2017年10月19日

暁鐘 四十一

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 四十一

 翌七日、夏季研修会の一環として、ヨーロッパ広布二十周年の記念総会が開催された。山本伸一は、この席でも、御書を拝して、参加者と共に、仏法の法理を研鑽し合った。
 そのなかで彼は、一切衆生が「仏」の生命を具えていることを述べ、生命の尊厳を説く仏法は、古来、平和主義であったことに言及。戦時中、日本にあって、国家神道を精神の支柱に戦争を遂行する軍部政府の弾圧と戦った学会の歴史も、それを証明していると訴えた。
 さらに、平和を信条とする仏法者の、社会での在り方を示していった。
 「皆さんは、『一切法は皆是仏法なり』(御書五六三ページ)との御聖訓を深く心に体して、それぞれの国にあって、良識豊かな、人びとの模範となる、良き市民、良き社会人であってください。
 われわれは、暴力を絶対に否定します。その信念のもとに、各国各地にあっては、その伝統並びに風習を最大に尊重し、社会に信頼の根を深く張っていっていただきたい。そして、世界の友と、心と心を結び合い、平和をめざしていただきたいのであります」
 次いで伸一は、宇宙の根源の法たる妙法を具現した、御本尊の力について語った。
 「人間の心ほど、瞬間、瞬間、微妙に変化し、複雑極まりないものはない。その心を、いかに強く、揺るぎないものにしていくかによって、人生の充実、幸福も決まっていく。
 また、人生には、“なんで自分は、こんな目に遭わなければならないのか”と思うような、宿命・宿業の嵐に遭遇することもある。それを乗り越えていく、何ものにも負けない強い心を培うための信心なんです。
 妙法という宇宙根源の法を具現したものが御本尊です。私どもの信力、行力によって、南無妙法蓮華経の御本尊の仏力・法力に、わが生命が感応して、大生命力が涌現し、困難の厚き鉄の扉も必ずや開くことができる」
 フランスの思想家モンテーニュは言う。
 「勇猛さは、足と腕がしっかりしているということにはなく、心と魂の堅固さにある」(注)

 小説『新・人間革命』の引用文献
 注 『世界の名著19 モンテーニュ』荒木昭太郎訳、中央公論社
posted by ハジャケン at 08:59| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年10月19日

元プロ野球選手の豊田泰光さんは、黄金期の西鉄ライオンズなどで活躍した。4度出場した日本シリーズでは通算3割6分2厘の高打率。現役の終盤には2試合連続代打サヨナラ本塁打を放つなど、土壇場で大役を果たした。そんな豊田さんが論じる「勝負強さ」が興味深い▼いわく、勝負に弱い人は打席に入っても「なぜ打てないのか」と悩んでしまう。反対に、勝負強い人は「どうやったら打てるだろう」と考える。すると、相手が見えるようになり、目の前が一気に開けてくるという(『豊田泰光のチェンジアップ人生論』日本経済新聞社)▼いざという時、失敗を恐れ、一歩を踏み出せないことがある。その時に、“なぜできないか”と縮こまるのではなく“どうすればできるか”と心躍らせて挑みたい。克服すべき課題、対峙すべき相手に正面から向き合ってこそ、活路は開かれる▼日蓮大聖人は、広布の途上に起きる数々の大難にも「いよいよ・はりあげてせむべし」(御書1090ページ)と、満々たる“攻め”の精神を貫かれた。決して忘れてはならない言論闘争の魂である▼対話の場にあっては、どんな人も「必ず味方に変えてみせる!」との強き一念で、真実を語り抜きたい。その確信の声が、わが地域の広布の決定打となる。(値)
posted by ハジャケン at 08:55| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信 友

 誠の友には、
 限り無い信頼の歓喜、
 いつでも理解してもらえる
 という確信があるから、
 何でも言える楽しみ、
 雄々しく又赤裸々な
 生活の陶酔がある。
 多数の俗人から認められず、
 少数の友人から
 認められることは楽しい。
 偉大な魂の主はその敵を
 軽蔑するものではなく、
 実は忘れるものなのである。
 寛容は超脱の最も
 鄭寧な形式である。
 感情を害し易い性格の
 人々には春がない。
 真の友交は精神の宮殿に於ける
 心と心との楽しい饗宴である。
 こういう信友同志の集まりは、
 如何にささやかに
 見えるものであっても、
 そこに集まった人々を
 凡俗とは異った
 別の人間にし始めるものである。
  ――アベル・ボナールAbel Bonnard・友情論より。
posted by ハジャケン at 08:52| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信 友

 誠の友には、
 限り無い信頼の歓喜、
 いつでも理解してもらえる
 という確信があるから、
 何でも言える楽しみ、
 雄々しく又赤裸々な
 生活の陶酔がある。
 多数の俗人から認められず、
 少数の友人から
 認められることは楽しい。
 偉大な魂の主はその敵を
 軽蔑するものではなく、
 実は忘れるものなのである。
 寛容は超脱の最も
 鄭寧な形式である。
 感情を害し易い性格の
 人々には春がない。
 真の友交は精神の宮殿に於ける
 心と心との楽しい饗宴である。
 こういう信友同志の集まりは、
 如何にささやかに
 見えるものであっても、
 そこに集まった人々を
 凡俗とは異った
 別の人間にし始めるものである。
  ――アベル・ボナールAbel Bonnard・友情論より。
posted by ハジャケン at 08:50| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

種種御振舞御書P916

相模守殿こそ善智識よ平左衛門こそ提婆達多 よ念仏者は瞿伽(くぎゃ)利(り)尊者・持斎等は善星比丘なり、
在世は今にあり今は在世なり、法華経の肝心は諸法実相と・とかれて本末究竟等とのべられて候は是なり―――
 種種御振舞御書P916
posted by ハジャケン at 08:49| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月19日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月19日
声は鏡であり、その人の境涯が、
くっきりと映し出される。
声ひとつで、人びとに希望を与え、
納得と安心を広げ、
正義を奮い起こしていくことができる。


posted by ハジャケン at 08:46| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

暁鐘 四十

小説「新・人間革命」〉 暁鐘 四十

 六日の午後、欧州研修道場では、山本伸一が出席して、ヨーロッパ広布二十周年を記念する夏季研修会が晴れやかに開幕した。
 これには、地元フランスの百人をはじめ、十八カ国五百人のメンバーが集った。
 伸一は皆と厳粛に勤行し、参加者の多幸とヨーロッパ広布の伸展を祈った。そして、マイクに向かうと、こう提案した。
 「本日六月六日は、二十一世紀への飛翔を遂げる研修会が開催された日であると同時に、初代会長の牧口常三郎先生の生誕の日であります。この意義深き日を、『欧州の日』と定め、毎年、この日を節として、互いに前進を誓い合う記念日としてはどうかと思いますが、皆さん、いかがでしょうか!」
 出席者全員が挙手をもってこれに応え、正式に6・6「欧州の日」が決定したのだ。
 牧口は、伸一が入会する三年前に獄死しており、謦咳に接することはなかった。しかし、伸一は、恩師・戸田城聖を通して、その人格、信心、実践、教育思想について学んできた。また、牧口の著作を繰り返し読んでは、自身の大事な規範としてきた。
 著書の中で牧口は、平和への道筋として、「軍事的競争」「政治的競争」「経済的競争」から「人道的競争」に入ると予見している。
 伸一は、人類の平和のために、今こそ世界に、「人道的競争」への確かな潮流を創っていかなくてはならないと、決意を新たにするのであった。
 夏季研修会では、記念植樹が行われ、さらに、体験談大会に移った。信心によって前向きな自分になり、病との闘いにも勝った西ドイツの女子部員の体験や、念願の音楽家として活躍するイタリアの男子部員の体験などが披露され、大きな感動が広がった。
 いずれの体験にも、勇気と挑戦による境涯革命のドラマがあった。
 信仰とは、“絶望”“あきらめ”に打ち勝ち、前へ、前へと進みゆく原動力である。その前進のなかで自身の生命は磨き鍛えられ、境涯を大きく開いていくことができるのである。
posted by ハジャケン at 09:34| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-4暁鐘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年10月18日

60年前の10月18日、「大阪事件」の初公判が行われた。裁判に出廷した池田先生は、この日の夜、神戸で開催された大会に出席。日記に「今こそ、信心の前進の秋と知れ。友よ、次の勝利に、断固進もう。俺も、戦うぞ」とつづった▼「大阪事件」の「無罪判決」までに、先生は23回、法廷に立ち、その合間を縫っては関西の友を励ました。この間、裁判のことを語らなかった先生が、初めて裁判について切り出したのは判決前夜、尼崎市体育会館での関西男子部幹部会においてである▼先生は烈々と宣言した。「善良な市民を苦しめている権力とは、断固、一生涯戦う」。「大阪事件」の「無罪判決」は一面から見れば、神戸の大会に参加した日の“闘争宣言”に始まり、尼崎での“闘争宣言”で締めくくられたともいえる。この事実に、兵庫と関西の友の深き使命が示されていよう▼師が手づくりで築いた常勝の天地・関西。「常勝」について先生は「断固として『今を勝つ』ことだ。『今日を勝つ』ことだ」と。時の流れは一定ではない。瞬間瞬間、「自身に勝つ」との執念を燃やす時、同じ一日であっても、十年にも匹敵する歴史となる▼さあ「信心の前進の秋」だ。自身で決めた広布の最高峰を目指し、きょうも“勝利の一日”を飾ろう。(芯)
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年10月18日

60年前の10月18日、「大阪事件」の初公判が行われた。裁判に出廷した池田先生は、この日の夜、神戸で開催された大会に出席。日記に「今こそ、信心の前進の秋と知れ。友よ、次の勝利に、断固進もう。俺も、戦うぞ」とつづった▼「大阪事件」の「無罪判決」までに、先生は23回、法廷に立ち、その合間を縫っては関西の友を励ました。この間、裁判のことを語らなかった先生が、初めて裁判について切り出したのは判決前夜、尼崎市体育会館での関西男子部幹部会においてである▼先生は烈々と宣言した。「善良な市民を苦しめている権力とは、断固、一生涯戦う」。「大阪事件」の「無罪判決」は一面から見れば、神戸の大会に参加した日の“闘争宣言”に始まり、尼崎での“闘争宣言”で締めくくられたともいえる。この事実に、兵庫と関西の友の深き使命が示されていよう▼師が手づくりで築いた常勝の天地・関西。「常勝」について先生は「断固として『今を勝つ』ことだ。『今日を勝つ』ことだ」と。時の流れは一定ではない。瞬間瞬間、「自身に勝つ」との執念を燃やす時、同じ一日であっても、十年にも匹敵する歴史となる▼さあ「信心の前進の秋」だ。自身で決めた広布の最高峰を目指し、きょうも“勝利の一日”を飾ろう。(芯)
posted by ハジャケン at 09:32| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君子は豪傑たれ

 総じて善人とか君子とか
 いわれる者にこの志気が無い。
 彼等は沈香【ちんこう】も焚【た】かず
 屁【へ】も放【ひ】らざることを以て
 至善と考えたり、
 道傍【みちばた】の小石を除いたり、
 坂の車の後押しをしたことを、
 一大善事を為したかの如く
 昂奮【こうふん】する。
 遺憾ながら是の如き
 善人君子【ぜんにんくんし】は
 世に横行する
 悪人大俗【あくにんだいぞく】の
 輩【はい】から軽侮されても
 致方【いたしかた】が無い。
 まことは君子が
 豪傑でなければならぬ。
 聖人が英雄でなければならぬ。
posted by ハジャケン at 09:28| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総勘文抄P574

宿縁に催されて生を仏法流布の国土に受けたり善智識の縁に値いなば因果を分別して成仏す可き身を以て善智識に値(あ)うと雖も猶(なお)草木にも劣って身中の三因仏性(いんぶっしょう)を顕さずして
黙止(もだ)せる謂(いわ)れ有る可きや―――
 総勘文抄P574
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 10月18日

女性に贈ることば365日
 池田大作
10月18日
誰が見ていようと、見ていまいと、
つねに人間として正しい行動を貫いている。
いっさい恥じるところがない。
ゆえに心は青空の如く晴れ晴れとし、
悠々としていられる。これこそ、
優れた人物に共通する楽しみであり、
また誇りである。

posted by ハジャケン at 09:25| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする