2016年10月31日

源流50

源流 五十

 パトナは、その昔、「花の都」(パータリプトラ)と讃えられた街である。
 緑が多く、道を行くと、車に交じって、鈴の音を響かせながら闊歩する牛車の姿も見られ、のどかな風景が広がっていた。
 午後四時前、山本伸一は、ジャイプラカシ・ナラヤンの自宅を訪ねた。ナラヤンは、マハトマ・ガンジーの弟子であり、“インドの良心”として、民衆から敬愛されているインドの精神的指導者である。
 土壁の家が立ち並ぶ路地裏の入り組んだ道を車で進み、白い石造りの家に着いた。思いのほか質素な建物であった。
 ナラヤンは、銀縁のメガネの奥に柔和な眼差しを浮かべ、初対面の伸一を歓迎し、黄色い花のレイを、手ずから首にかけてくれた。
 彼の茶色のガウンからマフラーが覗いていた。体を冷やさぬよう気遣っているのであろう。既に七十六歳の高齢であり、健康が優れぬため、週に何度か病院に通い、自宅で静養していると聞いていた。それにもかかわらず、丁重に出迎え、会談の時間を取ってくれた真心に、伸一は深い感動を覚えた。
 ナラヤンは、高校時代に国民革命の理想に燃え、非暴力・不服従運動に参加する。やがてアメリカに渡り、そこで、マルクスの革命思想に傾斜していく。急進的な社会改革に心を動かされ、ガンジーの非暴力の闘争を否定し、武力革命を肯定した時代もあった。
 しかし、ガンジーの高弟・ビノバ・バーベに触発され、再び非暴力革命の道をめざすようになる。紆余曲折を経て、ガンジーの懐に帰ってきたのだ。“良心”の大地ともいうべきガンジーの思想は、ナラヤンの“良心”の樹木を蘇生させていったのである。
 ガンジー亡きあと、彼は、師の思想を受け継ぎ、すべての階層の人びとの向上をめざす「サルボダヤ運動」を展開していった。
 どんなに豊かそうに見えても、その陰で虐げられ、飢え、苦しむ人のいる社会の繁栄は虚構にすぎない。皆が等しく幸せを享受してこそ、本当の繁栄といえよう。
posted by ハジャケン at 10:53| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年10月31日

あすから年賀状の販売が始まる。もらう方からすれば、趣向を凝らした絵やデザインも楽しみの一つ。さらに手書きの一筆があれば心もほっと温かくなる▼文豪・島崎藤村は「好い手紙を人から貰った時ほどうれしいものはない」と記した。「好い手紙」とは、難解な表現や学問上の文言などの“大きな言葉”ではなく、何げない“小さな言葉”をちりばめたもの。書き手の率直な心が表れているゆえに、この小さな言葉にこそ“大きな力”が宿ると言う▼念願の産婦人科医になった愛知の女子部員。希望に燃えて仕事に取り組んだが、頻繁な当直勤務やミスの許されない緊張の連続に疲れ果ててしまう。もう辞めようかと思い悩んだ時、ある記憶がよみがえった▼関西創価高校時代、寮長を務めつつ勉強に励んだ。医学部受験の前夜、部屋に戻ると、机には寮生からの応援の手紙がいっぱい。勇気を得て臨んだ試験は見事合格。“皆のおかげで開けた使命の道だったんだ”――手紙を読み返し、彼女は気付いた。今、新たな心で医療の現場に立つ▼日蓮大聖人は「文字は一切衆生の心法の顕れた姿である」(御書380ページ、通解)と仰せになった。たった一文が人生の支えになることもある。言葉の力を信じ、きょうも励ましを届けたい。(靖)
posted by ハジャケン at 10:50| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷静に決然と

 余は満天下の志士仁人に
 革命家たらんよりは
 まず求道者たれ。
 人に説かんよりは
 まず士に下れ。
 そして冷眼事を看、
 剛腸事に当れ。
posted by ハジャケン at 10:48| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

如説修行抄P502

法華折伏・破権門理の金言なれば終に権教権門の輩を一人もなく・せめをとして法王の家人となし天下万民・諸乗一仏乗と成って妙法独り繁昌せん時、
万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壌を砕かず、代は義農の世となりて今生には不詳の災難を払ひ長生の術を得、
人法共に不老不死の理顕れん時を各各御覧ぜよ現世安穏の証文疑い有る可からざる者なり―――
 如説修行抄P502 
posted by ハジャケン at 10:47| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月31日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月31日
一瞬の勝ち負けよりも大事なことは、何か。
それは、「頑張ろう!戦いきろう!」
という熱い情熱が燃えているかどうかです。
posted by ハジャケン at 10:46| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

名字の言〉 2016年10月30日

薩摩藩と長州藩の「薩長同盟」締結から、本年で150年。江戸幕府を倒し、明治維新へと続く、近・現代史の転換点の一つと位置づけられている▼両藩は、「薩賊」「朝敵」と罵倒し合い、同盟締結の1年半前まで直接砲火を交えていた。犬猿の仲が手を結ぶ、極めて困難な交渉に臨んだのは、薩摩の西郷隆盛、長州の木戸孝允、仲介役の土佐・坂本龍馬ら、いずれも20代・30代の青年だった▼締結の直前、龍馬は書簡につづっている。「何の志ざしもなき所ニ ぐずぐずして日を送ハ、実ニ大馬鹿ものなり」(宮地佐一郎『龍馬の手紙』講談社学術文庫)。前例やしがらみにとらわれず、高い志のために決断し、連帯を広げることができるのは、いつの世も青年の特権であろう▼今秋、北海道では各地で青年セミナーが開かれ、男女青年部が信仰体験を通し、地域貢献や社会変革への熱意を発表している。ある識者が語っていた。「『連帯』が希薄な世の中で、一人一人の『点』が『線』や『面』に広がっている。理想を抱く若い彼らが元気なら、本当に社会は変わっていくかもしれない」▼連帯は力。一人の力が5倍にも10倍にもなる。創立の月へ、日本の黎明を告げた志士のごとく、青年を先頭に民衆の連帯を広げていきたい。(鉄)
posted by ハジャケン at 10:57| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片言隻句

 われわれの生きた悟り、
 心に閃めく本当の智慧、
 或は力強い実戦力・行動力
 というようなものは、
 決してだらだらと
 概念や論理で説明された、
 長ったらしい文章などによって
 得られるものではない。
 体験と精神のこめられておる、
 極めて要約された片言隻句
 によって悟るのであり、
 又それを把握する事によって
 行動するのであります。
posted by ハジャケン at 10:54| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法華取要抄P338

是くの如く国土乱れて後に上行等の聖人出現し本門の三つの法門之を建立し十四天・四海一同に妙法蓮華経の広宣流布疑い無からん者か―――
 法華取要抄P338 
posted by ハジャケン at 10:52| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月30日
「あのうちが、こうだから」とか、
「このうちは、ああしていた」ときにして、
何か同じようでなければならないと考えるのは、
愚かです。他人と比較しても、
他人と同じにはなれないし、
なる必要もない。それでは、
にせものをつくります。形式をつくります。
見栄っ張りをつくり、体裁をつくってしまう。
posted by ハジャケン at 10:51| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

源流49

源流 四十九

 二月十一日――恩師・戸田城聖の生誕の日である。戸田が存命ならば七十九歳になる。
 山本伸一は今、その師に代わって平和旅を続け、師が最も広宣流布を願った仏教発祥の地・インドで、紺青の空を仰いでいることに、深い感慨を覚えた。
 伸一は、“戸田先生には、長生きをしていただきたかった……”と、しみじみと思う。
 しかし、命には限りがある。“だから、先生は不二の弟子として私を残されたのだ。先生に代わって、生きて生きて生き抜いて、東洋広布を、世界広布を進めるのだ!”と、彼は、何度も自分に言い聞かせてきた。
 伸一は、弟子の道に徹し抜いてきたことへの強い自負があった。この晴れ渡る空のように、心には一点の後悔もなかった。師子の闘魂が、太陽のごとく燃え輝いていた。
 この日の朝、伸一たち訪印団一行は、ニューデリーから、空路、ビハール州の州都・パトナへと向かった。
 彼方に、白雪をいだき、光り輝くヒマラヤの峰々を眺めながらの旅であった。
 午前十一時過ぎ、パトナの空港に到着した一行を、パトナのR・N・シンハ行政長官をはじめ、先に来ていた「インド文化研究会」の友らが出迎えた。
 そのなかに、長身のインド人青年の姿があった。彼はメンバーで、この日の朝、地元の新聞を見て、伸一のパトナ訪問を知った。そして、自宅の庭に生えていたバラで花束を作り、空港に駆けつけてきたのである。
 青年が花束を差し出すと、伸一は、「ありがとう! 感謝します」と言って固い握手を交わし、しばらく語り合った。彼は、家族のなかで、自分だけが入会しているという。
 伸一は、同行していたインド駐在の日本人会員に面倒をみるように頼み、青年に言った。
 「最初は、すべて一人から始まります。あなたには信心に励んで、幸せになり、パトナに仏法を弘めていく使命があるんです」
 眼前の一人に魂を注いで励ます。そこから、広宣流布の道が開かれる。
posted by ハジャケン at 10:35| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年10月29日

出版社の校閲部を舞台にしたドラマが話題という。勝ち気なヒロインの魅力もあるが、一般に馴染みの薄い校閲という世界への関心もあろう▼ドラマの中で「地味」とみなされる校閲。本社の校閲マンも「まあ、そういうものです」とあっさり。とはいえ、仕事は職人技。誤字脱字の指摘はもちろん、原稿の矛盾まで洗い出す。「言葉にのみ込まれない距離感が必要」という▼かく言う記者も先日、校閲に救われた。「破天荒」という言葉。“豪快な荒くれ者”と思い込んでいたが、正しくは「今まで誰もしなかったことをすること」(広辞苑)と。すぐさま直しを入れた▼言葉は「生き物」とよく言われる。「見れる」「出れる」などの「ら抜き言葉」を使う人が今や多数派になった(平成27年度「国語に関する世論調査」)。話題を呼んだ新語や造語は次々と辞書に入る。言葉は生活の中で育つのだ▼辞書は言葉の意味を表し尽くしたものではない。言葉には、それぞれに時間の重みがあり、無限の物語がある。それが言葉の難しさと面白さである。「希望」「勇気」「幸福」。涙の日々を勝ち越えた人が語るそれは温かく、力強い。御書に「仏は文字によって民衆を救う」(153ページ、通解)と。言葉の豊かな意味を引き出し、大切に使う人でありたい。(味)
posted by ハジャケン at 10:33| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四 惜

 昼坐・当に陰を惜むべし。
 夜坐・当に燈を惜しむべし。
 言に遇わば当に口を惜むべし。
 時に遇わば当に心を惜むべし。
             (清)陸世儀
 ※註陰は光陰、時間の意味。
  陸氏=字は桴亭と号す。清初の篤学。
  實用を重んじ思辯録等の名著がある。
 人間というものは、
 つまらぬ物には
 吝【けち】なくせに、
 こういう大切なものについては
 案外濫費【らんぴ】して省みない。
 玉くしげ明けぬ暮れぬといたづらに
 二度も来ぬ世を過すかな
 (木下長嘯子)である。
 貴重な夜の時間をむだ使いするなど
 燈に対して申訳ないというものだ。
 もの言えば唇寒し秋の風。
 人間言うからには価値のある発言をしたいもの、
 でないと口に済まぬ。
 時世は、我が哲学して心を深める好資料だ。
posted by ハジャケン at 10:31| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報恩抄P328

日本・乃至漢土・月氏・一閻浮提に人ごとに撃ち有智無智をきらはず一同に他事をすてて南無妙法蓮華経と唱うべし、
此の事いまだ・ひろまらず一閻浮提の内に仏滅後・二千二百二十五年が間一人も唱えず日蓮一人・南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経と声もをしまず唱うるなり―――
 報恩抄P328 
posted by ハジャケン at 10:29| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月29日
同じ一生であるならば、
喜んで生きたほうが特である。
同じ行動をするなら、
喜んで行動したほうが価値的である。
愚癡や義務感で日々を灰色に覆うよりも、
喜びを創り出していこうとする生き方のほうが、
より創造的である。
posted by ハジャケン at 10:28| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

源流48

源流 四十八

 訪印団一行の歓迎宴が一段落したころ、ゴエンカ会長はいたく恐縮した表情で、山本伸一に伝えた。
 「誠に申し訳ありませんが、孫娘の結婚披露宴にまいりますので、一足お先に失礼させていただきます」
 明日が愛する孫娘の結婚披露宴であり、夜行列車で式典会場に向かったのである。人づてに聞いた話では、インドの結婚式は盛大で、披露宴の一週間ほど前から祝いの催しが始まるという。そのなかを、披露宴前日の夜まで時間をとって歓迎してくれたのだ。
 伸一は、会長の“人間”に触れた思いがした。信義には信義で応えたいと強く思った。
  
 インドには、悠久の歴史がある。
 十日午後、伸一たちは、ニューデリーのジャンパット通りにあるインド国立博物館を訪問した。
 石器時代に始まり、インダス文明の都市遺跡であるハラッパーとモヘンジョダロの発掘物、マウリヤ朝のアショーカ王やクシャン朝のカニシカ王、グプタ朝などの各時代の文化遺産が展示されていた。彫刻、絵画、コイン、武具、織物、宝石、伝統芸術作品など、どれも貴重な品々である。
 館内を見学した伸一は、館長のM・R・バナルジ博士と会談した。長年、考古学の研究に携わり、多くの文化遺跡の発掘作業を行ってきた館長は、目を細めて語った。
 「発掘をしていて最も嬉しかったことは、過去にインドで鉄器が製造されていたことがわかり、インドの鉄器時代が明らかになったことです」
 発掘作業は、根気と忍耐の作業である。しかし、この作業を通して人類の歴史が一つ一つ解明されていく。
 戸田城聖は、よく「人材を発掘せよ」と語った。それもまた、家庭訪問を重ね、対話を積み重ねていく、まことに地道な忍耐の作業である。だが、人材という宝の発掘こそが、広宣流布の未来を開く黄金の光となる。
posted by ハジャケン at 10:29| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年10月28日

「池田SGI会長の著作は、世界中の読者に、生きる勇気と希望を与えてこられました」――先日、和歌山県の書店商業組合から、SGI会長に文字・活字文化振興への功労をたたえて感謝状が贈られた▼その報に胸を熱くした和歌山の壮年がいる。彼は青年時代、“読書は人間を育てる”とのSGI会長の指導に触れ、息子への読み聞かせを始めた。さらに地域の父親たちと連携し、“男性だけの読み聞かせサークル”を立ち上げたのである▼全国でも珍しい取り組みに、図書館や小学校からの依頼が殺到。東日本大震災の翌年には、宮城県石巻市内の五つの幼稚園や保育所を訪問した。活動の様子はテレビや新聞などで取り上げられ、行政から表彰も受けた。「読書は生きる力になる。子どもたちが笑顔になっていく姿に触れるたび、そう強く感じます。こちらが教えられる思いです」と、彼はかみ締めるように語った▼冒頭の贈呈式の謝辞で、SGI会長は述べている。「人生を幸福に導く力を持つ良書との出あいを、どれほど若い世代に贈っていけるか。これこそ、私たち大人の責務でありましょう」▼本に触れる喜びを知ることは、かけがえのない人生の宝。親子で読み、共に語り合う“成長の秋”にしたい。来月9日まで読書週間。(航)
posted by ハジャケン at 10:27| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知行合一

 王陽明の『伝習録』に
 うまいことをいっている。
 「知は行の始めなり、
 行は知の成るなり」。
 我々のからだでもそうです。
 心臓とか肝臓とか
 いろいろあるけれども、
 他とかかわりなく、
 全体とかかわりなく存在するものは、
 何一つないのであります。
 たとえば甲状腺にしても、
 ちょっと見れば単なる骨
 のように見えるけれども、
 専門の医者に訊くと、
 ここからサイロキシンと
 いったものを血液の中へ送り出す。
 これが出なくなると、
 正邪曲直の判断とか、
 美醜の感覚とか、
 あるいは神聖なるものを
 敬うとかいうような機能が
 失くなってしまう。
 ネズミの餌から完全に
 マンガン分を除去すると、
 母性本能が失くなるそうです。
posted by ハジャケン at 10:24| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撰時抄P272

仏滅後に・迦葉・馬鳴・竜樹・無著・天親・乃至天台・伝教のいまだ弘通しましまさぬ最大の深蜜の正法経文の面に現前なり、
此の深法・今末法の始五五百歳に一閻浮提に広宣流布すべきや―――
  撰時抄P272
posted by ハジャケン at 10:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月28日
小さい頃から、
子どもの傾向というものを賢明に見極めていくことです。
そうすれば、
大きくなって反抗するような時期を迎えたとしても、
動じないですむ。
posted by ハジャケン at 10:22| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

日本精神とは

 日本精神は、
 山鹿素行【やまがそこう】先生が
 『中朝事実【ちゅうちょうじじつ】』の後に
 チャンと論じているように、
 異民族文化を自由に摂取して、
 これを日本化する上において
 天縦【てんしょう】の神聖をそなえている。
 中国の言葉でいうならば
 「鼎新【ていしん】」という言葉がある。
 鼎がちょうど、いろいろ食物の材料を入れて、
 それを煮て一つの料理にすると同じように、
 道というものは自由な造化力
 でなければならない。
 できるだけ自由にものを包容して、
 それを新たに造化する
 のでなければ道ではない。
 
 日本精神はそういう鼎新力、
 天縦の神聖を確かに
 世界のあらゆる民族に比べて、
 最も豊富に持っている。
posted by ハジャケン at 10:55| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源流47

源流 四十七

 二月九日の午後八時から、インディアン・エクスプレス社のR・N・ゴエンカ会長が主催する訪印団一行の歓迎宴が、ニューデリーのホテルで行われた。「インディアン・エクスプレス」は、インド屈指の日刊紙である。
 歓迎宴には、訪中を前にしたバジパイ外相、L・K・アドバニー情報・放送相をはじめ、多数の識者らが参加し、真心に包まれた語らいの一夜となった。
 ゴエンカ会長は豪放磊落で精悍な新聞人であった。七十代半ばとは思えないほど、快活で、哄笑が絶えず、エネルギッシュな話し方には不屈の闘志があふれていた。インドに到着した折も、真夜中にもかかわらず、空港まで出迎えに来てくれた。
 彼は、一九〇四年(明治三十七年)四月に、インド東部のビハール州に生まれた。青年時代に、イギリスからのインド独立を勝ち取ろうと、ガンジーの運動に加わった。
 自身の発行する「インディアン・エクスプレス」を武器に、イギリスが行っている数々の偽りを暴き、戦い抜いた。
 インドが独立したあとも、政府による新聞への激しい圧迫の時代があった。しかし彼は、それに屈することなく、言論人としての主義主張を貫いていった。
 伸一は、その苦境を突き破ったバネは何かを尋ねた。ゴエンカ会長は胸を張った。
 「人びとに対する義務です! 新聞は私個人に属するのではなく、人びとのためにあります。私は、単に人びとの委託、信任を受けた、いわば代理人です。ゆえに、人びとに応えるために、私は支配者に屈服、服従することはできませんでした」
 言論人の使命は、民衆の声を汲み上げ、その見えざる心に応え、戦うことにある。
 精神の自由を剝奪しようとする権力は、まず表現・言論の自由を奪おうとする。それを手放すことは、人間の魂を捨てることだ。
 また、人生の処世訓を問うと、こう答えた。
 「決して破壊してはいけない。建設的であれ。これが、私の人生の主義です」
posted by ハジャケン at 10:53| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年10月27日

熊本地震から半年が過ぎた。震源地の益城町を歩くと、まだ手付かずの倒壊家屋が目に付く。その中には、泥だらけの人形など被災者の思いの残る品もあった▼ある益城の婦人部員は、自宅が全壊した上、二次被害で足を負傷した。被災後、青年部の手を借りて家財道具をかき分け、一枚の写真を見つけ出す。撮影されたのは35年前。池田SGI会長と共に、若き日の自身が写っていた。彼女は宝の一葉を抱き締めて、「今こそ頑張らなん!」と涙をぬぐった▼後日、彼女を案じ、いとこが熊本にやってきた。しかし、復興へとたくましく進む彼女の姿に、逆に励まされる。そして、いとこは“彼女のようになりたい”と先月、入会した。彼女は「見とってください。私が蘇生していく姿ば」と笑顔で静かに語っていた▼小説『新・人間革命』には度々、災害に立ち向かう同志の奮闘が描かれる。「清新」の章には、「自ら歴史を創ろうとする人は、いかなる試練にもたじろぐことはない。苦境を舞台に、人生の壮大なドラマを創り上げていく」と▼被災した益城の街の中に、一輪の花が咲いていた。どんな環境にあっても、力強く芽吹き、見る人に希望を届ける花。その凜としたたたずまいが、被災地で生き抜く同志の姿に重なった。(剣)
posted by ハジャケン at 10:51| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撰時抄P265

是をもって案ずるに大集経の白法隠没の時に次いで法華経の大白法の日本国並びに一閻浮提に広宣流布せん事も疑うべからざるか―――
 撰時抄P265
posted by ハジャケン at 10:48| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月27日
青春時代、いくら華やかに虚栄を張っても、
それだけでは結局、年をとって福運は消えてしまう。
虚栄には幸福はない。
地道の中にこそ、幸福の道がある。
 
posted by ハジャケン at 10:47| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする