2017年01月31日

大山25

小説「新・人間革命」〉 大山 二十五

 山本伸一が中国の留学生と友誼の糸を紡いだ前日の四月八日、故・周恩来総理の夫人で、中国の全国人民代表大会(略称・全人代)常務委員会副委員長であるケ穎超が来日した。彼女は衆参両院議長の招待で、全人代代表団の団長として日本を訪問したのである。
 九日には、衆参両院議長、大平首相と会談したのをはじめ、天皇陛下との会見など、七十五歳にして次々と精力的に行事をこなしていった。
 伸一は、十二日午後三時半、東京・港区元赤坂の迎賓館で約七カ月ぶりにケ穎超と再会したのである。
 前年九月、第四次訪中の折、彼は二度にわたって彼女と語り合う機会を得た。その折、訪日の意向を尋ねると、「周恩来も桜が好きでしたので、桜の一番美しい、満開の時に行きたいと思います」とのことであった。
 ようやく実現した日本訪問であったが、あいにく東京は、既に桜の季節が終わってしまった。伸一は、ささやかではあるが、桜の風情を楽しんでもらいたいと、東北から八重桜を取り寄せ、迎賓館に届けてもらった。彼女は、大層、喜んでくれたという。
 その桜は、会談の会場である迎賓館の「朝日の間」に美しく生けられていた。
 この日の出席者には、団長のケ穎超のほか、周総理との会見で通訳を務めた全人代常務委員の林麗韞、中国仏教協会の責任者である趙樸初副会長らの懐かしい姿もあった。
 ケ穎超は、声を弾ませて語った。
 「私の方から、あいさつに伺わなければならないのに、こちらに来ていただいて申し訳ありません」
 人を思う真心は、気遣いの言動となり、それが心の結合をもたらす。
 伸一は恐縮しつつ、歓迎の言葉を述べた。
 「お元気で何よりです。遠路はるばると、ようこそ日本においでくださいました。お迎えできて、心から嬉しく思っております。
 ケ先生の訪日は、春の桜の匂うがごとく、歴史に薫り残ることになるでしょう」
posted by ハジャケン at 10:03| 山梨 ☔| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年1月31日

携帯電話の待ち受け画面は、空のアイスクリームのカップを写した画像だった。不思議に思い、その理由を持ち主の婦人部員に聞いた▼小学生だった息子が遠足に行く日の朝、彼女は体調を崩して寝込んでいた。それでも弁当を作り、送り出した。お土産に、と息子は母の大好きなアイスクリームを買う。だが、持ち帰った時には溶けきっていた▼「おっちょこちょいな、わが子らしい」と述懐する婦人は泣き笑い。以来、そのカップを大事にとってあるという。婦人が宝のように大切にしているのは、息子の「優しい気持ち」だろう。今や立派な青年になった“息子”は、母の隣で照れ笑い。周囲も親思いの彼をたたえた▼ある仏法説話を思い出す。道端で、徳勝童子、無勝童子という2人の子どもが土遊びをしていると、釈尊が弟子を連れて通り掛かった。2人が、実際には食べられない土の餅を供養すると、釈尊はほほ笑み、受け取った。その功徳で徳勝童子は、後にアショカ大王として生まれた。純粋な真心は大功徳に結実する、との教えである▼御書に「凡夫は志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」(1596ページ)と。だれかのために尽くそうという「心」「志」が、福徳あふれる人生を開くと確信し、今日を前進したい。(城)
posted by ハジャケン at 10:02| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間の尊さ

 人間の尊さは安らかな環境に安逸(あんいつ)を
 貪(むさ)ぼることではなくて(そんなことをすれば直ぐに堕落します)、
 各人の内に与えられておる無限の知性や徳性・神性を徹見し、
 開拓して、人格を崇高にし、
 人類文明を救済し発達させる努力にあるのであります。
posted by ハジャケン at 10:00| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P762

功徳とは六根清浄の果報なり、所詮(しょせん)今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は六根清浄なり、
されば妙法蓮華経の法の師と成って大なる徳(さいわい)有(あ)るなり、功は幸と云う事なり又は悪を滅するを功(く)と云い善を生ずるを徳(とく)と云うなり、
功徳とは即身成仏なり又六根清浄なり―――
  御義口伝P762 
posted by ハジャケン at 09:58| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 1月31日

女性に贈ることば365日
 池田大作
1月31日
子どもを育てていく過程では、思いもよらない、
困難な出来事に出会うものです。
その時こそ――
お母さん、あなたの愛が必要です。
お母さん、あなたの強さが大切です。
お母さん、あなたが負けないことが、
子どもの人生の勝利につながります。
posted by ハジャケン at 09:56| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

大山24

小説「新・人間革命」〉 大山 二十四

 山本伸一は、中国の留学生たちに言った。
 「皆さんの入学を記念して、一緒に写真を撮りましょう」
 彼は、四人の留学生、引率してきた在日中国大使館の関係者と共にカメラに納まった。そして、皆と握手を交わし、語らいながら歩き始めた。
 「これからは、ここが皆さんの母校です。わからないことがあったら、遠慮せずに、教員や学生に相談してください。
 先輩にあたる一期生も、二期生も、真剣に勉強し、立派に成長して、巣立っていきました。皆さんも負けずに頑張ってください。
 皆さんの双肩に、中国と日本の未来がかかっています。皆さんが学んだ分だけ、中国の日本への理解は深まります。皆さんが交流を結んだ分だけ、日本の中国への理解は深まります。ともどもに平和の“金の懸け橋”を守り、築いていきましょう」
 留学生は、目を輝かせ、頷きながら、伸一の話を聞いていた。
 玄関ロビーを出てブロンズ像の前まで来ると、伸一たちの姿を見て、創大生が集まってきた。
 彼は学生たちに、留学生を紹介した。
 「中国からの三期目となる留学生が到着しました。みんなで学生歌を歌って歓迎してはどうだろうか」
 この提案を受けて、学生たちはすぐにスクラムを組んだ。留学生もその輪に加わった。
 元気な歌声が、春の夜空に響いた。
  
 〽 紅群れ咲く つつじの丘を……
  
 創立者も、学長も、力の限り手拍子を打つ。スクラムが右に左に揺れ、熱唱が一つにとけ合い、天に舞う。
 伸一は、日中友好の未来を思い描いた。平和へと続く希望の灯を見た。青年たちの交流の姿は、明日の世界の平和図を映し出す。
 留学生たちにとっては、深い思い出を刻む“創大生第一日”となったにちがいない。
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☁| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年1月30日

四国の高知と東北の秋田。距離は遠く離れているが、広布史をたどると一つのルーツに行き着く。「蒲田支部」だ▼「二月闘争」から1年後の1953年(昭和28年)2月、蒲田支部のメンバーの対話によって、四国初の学会員が高知に誕生。当初、蒲田支部に所属していた高知は、その後、大阪支部に編成された。56年(同31年)の「大阪の戦い」にも高知の友は勇んで参加した▼一方の秋田は草創期、蒲田支部矢口地区に所属。「二月闘争」から2年後の54年(同29年)に、約800世帯の陣容で秋田大班が結成され、56年には秋田支部が誕生した。翌年、全国3位の弘教を達成し、“広宣流布の「日本海の雄」ここにあり”と、全国の同志を驚嘆させた▼この事実こそ、池田先生の「二月闘争」が、恩師・戸田先生の誓願であった75万世帯達成への突破口となった証明である。御書に「竹の節を一つ破ぬれば余の節亦破るるが如し」(1046ページ)とある通り、「201世帯の弘教」という限界突破の拡大は、蒲田支部から全国に飛び火し、「壁を破る」学会の伝統となった▼「二月闘争」は、一人から一人へ、訪問激励によって友の心を動かす“決意の共鳴”から始まった。時代が変わろうとも、この「勝利の方程式」は不変である。(芯)
posted by ハジャケン at 09:20| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よき師を求める

 人間には生まれつきの好ましい素質が徳となっている者がある。
 またよい先生につき、
 よい友だちと交わって徳が磨かれる者もある。
 さらに学問によって磨きあげて徳をつくる者もある。
 しかし生まれつきその徳が完全であるなどという人はいないので、
 どうしても人間はよい師・よい友を得て仕込まれるか、
 学問をして練り上げないと徳はできません。
posted by ハジャケン at 09:18| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P755

されば妙法の大良薬を服するは貪瞋癡(とんじんち)の三毒の煩悩の病患を除くなり―――
  御義口伝P755
posted by ハジャケン at 09:17| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 1月30日

女性に贈ることば365日
池田大作
1月30日
「限界を破ろう!」―――
そう決めたとき、
実は自分の心の限界を、
すでに一歩、破っている。
その時点で、理想や目標も、
半ば達成されているとさえ言ってよい。

posted by ハジャケン at 09:16| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

教学半す

 『書経』の「説命」に教学半(なかば)す≠ニ。
 我々は学んで初めてその足らざるを知り、
 教えて初めて到らざるを知る。
 そこで自ら反(かえ)り、強(つと)めるのだ。
 教えることは学ぶことであり、
 学ぶことによって教えることができる。
 教学半す≠髀活ネ(ゆえん)である。
posted by ハジャケン at 09:51| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年1月29日

ディープ・ラーニング(深層学習)という技術によって、人工知能(AI)は著しい発展を遂げている▼自動運転の車や、会話のできるロボットなどが登場し、日常生活にも変化が起こりつつある。2045年にはAIの知能が人間を超える、との予測もあるが、AIと人間の関係を問う視点を持ち続けたい▼AIはモーツァルトになれますか――音楽学者の岡田暁生さんは最近よくそんな質問をされるという。“モーツァルト風の曲が作れるか”という意味なら「イエス」、“モーツァルト並みの曲が書けるか”なら「ノー」と答えるそうだ(「毎日新聞」16日付夕刊)▼どんな大作曲家の曲にも、独特のパターンがあるから、AIは、パターンなどデータの集積と組み合わせによって“モーツァルトらしい曲”に仕上げることはできる。だが、パターンそのものを生み出し、人々の心を打つ名曲を作ることは、偉大な作曲家、つまり人間にしかできない、と岡田さんは強調する▼AIという存在は、私たちの「人間の証し」について鋭く問い掛ける。物事の善しあしを判断し、新たな価値を創り出すことは、人間にのみなせる業。技術革新とともに、人間が価値創造の知恵を発揮していくならば、生活や社会は真に豊かなものとなるだろう。(朋)
posted by ハジャケン at 09:50| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P727

宝聚とは三世の諸仏の万行万善の諸波(しょは)羅(ら)蜜(みつ)の宝を聚(あつ)めたる南無妙法蓮華経なり、
此の無上宝聚を辛労(しんろう)も無く行(ぎょう)功(く)も無く一言に受取る信心なり不求自得とは是れなり―――
  御義口伝P727
posted by ハジャケン at 09:48| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 1月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
1月29日
真剣ほど強いものはない。
物事に真剣に取り組んでいる姿ほど若々しく、
美しいものはない。
 
posted by ハジャケン at 09:47| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

名字の言〉 2017年1月28日

「第72代横綱・稀勢の里」が誕生した。日本出身力士として19年ぶり。中学の卒業文集に「努力で天才に勝ちます」と書いてから15年、その志が実を結んだ▼初場所千秋楽の結びの一番。横綱・白鵬の猛攻に押し込まれながらも土俵際で踏ん張り、逆転勝利を収めた。「あんな残り方をしたのは人生でもないような、自分の力でないような感じだった」▼亡き先代師匠の鳴戸親方(第59代横綱・隆の里)は稀勢の里に、俵を背にする不利な体勢から何度も相撲を取らせた。そうした稽古を体が覚えていたという。師匠の教え通り、地道な精進を重ねてきたからこそ、ここ一番で想像以上の力を発揮できたのだろう▼生前、鳴戸親方は本紙のてい談で語っている。「土俵の丸い俵は、力士にとって勝負を決する“生命線”です。だから土俵の外は断崖絶壁だという思いで稽古し精進しないと強くなれません」。今、ここしかないという覚悟が人間を強く大きくする。万般に通じる教訓である▼御書に「法華経を持ち奉る処を当詣道場と云うなり此を去って彼に行くには非ざるなり」(781ページ)と。今いる場所こそ、私たちにとって勝負を決する最高の舞台。この人生勝利の指針を学びつつ、不屈の努力で逆境をはねのけ、歩み続けていこう。(差)
posted by ハジャケン at 10:02| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教は效なり

 「道を修むる之を教と謂う」、
 どうしても教というものが要る。
 教という字は、単に口でおしえるばかりでなく、実践を伴う。
 即ちお手本になる、人のならいのっとるところとなるという意味である。
 だから「教は效(こう)なり」という注釈があるわけです。
 教育とは、教師が生徒のお手本になって、
 生徒を実践に導いてゆくことであって、
 ただ言葉や文句で教えることではない。
 言葉で教えるのは、訓とか、誡とかいうものであります。
posted by ハジャケン at 10:00| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P725

今日蓮等の類(たぐ)い南無妙法蓮華経と信受領納する故に無上(むじょう)宝珠(ほうじゅ)不求(ふぐ)自得(じとく)の大宝珠を得るなり―――
 御義口伝P725 
posted by ハジャケン at 09:59| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 1月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
1月28日
何に悩んでいるか。何を望んでいるか―――。
皆の心を知り、皆が安心して頑張れるように、
一人一人を、きめ細やかに励ましていく。
心の重荷を取って、軽くしてあげる。
楽しくさせてあげることだ。
posted by ハジャケン at 09:59| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

大山22

小説「新・人間革命」〉 大山 二十二

 山本伸一は、全青連代表団の団長を務めた高占祥より七歳年長であった。伸一は彼を“若き友人”として尊敬し、日本で結ばれた二人の友情は色あせることはなかった。
 日中国交正常化二十周年にあたる一九九二年(平成四年)の錦秋、伸一は第八次訪中を果たす。その折、中国文化部から、伸一が両国の文化交流事業を推進、貢献してきたことに対して、授賞第一号となる「文化交流貢献賞」が贈られている。
 この授与式で証書を授与したのが、文化部常務副部長(副大臣)となっていた高占祥であった。彼は、詩歌、書道、写真への造詣も深く、記念として伸一に、「一衣帯水 源遠流長」と認めた書を贈っている。
 高占祥は、その後、全国政協委員、中国芸術撮影学会会長、中国文学芸術界連合会党組書記、中華文化促進会主席などの要職を担い、さらに中国の文化事業の発展に力を注いでいくことになる。
 また、著書も『文化力』をはじめ、『社会文化論』など数多い。
 伸一との間では、その文化力をめぐって意見交換を重ね、二〇一〇年(同二十二年)から約一年間にわたって、月刊誌『潮』誌上に対談『地球を結ぶ文化力』を連載。一二年(同二十四年)に単行本として出版された。人類を結ぶ平和の力は文化力にあることをテーマに、日中の交流の歴史や芸術、文化、宗教など、多岐にわたる語らいが展開されている。
  
 会長辞任を決めた伸一の心は、既に世界に向かって、力強く飛び立っていたのだ。
 彼は、アジアをはじめ、各地でくすぶる戦火に胸を痛め、仏法者として、人間として、今こそ、「平和の道」「人類融合の道」を開かねばならぬと決意していた。また、それは、世界の指導者、識者が心を一つにして立ち向かうべき最重要課題であると考えていた。
 伸一は、巍々堂々たる大山のごとく、未来の大空を見すえていた。周囲の囂しい喧騒は、風に揺れる樹林のざわめきにすぎなかった。
posted by ハジャケン at 09:44| 山梨 | 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年1月27日

川の水面に咲く“花”を見たことがあるだろうか。厳寒の地では、空気中の水蒸気が凍りつき、川に張った氷の上に霜が広がる。それはまさに花々のように美しく、「フロストフラワー(霜の花)」と呼ばれる▼先日、氷点下28・7度を記録した北海道の陸別町で、この現象がよく見られる。ちょうど本紙が各家庭に届く早朝の時間帯だ。同町の配達員は2人。東京23区とほぼ同じ広大な天地を、寒風に胸張り、意気高く配達してくださっている▼配達時、マスクをしていなくても、息で眼鏡がすぐ曇る。車はエンジンがかかりにくいことがあり、常に大きなバッテリーを積んでいる。手袋の小さな穴に気付かず、指が凍傷になりかけたこともある。上着は5枚以上重ね着する▼「でも、いいこともあるんです」と婦人部の配達員が言っていた。「寒いと、空気がきれいに澄みますから。とっておきの星と月と空と、毎朝会話しながら歩くんです」▼「冬日の閉凍や固からずば、則ち春夏の草木を長ずるや茂からず」とは、第2代会長の戸田先生が好きだった名句(竹内照夫著『韓非子』明治書院)。冬に固く凍るほど鍛えられてこそ、春に草木は生い茂る。その美しさは、きょうも歩みを止めない、配達員の皆さまの心と同じである。(鉄)
posted by ハジャケン at 09:41| 山梨 | 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑学の危険

 雑学は精神の消化不良を起こす。
 過ぎると脳酸過多、脳潰瘍を起こす。
 酷(ひど)くなると人格破産、精神分裂ということになる。
 その意味で、現今の学校の勉強は非常な雑学でありまして、
 甚だ危険であります。
 もっと有機的発展を促すような教え方を徹底する必要があります。
posted by ハジャケン at 09:39| 山梨 | 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P710

今日蓮等の類(たぐ)い南無妙法蓮華経と唱え奉るは生死(しょうじ)の闇を照し晴
して涅槃(ねはん)の智火明了(みょうりょう)なり―――

 御義口伝P710
posted by ハジャケン at 09:38| 山梨 | 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 1月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
1月27日

感謝と報恩を知る人は、いつまでも美しく、
晴れ晴れとして、いっさいを勝ち越えている。

posted by ハジャケン at 09:37| 山梨 | 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

大山21

小説「新・人間革命」〉 大山 二十一

 山本伸一は、先頭に立って、全青連のメンバーを案内した。
 「周桜」から数十メートルほどのところに植えられた、二本の桜の前に土が盛ってあった。木の高さは四メートルほどあり、淡いピンクの花をつけていた。向かって左側が「周恩来桜」、右側が「ケ穎超桜」である。
 一行と創価大学の学生代表らが見守るなか、記念植樹が行われた。伸一と高占祥団長がスコップを手にして、桜の根元に土をかけていった。青年たちから拍手が起こった。
 「では、一緒に記念写真を撮りましょう」
 伸一の提案で一行はカメラに納まった。
 高団長は感無量の面持ちで語り始めた。その言葉を、通訳の青年が日本語で伝えた。
 「『周桜』『周夫婦桜』には、中国との平和友好を心から考え、行動してこられた山本先生の真心が痛いほど感じられます。私は強い感動を覚えました。先生への感謝を、即興の詩に託したいと思います」
 中国語で朗々と詩を披露していった。
  「桜花時節訪東隣 意最濃来情最真
   賞花倍感栽花者 飲水常思掘井人
 (桜花の時節に東隣を訪ぬるに、意最も濃くして情最も真なり。花を賞でるに倍して感ずるは花を栽えし者、水を飲むに常に思うは井を掘りし人)」
 胸中深くこだまするような声調であった。この感謝の表明に、伸一は恐縮した。
 友誼の源泉とは、相互の心に宿る感謝の思いである。
 高占祥は中国に帰国したあと、日本訪問の喜びを詩に込め、手帳に「一衣帯水の流れは尽きず、友誼の花は万古に春なり」と中国語で記す。また、その後、子息と共に日本語の勉強を始めている。中日両国の人びとの友好交流は、永遠に続いていくことを、強く確信してのことである。
 周恩来総理は、世々代々にわたる友好を築かねばならないと、深く決意していた。
 世代から世代へ、友誼のバトンが受け継がれてこそ、真の友好となる。
posted by ハジャケン at 10:20| 山梨 ☀| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする