2016年06月30日

女性へ

気が利いて、まめやかで、優しくて、
善言に耳を傾ける素直さがあり、その上に容貌敢て醜くからず。
これ女性に望むところ。
posted by ハジャケン at 16:44| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清新14

清新 十四

 午前、午後と勤行会を行い、参加者と握手を交わし続けた山本伸一の手は腫れあがり、真っ赤になってしまった。
 管理者室で手を冷やしながら、夜に予定されている岩手県新春記念幹部会に備えた。
 しかし、ほどなく岩手未来会第一期の結成式が始まるとの報告が入った。高・中等部員からなる十数人の人材育成グループである。伸一は、「“未来からの使者”とお会いしにいきます」と言うと、直ちに管理者室を出て、メンバーとの記念撮影に臨んだ。
 そして、新春記念幹部会に出席した。
 勤行に続いて、県長、方面長、副会長のあいさつなどが終わると、伸一は、自ら司会役となった。
 「おばんです! 今日は、楽しくやりましょう。岩手の創価家族の集いですから、形式にこだわらず、ありのままでいいんです。
 最高幹部の話は、もう飽きたでしょ。座談会にしましょう。誰か話してくださいよ。どなたか支部長の方、代表であいさつを!」
 伸一に促されて、一人の支部長が抱負を述べた。続いて、支部副婦人部長、大ブロック(後の地区)幹部、ブロック幹部、学生部のグループ長ら十人ほどが、次々とマイクの前に立った。
 はつらつと決意を語る人もいれば、功徳の体験を発表する人もいた。
 伸一は、大きく頷いたり、身を乗り出して拍手を送ったりしながら、「そうだ! すごい!」と相づちを打つ。時に笑いが起こり、会場は和気あいあいとした雰囲気に包まれ、皆の心は一つに解け合っていった。
 やがて、伸一の指導となった。
 「人間、誰が偉いのか。幹部だから偉いわけではありません。偉い人とは、お題目を唱える人です。人びとの幸せを願って、懸命に折伏・弘教に励んでいる人です。友の激励に駆けずり回っている人です。その人こそが、人間として最も気高く尊い、御本仏の真の弟子なんです。それはまさに、日々、広宣流布のために汗を流しておられる皆さん方です」
posted by ハジャケン at 16:42| 山梨 ☁| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年6月30日

 訪日客の増加などで英語ブーム再来という。“英会話から、英対話へ”――ある英語教室の広告が目に留まった▼会話と対話は違う。「会話」とは、言葉を投げ合う雰囲気の中で漠然と互いを理解すること。一方、「対話」は、他者との「差異」を大切にして他者の重みをしっかり捉えること。哲学者・中島義道氏にそういう趣旨の文があった(『「思いやり」という暴力』PHP文庫)▼ある男子部の友が、会社をリストラされた同志を励ました。だが「俺の気持ちなんか分かりっこない!」と心を閉ざされてしまう。少しでも力になりたいと、求人情報を集めるうち、男子部の友は、彼が働いていた業界の、労働条件の厳しさを知った。仕事着のまま、会合に駆け付けていた姿を思い出し、胸を熱くした▼再び彼を訪ねた時、掛ける一言一言の重みは、おのずと違った。彼の表情は一変し、対話は深まった。希望の就職を果たし、再び創価の陣列に加わった▼「対」には「こたえる」との字義がある(『字通』)。通り一遍の言葉でなく、「差異」を受け止め、理解しよう、応えようとする誠実が、「対話」を実りあるものにする。「真の対話は、他者の尊極の生命に対する敬意から始まる」とは、池田SGI会長の指導である。(江)
posted by ハジャケン at 16:38| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

師弟

第五章 師弟  随筆「人間世紀の光」から
晴れ晴れと   
 君よ立ちゆけ   
  勝ちゆけや   
創価の伝統   
 正しく踏まえて   
  2009.2.15 
posted by ハジャケン at 16:35| 山梨 ☁| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月30日
よい環境はよい人間をつくる。
自ら、そうしたよい環境、
よい人間のつながりを求めていく人は、
かぎりなく伸びていける。
  
posted by ハジャケン at 16:33| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

聖人の道

人間一人生きることは何んでもないが、
子を育てることはそれ自身一つの道徳だ。
それすら世間普通の者は容易でない。
況【いわ】んや他人の子を育てることに於【おい】てをや。
更に況んや萬物を育てるに於てをや。これ聖人の道だ。
posted by ハジャケン at 20:00| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清新13

清新 十三

 十二日、水沢文化会館の開館を記念する自由勤行会は、結局、夕方までに数回にわたって開催された。いずれも山本伸一が導師を務め、あいさつもした。皆の輪の中に入り、握手を交わし、要望に応えてピアノも弾いた。
 彼は、勤行会のたびに、「日ごろ、ご無沙汰していて申し訳なく思っています。私は、日々、岩手の皆さんの健康長寿、無事安穏を願い、真剣に題目を送っています。心はいつも一緒ですよ」と語りかけた。
 そして、そのつど、さまざまな角度から、信心の在り方について訴えていった。
 「師子王とは、勇気の二字を忘れない人です。何があっても、御本尊への強き祈りを根本に、勇敢に前進し、同志を、地域の友を守り抜いてください。それが仏法者です」
 「信心即生活です。常識豊かに、淡々と、平凡であっても、自分らしい福運に満ち満ちた人生を歩むことが、信心の勝利の姿です」
 「今再びの信心を、今再びの人生をとの心意気で、愉快に、生命力をたぎらせ、新しい挑戦を開始していくなかに、永遠の青春の道があります。どうか皆が“地域の柱”に!」
 また、「妙一尼御前御消息」の「譬えば一人にして七子有り是の七子の中に一子病に遇えり、父母の心平等ならざるには非ず、然れども病子に於ては心則ち偏に重きが如し」(御書一二五二ページ)の一節を拝して指導した。
 「仏の一切衆生への慈悲は平等ですが、そのなかでも、不憫な人のことは、とりわけ心にかかるというのが仏の慈悲です。
 したがって、大変な環境で健気に信心に励んでいる皆さん方には、いや増して御本尊の御加護があり、大慈大悲に浴していくことは絶対に間違いない。大確信をもってください。必ず、大功徳を受けてください。大福運に包まれてください。皆さんが、幸せになり、信心の実証を示していくことが、岩手に大勝利の春を告げることになるんです」
 皆の幸せを願う伸一の必死の呼びかけに、岩手の同志の生命は燃え上がった。真心をもってする真剣な叫びは、魂の共鳴をもたらす。
posted by ハジャケン at 10:37| 山梨 ☁| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年6月29日

 本紙の企画「わが支部のブロック5勇士」には多数の投稿が寄せられている。郵送の写真には、ビニールなどで丁寧に包まれているものが多い。「この1枚」のために、いかに全力を注いできたか、思いが伝わってくる▼「本年、『五勇士』の拡大の火ぶたを切ってくれたのは、『鉄桶の団結』の大埼玉である」と池田SGI会長(今月18日付の随筆)。その埼玉に、4回目の挑戦で「ブロック5勇士」を達成した支部がある▼支部長は「失敗するたびに、“次こそは”との思いを強くしました。地区部長、そして先輩方が力を発揮したおかげです」と。勝利するまで決して諦めない“不屈の心”が、団結を生む原動力となった。陰に陽に、婦人部、青年部の応援もあった▼撮影を担当したのは、4回目で、初めて参加した友だった。支部長の思いに胸を打たれ、協力を承諾したという。埼玉の永遠の指針「鉄桶の団結」が示されたのは1973年(昭和48年)の7月1日。先の支部長は、「団結固く、先駆を切ります!」と意気込みを語った▼「学会の勝負は、最後は壮年部が決するのだ」「さあ、壮年の出番だ」と、SGI会長は呼び掛けた。本年前半の活動を総仕上げする7月へ、経験も知恵も豊かな壮年が、拡大の先頭に躍り出よう。(嶺)
posted by ハジャケン at 10:31| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇者

第四章 勇者  各部・各グループの友へ
日本一   
 学園みつめて   
  桜かな   
   創価学園の入学式に寄せて  
   2009.4.8
posted by ハジャケン at 10:18| 山梨 ☁| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月29日
母を思い浮かべる時、人は優しくなれる。
清らかな心を蘇らせるとができる。
誰にも、お母さんがいます。
あの人も、この人も、
すべての人にお母さんがいるのです。
たとえお母さんがこの世にいなくても、
母なる存在を、必ず心にもっている。
posted by ハジャケン at 10:17| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

女性の使命

「私はドイツの母親、
ドイツの婦人の家庭的な伝統の中に、
我々の政治的未来に対する、
我々の築くいかなる要塞にもまして確固たる保証を見る」
とは鉄血宰相ビスマルクの名言であるが、
さて今日我が日本の方は如何なるものであろうか。
posted by ハジャケン at 09:58| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清新12

清新 十二

 山本伸一が「明日の自由勤行会には、何人ぐらいの方が、お見えになるかね」と尋ねると、山中暉男が「数千人は来ると思います」と答えた。
 「そうか。ほぼ同時刻に大挙して会員の皆さんが訪れた場合、どうすればスムーズに会場の出入りができるかがポイントです。特に混乱するのが玄関だ。
 また、履物の間違いがないように対策を考えよう。学会の会館に喜んでやって来て、自分の靴を間違えて履かれていかれたりしたら、歓喜も一瞬にして冷めてしまいます。
 それと、会館の建物のなかに入りきれない方々の待機場所をどうするかです。
 あと、近隣はもとより、駅にもしかるべき幹部があいさつに行きなさい。普段の何倍もの乗降客になるので、切符だって足りなくなってしまうかもしれないからね」
 伸一は、矢継ぎ早に指示していった。
 「私は、管理者室に待機していて、大広間がいっぱいになったら勤行を始めます。何度でも行います。ともかく、明日の勤行会は大事です。無事故、大成功を祈って、皆で真剣に唱題していこう」
 伸一が陣頭指揮しての準備となった。
 一月十二日の早朝、水沢文化会館には、既に何人もの学会員の姿があった。
 「自由勤行会」という名称を初めて聞いた人が多く、こう話し合ったのだ。
 「山本先生が水沢文化会館で一緒に勤行をしてくださるという話だ。朝の勤行にちがいない。それなら午前六時前には、会館に着いていた方がいいだろう」
 連絡を流した人が、嬉しさのあまり、詳細を伝え忘れてしまったようだ。
 多忙を極める時ほど、慎重で丁寧な物事への対処が求められる。一つの手違いが、大きな混乱につながりかねないからだ。
 ほどなく、帽子、襟巻き、防寒着に身を固めた同志が、寒風のなか、欣喜雀躍しながら、続々と集って来た。伸一は、参加者に温かい飲み物を用意するよう指示した。
posted by ハジャケン at 09:57| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年6月28日

 「東洋における居留地として最もよく設計された美しい街」――神戸市の街並みについて、明治初期の英字新聞には高い評価が記されている。1868年の神戸港開港とともに、外国人の居留地が造られた。当時の面影を伝える建築物が多く現存する▼開港後、来航者の増加に伴い、居留地以外にも、外国人住宅ができた。その多くは戦火によって失われたが、中央区北野に残る異人館街は、国際都市・神戸の象徴としてにぎわっている▼その近くで長年、広布の活動に励むインド出身の婦人がいる。入会6年後の1979年2月、池田SGI会長のインド訪問に通訳として随行。“インドの顔として頑張るんだよ”との激励を胸に、インド広布を真剣に祈りつつ、日本在住の友人らに仏法対話を続けてきた▼今、婦人の友人が数多くインドの地で入会し、来日の折には神戸を訪ねてくるという。時には座談会にもゲスト参加。その求道の姿は、地域の同志の大きな励みになっている。「池田先生の死身弘法の行動によって、世界広布が同時進行する時代が到来したと実感します」と話す婦人の言葉には説得力があった▼SGI会長が「世界の神戸」とたたえた街。その一角に、世界広布新時代の鼓動が、高らかに響いている。(芯)
posted by ハジャケン at 09:50| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇者

第四章 勇者  各部・各グループの友へ
秀才の   
 未来は世界の   
  指導者と   
学ぶ学園   
 深き使命よ   
  創価学園の卒業生へ  
  2009.3.16
posted by ハジャケン at 09:47| 山梨 ☀| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月28日
ほかの人には当たり前のようなことでも、
自分にはわからなかったり、
できなかったりすれば、
誰だって落ち込んでしまう。
しかし、大切なのは、
そこからどうするかです。何ごとも、
最初から完璧な人などいません。
つまずいたら、「よし頑張ろう」
「さあ、これからだ」と立ち上がればいいのです。
  
posted by ハジャケン at 09:46| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

先 妣

死んだお母さんの事を先妣【せんぴ】と言う。
妣という文字は配偶、つまり父のつれあいという意味と同時に、
親しむという意味を持っておる。
母というものは、亡くなった母の年になってみて、
はじめて親父の本当のよき配偶であった、
本当にやさしく親しめる人であった、ということが解る。
所謂恋愛の相手とは違う。
本当の愛、本当の女性、母・妻、というものは、
亡くなった母の年になると解る。
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清新11

清新 十一

 山本伸一は、水沢文化会館に残っていた役員の代表たちに、次々と声をかけていった。特に清掃の役員に就いていた婦人など、陰で黙々と作業に当たってくれた人たちには、丁重に御礼を述べながら語り合った。
 それから、書類の決裁などの執務を開始すると、二階のロビーから大勢の人声が響いてきた。行ってみると、女子部の合唱団のメンバーが集まっていた。
 彼女たちは、この日の代表幹部会で合唱するつもりで練習に励んできた。しかし、会場の収容人数などの関係で、婦人部の合唱団だけが歌うことになり、女子部は近くの学会員宅に集って唱題し、成功を祈っていたのだ。
 伸一は、声をかけた。
 「みんな、どうしたの?」
 「はい。代表幹部会には参加できなかったので、先生にお会いしたくてまいりました」
 「そうか。申し訳なかったね。明日、自由勤行会を開催するように頼んでおいたから、来られる方はいらっしゃい。お父さん、お母さんも、呼んであげてください。
 女子部は創価の花です。皆さんがいれば、岩手の未来は希望に輝く。二十一世紀には、日本一、世界一の岩手創価学会を築いてください。楽しみにしているよ。何があっても負けないで、三十年後、五十年後をめざして、人生を勝ち進んでいってください」
 伸一は、女子部の合唱団を激励すると、副会長の青田進や東北長の山中暉男、岩手の県幹部らと、明日の自由勤行会の打ち合わせに入った。既に岩手の各組織には、「明十二日の午前と午後、水沢文化会館で山本会長が出席して自由勤行会が開催されます。参加を希望される方は、ご自由にいらしてください」との連絡が流れ始めていた。
 伸一は、青田らに言った。
 「明日は、一度に大勢の皆さんが会館に来られることになるから、万全の対策と準備が必要です。一つ一つ詰めていこう」
 大雑把な計画で良しとすれば遺漏が生じる。成功には具体的な細かい詰めが不可欠だ。
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☁| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年6月27日

 将棋の指し手の数は、可能性としては、どのくらいあるか。米国カーネギー・メロン大学の金出武雄教授によると「十の三十乗」くらいで、地球上の空気に含まれる分子の数より多いという(羽生善治著『決断力』角川書店)▼将棋では、相手の指し手によって、こちらの指し手も変わる。過去の経験やデータは大事だが、それでも、戦局がどう動くか、未知の部分が多い。思い切って一手を繰り出す勇気と決断が問われる▼将棋は伝統文化の一つでもあり、様式美を味わうといった楽しみ方もあるが、羽生善治氏は手厳しい。「将棋は厳然と勝ち負けの結果が出る。『道』や『芸』の世界に走ると言い逃れができる。だが、それは甘えだ」▼宇宙が無常であり、絶えず成住壊空の変化を繰り返すように、人間も、進歩か退歩か、成長か堕落かしかない。「相変わらず」ということはない。日蓮大聖人は「夫れ仏法と申すは勝負をさきとし」(御書1165ページ)と。主君に疎まれ、所領没収の危機に陥った四条金吾に、逃げてはならない、信心で真正面から難局に立ち向かいなさい、と教えられたのである▼境遇に一喜一憂するよりも、自分は前進しているのかどうか。「きょうは勝った」という一日一日を、悔いなく積み重ねていこう。(敬)
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇者

第四章 勇者  各部・各グループの友へ
信念と   
 勝利を忘るな   
  創春会   
貴女の一族   
 朗らか王女に   
 「創春会」結成三十五周年を記念して  
  2010.2.27
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☁| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月27日
挑戦の魂に行き詰まりはない。
「幸福は、挑戦する人間にこそ微笑む」
との西洋のことわざがあるが、
すべては行動から始まる。
行動を開始すれば、知恵がわく。
  
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

人間の分岐点

せっかく苦労をして、妻の座あるいは夫の座が安定し、
人間もできてきたという年齢が、
あるいは成功であるのか、失敗であるのか分かれる年齢が、
女子は四十過ぎ、男子は五十過ぎであります。
男子はその頃から大体自信もでき、度胸もでき、
経験が積まれるようになって、立派になる人間と、
俗物になる人間とに分かれてくる。
これは男女とも同様でありますが、
男子のほうが女子より少し遅れます。
posted by ハジャケン at 09:54| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年6月26日

 熊本の「天草エアライン」は、座席数48のプロペラ機1機しかない、日本一小さな航空会社。今回の地震では、臨時便の運航などで地域の足を支えてきた▼飛行機が着陸すると、台車を押して近づき、荷物を運ぶ男性がいる。機内に乗り込んで掃除もする。保安検査のうち、資格の要らない業務も手伝う。男性とは、同社の社長である▼倒産の危機に直面する中、「この人はこの会社を本当に良くしたいと思っている。自分たちも力になろう」との思いが社員に芽生えた。社長は自ら範を示しつつ、「自分の部署のことだけを考えずに会社全体のために動くこと」を訴えた。「社員全員が社長である」と(鳥海高太朗著『天草エアラインの奇跡。』集英社)▼フォークリフトを扱う企業で、全国の営業員約400人のうち1位の成績を収めた北海道の男子部員がいる。整備部門から、未経験の営業部門へ異動した時、“会社のため、やるなら営業部長のつもりで”と決意したという。その上で、3年間通い続けた末に新規開拓するなど、粘り強く挑戦を重ね、結果を出した▼大局観に立って考える。その上で、“評論家”にならず、一重深い使命感を持って率先垂範し、目下の課題に全力で挑む。その人には限りない成長が約束されている。(鉄)
posted by ハジャケン at 09:52| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇者

第四章 勇者  各部・各グループの友へ
聡明な   
 わが娘たる   
  短大生   
幸福街道   
 明るく歩めや   
  創価女子短期大学生の幸福を祈りつつ  
   2010.2.22
posted by ハジャケン at 09:49| 山梨 ☁| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 6月26日

女性に贈ることば365日
 池田大作
6月26日
あなたの笑顔に、
人はあなたの優しさを感じる。
苦しく、つらい時があるかもしれない。
しかし、あなたの笑顔があるかぎり、
温かな世界が広がることを忘れてはならない。
posted by ハジャケン at 09:48| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする