2016年03月31日

器度を養う

 我々が始終心がけなければならないことは、
 平生できるだけ人物の器度を養っておくことである。
 器度とは平たく言えば、大いさである。
 由来、宇宙人生は複雑な矛盾の統一であって、
 一事に拘泥(こうでい)すれば身動きが取れない。
 小廉曲謹(しょうれんきょくきん)や
 悲歌慷慨(ひかこうがい)に終わるのは
 いずれも根本において、
 器度狭小(きどきょうしょう)なためといわねばならない。
posted by ハジャケン at 10:03| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力走7

力走 七

 山本伸一は、群馬の歌「広布の鐘」の歌詞を届けてもらう時、伝言を添えた。
 「作曲も、私の方で依頼しておきます。曲ができたら、すぐに伝えます」
 群馬のメンバーは、一日千秋の思いで、曲の完成を待った。
 十一月二十一日夜、群馬センターでは、県幹部らが集い、十二月度の活動をめぐって協議会が行われていた。
 そこに電話が入った。伸一に同行していた幹部からであった。
 「群馬の歌の曲ができました。これからテープで流しますので聴いてください」
 電話に出た県の幹部が答えた。
 「しばらくお待ちください。それを録音させていただきます」
 受話器から歌声と調べが響いた。希望あふれる、力強い歌となっていた。
  
 一、我等を守り 見つめたる
   赤城の風は 妙法と
   群馬の天地に 幸薫れ
   さあ肩くみて 友よ起て
  
 二、あふるる文化の 上毛に
   今再びの 広宣の
   この世の夢か 楽土をば
   さあ築きゆけ 鐘鳴らせ
  
 三、ロマンの歴史 満々と
   群馬の足跡 朗らかに
   仰げば天に 虹光り
   ああ我等の誓い 忘れまじ
   利根と榛名に 忘れまじ
  
 それは、二十一世紀への新しき前進を開始する群馬の、旅立ちの曲であった。
 皆の脳裏に、山紫水明の美しき郷土の天地が次々と浮かんだ。その地で戦う自分たちを、じっと見つめる、伸一の心を感じた。
 電話から聞こえてくる歌と曲に耳を傾ける県幹部の目は、涙に潤んでいた。
posted by ハジャケン at 10:01| 山梨 ☁| 新・人間革命 29-2力走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年3月31日

 歴史作家・火坂雅志氏の遺作となった『左近』(PHP研究所)。豪胆で名をはせた武将・島左近の真っすぐな生き方に魅了された▼信ずるに足る主君を求めて流浪し、最後に石田三成に仕えた左近。その運命やいかに――小説を貫くテーマは、誠をささげることのできる師と巡り合うことの難しさだ▼50年前の3月、ブラジル訪問中の池田SGI会長と初の出会いを結んだ青年の一人に、現ブラジルSGI理事長のコウサカさんがいる。以後、軍事政権の時代を耐え、皆で地域貢献に奔走。社会に信頼を広げ、今や世界の模範のブラジルと仰がれるまでに。「今の私があるのは、50年前の池田先生との出会いがあったからです」と、あふれる感謝を語る▼日本では今月、結成50周年を飾った壮年部が元気だ。東京のある区の壮年部は、小説『人間革命』『新・人間革命』を学ぶ大学校の修了式を開催。席上、大学校の歌が披露された。「広布の要は われらが壮年/生涯青春 使命に燃えて/今、挑戦の時代 ほとばしる情熱で/学び闘う ともどもに」。最後の「ともどもに」は「師とともに」「同志とともに」の意味を込めた▼師匠はいつも見守っている。励まし合う友もいる。だから私たちは負けない。創価の誇りを胸に、さあ前進!(進)
posted by ハジャケン at 09:57| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽春

民衆の舞 池田大作
第二章 陽春  新年を祝う
恐れるな   
 断固と勝ち抜け   
  わが人生   
嫉妬の世界に   
 仏の我らは   
 2009.1.1
posted by ハジャケン at 09:54| 山梨 ☁| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月31日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月31日
子どもたちへの無関心は、放任に通じる。
親同士も声をかけあい、
互いに子どもたちの成長を見守るように心がけたい。
posted by ハジャケン at 09:53| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

器度を養う

 我々が始終心がけなければならないことは、
 平生できるだけ人物の器度を養っておくことである。
 器度とは平たく言えば、大いさである。
 由来、宇宙人生は複雑な矛盾の統一であって、
 一事に拘泥(こうでい)すれば身動きが取れない。
 小廉曲謹(しょうれんきょくきん)や
 悲歌慷慨(ひかこうがい)に終わるのは
 いずれも根本において、
 器度狭小(きどきょうしょう)なためといわねばならない。
posted by ハジャケン at 09:51| 山梨 | 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力走6

力走 六

 山本伸一は記念提言で、「恵まれない、最も光の当たらない人びとのなかに、率先して入り、対話していく」ことこそ、一個の人間を大切にする具体的実践であり、それが「即『地方の時代』の先駆け」となると訴えた。
 その言の通りに彼も行動を開始したのだ。
 “広布の新潮流は地方にこそある。これまで、あまり訪問できなかった地域へ行き、会うことのできなかった同志と会おう!”
 キューバの師父ホセ・マルティも、「真の革命は地方で起こっている」と語っている。
 記念提言が「聖教新聞」紙上に掲載された二日後の十一月二十一日、彼は、神奈川県の戸塚文化会館で行われた学会創立四十八周年を記念する戸塚幹部会に出席。翌二十二日には同会館で、開館一周年を記念する勤行会が六回にわたって開催された。伸一は、神奈川県の大躍進、大勝利を願い、全精魂を傾けて指導を重ねた。新たな力走の開始であった。
 この二十二日、群馬県では代表幹部会が行われ、伸一が作詞した県歌「広布の鐘」が発表されたのである。
 十日ほど前、群馬の幹部たちから、伸一に、“県の新しい出発のために県歌の作詞を”との要請があった。しかし、彼には、関西指導の予定があり、引き続き、学会創立四十八周年の記念行事が控えていた。群馬の幹部は、“歌詞を作ってもらえるのは、かなり先になるだろう”と思っていたのだ。
 ところが、東京・荒川文化会館で、総会の意義をとどめる記念の本部幹部会が開催された十一月十八日、会場にいた群馬の県長のもとへ、県歌の歌詞が届けられたのである。
 伸一は、関西指導の激闘のなか、わずかな時間を見つけては歌詞を考え、この日、さらに推敲を重ねて完成させたのであった。
 彼は、“同志のために”と必死であった。
 その一念が心を強くし、力を倍増させる。
 群馬の同志は、素早い伸一の対応に感動を覚えた。しかも、学会創立の記念日に歌詞を手にしただけに、その喜びは大きかった。

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『ホセ・マルティ選集 第2巻』青木康征・柳沼孝一郎訳、日本経済評論社
posted by ハジャケン at 09:44| 山梨 | 新・人間革命 29-2力走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年3月30日

 恩に関する言葉の一つに「学恩」がある。教師に限らず、青春時代にお世話になった人々との思い出は色あせない▼「涙が止まりませんでした……」。今月23日に東京の総本部で行われた日中友好青年大会の後、目を潤ませる出席者がいた。中華全国青年連合会(全青連)代表団の孟洋副秘書長である▼会合では、池田名誉会長が中国の青年たちと懇談し、励ましてきた姿が映像で紹介された。「留学生に対して池田先生から度重なるご伝言・激励を頂いたことを思い出し、心の底から感動しました」。孟洋副秘書長はかつて、創価大学に留学していた。今、全青連の国際部副部長を務める▼日中国交正常化後の1975年春、創大は、新中国から初の正式な留学生を受け入れた。創立者の名誉会長は寮生に伝言した。「標準語で話してほしい」。寮には関西出身の学生が多かった。日中友好の舞台に羽ばたく留学生が標準語を覚えられるように、との配慮だった。こうしたこまやかで、深い心遣いを胸に、留学生たちは多彩な立場で活躍している▼会合で全青連代表団の魯亜団長は「学会青年部の情熱を感じました。帰国したら中国の青年に伝えたい」と顔を上気させた。心を揺さぶるのは心。真心は、声、表情、振る舞いに表れ、相手に必ず届く。(肇)
posted by ハジャケン at 09:41| 山梨 | 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽春

民衆の舞 池田大作
第二章 陽春  新年を祝う
栄光と   
 使命の大道   
  慈悲の道   
我らの前進   
 全勝 晴ればれ   
 2009.1.1
posted by ハジャケン at 09:39| 山梨 | 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月30日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月30日
若き日の悲運を耐え抜いて、
人の何倍も苦労を重ねた分、
人の何倍も豊かな人生を送ることができる。
posted by ハジャケン at 09:38| 山梨 | 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

五十歩百歩

 この頃の心理学・教育学・その他の研究に依(よ)ると、
 導きが良ければ、
 それ程勝れた素質を持っていない者でも
 みな出来るようになる。
 教養宜しきを得れば、
 人間というものは五十歩百歩、
 英雄も凡人もそれほど変わるものではないという。
 教養宜しきを得れば、
 われわれも松陰(しょういん)(吉田松陰)や
 左内(さない)(橋本左内)と
 似たり寄ったりになることが出来るのです。
posted by ハジャケン at 09:35| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力走5

力走 五

 記念提言の最後に、山本伸一は、十四世紀から十六世紀にヨーロッパで起こったルネサンス運動について論じた。
 ――ルネサンスは、一切に君臨していた絶対神を個人の内面へおろした、画期的な時代の流れであったといってよい。しかし、教会を中心とした中世的な世界観が否定され、人間性の解放が叫ばれながらも、そのあとにきたものは、個人の尊厳とは異なる外側の権威の絶対化であった。進歩信仰、制度信仰、資本信仰、科学信仰、核信仰など、その流れは、数百年にわたったのである。
 だが、今や、そのひずみは際限に達し、これまでの価値観が急速に崩れ、人間の内面、生き方に大きな空白が生じているのだ。
 「私は、これからの理念は、人びとの心の奥に根をおろした宗教から発するものでなければならないと信じております。外なる権威の絶対化から、一個の人間の内なる変革を第一義とすべき時代に入ってきている。それは、地道ではあるが、第二次ルネサンスともいうべき、時代の趨勢とならざるをえないと考えるのであります。
 その主役は、一人ひとりの庶民であり、その戦いは、自己自身の人生の転換から出発すべきであります」
 そして伸一は、それを可能にする道は、日蓮大聖人の仏法にあることを示して、結びとしたのである。
 彼は、二十一世紀のために、仏法の法理を社会へ、世界へと開き、人類の新たな活路を開かなければならないと、固く、強く、決意していた。
 日蓮大聖人は「立正安国論」で「一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を禱らん者か」(御書三一ページ)と仰せである。「四表の静謐」とは社会、世界の平和と繁栄を意味する。
 宗教者が人類的課題に眼を閉ざし、社会に背を向けるならば、宗教の根本的な使命である「救済」の放棄となる。荒れ狂う現実社会に飛び込み、人びとを苦悩から解放するために戦ってこそ、真の仏法者なのだ。
posted by ハジャケン at 09:34| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-2力走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年3月29日

 北海道新幹線の一番列車が青函トンネルに入った際、車掌が粋なアナウンスを始めた。「(トンネルの)開通までには多くの苦労がありました。しかし、海面下という特殊な環境の中でも世界に誇る技術を生み出しつつ、困難に打ち勝ってきた……」▼世界最長の海底鉄道トンネル。その工事は、異常出水事故など問題の連続だった。34人が殉職。工事の指揮者も「一〇〇のことをやったとすれば、成功したのは本当にせいぜい一〇ぐらい」と述懐する▼だが、彼らは「失敗」の一つ一つに意義を見いだした。「その一〇で、人間が育ったんじゃなくて、残りの九〇で若い技術者が育っていった」「試行錯誤のないものには進歩はあり得ない」(持田豊「青函トンネルを掘って」)。24年に及ぶ難工事は、若い世代へ技術をつなぐことなくして、できなかった▼生誕150年の文豪ロマン・ロランは「人は望むとおりのことができるものではない」「肝腎なことは、ねえ、望んだり生きたりするのに飽きないことだ」と(豊島与志雄訳『ジャン・クリストフ』岩波文庫)▼新幹線もトンネルも、山のように失敗を重ね、それでも望みを捨てなかった人々の挑戦の結晶だ。「希望」の持つ偉大な力を示しつつ、新幹線が北海の大地を走り始めた。(鉄)
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽春

民衆の舞 池田大作
第二章 陽春  新年を祝う
雄々しくも   
 貴女の熱意を   
  三世まで   
偉大な功徳を   
 諸天は讃えむ   
 2009.1.1
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☀| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月29日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月29日
人生はまず、「どんな困難も乗り越えて見せる」
「小さな自分の殻を破ってみせる」
という気概を持つことだ。
そこから、いっさいが開けていく。
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

すべては志

 頭が悪いから勉強が出来ぬなどと考えることが間違いで、
 志が一度立てば、
 頭の悪いことぐらい問題ではないのであります。
 昔から立派な仕事を成し遂げた人で
 頭の悪い人が随分おります。
 なまじっか頭が良いと、
 却って安心して怠け者になったり、
 脱線したりする場合が多い。
 頭の悪い者が努力して、勉強して、
 たたき上げたというのは立派なものであります。
 書でも、書才というか器用な人の書は、
 筆先でごまかすために軽薄なものが多い。
 しかし才能のないものが
 一所懸命習いこんだ字というものは、
 何とも言いようのない味を持っております。
posted by ハジャケン at 09:50| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力走4

力走 四

 記念提言は、核心に入っていった。
 山本伸一は、今や世界は一体化しており、なかでも自然・環境破壊は、一国や一地域を越えて、全地球に壊滅的な影響をもたらすと警告を発した。そして、各国の英知を結集して、全地球的規模において人類が生き延びる方策を研究、討議し、具体的な解決策を見いだしていくべきであると主張。そのための話し合いと取り決めの場として、「環境国連」の創設を提唱したのだ。
 また、近代科学の技術を駆使した開発によって経済的繁栄を享受してきた先進諸国と、その恩恵に浴さず、飢餓と貧困にあえぐ開発途上国、つまり「南・北」の問題にも言及。両者の調和、共存共栄を図っていくために、開発途上国の犠牲のうえに繁栄を築いてきた先進国は、とりわけ厳しい試練を自らに課していく道義的責任があると指摘した。
 さらに、環境破壊をもたらした大量消費文明を築き上げてきたのは、人間の欲望のとめどなき拡大であり、その欲望を限定、抑制することこそ、最重要の課題であると訴えた。
 「そのためにも、そうした英知を開発する哲学、なかでも宗教の重要性を訴えたいのであります。
 “もの”から“こころ”へ、物質至上主義から生命至上主義へ――すなわち、御書に仰せの『蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり』(一一七三ページ)との価値観が、今ほど要請される時代はありません。
 この価値観が、人びとの心に定着していく時、人類のかかえる大きな問題も、いかなる試練があろうと、もつれた糸をほぐすように、解決の方向へ進むと、私は確信しております。“内なる破壊”が“外なる破壊”と緊密に繫がっているとすれば、“内なる調和”が“外なる調和”を呼んでいくことも、また必然であるからであります」
 仏法の視座からの、伸一の叫びであった。
 人類の直面する複雑で困難な問題も、仏法という生命の根源の法に立ち返るならば、必ずや、新たなる創造の道が開かれる。
posted by ハジャケン at 09:45| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-2力走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年3月28日

 働く世代の人口が減っていく日本では、経済規模を維持するために、官民挙げて労働生産性の向上が叫ばれる。では、その方法とは――▼米「ニューヨーク・タイムズ」が書き、日本のウェブサイト「現代ビジネス」(3月10日)でも紹介された、米グーグル社の取り組みに目が留まった。同社では、専門家を結集し、社内のさまざまな作業グループを徹底的に観察・分析し、成績の良いグループに共通するパターンを探った▼能力の高い人が多いか、働き方のルールが厳格か緩やかか、などは関係なく、浮かび上がったのは「心理的安全性」、つまり“ありのままの自分”“本来の自分”を安心してさらけ出せるチームは、生産性が高い事実だった▼企業の生産性の話を、単純に一般化して語るべきではないだろう。だが、自身の悩みや弱さを皆が赤裸々に語り合い、励まし合いながら進む中に、創価学会の強さがあることを想起せずにはいられない。「組織力」といっても、その中身は、一人一人を大切にし、誰もがありのままで輝ける場所であるということなのだ▼日蓮仏法は「桜梅桃李」と説く。桜は桜、梅は梅、桃は桃、李は李なりに美しい。花咲き誇る春。人間革命への挑戦を皆でたたえ合いながら、「5月3日」へ進みたい。(飛)
posted by ハジャケン at 09:42| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽春

民衆の舞 池田大作
第二章 陽春  新年を祝う
全世界   
 平和を祈らむ   
  わが創価   
尊き仏勅   
 晴ればれ光れや   
 2009.1.1
posted by ハジャケン at 09:39| 山梨 ☀| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月28日
知恵は慈悲から生まれる。
慈悲は勇気から生まれる。
勇気が慈悲に通じ、
さらに知恵に通ずるのだ。
posted by ハジャケン at 09:38| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

先輩のユーモア

 道二つ仁と不仁の追分(おいわけ)や
  左は地獄右は極楽―白隠(はくいん)
 気は長く勤めは堅く色薄く
  食細うして心広かれ―天海(てんかい)
 欲深き人の心と降る雪は
  つもるにつれて道を失ふ―高橋泥舟(たかはしでいしゅう)
 身を削り人をば救ふすりこ木の
  この味知れる人ぞ尊とき―親鸞(しんらん)
 ※上人越後回国中、
 すりこ木の図に賛を乞われてものせし歌
 この家を貧乏神がとりまきて
 七福神の出所もなし―仙崖(せんがい)
 (評伝 日本もかくのごとし)
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年3月27日

 福島・いわき文化会館の「新生 東北“福光桜”」のつぼみが膨らみ始めた。厳冬を越えて開く花は、「冬は必ず春となる」と教えてくれる。それは、人の姿も同じだ▼「うつくしまフェニックスグループ」(原発事故等の影響で福島県内外に避難した友)の首都圏大会が先日、東京で行われた。終了後、震災以前に住んでいた市町村別の懇談会が持たれた。そこで、発言の順番が回ってきた一人の女子部員が泣きだしてしまった▼彼女は目が不自由で、人の顔も判別できないほどだった。医師は「回復は難しい」と言ったが、手術を決意。その話を各地に避難する多くの同郷の友が聞き、電話で彼女を励まし続けていた▼友の真心に包まれて臨んだ手術は見事成功。視力は驚異的に回復した。懇談会の場で彼女が聞いたのは、忘れられない「励ましの声」だった。そして目にはっきりと映るのは、その声の持ち主である友の顔、顔、顔……。感謝の思いが込み上げ、涙を抑えることができなかったのだ▼出口のないトンネルはない。闇の中にいると、出口が見えないだけだ。諦めずに「勇気の一歩」を踏み出せば、希望の光は見えてくる。そして、勇気をわき立たせてくれるもの――それは、どんな時も絶え間なく注がれる励ましの声である。(城)
posted by ハジャケン at 09:21| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽春

民衆の舞 池田大作
第二章 陽春  新年を祝う
大聖人   
 仰せのままの   
  行学に   
励み 出せや   
 仏の力を   
 2010.1.1
posted by ハジャケン at 09:18| 山梨 ☀| 民衆の舞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 3月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
3月27日
地上にひとつの太陽が昇れば、
万物はエネルギーを受けることができる。
同じように、家族のなかで、
自分が太陽となれば、
その光で周囲を照らしていくことができる。
posted by ハジャケン at 09:17| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする