2017年03月31日

雌伏 七

小説「新・人間革命」〉 雌伏 七

 八月二十日の午後、山本伸一は、東京・台東文化会館を訪問したあと、長野県・軽井沢町の長野研修道場へ向かった。
 軽井沢は、戸田城聖が逝去前年の一九五七年(昭和三十二年)八月に訪れ、最後の夏を過ごした地である。滞在中、戸田は、伸一と森川一正を招き、鬼押出に車を走らせて、奇岩の連なる景観を見せ、ホテルで共に食事をした。大阪事件で不当逮捕された伸一を、ねぎらいたかったのである。
 食事をしながら、師弟の語らいは弾み、話題は、戸田が「妙悟空」のペンネームで執筆した小説『人間革命』に及んだ。この小説は、五一年(同二十六年)四月の「聖教新聞」の創刊号から連載されてきたもので、この五七年(同三十二年)七月に単行本として発刊されたばかりであった。
 小説の主人公「巌さん」は、印刷工場に勤め、八軒長屋に住む市井の壮年である。
 その「巌さん」が、「牧田城三郎」(牧口常三郎の仮名。後の出版では本名に改める)の折伏を受け、日蓮大聖人の仏法を実践するようになり、信仰の実証を示し、やがて印刷会社の社長となる。さらに学会の理事長に就任し、牧田会長を支えていくのだ。
 しかし、戦時中の軍部政府の弾圧で、会長の「牧田先生」も、牧田を師と慕う「巌さん」も、共に投獄されてしまう。「巌さん」は、獄中にあって唱題を重ね、法華経を読み進むなかで、自分は、法華経で説かれた虚空会の会座にいた地涌の菩薩であることを悟達する。そして、生涯、この法華経を弘めていこうと決意するところで、小説は終わる。
 小説の前半、「巌さん」は、戸田城聖とは全く異なる架空の人物として描かれていくが、後半の「巌さん」の体験は、戸田自身の体験となる。特に逮捕・投獄され、広宣流布の使命を自覚する獄中の悟達は、現実そのものの描写であり、創価学会の精神の原点が浮き彫りにされている。
 「おれは地涌の菩薩ぞ!」――この「巌さん」の叫びこそ、創価の確信の源である。
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月31日

紫・白・桃色など、鮮やかな色で見る人を引きつける菖蒲の花。武道を尊ぶ志を表す“尚武”と同じ読みであることから、江戸時代、武士の間で広まり、特別な思いをもって観賞されたという。3日間ほどの開花のために1年間、手塩にかけて育てられる▼1973年(昭和48年)3月、東京・目黒の同志は、池田先生との記念撮影会の折、その花を“勝負”になぞらえ、会場に届けた。本来は初夏に咲く花。日本各地を訪ね、見つけ出した友の真心に、師は深い感謝を寄せ、人生勝利への強い心をたたえた▼花を調達し、生けた婦人部員に先日、話を聞いた。第1次宗門事件の嵐が吹き荒れた79年(昭和54年)3月、婦人は生涯不退の誓いを込め、再び学会本部に菖蒲の花を届け、正義の対話に奔走した▼以来、毎年3月に“勝負の花”を求めては、師弟共戦の歴史を刻んだ。その情熱によって、地域に揺るぎない人材のスクラムが築かれた。91歳を迎えた婦人は今春、40回目の“師弟の菖蒲”に込めた決意のまま、さっそうと友情の語らいを広げる▼菖蒲の特徴は一つの花茎から2度、花が咲くこと。がくの中のつぼみが育ち、一番花の開花に続いて、二番花が力強く開く。広布誓願の大輪もまた、弟子が師に続いて、不二の心で進む中に輝いていく。(開)
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活!

 我々は卑屈(ひくつ)な利己心に
 甘んじて居(い)ないか。
 怯惰(きょうだ)な傍観(ぼうかん)や
 逃避で日々を過ごして居ないか。
 無益な懐疑や批評に得意になってはいないか。
 先ず、自分自身に活を入れよ。
 自分の職域に新しい意義、
 使命、感激を鼓吹(こすい)しよう。
posted by ハジャケン at 09:24| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松野殿御返事P1382

有る人此れを分って云く「先きに悪因を列(つら)ね次ぎに悪果を列ぬ悪の因に十四あり・一に驕慢(きょうまん)・二に懈怠(けだい)・三に計(けい)我(が)・四に浅(せん)職(しき)・五に著(じゃく)欲(よく)・六に不解(ふげ)・
七に不信(ふしん)・八に顰蹙(ひんしゅく)・九に疑惑(ぎわく)・十に誹謗(ひぼう)・十一に軽善・十二に憎善・十三に嫉善・十四に恨(こん)善(ぜん)なり」此の十四誹謗は在家出家に亘(わた)るべし恐る可し恐る可し―――
 松野殿御返事P1382
posted by ハジャケン at 09:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月31日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月31日
子どもたちへの無関心は、放任に通じる。
親同士も声をかけあい、
互いに子どもたちの成長を見守るように心がけたい。
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

雌伏 六

小説「新・人間革命」〉 雌伏 六

 八月六日から八日まで、法主・日達の通夜、本葬が営まれ、山本伸一をはじめ、学会の首脳、代表も参列した。
 この夏、世界四十一カ国三地域のSGIメンバー千三百人が来日していた。伸一は、十三日に神奈川文化会館で開かれた国際親善友好の集いや、十五日に行われた東京戸田記念講堂での世界平和祈願勤行会に、SGI会長として出席し、メンバーを激励した。
 彼は、いかなる状況下にあろうが、広宣流布のために奮闘し、世界各地から求道の心を燃やして来日した健気な同志を、励まさずにおくことなど、絶対にできなかった。
 日蓮大聖人は仰せである。
 「法華経の一偈一句をも説かん者をば『当に起ちて遠く迎えて当に仏を敬うが如くすべし』の道理なれば仏の如く互に敬うべし」(御書一三八三ページ)と。しかも大聖人は、この「当起遠迎、当如敬仏」(法華経六七七ページ)の文を「最上第一の相伝」(御書七八一ページ)とされたのである。
 根本とすべきは、大聖人の御指導である。
 伸一の胸中には、いよいよ世界広布の新時代が到来したとの思いが、日々強まっていた。
 国際親善友好の集いで伸一は訴えた。
 「世界から千三百人ものメンバーが、大聖人の仏法を求めて来日したこと自体、仏法史上、画期的な出来事です。皆さんは、世界広宣流布の未聞の道を開いている先駆者であり、歴史の創造者であるとの自覚を忘れないでください。
 それぞれの国へ帰れば、メンバーはまだ少なく、広大な地域に、信心しているのは自分しかいないということも多いにちがいない。しかし、大事なのは一人立つことです。
 日蓮大聖人は、お一人から、広宣流布の波を起こされた。戦後の学会の再建も、戸田城聖先生が、ただ一人立たれたことから始まっています。それが、仏法者の精神であり、学会精神です。
 今こそ、師子となって、一人立とうではありませんか! 私も立ちます!」
posted by ハジャケン at 08:51| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月30日

小欄での紹介も恒例となった「太陽会万葉集」。都内のある地域の太陽会(平日の昼間に活動できる壮年の集い)の友が年1回、自身の思いを歌に詠み、それを編さんしたものだ。今年の第11集には94人の作品が収められている▼「賜りし 白檀の香 命に滲む 断じて勝つと 師匠に誓う」とは、昨年、重い病気に襲われた79歳の友。闘病生活は今も続くが、心は負けない。「題目第一で前進します。歌に込めた決意は、どんな病も壊せません」▼今回の最高齢の98歳は「九十八 耐えてしのいだ 幾山河 目指す峠は 光り輝く」と。旧習深い離島の“信心の一粒種”で、弘教は150世帯に及ぶ。さらに、師弟の道を貫く89歳は「歳重ね 生命燃やして 師と共に」、青年の心で進む82歳は「未来児と 共に輝く 壮年部」と詠んだ▼「歌う」には「うったう、訴える」意味がある。作家の石牟礼道子さんは、漢字学の大家の見解を通し、「人間の力では及ばないものに訴える、究極的には訴えるしかない、歌うしかないという、そういう魂の呼びかけとして言葉が汲み上げられたんではないか」と(『蘇生した魂をのせて』河出書房新社)▼太陽会の万葉集から聞こえる「魂の呼びかけ」――多くの人に伝えたい「宝の言葉」である。(川)
posted by ハジャケン at 08:49| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

器度を養う

 我々が始終心がけなければならないことは、
 平生できるだけ人物の器度を養っておくことである。
 器度とは平たく言えば、大いさである。
 由来、宇宙人生は複雑な矛盾の統一であって、
 一事に拘泥(こうでい)すれば身動きが取れない。
 小廉曲謹(しょうれんきょくきん)や
 悲歌慷慨(ひかこうがい)に終わるのは
 いずれも根本において、
 器度狭小(きどきょうしょう)なためといわねばならない。
posted by ハジャケン at 08:47| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿仏房尼御前御返事P1308

相構えて相構えて力あらん程は謗法をばせめさせ給うべし―――
 阿仏房尼御前御返事P1308
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月30日
若き日の悲運を耐え抜いて、
人の何倍も苦労を重ねた分、
人の何倍も豊かな人生を送ることができる。
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

名字の言〉 2017年3月29日

落語家の林家木久扇さんが喉頭がんになった時のこと。しゃべる商売なのに声が出ない。弱気にならないように“体から出ていけ!”と毎日、がんを叱りつけた。それを聞いた医師からは「とてもいいことだ」と褒められたという(2016年9月9日付「河北新報」)▼不安や臆病といった後ろ向きの気持ち。それとは逆の、確信や負けじ魂――これらは共に心の中にある。“もはや、これまでか”という難局を乗り切る力は、外から借りるものではなく、自身の心の中から取り出すものである▼生花店を営み、フラワーアーティストとして活躍する宮城の壮年。14年前の入会当初、先輩から「“願いとしてかなわざるはなし”の信心だよ」と言われ、夢を書き出した。「花で世界に通用する実力を付け、広布のお役に立つ」▼だが事故で大けが、事業の挫折、子どもの大病……間断なく続く試練に周囲も心を痛めた。それでも彼は毎回の本部幹部会(中継行事)の壇上を飾る装花を見ては、自分を奮い立たせた▼不屈の年月を経た今月、彼の手による装花が「新生・東北総会」の舞台を彩り、SGIの友を迎えた。踏まれても踏まれても、なお立ち上がる負けじ魂の人から、幸福の種子は奪えない。厳しい冬を耐え、必ず、爛漫の春を勝ち飾る。(城)
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五十歩百歩

 この頃の心理学・教育学・その他の研究に依(よ)ると、
 導きが良ければ、
 それ程勝れた素質を持っていない者でも
 みな出来るようになる。
 教養宜しきを得れば、
 人間というものは五十歩百歩、
 英雄も凡人もそれほど変わるものではないという。
 教養宜しきを得れば、
 われわれも松陰(しょういん)(吉田松陰)や
 左内(さない)(橋本左内)と
 似たり寄ったりになることが出来るのです。
posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿仏房尼御前御返事P1307

但(ただ)し謗法に至って浅深あるべし、偽り愚かにしてせめざる時もあるべし、真言・天台宗等は法華誹謗(ひぼう)の者いたう呵(か)責(しゃく)すべし、
然れども大智慧の者ならでは日蓮が弘通の法門分別しがたし、然る間まずまず・さしをく事あるなり立正安国論の如し、
いふと・いはざるとの重罪免れ難し、云って罪のまぬがるべきを見ながら聞きながら置いていましめざる事・眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲なり、
章安の云く「慈無くして詐(いつわ)り親むは即ち是れ彼が怨なり」等云云、重罪消滅しがたし弥(いよいよ)利益の心尤も然る可きなり、
軽罪の者をば・せむる時もあるべし・又せめずしてをくも候べし、自然になをる辺(へん)あるべし・せめて自他の罪を脱(まぬが)れて・さてゆるすべし、
其の故は一向謗法になれば・まされる大重罪を受くるなり、彼が為に悪を除けば即ち是れ彼が親なりとは是なり―――
 阿仏房尼御前御返事P1307
posted by ハジャケン at 09:00| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月29日
人生はまず、「どんな困難も乗り越えて見せる」
「小さな自分の殻を破ってみせる」
という気概を持つことだ。
そこから、いっさいが開けていく。
posted by ハジャケン at 08:59| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

雌伏 四

小説「新・人間革命」〉 雌伏 四

 山本伸一は、平和友好の対話を積極的に推進していった。
 五月二十五日には、ザンビアのM・K・チーフ・マパンザ駐日大使と会談し、二十九日には、中国文芸界の指導者・周揚夫妻と語り合った。六月も、ニュージーランドのR・M・ミラー駐日大使や、ナイジェリアのB・A・T・バレワ駐日大使らと対話を広げている。
 伸一は、特に、アフリカの関係者との語らいに力を注ぐようにしていた。それは、二十一世紀は「アフリカの世紀」になるというのが、彼の信念であったからだ。また、長年、大国の植民地として支配され、貧困や飢餓に苦しんできたアフリカの平和と繁栄が約束されなければ、人類の未来はないと痛感していたからである。
 彼は、海外の要人と会談する一方で、日本の有識者とも対話を重ねていった。
 また、その間隙を縫うようにして、神奈川県横浜市の鶴見区や港北区、東京の板橋区や中央区、豊島区、小金井市、小平市など、行く先々で、共に広宣流布に汗を流してきた同志の家を訪問し、激励に努めた。
 広宣流布の師弟の心が強く結ばれていれば、いかなる嵐にも創価のスクラムは微動だにしない。そのためには胸襟を開いた対話が不可欠であり、その生命の触発が使命の自覚を促すとともに、信頼の絆を育んでいく。
 伸一は、草創の同志と会うと、決まって言うことがあった。それは、「人生は、総仕上げの時が、最も大切である」ということであった。過去にどんなに活躍し、栄光の歴史を残したとしても、晩年になって退転してしまえば、結局は敗北の人生となってしまう。
 日蓮大聖人は、「譬えば鎌倉より京へは十二日の道なり、それを十一日余り歩をはこ(運)びて今一日に成りて歩をさしをきては何として都の月をば詠め候べき」(御書一四四〇ページ)と仰せである。
 「生涯求道」「生涯挑戦」「生涯闘争」の精神を持ち続けていくなかにこそ、三世永遠にわたる燦然たる生命の勝利がある。
posted by ハジャケン at 09:05| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月28日

地域の俳句会で「春の季語」を学んだことがある。梅や桜は言わずもがなとして、驚いたのは「凧」である▼正月に揚げるイメージから、冬の風物詩とばかり思っていた。そもそもは江戸時代に春の行事として流行したものらしい。凧のほかに風車、風船、石鹼玉も春の季語に入るそうだ。いずれも「風」と遊ぶ玩具である。暖かさを増した風に誘われ、子どもたちが外遊びに興じるのどかな光景に、昔の人々は春の訪れを重ねたのだろう▼季節の移ろう日本では、風の変化を鋭敏に読み取る感性が磨かれるのかもしれない。「風」の語が、自然現象にとどまらず、「世の動き」「形勢」等の意味で使われるのも興味深い▼同じ「風」でも捉え方は人それぞれ。少々の「向かい風」に怯む人もいれば、鳥や飛行機のように飛翔の好機とする人もいる。向かい風であれ、追い風であれ、生かせるかどうかは自分次第。どうせなら風を利用して勢いづけたい。仏典に登場する伝説上の虫「求羅」は大風に吹かれるほど、その身が倍増するという▼ブラジルの作家ベリッシモいわく「変化の突風が吹く時、防壁を立てる人もいれば、風車を創る人もいる」と。“攻め”の姿勢こそ、あらゆる風を楽しむための急所に違いない。信仰者とは「戦う人」の異名である。(之)
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべては志

 頭が悪いから勉強が出来ぬなどと考えることが間違いで、
 志が一度立てば、
 頭の悪いことぐらい問題ではないのであります。
 昔から立派な仕事を成し遂げた人で
 頭の悪い人が随分おります。
 なまじっか頭が良いと、
 却って安心して怠け者になったり、
 脱線したりする場合が多い。
 頭の悪い者が努力して、勉強して、
 たたき上げたというのは立派なものであります。
 書でも、書才というか器用な人の書は、
 筆先でごまかすために軽薄なものが多い。
 しかし才能のないものが
 一所懸命習いこんだ字というものは、
 何とも言いようのない味を持っております。
posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋元御書P1072

世間の学匠は法華経に余行を雑(まじ)えても苦しからずと思へり、日蓮も・さこそ思い候へども経文は爾(しか)らず―――
 秋元御書P1072
posted by ハジャケン at 09:00| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月28日
知恵は慈悲から生まれる。
慈悲は勇気から生まれる。
勇気が慈悲に通じ、
さらに知恵に通ずるのだ。
posted by ハジャケン at 08:59| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

雌伏 三

小説「新・人間革命」〉 雌伏 三

 山本伸一は、世界を結び、確かな平和への道を開くために、各国の識者や大使らとも積極的に交流を図っていった。五月十九日には、親善交流のために、中日友好の船「明華」で、交流団の団長として来日した中日友好協会の廖承志会長と都内のホテルで会談した。
 語らいのなかで伸一は、いかなる立場になろうが、日中の平和・文化・教育の交流を推進し、両国の友好に、さらに尽力していきたいと決意を披瀝した。そして、万代にわたって崩れることのない友好のためには、民間次元の強いつながりが重要になると訴えた。
 また、廖会長は、伸一に、五度目となる訪中を要請したのである。
 二人は、第一次訪中以来、幾度となく対話を重ね、深い友情に結ばれてきた。廖会長は、この四年後の一九八三年(昭和五十八年)六月に他界する。伸一は、その翌年、廖家を弔問し、経普椿夫人、子息と、廖承志の尊き生涯を偲びつつ語り合った。
 二〇〇九年(平成二十一年)十月、中国・広州市にある仲ト農業工程学院から、伸一と妻の峯子に、それぞれ名誉教授の称号が贈られる。「仲ト」とは、孫文の盟友で、廖承志の父・廖仲トのことである。同校の淵源となる仲ト農工学校は、彼と共に新中国の建設に生きた夫人の何香凝によって創立されている。
 さらに同校には、廖承志と伸一の研究センターがつくられ、二〇一〇年(同二十二年)十一月に開所式が行われた。
 伸一の植えた友誼の苗木は、二十一世紀の大空に大きく枝を広げていったのである。
 彼は、廖承志会長との会談に続いて、五月二十二日にはソ連のノーボスチ通信社の国際部長や論説委員、大使館関係者らと神奈川文化会館で語り合った。米ソ第二次戦略兵器制限交渉(SALTU)や、アジア及び世界の平和・文化・教育の問題などをめぐって意見交換したのである。その席で伸一に、強い訪ソの要請が出されたのだ。
 恒久平和の実現を願い、懸命に努力し、行動していくことこそ、仏法者の責務である。
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年3月27日

広島平和記念資料館の本年度入館者数が159万3280人を上回り、25年ぶりに過去最多を更新した。中でも外国人の割合は、20・8%と増加。海外旅行客の定着に加え、オバマ前米大統領が来館したことが要因になった。今、核兵器廃絶を願う世界の声が高まる▼広島市が推進する「被爆体験伝承者」1期生として、母の記憶を継ぐ被爆2世の婦人部員がいる。昨年、非政府組織(NGO)の企画に参加し、世界21カ国で原爆の惨状を語った▼104日にわたる長旅。宿泊先では、ある女性と2人部屋になった。「実は私、学会員なんです。勤行してもよろしいでしょうか」。意を決して聞くと「私も学会員よ」と。長崎で被爆した婦人部員だった▼英国・ロンドンでも講演。終了後、参加者の一人であるイギリス人女性が打ち明けてくれた。「私は日本の仏教を信仰しています。“SGI”といいます」。さらに、その場にいた通訳の女性も「私も学会員なんです」。感動的な創価家族の出会い。4人は手を取り合い、平和への前進を誓った▼きょう27日から、国連で「核兵器禁止条約」制定に向けた交渉会議が始まる。一人一人の心に、平和の種をまく。その世界の同志が織り成す点と点がつながり、“絶対悪”を根絶する連帯となる。(子)
posted by ハジャケン at 08:48| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先輩のユーモア

 道二つ仁と不仁の追分(おいわけ)や
  左は地獄右は極楽―白隠(はくいん)
 気は長く勤めは堅く色薄く
  食細うして心広かれ―天海(てんかい)
 欲深き人の心と降る雪は
  つもるにつれて道を失ふ―高橋泥舟(たかはしでいしゅう)
 身を削り人をば救ふすりこ木の
  この味知れる人ぞ尊とき―親鸞(しんらん)
 ※上人越後回国中、
 すりこ木の図に賛を乞われてものせし歌
 この家を貧乏神がとりまきて
 七福神の出所もなし―仙崖(せんがい)
 (評伝 日本もかくのごとし)
posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曾谷殿御返事P1064

禅宗と申す大邪法・念仏宗と申す小邪法・真言と申す大悪法・此の悪宗はなをならべて一国にさかんなり―――
 曾谷殿御返事P1064
posted by ハジャケン at 08:45| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月27日
地上にひとつの太陽が昇れば、
万物はエネルギーを受けることができる。
同じように、家族のなかで、
自分が太陽となれば、
その光で周囲を照らしていくことができる。
posted by ハジャケン at 08:44| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする