2016年09月30日

源流25

源流 二十五

 山本伸一は懇談会で、一人ひとりに激励の言葉をかけていった。
 メンバーのなかに、全インドの責任者である地区部長を務める女性がいた。前日、伸一が図書贈呈したデリー大学で、経済学の講師として教壇に立つラビーナ・ラティである。彼女が御本尊を受持したのは、一九七五年(昭和五十年)六月であった。
 信心に励むなかで、難関の就職を勝ち取り、原因不明の頭痛や吐き気、めまいを克服した体験をもっていた。
 また、北インドの責任者を務めるハルディープ・シャンカルという壮年は、中学校の教師であった。鬱病で悩んだ末に信心をはじめ、乗り越えることができたという。
 彼は、いかにも生真面目そうな人柄であったが、ともすれば、沈んでしまいそうに感じられた。伸一は書籍に、「いかなる時でも 明るく朗らかな 指導者たれ」と、モットーとなる言葉を認め、シャンカルに贈った。
 家族が仏法に無理解のなか、ただ一人、信心に励んでいるアローク・アーリヤという青年もいた。伸一は、彼の報告を聞くと、「あなたの苦労、奮闘は、よくわかっています。大変だと思うかもしれないが、今、あなたは人生のドラマを創っているんです」と励まし、念珠をプレゼントした。
 さらに、二カ月前に入会した婦人のスバルナ・パテールは、日蓮大聖人の仏法に巡り合った喜びに燃えて集ってきた。彼女は、のちに夫を病で、息子を交通事故で亡くすが、この日の伸一との出会いを胸に、勇気を鼓舞して、苦難を克服していくのである。
 ここに集ったメンバーの多くは、その後、インドSGIの中核に育っていく。ラビーナ・ラティは幹事長となり、ハルディープ・シャンカルはインド創価菩提樹園の園長に、アローク・アーリヤは教育部長に、スバルナ・パテールは南インドの中心者となっていったのである。
 渾身の激励は、発心の種子となり、その人のもつ大いなる力を引き出す。
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年9月30日

「忘れえぬ人はいるけど名を忘れ」「お辞儀して共によろけるクラス会」「女子会と言って出掛けるデイケアー」。場面を想像すると、思わず笑みがこぼれる▼これは全国有料老人ホーム協会主催の「シルバー川柳」入選作。今、全国で巡回中の「平和の文化と希望展」でも紹介されている。岡山・津山展に足を運ぶと、この展示の前で足を止めたり、メモを取る人が多かった。年配者だけでなく若い人も。わが家のおじいちゃん、おばあちゃんを思い浮かべているのだろうか▼空前の超高齢社会を迎えた日本だが、ユーモアを忘れず、しなやかに老いを楽しもうとする心は素晴らしい。学会にも、人を励まし、元気にする知恵と経験の豊かな、人生の先輩が大勢いる▼ある座談会に参加した時のこと。しぶしぶ参加した様子の中学生が後方に座った。すると、多宝会の女性が「来られましたよー」と皆に知らせる。すかさずもう一人が「よう来たねえ」と背中をさすった。別の一人は、わが子の態度に気をもむ母親を「誰もが通る道よ」と優しく励ます。絶妙な連携にうなった。終了後、母子は笑顔で帰っていった▼長命をことほぎ、後継の友を慈しみ育てながら、老いも若きも励まし進む“学会家族”の姿に、長寿社会のモデルを見た。(奨)
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人に徹する

 人はあくまでも人に徹し、
 現実を直視して、
 これを浄化向上するほかはない。
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖愚問答抄P498

一遍此の首題を唱へ奉れば一切衆生の仏性が皆よばれて爰に集まる時我が身の法性の法報応の三身ともに・ひかれて顕れ出ずる是を成仏とは申すなり、
例せば籠の内にある鳥の鳴く時・空を飛ぶ衆鳥の同時に集まる是を見て籠の内の鳥も出でんとするが如し―――
 聖愚問答抄P498
posted by ハジャケン at 09:29| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月30日
母親になったからといって、
自らの成長を忘れてはならない。
つねにはつらつと若々しく、
子どもにとって誇りとされる母親であってほしいと願う。
 
posted by ハジャケン at 09:28| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

源流24

源流 二十四

 ICCRの歓迎レセプションが終わると、山本伸一は、急いでニューデリーにあるホテルへ向かった。インドのメンバーをはじめ、日本から来た「インド文化研究会」一行らとの会食懇談が予定されていたのである。
 会場の入り口でインドのメンバーが、「センセイ! ヨウコソ!」と言って、伸一と妻の峯子に歓迎のレイをかけた。
 二人が会場に入ると、歓声があがり、参加者は立ち上がって大拍手で迎えた。伸一たちは、各テーブルを回った。インドのメンバーのテーブルで彼は、「お会いできて嬉しい」「あなたのことはよく存じ上げております」と一人ひとりに声をかけ、握手を交わした。
 一九六一年(昭和三十六年)、伸一がインドを初訪問した時、インド人の学会員を目にすることはなかった。その六年後の六七年(同四十二年)にようやくメンバーは三人になり、七〇年(同四十五年)にはインド初の地区が結成され、七三年(同四十八年)ごろからニューデリーやボンベイ(後のムンバイ)などで座談会が開かれるようになる。
 七五年(同五十年)には二十人ほどが参加して第一回インド総会が開催された。また、機関紙「ニュースレター」も発行されている。
 そして今、インド広布の決意に燃える約四十人のメンバーが、全インドから、喜び勇んで集って来たのである。
 南部のタミル・ナドゥ州の州都・マドラス(後のチェンナイ)から列車で一日かけてやって来た同志もいれば、同州のセーラムから二日がかりで来た同志もいる。
 また、東部の遠方から四日がかりで集った同志の喜々とした笑顔もあった。
 伸一は、十八年前、インドのブッダガヤを訪れた時、東洋広布を願い、天空に輝く太陽を仰ぎ見ながら、こう心で叫んだことが忘れられなかった。
 “出でよ! 幾万、幾十万の山本伸一よ”
 今、十八星霜を経て、その萌芽の時を迎えたのだ。仏教発祥のインドの大地に、地涌の菩薩の先駆けが、さっそうと躍り出たのだ。
posted by ハジャケン at 09:49| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年9月29日

長嶋茂雄氏が言った「メークドラマ」が新語・流行語大賞に選ばれたのは20年前だった。プロ野球の巨人が、首位との最大11・5ゲーム差をひっくり返して優勝した歴史は、語り草になっている▼それと同じゲーム差を逆転するドラマが、再び生まれた。北海道日本ハム・ファイターズのリーグ制覇だ。大きく出遅れ、まだ3位だった前半戦、「(首位の)ホークスしか見ていない」と栗山英樹監督は語った。指揮官の執念が、下馬評を覆す快進撃を生んだ▼竹田憲宗球団社長も本紙「トーク2016」で述べていた。「『日本で2番目に高い山は?』と聞かれても、答えられる人は少ない。どんなことでも1番を目指すべきです。全力で立ち向かい、頂点を目指す意欲が大事です」▼想像も及ばぬ逆転劇はスポーツの醍醐味といえる。最後まで分からないのが勝負の世界。ゆえに、勝敗はまず、自分の心の中で決まる。諦めた瞬間に勝負は終わるが、周りが“もう無理”と思っても、“まだいける”と自分で自分を諦めない限り、活路はある▼かつて池田SGI会長は、スポーツ部の友に語った。「君たちは、勝つために生まれてきた。『絶対に勝つ』ための究極の力が、信心である」。人生という名の勝負もまた、方程式は変わらない。(鉄)
posted by ハジャケン at 09:46| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

因果の法則

 人間には奇跡と
 いうものはありません。
 奇跡などというのは研究不足、
 勉強不足の者の言葉でありまして、
 原因・結果というものは
 常にはっきりしておるのです。
 悪いことをしますと、
 いつかは悪い結果があらわれ、
 善いことをすれば
 善い結果があらわれる、
 というのは厳粛な
 自然の法則であります。
 したがって人間は
 因果律というものを
 大事にしなければなりません。
posted by ハジャケン at 09:43| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一念三千法門P416

法華経の行者は如説修行せば必ず一生の中に一人も残らず成仏す可し、
譬えば春夏田を作るに早晩あれども一年の中には必ず之を納む、
法華の行者も上中下根あれども必ず一生の中に証得す―――
  一念三千法門P416
posted by ハジャケン at 09:42| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月29日
「自分なんかもうダメだ」
と思うような瀬戸際の時がある。
実はその時こそが、
自身の新しい可能性を開くチャンスなのである。
わが人生を敗北から勝利へ、
不幸から幸福へと大転換しゆく分かれ目が、
ここにある。
posted by ハジャケン at 09:41| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

源流23

源流 二十三

 山本伸一たち訪印団一行は、午後六時半から、ICCR(インド文化関係評議会)が主催する歓迎レセプションに出席した。
 星空のもと、ICCR本部の前庭で開かれた歓迎レセプションには、クンドゥー外務担当閣外大臣をはじめ、ICCR副会長で仏教学者として知られるロケッシュ・チャンドラ博士、インド外務省アジア局のランガナッタ局長、デリー大学のメヘロトラ副総長ら各界の要人約二百五十人が出席した。
 伸一は、一人ひとりと御礼の言葉を交わしながら、日印間の友好と学術交流などについて意見を交換した。
 このあと、講堂に移動し、ここで伸一があいさつに立った。
 「日本を出発する前、貴国のアビタール・シン駐日大使とお会いした折、大使は、『仏法を弘めている山本会長にとって、仏教発祥の地であるインドは、“わが家”のようなものです』と言ってくださいました。
 まさに、家族さながらの、皆様の深い親愛の情に包まれ、“わが家”に帰ったような心境であります」
 そして、日本とインドの友好の絆を強めるために、できる限り多くの人と会い、教育・文化交流に最大の努力を払っていきたいと決意を披瀝。人類は地球という星を“わが家”とする家族であり、日印両国は“永遠の兄弟”として、互いに学び合っていくことの大切さを語り、あいさつを結んだ。
 彼は早速、その決意を実行するかのように、ICCRへの図書贈呈を発表し、目録と記念の品々をクンドゥー閣外大臣に手渡した。
 引き続いて、一行への歓迎の意を表して、インド舞踊などが披露された。真心こもる歓待であった。
 この訪問は、創価学会の会長である伸一をICCRが招聘した公式訪問であり、仏法を基調に平和・文化・教育運動を展開する学会との交流を目的としていた。インドは、日蓮仏法を実践する学会に強い関心を寄せていたのだ。まさに仏法西還の一つの証といえよう。
posted by ハジャケン at 09:13| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年9月28日

 童謡詩人の金子みすゞの代表作「こだまでしょうか」を抜粋した書を、山形美術館で見た。「『遊ぼう』っていうと/『遊ぼう』っていう/『ごめんね』っていうと/『ごめんね』っていう/こだまでしょうか/いいえ 誰でも」と書かれた作品は、ダウン症の書家・金澤翔子さんの字だった(『金子みすゞ・金澤翔子――ひびきあう詩と書』JULA出版局)▼みすゞの生涯は波乱の連続だった。親に決められた結婚相手との不仲。その夫から不条理にも創作活動を制限され、後に離婚。26歳で世を去った。だが作品は、時代を超えて人々に愛される▼一方の金澤さんは、生後間もなくダウン症と診断された。当時の社会は、まだ病気への理解が乏しく、世間の風は冷たかった。わが子を愛し、育てた母が金澤さんに読み聞かせたのが、みすゞの詩だったという▼冒頭の詩は、響き合う人間の心を詠んだとも解釈できる。こだまのように、同じ言葉を返すのは、“あなたの言葉を、拒まず、ねじ曲げず、ありのままに受け止めました”という証しであろうか▼気の利いた言葉が言えなくても構わない。苦しんでいる人がいたら、会いに行き、相手の言葉を、自分の心に響かせる思いで、精いっぱい聞く。それが、相手が一歩前に踏み出す力になる。(城)
posted by ハジャケン at 09:10| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敬と信仰

 敬するというのは、
 より高きものに対する
 人間独特の心で、
 敬するから、
 至らない自分を省みて恥ずる、
 これは陰陽の原理であります。
 敬するから恥ずる、
 恥ずるから慎む。
 戒める。
 この恥ずる、慎む、
 戒めるということが
 主体になる時に道徳と
 いうものができるのです。
 敬するということが建前に
 なる時に宗教というものになる、
 信仰というものになる、
 信仰というものがあれば
 必ず道徳がその中に入る。
 道徳なき信仰と
 いうものはありません。
 又信ずるところ、
 信仰があるから、
 恥ずる・慎む・戒むという、
 これが建前になって道徳になる。
 道徳という時には
 宗教が中に入る、
 宗教という時には
 道徳が中に入る。
 宗教なき道徳なく、
 道徳なき宗教は
 ないのであります。
posted by ハジャケン at 09:08| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一念三千法門P415

妙法蓮華経と唱うる時・心性の如来顕る―――
  一念三千法門P415 
posted by ハジャケン at 09:06| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月28日
「ありがとう」は奇跡の言葉である。
口に出せば、元気が出る。
耳にすれば、勇気がわく。
posted by ハジャケン at 09:05| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

源流22

源流 二十二

 山本伸一はデサイ首相に、「ぜひ、日本にお迎えしたい」と語った。もし、訪日が実現すれば四度目の訪問となる。
 「日本に行きたいとは思っていますが、具体的な計画はありません。私はむしろ、日本の首相にインドを訪問していただきたい」
 さらに、日本にいちばん期待したいことは何かを尋ねると、即座に答えが返ってきた。
 「フレンドシップ(友情)です。友情の絆さえ強まれば、あとは自然にさまざまなことができるものです。世界平和に貢献していく力ともなります。
 私たちは、日本から多くのことを学びたいと思っています。日本人は非常に規律正しく勤勉であり、愛国心に富んでいます。互いに友人になることこそ、すべての出発点です」
 伸一は嬉しかった。友情の大切さは、彼が主張し続けてきたことであったからだ。
 また、首相は、「真理を追究するという姿勢を政治に取り入れたい。これを政治の最大のテーマとしています」と語った。そして未来を仰ぐように目を細め、言葉をついだ。
 「世界は軍縮が実現されるならば、すべての国の人たちが友人になり、仲良くなることができます。さらに、世界政府ができ、すべての国が一致協力してやっていける時代が来ることを、私は念願しているんです」
 約一時間にわたる会談は瞬く間に過ぎた。最後に伸一が真心の応対に深謝すると、首相は一冊の本を贈った。『バガバッド・ギーター』(神の詩)を自ら解説した著書『私のギーター観』であった。『バガバッド・ギーター』は古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」の一部であり、インドの聖典とされ、ガンジーの思想の支えにもなったといわれる。
 この書の冒頭部分には、「幸福は、心の平和と歓びを得ることにある。それは、自分のなすことに充実感をもつことから生まれる」(注)とある。深い哲学性にあふれた言葉である。デサイ首相との会談は、“精神の大国・インド”を探訪する旅の幕開けにふさわしい語らいとなった。
 
 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 Morarji Desai著『A View of THE GITA』S.CHAND & COMPANY LTD(英語)
posted by ハジャケン at 09:32| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-4 源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活学活人

 人間学が、
 あらゆる学問の中でも一番根本であって、
 政策だの、
 政論だのというものは
手段・方法にすぎません。
 例えば、公害問題を
 取り上げてみましても
 議論はいくらでもできるが、
 それを実際にどうするか
 ということになりますと、
 結局人間の問題、
 人物の問題でありまして、
 人間教育というものが
 一番大事になってまいります。
 国家、国民の運命に関する
 問題を取り上げてみましても、
 やはり人間に帰着いたします。
 これが人間にとって
 一番むつかしいところであり、
 これからまた道もひらけて
 貴いものであります。
 いわゆる活学活人であります。
posted by ハジャケン at 09:25| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一念三千法門P415

此の妙法蓮華経とは我等が心性・総じては一切衆生の心性・八葉の白蓮華の名なり是を教え給ふ仏の御詞なり、
無始より以来我が身中の心性に迷て生死を流転せし身今此の経に値ひ奉つて三身即一の本覚の如来を唱うるに顕れて現世に
其内証成仏するを即身成仏と申す―――
 一念三千法門P415 
posted by ハジャケン at 09:23| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月27日
子どもの教育においては、
早くから小さく完成させようとする必要はない。
ひとつの型にはめようと強いることは、
いつか無理が現れてしまう。むしろ、
大樹と育つための根を張らせることが、
最も重要であろう。
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

源流21

源流 二十一

 山本伸一が、「長い人生で最も嬉しかったこと、そして最も悲しかったことはなんでしょうか」と尋ねた時、デサイ首相の楽観主義という生き方は、さらに鮮明になった。
 「私は、今までに悲しいと思ったことはありません。すべてのことを、嬉しい、楽しいと思っています」
 「なかなかそうはなれません。それでは、嬉しかった思い出のなかでも、いちばん嬉しかったことはなんでしょうか」
 すると首相は、笑みを向けて答えた。
 「一瞬一瞬が幸福であるのに、その一つの瞬間だけを取り出して、幸福であるなどと、どうして説明することができるでしょうか。
 私は、食べ物があっても嬉しいし、また食べ物がなくても嬉しいのです」
 そう実感できたからこそ、不服従運動という熾烈な闘争に身を投じることができたのであろう。首相は、これまでに四回、命がけでハンガーストライキを断行してきた。
 近年では、一九七五年(昭和五十年)四月、治安関係法の適用について中央政府に抗議し、要求が受け入れられるまで一週間の断食を行っている。その時、既に七十九歳になっていた。体重は一日に二ポンド(約一キロ)も減っていったという。
 当時の心境を、首相は綴っている。
 「身も心も解き放たれ、幸福で、自分自身に対しても、世界に対しても、平安な境地であった」(注1)
 しかも、その直後、五度目の投獄が待っていた。獄中生活は十九カ月に及んだ。
 だが、首相は言う。
 「それは、私の人生において、最も有益な時であった」「拘留中、私は内省的に生きた。いかにして自身を向上させうるか。そのことを常に自らに問いかけていた。自分の欠点とは何か? 心は穏やかか? 誰かに嫌悪感をいだいていないか?――と」(注2)
 使命に生き、自身の向上をめざす人にとっては、逆境の時こそが、実り多き学習の場となり、自分を磨く最高の道場となる。

 小説『新・人間革命』の参考・引用文献
 注1、2 Morarji Desai著『THE STORY OF MY LIFE Volume3』Pergamon Press(英語)
posted by ハジャケン at 09:58| 山梨 ☀| 最近の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年9月26日

宮城県気仙沼市で定期的に行われている防災文化講演会を聞いた。この講演会の特長は、大学教授などの有識者のほかに、地元の人も講師を務めるという点だ。この日は、東日本大震災の前後、長年にわたり朝市を開いてきた男性だった▼講演会は、専門家から提言するだけでなく、今も被災地で暮らし、復興に奮闘する「当事者」に学ぶことを、開催の目的の一つにしている。机上の計画や分析だけでは気付けない“復興の急所”を知ろうという思いが感じられる▼同じ日、会場近くの復興屋台村で、婦人部員が営む飲食店を訪ねた。壁、天井と、至る所に来店者の寄せ書きがあった。多くが復興支援で来た人たちによる記述なのだが、「ありがとう」という言葉が目立った▼また先日は、5年間の県外避難を経て、福島県に戻った夫妻と再会した。避難先で触れ合った同志から贈られた色紙を、見せてもらった。そこには「信心の基本を教わった5年間でした。ご夫妻との出会いは、御本尊から頂いた功徳だと痛感します」と書かれていた▼“同情する”だけでは一方通行だ。“同苦する”――つまり、幾多の試練に負けずに復興を歩む友を支えるだけでなく、友の生きる姿そのものから学ぶ。それが「寄り添う」ということだろう。(城)
posted by ハジャケン at 09:56| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独行道 B

十、物事に数寄【すき】好みなし。
十一、居宅に望みなし。
十二、身一つに美食を好まず。
十三、我身にとりて物を忌むことなし。
十四、旧【ふる】き道具を所持せず。
十五、兵具は格別、余の道具を嗜まず。
十六、道に当りて死を厭【いと】わず。
十七、老後財宝所領に心なし。
十八、神仏を尊み、神仏を頼まず。
十九、心常に兵法の道を離れず。
 是【こ】れ確かに武蔵が兵法に依って
 証悟【しょうご】することが出来た
 「自由」の道境【どうきょう】である。
posted by ハジャケン at 09:54| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十如是事P411

妙法蓮華経の体のいみじくおはしますは何様なる体にておはしますぞと尋ね出してみれば我が心性の八葉の白蓮華にてありける事なり―――
 十如是事P411
posted by ハジャケン at 09:52| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 9月26日

女性に贈ることば365日
 池田大作
9月26日
絶対に、あなたにはあなたしかできない、
この世の使命がある。
あなたでしか咲かせられない人生がある。
何を疑ったとしても、このことだけは、
疑ってはならない。
 
posted by ハジャケン at 09:51| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする