2017年02月28日

大山48

小説「新・人間革命」〉 大山 四十八

 山本伸一が聖教新聞社を出て、自宅に向かったのは、午後十時前のことであった。
 空は雲に覆われ、月も星も隠れていた。
 これで人生ドラマの第一幕は終わったと思うと、深い感慨が胸に込み上げてくる。
 すべては、広布と学会の未来を、僧俗和合を、愛するわが同志のことを考えて、自分で決断したことであった。彼は思った。
 “これからも、学会の前途には、幾たびとなく怒濤が押し寄せ、それを乗り越えて進んでいかなくてはならないであろう。私が一身に責任を負って辞任することで、いったんは収まるかもしれないが、問題は、宗門僧らの理不尽な圧力は、過去にもあったし、今後も繰り返されるであろうということだ。それは広宣流布を進めるうえで、学会の最重要の懸案となっていくにちがいない。
 学会の支配を企てる僧の動きや、退転・反逆の徒の暗躍は、広宣流布を破壊する第六天の魔王の所為であり、悪鬼入其身の姿である。信心の眼で、その本質を見破り、尊き仏子には指一本差させぬという炎のような闘魂をたぎらせて戦う勇者がいなければ、学会を守ることなど、とてもできない。広宣流布の道も、全く閉ざされてしまうにちがいない”
 未来を見つめる伸一の、憂慮は深かった。
 玄関で、妻の峯子が微笑みながら待っていた。家に入ると、彼女はお茶をついだ。
 「これで会長は終わったよ」
 伸一の言葉に、にっこりと頷いた。
 「長い間、ご苦労様でした。体を壊さず、健康でよかったです。これからは、より大勢の会員の方に会えますね。世界中の同志の皆さんのところへも行けます。自由が来ましたね。本当のあなたの仕事ができますね」
 心に光が差した思いがした。妻は、会長就任の日を「山本家の葬式」と思い定め、この十九年間、懸命に支え、共に戦ってくれた。いよいよ「一閻浮提広宣流布」への平和旅を開始しようと決意した伸一の心も、よく知っていた。彼は、深い感謝の心をもって、「戦友」という言葉を嚙み締めた。
posted by ハジャケン at 09:53| 山梨 ☀| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年2月28日

龍宮城では洗濯物をどこに干していたのでしょう――ある女の子が疑問を口にすると、教室に笑い声が。分厚い眼鏡を掛けた教師が「うん、いい質問だ」と、豊かな発想を褒めた。そして「先生は、龍宮城では汚れ物が出なかったのかもしれないと思うな」と続けた。戸田先生の私塾「時習学館」での一こまだ▼ゲーテ研究の大家・山下肇氏は時習学館で学んだ一人。「戸田先生は私たちがどんな質問をしても、けっしてバカにせず、真剣に答えてくれました」と、かつての授業を振り返っている(『時習学館と戸田城聖』潮出版社)▼現在、創価班・牙城会大学校の集いが、各地で活発に行われている。発心したばかりのメンバーも多く、率直な質問や素朴な疑問が次々と。その求道の心をたたえつつ、大学校スタッフが真正面から答える。その誠実な姿に心打たれると、多くの大学校生が語っていた▼大学校では、年間目標の一つに「小説『人間革命』全12巻の読了」を掲げている。第1巻には、時習学館の様子を通し、「どんな子どもでも、優等生にしてみせるというのが、彼の教育実践の確信であった」と▼「人材を見極める」よりも、まず「全員が人材と決める」――これが人材育成の基本精神。相手を慈しみ、信じ抜く心である。(速)
posted by ハジャケン at 09:50| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真の社会

 真の社会はあくまでも人間生活の天地でなければならぬ。
 人々各々人となり、人を知り、
 人を愛し、人を楽しむ社会でなければならぬ。
posted by ハジャケン at 09:48| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本尊問答抄P373

日蓮がいさめを御用いなくて真言の悪法を以て大蒙(もう)古(こ)を調伏せられば日本国還(かえ)って調(じょう)伏(ぶく)せられなむ還(げん)者於(じゃお)本人(ほんにん)と説けりと申すなり―――
 本尊問答抄P373
posted by ハジャケン at 09:47| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 2月28日

女性に贈ることば365日
 池田大作
2月28日
自分の心が変わり、使命感が変われば、
すべてが変わっていく。人のために、
と行動していくなかに、
最も光り輝いていく生命の起動がある。
 
posted by ハジャケン at 09:46| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

大山47

小説「新・人間革命」〉 大山 四十七

 山本伸一は、記者団の質問に答えて、今後の自身の行動について語っていった。
 「学会としては、世界の平和をめざし、仏法を基調として、さらに幅広い平和運動、教育・文化運動等を展開していきます。私は、その活動に時間をあて、行動していきたいと考えています」
 伸一への質問は続いた。
 「会長交代によって、今後、学会と公明党の関係は変わりますか」
 記者たちの最大関心事は学会と政治との関係にあったようだ。伸一は微笑みながら、「それは、新会長に聞いてもらわないと。でも、これまでと同じでしょ?」と言って、隣の十条潔の顔をのぞき込んだ。
 十条は大きく頷いた。
 「やっぱり、同じですって」
 また、笑いが広がった。
 「これまで同様、学会が公明党の支援団体であることに変わりはないということです。公明党には、いちばん国民のために貢献していると言われる党に、さらに成長していっていただきたいというのが、私の願いです」
 彼は、すべての質問に、率直に答えた。
 午後八時前、記者会見は終わった。
 受付の女子職員が、心配そうな顔で伸一を見ていた。彼は、微笑を浮かべて言った。
 「大丈夫! 私は何も変わらないよ!」
 それから別室に移り、青年部幹部らと懇談した。彼は魂を注ぎ込む思いで訴えた。
 「私が、どんな状況に追い込まれようが、青年が本気になれば、未来は開かれていく。
 弟子が本当に勝負すべきは、日々、師匠に指導を受けながら戦っている時ではない。それは、いわば訓練期間だ。師が、直接、指揮を執らなくなった時こそが勝負だ。
 しかし、師が身を引くと、それをいいことに、わがまま放題になり、学会精神を忘れ去る人もいる。戸田先生が理事長を辞められた時もそうだった。君たちは、断じてそうなってはならない。私に代わって、さっそうと立ち上がるんだ! 皆が“伸一”になるんだ!」
posted by ハジャケン at 09:33| 山梨 ☀| 新・人間革命30-1 大山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年2月27日

道路際のフェンスが、ふと目に留まった。数日前に設置されたばかりなのに、もう植え込みの植物がつるを絡ませ、伸びようとしている▼たくましい生命力を感じるとともに、「葛は大きな松の木にかかって千尋に伸びることができる」(御書26ページ、通解)との御聖訓を思う。葛のつるは1日に30センチも伸びることがある。多くの植物は自らを支えるために力を使うが、葛は伸びる方に“集中”できるからだという▼青年が多く育つ地区の座談会に出席すると一つの共通点に気付く。会場の後方に必ず、いすに座って静かに皆を見守る草創の大先輩たちがいるのだ。著しい発展を遂げる各国SGIでも同じだった▼ドイツには炭鉱労働者や看護師として働きつつ広布を開いた先輩。スペインには学会を襲った障魔に動じず信心を貫いた壮年や婦人――。風雪に揺るがぬ大木があってこそ、葛はどこまでも伸びる。大仏法を体現してきた池田先生、また共に広布に尽くす草創の先輩方ありて、世界広布も青年拡大もある▼「植えた木であっても、強い支柱で支えれば、大風が吹いても倒れない」(同1468ページ、通解)との御金言がある。新時代を伸びゆく青年世代と見守り支える先輩世代。それぞれの使命を自覚する時、どちらの胸にも新たな力が躍動する。(洋)
posted by ハジャケン at 09:30| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出来た人

 世に処して活動する人々は、どんなに忙しくとも、
 その風格に何処か明るく、静かな趣がなければならぬ。
 それでこそ所謂出来た人である。
 がさつはいけない。
posted by ハジャケン at 09:29| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下山御消息P363

教主釈尊より大事なる行者を法華経の第五の巻を以て日蓮が頭を打ち十巻共に引き散して散散(さんざん)にふみたりし大鍋は現当二世にのがれがたくこそ候はんずらめ―――
 下山御消息P363 
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 2月27日

女性に贈ることば365日
 池田大作
2月27日
いつも自然に振舞うこと、
なごやかな雰囲気をつくること、
笑顔を絶やさないこと―――一緒にいて、
ありがたいなと思うのは、
こうした妻の姿である。
posted by ハジャケン at 09:26| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

名字の言〉 2017年2月26日

災害時に備える意味もあって、試しに職場から自宅まで、都内を歩いたことがある。全行程は15キロ。3時間半くらいだろうと予想し、地図を片手に意気揚々と出発した▼だが、実際はそう簡単にはいかない。道に迷っては引き返すという繰り返し。諦めて幹線道路を歩くと、車の排気ガスで鼻や喉が痛くなる。だらだらとした坂の連続で、やがて足も限界に▼一方で、新しい発見もあった。不意に開ける素晴らしい眺望。電車でしか行ったことのない駅同士が、実はそれほど離れていないこと。「点」でしかなかった場所がつながってくる。頭の中の地図が、立体的に立ち上がる。所要時間は予定よりかかったものの、収穫は大きかった▼万事、やってみなければ分からないことは多い。もちろん、事前にさまざま考えることも大切だ。しかし、それで全てが分かるわけではない。実際に体を動かせば、心も大きく動きだし、新しい出会いや気付きが生まれる▼初代会長の牧口先生は青年に言った。「勇猛精進し給え! 仏法は実行だよ。精進だよ。老齢にはなったが、私も実践しています」。学会にはこの「行動第一」の伝統が生き生きと脈打っている。さあ自他共の勝利の春へ、わが心の扉を大きく開き、友好対話に打って出よう。(起)
posted by ハジャケン at 10:16| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長生の秘訣 必見です

天は長く地は久し。
 天地の能く長く且久しき所以の者は、
 其の自ら生ぜざるを以ての故に能く長生す。
 是を以て聖人は其の身を後にして身先んじ、
 其の身を外にして身存す。
 其の私無きを以てに非ずや。
 故に能く其の私を成す。(老子)
「天は長く地は久し」。
 インスタントはいけない。
 天地の能く長く且つ久しき所以の者は、
 其の自ら生ぜざるを以ての故である。
 自分からいろいろの心を持ったり作為したりしない。
 よく自然に則るから長生を得るのである。
 「是を以て聖人は其の身を後にして身先んじ」、
 自分が欲望や私心で先頭に立つのではない。
 自分の身を後にする。
 後にするから、いつの間にか人が立てる。
 だから自分が先になる。
 「其の身を外にして身存す」。
 自分自身を考えないから、却って自分の身を存続させることが出来る。
 「其の私無きを以てに非ずや。故に能く私を成す」。
 つまり人間が私利私欲、けちな考えをなくすると、
 却って自分の存在を確立することになる。
 自分というものを真実に打立てることが出来る。
posted by ハジャケン at 10:14| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする