| 山梨 | 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月13日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月13日
こうすれば、どう見られるか、
どうなるか―――
そういうことだけを考えて、
人によく思われるように、
うまく泳いでいく。
それは楽なように見えて、
あまりにもわびしい生き方である。
状況に翻弄され、なんの価値も残さず、
時代とともに色あわせていく人生であってはならない。
わが人生は、自分自身への最高の贈り物なのである。
posted by ハジャケン at 08:42| 山梨 | 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする