2017年03月02日

大山50

小説「新・人間革命」〉 大山 五十

 激動の一夜が明けた四月二十五日――「聖教新聞」一面で、「“七つの鐘”を総仕上げし新体制へ」との見出しで、新会長に十条潔、新理事長に森川一正が就任し、学会は新体制で出発することが発表された。また、会長を辞任した山本伸一は名誉会長となり、併せて宗門の法華講総講頭も辞任することが報道されていた。
 さらに、「全国会員の皆様へ」と題して、伸一のメッセージが掲載されたのである。
 その中で彼は、前日の県長会で発表された三点にわたる会長勇退の理由を述べた。そして、新たに到来する一九八〇年代を展望し、「社会、世界に、信頼と安定の創価学会をば、新会長を中心に立派にもり立てていただきたい」と訴えたのである。
 何度も読み返した人もいた。辞任の経緯はわかったが、発表を聞いたのは昨日であり、皆、戸惑いは拭いきれなかった。
 この日、午後一時半から、信濃町の広宣会館(創価文化会館内)で、「七つの鐘」総仕上げを記念する四月度本部幹部会が開催された。いつもなら参加者は喜々として集って来る。しかし、皆の表情は硬かった。
 “これから、山本先生はどうなってしまうのか”“学会はどうなってしまうのか”
 そんな思いが、心に不安の影を投げかけ、皆の顔から笑みを奪っていたのだ。
 参加者が会場に入ると、普段とどこか違っているように感じられた。いつも会長のスピーチのために、前方に向かって左側に用意してあるテーブルとイスがなかった。そんなことも、寂しさを募らせるのである。
 やがて伸一が入場した。歓声があがった。
 伸一は、悠然と微笑みながら言った。
 「さあ、万歳を三唱しよう。学会の新しい出発だもの。威風堂々と進むのが学会だ。師子は、いつも師子じゃないか!」
 力強い声に勇気が湧いた。一人の闘魂が、皆の闘魂を呼び覚ます。御聖訓には「一の師子王吼れば百子力を得て」(御書一三一六ページ)と。元気な「万歳!」の声が響いた。
posted by ハジャケン at 09:36| 山梨 ☁| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月2日

東日本大震災から6年になるのを前に、各地の行政機関や公共施設などで災害時の避難訓練が行われている▼先日、宮崎県の学会の会館で近隣住民らが参加して避難訓練が行われた。この会館は、南海トラフ巨大地震で浸水が想定される地域にあり、「津波避難ビル」に指定されている。参加者は会館内の避難経路などを確認した後、SOKAチャンネルVODで「災害対応訓練番組」を視聴。住民からは「学会の会館に初めて来ましたが、広くてしっかりした施設を頼もしく感じました」などの声が寄せられた▼昨年の熊本地震でも、会館に多くの避難者を受け入れた。阿蘇白菊会館の受け入れに対しては、地元の自治会から先月、熊本創価学会に感謝状が贈られている。「貴学会の地域密着の志と行動を讃え」と記されていた▼池田先生は、災害時には“避難所”として機能する会館の役割について述べた後、「地域を守り、繁栄させ、人びとを幸福にしていくための会館です。学会の会館は、地域の発展に寄与する灯台です」とつづっている▼会館は、信心錬磨の道場、平和・文化・教育運動の発信拠点であるとともに、“地域の安心の灯台”である。この誉れの使命を胸に、近隣への配慮を忘れず、真心で宝城を守り輝かせていこう。(誼)
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廉恥と無恥

 宋の名儒羅豫章(らよしょう)は
 「教化は朝廷の先務、廉恥(れんち)は
 士人(しじん)の美節、風俗は天下の大事なり。
 朝廷教化有れば則(すなわ)ち士人廉恥有り。
 士人廉恥有れば則ち天下風俗有り」
 (日知録、世風、廉恥所引)と言っている。
 人間のあらゆる醜行(しゅうこう)悪事は
 皆その無恥から生ずるのであるが、国家生民の乱離も、
 深くその本を探れば、
 為政者―民衆の指導階級の無恥不敬に帰せねばならぬ。
posted by ハジャケン at 09:31| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一代五時図P621

悪人有って不善の心を以て一劫の中に於て現に仏前に於て常に仏を毀罵(きめ)せん其の罪尚軽し若人一の悪言を以て在家出家の法華経を読誦する者を毀(き)砦(し)せば其の罪甚だ重し―――
 一代五時図P621
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月2日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月2日
母は、わが家の太陽である。
いな、世界の太陽である。
いかに暗く厳しい状況になっても、
母がいれば、笑顔満開の光が消えることはない。
posted by ハジャケン at 09:28| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする