2017年11月16日

 暁鐘 六十四

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 六十四

 「私は一人で立つ」「自分の足で、敢然と」(注)とは、カナダの画家で作家のエミリー・カーの心意気である。
 信心を始めたテルコ・イズミヤは、たった一人から活動を開始した。日本から送られてくる「聖教新聞」を頼りに、知り合った人たちを訪ねては仏法対話した。
 会合などには、国境を越えて、アメリカのバファローやニューヨークへ、長距離バスや飛行機で通わねばならなかった。
 夫は、彼女の信心のよき理解者であり、よく車で送迎してくれた。しかし、自分は信心をしようとはしなかった。
 夫のヒロシ・イズミヤは、一九二八年(昭和三年)、カナダのバンクーバー島に生まれた。彼の父は和歌山県からカナダに渡り、一家は漁で暮らしを立ててきた。
 四一年(同十六年)、太平洋戦争が始まると、イギリス連邦のカナダにとって、日本は敵国となった。翌年、日系人は、ロッキー山中の収容所に入れられた。厳冬の季節になると、零下二〇度を下回った。
 カナダに忠誠を尽くすために、軍隊に志願する青年もいた。それを「裏切り」として非難する人もいた。日系人同士がいがみ合い、心までもが引き裂かれていった。
 戦争が終わった。しかし、帰るべき家はなかった。日系人は、日本に帰るか、東部に移住するか、選択を迫られた。
 ヒロシの父は既に七十歳を超えており、「死ぬ時は日本で」との思いがあった。一家は、父の故郷の和歌山県へ帰った。
 やがてヒロシは、東京に出た。大学進学を決意し、進駐軍の基地にある店で働きながら勉強に励んだ。不慣れな日本語の習得にも努力を重ね、慶応大学の経済学部に進むことができた。卒業後、外資系の銀行に勤めるが、カナダへ帰って日本との懸け橋になりたいとの思いが募り始めた。彼は、トロントに出張所のある日本の商社に勤務した。
 戦争で苦しんだ人には、平和のために生き抜く使命がある。

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 ケイト・ブレイド著『野に棲む魂の画家 エミリー・カー』上野眞枝訳、春秋社
posted by ハジャケン at 09:07| 山梨 ☀| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年11月16日

手掛けた作品は4000曲余。昭和を代表する作曲家の古賀政男氏は、幼少期から音楽の才に恵まれていた。琴であれ、三味線であれ、その音色に夢中になれば、ほどなく独力で弾きこなせるようになったという▼その原動力について氏は、「少年時代の私には“驚く”という能力があった」と振り返った(『歌はわが友わが心』潮出版社)。珍しい楽器に出合えば、驚きと好奇心で心がいっぱいになった。どんどん手に取り、音を出さずにはいられない。そうした姿勢が、やがて作曲という創造活動へと大きく開花したのだろう▼「驚く」「感動する」という心の動きが、新しい「行動」へとつながっていく。信仰の世界にも相通ずるものを感じる▼御書には「不軽菩薩は初随喜の人」(507ページ)と。初随喜とは、法華経を聞き、歓喜の心を起こすという、信心修行の中でも初信の位を示す。不軽菩薩は、初めて正しい法を知った感動のまま、真っすぐに仏法を語り抜いた。いかなる迫害にもひるまない、確信に満ちた姿は、信仰者の模範と仰がれる▼仏法と出合い、目の前が開けたときの「驚き」。他者に尽くす同志の姿に、充実の人生を知った「感動」。それぞれの“信心の原点”を、胸に輝かせ、さあ、生き生きと友との対話に歩こう。(値)
posted by ハジャケン at 09:05| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊戯の禍

 現代は余りに遊戯が流行している。
 魂をこめた自己の磨錬【まれん】がない。
 禍【わざわい】であると思う。
posted by ハジャケン at 09:04| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開目抄P225

大地は指ば・はづるとも春は・花は・さかずとも三類の敵人・必ず日本国にあるべし―――
 開目抄P225
posted by ハジャケン at 09:03| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開目抄P225

大地は指ば・はづるとも春は・花は・さかずとも三類の敵人・必ず日本国にあるべし―――
 開目抄P225
posted by ハジャケン at 09:02| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 11月16日

女性に贈ることば365日
 池田大作
11月16日
いつもいつも太陽の如く、
満々たる生命力をたたえ、
さわやかな笑顔で、
誰からも慕われ信頼される良識の人でありたい。



posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

暁鐘 六十三

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 六十三

 山本伸一がニューヨークを発って、カナダのトロント国際空港に到着したのは、六月二十一日の午後四時過ぎ(現地時間)のことであった。空港では、カナダの理事長であるルー・ヒロシ・イズミヤと、議長で彼の妻であるエリー・テルコ・イズミヤをはじめ、大勢のメンバーが、花束やカナダの国旗を持って一行を出迎えた。
 カナダは、伸一が一九六〇年(昭和三十五年)十月、最初の海外訪問の折にトロントを訪れて以来、二十一年ぶりである。
 思えば、その時、空港で一行を迎えてくれたのは、まだ未入会のテルコ・イズミヤただ一人であった。
 彼女は、この年の三月、日系二世のカナダ人で、商社に勤めるヒロシ・イズミヤと結婚し、四月にカナダへ渡った。
 そして、伸一が到着する日の朝、日本に住んでいる学会員の母親から、エアメールが届いたのだ。そこには、山本会長がカナダを訪れる旨が記され、「ぜひ空港でお迎えしてください」とあった。
 しかし、行くべきかどうか迷った。身重で気分も優れなかったし、“もしも折伏などされたら困る”との思いがあったからだ。それまで、母親から教えられた功徳などの話が、迷信めいた時代遅れなものに思え、信心に抵抗を感じていたのである。でも、行かなければ、母の願いを踏みにじり、親不孝をするような気がして、空港に向かったのだ。
 伸一は、出迎えてくれたことに心から感謝するとともに、家庭の様子などを尋ね、「なぜ、人生にとって信仰が大切か」を述べ、仏法とは、生命の法則であることを語った。
 この一年七カ月後、病気がちであった彼女は、健康になれるならと、自ら信心を始めた。体のことで夫に心配をかけたくなかったし、入会することで、母親を安心させたいとの思いもあった。
 心田に植えられた妙法の種は、時がくれば必ず発芽する。大切なことは、自分に関わる人びとと仏縁を結び、種を植えることだ。
posted by ハジャケン at 10:33| 山梨 ☔| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年11月15日

「平和ほど、尊きものはない。平和ほど、幸福なものはない。平和こそ、人類の進むべき、根本の第一歩であらねばならない」――小説『新・人間革命』の冒頭の一節である▼スペインのリーバス・バシアマドリード市、モンゴルのチョイバルサン市、ニュージーランドのロトルア市などには、先の言葉を刻んだ記念碑が立つ。『新・人間革命』は、今や13言語で翻訳・出版され、海外でも広く読まれている▼小説『人間革命』は、山本伸一が第3代会長に就任する場面で幕を閉じる。その続編である『新・人間革命』は「旭日」の章でスタートした。そこには、赫々と昇り、世界を照らす太陽のごとく、恩師・戸田先生から託された広布の構想を、弟子が実現する意義が込められている▼『新・人間革命』第1巻の「あとがき」には、こうつづられている。「師の偉大な『構想』も、弟子が『実現』していかなければ、すべては幻となってしまう。師の示した『原理』は『応用』『展開』されてこそ価値をもつ」。その言葉通りの行動を、池田先生は貫いてきた▼『新・人間革命』第30巻「勝ち鬨」の章が、来月からスタートすることが発表された。一人一人の人生の「勝ち鬨」へ、日々、師の言葉を心に刻みつつ、新たな挑戦を開始しよう。(芯)
posted by ハジャケン at 10:29| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知識は愛

 真の知識は実は
 愛でなければならぬ。
 英語やフランス語が出来ても、
 哲学者や文芸家の
 名前や事蹟【じせき】を
 いくら識【し】っていても、
 そんなことは何等【なんら】
 人格価値を増すものでは無い。
 要はそれ等【ら】を通じて人格活動が
 如何【いか】に深く広くなるかに在る。
 小説などを読み噛【かじ】って
 人生問題を喋々【ちょうちょう】する娘より、
 黙【もく】して娘の着物を縫って居る
 母親の方に遥かに
 深い人生の知識がある。
posted by ハジャケン at 10:24| 山梨 ☔| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野殿御返事P1538

虎うそぶけば大風ふく・竜ぎんずれば雲をこる・野兎のうそぶき驢馬のいはうるに・風ふかず雲をこる事なし、
愚者が法華経をよみ賢者が義を談ずる時は国もさわがず事もをこらず、
聖人出現して仏のごとく法華経を談ぜん時・一国もさわぎ在世にすぎたる大難をこるべしとみえて候―――
 上野殿御返事P1538
posted by ハジャケン at 10:23| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 11月15日

女性に贈ることば365日
 池田大作
11月15日
自分が決めた使命の道を、人生の最終章まで、
悔いなく断固と貫きながら、生き抜き、
戦い抜いていくことだ。
そして自分自身が、勝利の満足をすることだ。
「誰かのように」ではなく、「私らしく」生きていくのだ。



posted by ハジャケン at 10:22| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

暁鐘 六十二

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 六十二

 山本伸一は、さらに、呼びかけた。
 「意見の違いがあったとしても
  確かなる目的の一点だけは
  忘れずに進みゆく君達よ!
  今日も学べ
  今日も動け
  今日も働け
  そして今日も一歩意義ある前進を
  明日もまた一歩朗らかな前進を
  尊極なる妙法と日々冥合しながら
  社会の泥沼の中に咲く
  蓮華の花の如く
  自己の尊き完成への坂を
  汗をふきながら上りゆくのだ
    
  信仰とは
  何ものをも恐れぬことだ
  何ものにも紛動されぬことだ
  何ものをも乗り越える力だ
  何ものをも解決していく源泉だ
  何ものにも勝ち乗り越えていく
  痛快なる人生行路のエンジンだ」
 彼は、広宣流布という新しき時代の建設は、一歩、また一歩と、日々、着実な前進を重ねていってこそ、なされるものであることを伝えたかった。また、その戦いは、自己自身の制覇から始まる、人間革命の闘争であることを知ってほしかったのである。
 そして、今、青年たちに後継のバトンを託したことを宣言し、詩を締めくくった。
 「私は広布への行動の一切を
  諸君に託したのだ
  一切の後継を信ずるがゆえに
  今 世界のすみずみを歩みゆくのだ
  君達が
  小さき道より
  大いなる道を創りゆくことを
  私は信ずる
  ゆえに
  私は楽しく幸せだ」
 会場は大拍手に包まれた。この魂の言葉を生命に刻み、アメリカの青年たちは立った。
posted by ハジャケン at 10:02| 山梨 | 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする