2016年08月31日

清新66

清新 六十六

 「インド独立の父」「マハトマ」(偉大な魂)と仰がれ、慕われたガンジーは、インド国歌が制定される二年前の一九四八年(昭和二十三年)一月三十日に暗殺され、世を去っている。しかし、大国の横暴と圧政に抗して、非暴力、不服従を貫き、独立を勝ち取った魂は、国歌とともに、インドの人びとの心に脈打ち続けるにちがいない。
 インド初代首相のネルーは、ガンジーの希望は「あらゆる人の目からいっさいの涙をぬぐい去ることであった」(注)と語っている。
 それは、この世から悲惨の二字をなくすと宣言した、恩師・戸田城聖の心でもあり、また、山本伸一の決意でもあった。
 伸一は、戸田が逝去直前、病床にあって語った言葉が忘れられなかった。
 「伸一、世界が相手だ。君の本当の舞台は世界だよ」「生きろ。うんと生きるんだぞ。そして、世界に征くんだ」
 この遺言を心に刻み、彼は第三代会長として立った。会長就任式が行われた六〇年(同三十五年)五月三日、会場となった日大講堂には戸田の遺影が掲げられ、向かって右側には、戸田の和歌が墨痕鮮やかに大書されていた。
 「いざ往かん 月氏の果まで 妙法を 拡むる旅に 心勇みて」
 会員七十五万世帯の達成へ本格的な弘教の火ぶたを切った五二年(同二十七年)正月の歌である。伸一は、広宣流布への師の一念を生命に刻印する思いで遺影に誓った。
 “生死を超えて、月氏の果てまで、世界広布の旅路を征きます”
 今、その会長就任から二十年目となる五月三日が近づきつつあった。恩師が詠んだ、あの月氏の大地にも、多くの若き地涌の菩薩が誕生している。
 伸一は、インドに思いを馳せた。
 ――悠久なるガンジスの川面に、「七つの鐘」が鳴り響き、新しき時の到来を告げる清新の風が吹き渡ってゆく。そして、燦然と燃え輝く仏法西還の勝利の太陽が、彼の瞼いっぱいに広がった。    (この章終わり)

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 坂本徳松著『ガンジー』旺文社
posted by ハジャケン at 19:57| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月31日

クマの親子を描いた『かあさんのこもりうた』(金の星社)という絵本がある▼3頭の子グマは、自分たちへの思いを込めた母グマ自作の子守歌を聞いて、いつも眠りについていた。だがある日、母グマは森を襲った嵐の犠牲に。残された子グマたちは、つらくて心が挫けそうになる。それでも子守歌に母の愛と希望を見いだし、悲しみから立ち上がるという話だ▼この絵本が誕生した背景には、一つのエピソードがあった。東日本大震災で母を亡くした小学3年生の女の子の元に、一通の手紙が届く。差出人は亡き母。小学校へ入学する娘にランドセルを購入した際、母がわが子に宛てた手紙を書き、それを1000日後に配達する「未来へつなぐタイムレター」という企業サービスによるものだった。この実話をきっかけに絵本は生まれた▼あの日から5年半になろうという今も、東北の同志からは「この震災……」との言葉をよく聞く。そこには、震災から何千日たとうが、日々を懸命に生きてきた思いがこもっている▼新「東北文化会館」の竣工引渡式が30日に行われ、きょう大震災から2000日を迎えた。「3月11日」をいつも心に、そして師の励ましと同志の絆を支えに、希望の未来へとつなぐ一歩、一日を進んでいきたい。(城)
posted by ハジャケン at 19:50| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曾谷殿御返事P1065

白馬は日蓮なり・白鳥は我らが一門なり・白馬のなくは我等が南無妙法蓮華経のこえなり、
此の声をきかせ給う帝釈・日月・四天等いかでか色をましひかりをさかんになし給はざるべき、
いかでか我等を守護し給はざるべきと・つよづよと・をぼしめすべし――― 
 曾谷殿御返事P1065 
posted by ハジャケン at 19:44| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月31日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月31日
どうすれば、
自分の心が歓喜で満ちていくか。
それには、
人に生きる喜びを与える自分になることです。
家族や、周囲の人びとに、
喜びと希望を与えていけばいくほど、
自分の心は豊かになっていく。
生き生きと弾んでいく。
輝いていくからだ。
posted by ハジャケン at 19:43| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

清新65

清新 六十五

 「東洋広布の歌」に続いて、インド訪問団の壮途を祝して、インド国歌「ジャナ・ガナ・マナ」(インドの朝)が合唱団によって披露された。
 この歌は、詩聖タゴールが作詞・作曲し、イギリスによる植民地支配の闇を破り、独立の新しい朝を迎えた、インドの不屈なる魂の勝利を歌ったものだ。独立後の一九五〇年(昭和二十五年)に、インド共和国の国歌として採用されている。
 合唱が始まった。荘重な歌であった。
  
 〽きみこそ 
  インドの運命担う
  心の支配者。
    
  きみの名は
  眠れる国の
  心をめざます。
    
  ヒマラヤの
  山にこだまし
  ガンジス川は歌う。
  
  きみのさち祝い
  きみをたたえて歌う
  救えよ わが国。
  (中略)
  きみに 勝利、
  勝利、勝利、勝利、
  勝利、きみに。  (高田三九三訳詞)
  
 山本伸一は言った。
 「いい歌だね。私たちも、この心意気でいこうよ! 『きみこそ 学会の運命担う 心の支配者』だよ。私たちは人類の柱であり、眼目であり、大船じゃないか。まさに、『眠れる世界の 心をめざます』使命がある。
 『きみに 勝利、勝利、勝利……』だ!
 何があろうが、勇敢に、堂々と、わが正義の道を、わが信念の道を、魂の自由の道を、人類平和の道を進もうじゃないか!」

 *小説『新・人間革命』文中の歌詞は、「インド国歌」(作詞=Rabindranath Tagore、訳詞=高田三九三)から。JASRAC 出1608379―601。
posted by ハジャケン at 09:21| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月30日

体に負担なく、がんを効果的に攻撃し、副作用なく治すことができるかもしれない――夢のような話が、米医学誌に発表された▼体に無害な、特定の近赤外線を当てることで、がん細胞に対する体内の免疫機能を活性化させ、がんを壊す。この試みに、米国立衛生研究所が動物実験で成功した。臨床試験はこれからで、実現は容易ではないだろうが、一つの希望には違いない▼モスクワ大学元総長の物理学者・ログノフ博士は、池田SGI会長との対談で、体内における異物と免疫との関係を「ミクロの宇宙戦争」と呼んだ。健康な人にも日々、がん細胞が体内で生まれるが、絶えず免疫がそれを排除する。だから健康でいられる、と▼がんを克服して5年になる壮年部員は、これまで130人のがん患者を励ましてきた。自身が病床で何度も読んだSGI会長の言葉の数々を、手作りの冊子にまとめ、同じように病と闘う友に贈っている。その中に「自分の全細胞を一新させるくらいの決意で祈るのです。60兆の全細胞ひとつひとつの薬王菩薩をたたき起こして、発動させるのです」との指導もあった▼人生は“戦い”である。外の環境に対しても、体内でも。日々の信行の実践は、それに打ち勝つ強い生命力を奮い起こすためにある。(鉄)
posted by ハジャケン at 09:09| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭の力 A

 家庭を失いますと、
 人は群衆の中にさまよわねばなりません。
 群衆の世界は、非人間的世界です。
 人は群衆の中で却って孤独に襲われ、
 癒されることのない疲労を得るのです。
 これに反して良い家庭ほど人を落着かせ、
 人を救うものはありません。
posted by ハジャケン at 08:58| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法蓮抄P1050

今法華経・寿量品を持つ人は諸仏の命を続ぐ人なり―――
 法蓮抄P1050
posted by ハジャケン at 08:56| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月30日
「病気になって、
初めて人生について深く考え始めた」
という人は少なくない。
病気になって、
改めて家族の大切さ、
愛情の大切さに目覚めることも多い。
病気さえも人生を豊かに
彩る糧としていくことができる。
 
posted by ハジャケン at 08:55| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

清新64

清新 六十四

 山本伸一は、集った九州の同志に、広宣流布に生き抜いていくためにも健康と長寿の人生であってほしいと念願し、それ自体が仏法の真実を証明することにもなると力説した。
 さらに、リーダーは、「皆が使命の人である」との認識に立って、人材の育成にあたってもらいたいと要望し、こう話を結んだ。
 「どこまでも信心第一で仲良く前進していることが、和合の縮図です。仲の良い組織は人びとを元気にします。皆に力を湧かせる源泉となります。世間は、嫉妬や憎悪、不信が渦巻いています。だからこそ私たちは、和気あいあいとした、信頼と尊敬と励ましの人間組織を創り、その麗しい連帯を社会に広げていこうではありませんか!
 この二月も、また、この一年も、苦楽をともにしながら、私と一緒に、新しい歴史を刻んでいきましょう!」
 大きな拍手が轟いた。外は雪が降り続いていた。しかし、会場は新出発の息吹が燃え盛り、熱気で窓は曇った。
 ここで、「東洋広布の歌」の大合唱となった。九州の同志は、いや、全学会員が、「東洋広布は 我等の手で」と、この歌を高らかに歌いながら広宣流布に邁進してきたのだ。
 東洋広布を担おうと、アジアに雄飛していった人もいたが、大多数の同志の活躍の舞台は、わが町、わが村、わが集落であった。
 地を這うようにして、ここを東洋広布の先駆けと模範の天地にしようと、一軒一軒、友の家々を訪ねては、仏法対話を交わし、幸せの案内人となってきた。
 創価の同志は、地域に根を張りながら、東洋の民の安穏を祈り、世界の平和を祈り、その一念は地球をも包んできたのだ。
 そして、伸一が海外を訪問するたびに、大成功を祈って唱題を重ねた。一方、伸一は、皆の祈りを生命に感じながら、“全同志を代表して平和の道を開くのだ!”との思いで全精魂を注ぎ、走り抜いてきたのである。
 この師弟不二の心意気が、東洋、世界への広宣流布の未聞の流れを開いてきたのだ。
posted by ハジャケン at 10:19| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月29日

複数の言語に精通していた歴史家のトインビー博士も、日本語にはなじみが薄かった。それでも日本を訪れた折には、片言の日本語で道を尋ねようと試みている(『回想録I』社会思想社)▼後年の池田SGI会長との語らいは、時に通訳を介さず、身振り手振りを交えて行われた。深遠で哲学的な内容に、通訳が立ち往生する場面もあった。対談集『21世紀への対話』の英語版が完成して今年で40年。2人が「平和」という根本目的で一致していたからこそ、言葉の壁を乗り越え、今も世界の人々に英知の光を送り続けるのだろう▼千葉のある女子部員は「日中友好の懸け橋に」と、中国に留学。帰国後は日本語学校の教師として働き始めた。ある年のクラスには8カ国・地域から学生が集い、文化や習慣もさまざま。口論が絶えなかった▼彼女が立ち返ったのは、「君たちの故郷は『地球』。国籍は『世界』。民族は『人間』だ」とのSGI会長の指針だった。争っていた学生同士をペアにし、共に課題に取り組ませた。すると、協力する中で学生の仲は深まり、かけがえのない友人にさえなった▼他者を敬い、尽くす心と、相手に訴える確固たる信念があって語学の力も生きる。真の国際人とは、人格と哲学の人である。(蹴)
posted by ハジャケン at 10:17| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭の力 @

 家庭というものは全く人間生活の基礎であり
 民族興亡の拠所でありますから、
 これを出来るだけ正しく、美しく、
 力強くしてゆかねばなりません。
 その為には、なるべく家族水入らずの気安さ、
 小ぢんまりとした手入れのとどく住宅決して贅沢でない衣食、
 静かで、考える余裕のある生活、
 濫りにならぬ社交が必要であります。
posted by ハジャケン at 10:15| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三大秘法抄P1022

末法に入て今日蓮が唱る所の題目は前代に異り自行化他に亘りて南無妙法蓮華経なり―――
 三大秘法抄P1022
posted by ハジャケン at 10:13| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月29日
限りある人生。
どうせ生きるならば、
「あの人の生きたように!」と、
後世の人に希望と勇気をおくる人生でありたい。
 
posted by ハジャケン at 10:12| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

名字の言〉 2016年8月28日

リオ・オリンピックの余韻が残る列島。日本が過去最多の41個のメダルを獲得した今回は、「史上初」とか「○年ぶり」という場面が多かった▼その一つ、錦織圭選手が獲得したテニスの「96年ぶりのメダル」で、日本の五輪初のメダル種目がテニスであることを知った人も多いだろう。1920年、アントワープ大会で、銀行員の熊谷一弥選手が銀メダルを獲得。日本にまだラジオ放送もない時代の快挙だった▼その活躍をひもといてみた。フィリピン等での国際大会で活躍した同選手を、先輩たちが支援し、米国へ留学させた。めきめき頭角を現し、五輪の前年に全米3位に。メダルは第1次世界大戦終結の2年後のことだった▼当時の帝国主義の世相にあって、先見的な彼の言葉がある。世の中のできごとの全てを「スポーツ精神で処理していれば、戦争など起きない」、「スポーツの世界では、差別は一切ない」(『ライバルと成長』学研教育出版)▼このスポーツの持つ平和の力は、リオでも存分に発揮された。その舞台が4年後、東京にやってくる。新国立競技場は、総本部から歩いて10分ほどの場所に建てられる。開幕へのカウントダウンに呼応して、世界広布新時代の歩みをさらに進めたい。2020年は学会創立90周年でもある。(行)
posted by ハジャケン at 09:37| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人格価値を悟る

 意外に多く教養ある婦人が、
 人間の価値を知識や地位や財産や手腕に求めて居る。
 漱石の云った様に
 「頭と腕を挙げて実世間に打込んで、
 肉眼で指す事の出来る権力か財力を掴【つか】まなくては
 男子で無いと考えている」教養ある婦人が実際多い。
 そして巧みな会話や流行の服装が
 「覚めたる婦人」に対する勢力も亦【また】著しい。
 神秘家の言葉をかりると、
 そういう婦人はコジテーションCogitation(仮見【かけん】)に止まって、
 メディテーションmeditation(内観)、
 コンテムプレーションcontemplation(中観【ちゅうかん】)も無い。
 ゆえに到底真の人格価値を悟ることが出来ないのである。
 真の人格価値はやはり至純【しじゅん】なる内省に待たねばならぬ。
 純真な女性であって、始めて大丈夫【ますらお】を恋するであろう。
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法華経題目抄P942

題目計りを唱うる福計るべからずとみへぬ、一部・八巻・二十八品を受持読誦し随喜護持等するは広なり、
方便品寿量品等を受持し乃至護持するは略なり、但一四句偈乃至題目計りを唱えとなうる者を護持するは要なり、広略要の中には題目は要の内なり―――
 法華経題目抄P942
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月28日
人知れぬところで、
ひたすら自身を磨き、
学びに徹した人こそ、
必ずや勝利の人生を開き、
たしかな歴史を残していくものだ。
posted by ハジャケン at 09:31| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

清新63

清新 六十三

 九州記念幹部会で山本伸一は、成増敬子の抱負を聞きながら思った。
 “熊本も、また大分も、宗門の問題では本当に苦しめられている地域だ。しかし、それをはね返し、ますます広布の炎を燃え上がらせている。すごいことだ。いつか、必ずその地域を回って、耐え抜きながら信心を貫いてこられた皆さんを心から励まし、賞讃しよう”
 彼は会合終了後、「七つの鐘総仕上げの年を記念し」と認めた御書を、成増へ贈った。
 幹部会でマイクに向かった伸一は、仏法者の生き方について語っていった。
 「日蓮大聖人の智慧は平等大慧であり、一切衆生を平等に利益される。その大聖人の御生命である御本尊を信受する仏子たる私どもの人生は、全人類の幸せを願い、行動する日々であらねばならないと思っています。
 私たちが、日本の広宣流布に、さらには世界広布に走り抜くのも、そのためです。
 私は人間が好きです。また、いかなる国の人であれ、いかなる民族の人であれ、いかなる境遇の人であれ、好きであると言える自分でありたい。そうでなくては日蓮大聖人の教えを弘める、仏の使いとしての使命を果たすことはできないと思うからです。
 皆様方も、誰人であろうが、広々とした心で包容し、また、全会員の方々の、信心の面倒をみて差し上げていただきたい。私どもが平等大慧の仏の智慧を涌現させ、実践していくところに、世界平和への大道があります。
 そして、リーダーの皆さんは、物わかりのよい、柔軟な考え方ができる指導者であっていただきたい。硬直化した考え方に陥ってしまえば、時代、社会の変化に対応していくことができず、結局は、広宣流布の流れを閉ざしてしまうことになりかねません」
 国連人権委員会委員長を務めたエレノア・ルーズベルトは指摘している。
 「あらゆる偉大な文明が滅びた理由は、ある意味で、それが固定化し、新しい状況、新しい方法、そして、新しい考え方に柔軟に適応できなくなったからです」(注)

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 エレノア・ルーズベルト著『TOMORROW IS NOW』ハーパー・アンド・ロウ社(英語)
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月27日

今年の台風1号の発生は観測史上2番目に遅かったが、北海道では今月、1週間で三つの台風が上陸した。全国で、豪雨に警戒が必要な季節が続く▼土石流が住宅をのみ込み、多数の犠牲者を出した、広島市北部の大規模土砂災害は、2年前の8月だった。焼け焦げたような臭いと、土の上に手向けられた一輪の花。被災地で見た情景を、忘れることができない。現在、当地では砂防ダムの建設が進み、町並みが変わりつつある。同じように、少しずつ心の変化もある▼被害が特に大きかった県営住宅で、自治会長を務める壮年部員がいる。同住宅では住民2人が犠牲になった。どうしてわが町が、あの人が……。心が晴れない日が続いた。そんな時、支えとなったのが「最も苦しんだ人こそが、最も幸せになる権利がある」との池田SGI会長の言葉だった▼壮年は、地域に笑顔を取り戻したいと、今年6月、犠牲者と同じ数の、78のヒマワリの種を蒔いた。毎日の水やりを欠かさず、1メートルほどの高さに育ち、先日、大輪の花を咲かせた▼人生には喜びも苦しみもある。いつも太陽を見上げる「向日葵」のように、明日を向いて歩む強さを持ちたい。私たちにとっての太陽とは、信仰であり、常に励ましを送ってくれる師匠の存在である。(柑)
posted by ハジャケン at 09:24| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心田を肥やす

 歴史の中に蔵されている人間の美徳の優れた文献、
 優れた人物を発掘して、
 われわれ自身の心田を肥やさなければ、
 人間としての進歩はいうまでもなく、
 事業の発展も、文明の創造もできません。
 大いなる未来を開くには古典にかえる必要があります。
 それに気づかず、
 追いたてられるままにこの現代文明に忙殺されるというのは、
 まことに危険なことであります。
posted by ハジャケン at 09:21| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法華経題目抄P941

琥珀は塵をとり磁石は鉄をすう我等が悪業は塵と鉄との如く
法華経の題目は琥珀と磁石との如し。かくをもひて常に南無妙法蓮華経と唱うべし―――
法華経題目抄P941
posted by ハジャケン at 09:20| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月27日
目立たなくても、
ちやほやされなくても、
黙々と自分の夢に向かって努力してる人――
その人こそ、
本当に魅力ある人です。
 
posted by ハジャケン at 09:19| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

清新62

清新 六十二

 山本伸一に励まされた蒲田支部の同志は、一騎当千の闘士となって二月闘争に走った。
 皆が、途方に暮れるしかないほど深刻な悩みをかかえていた。しかし、そのなかで“私は信心で勝つ! 負けるものか!”と、広宣流布の使命に奮い立っていったのである。
 悩める人が、悩めるままの姿で決然と立ち上がり、友を励まし、広宣流布を進める――そこにこそ真実の共感が生まれ、人びとは、最高の勇気、最大の力を得ることができる。そこにこそ地涌の菩薩の実像がある。
 その戦いの帰結が、一支部で一カ月に二百一世帯という当時としては未曾有の弘教を実らせたのだ。そして、より重要なことは、勇んで二月闘争を展開した同志は、功徳の体験を積み、歓喜と確信に燃え、苦悩を乗り越えていったという厳たる事実である。
 どんなに大きな苦悩をかかえていても、友の幸せを願い、勇気をもって仏法を語り、励ます時、わが胸中に地涌の菩薩の大生命が脈打つ。その生命が自身の苦悩を打ち破り、汲々とした境涯を大きく開いていくのだ。
 創価学会とは励ましの世界である。励ましは慈悲の発露であり、この実践のなかに仏法がある。広宣流布とは、励ましのスクラムを地域へ、世界へと広げゆく聖業なのだ。
 伸一は今、熊本の婦人部本部長・成増敬子の抱負を聞きながら、二年前の一九七七年(昭和五十二年)五月の熊本訪問で、代表の幹部と懇談したことが懐かしく思い出された。
 その折、成増が、「義母が四歳と二歳の子どもの面倒をよくみてくれているので助かっています」と、心から感謝している姿が忘れられなかった。また、益城本部の婦人部本部長は、伸一が本部内を訪問した歴史を誇りとし、皆が喜々として活動に励んでいる模様を報告した。阿蘇の婦人部本部長は、地域を幸せの園にしたいとの決意を込め、阿蘇にもスズランが咲くことを伝えた。
 伸一は、熊本の同志が一人も漏れなく、強く生き抜いて、人生勝利の花を咲かせるように、日々、祈り続けてきたのである。
posted by ハジャケン at 10:07| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする