2017年04月28日

名字の言〉 2017年4月28日

厚生労働省が先頃、2065年までの将来推計人口を公表。50年近く先のこととはいえ、総人口は8808万人に減り、高齢者が年少人口(0〜14歳)の約4倍を占めると予測された▼少子高齢化が進む中で、社会や消費の動向に新たな可能性を生む「クロスジェネレーション」(世代間交流)が注目されている。ヨーヨー、けん玉など懐かしいおもちゃが今、世界各地で流行。日本では大人が教える体験教室も盛況という▼「大人世代が若者世代をサポートするような社会になれば、まさに世界のモデルになる」との声も(阪本節郎/原田曜平著『日本初! たった1冊で誰とでもうまく付き合える世代論の教科書』東洋経済新報社)▼世代間交流は広布の運動でも新たな勢いを生む。仏法対話に挑む広島県の学生部員。だがうまくいかない。「わしの折伏についておいで」と言う祖父に同行。烈々たる情熱と確信の声。祖父の友人は「信心してみる」と。触発された学生部員は再び挑戦し、弘教を実らせた▼御書に「人のものををしふると申すは車のおもけれども油をぬりてまわり・ふねを水にうかべてゆきやすきやうにをしへ候なり」(1574ページ)と。模範を示す。励ましを送る。共に動く――青年の成長を信じ抜く行動から新しい時代が始まる。(子)
posted by ハジャケン at 09:04| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四条金吾殿御返事P1164

設(たと)ひ所領をめされ追い出し給うとも十羅刹(らせつ)女の御計(はから)いにてぞ・あるらむと・ふかくたのませ給うべし―――
 四条金吾殿御返事P1164
posted by ハジャケン at 09:02| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月28日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月28日
前を見よ   
後ろを見るな    
前には     
希望と勝利と栄光の人生がある


posted by ハジャケン at 09:01| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

雌伏 二十九

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十九

 山本伸一は、来る日も来る日も、神奈川研修道場や新宿文化会館などで、各地や各部の代表らと懇談し、指導・激励を続けた。
 一部の週刊誌などは、相変わらず学会批判を続け、捏造、歪曲した報道も盛んであった。しかし、伸一は、悠然と、太陽が己の軌道を黙々と進むように、個人指導を重ねていった。励ました同志が、信心に奮い立ち、宿業の障壁に挑み、乗り越え、人生の凱歌を響かせる姿を見ることに勝る感動はない。
 伸一は、青年たちとも好んで懇談した。神奈川文化会館で数人の男子部、学生部の幹部らと語り合った折、彼は尋ねた。
 「学会は新出発して半年以上が経過したが、青年は元気かね」
 男子部の幹部が答えた。
 「はい。頑張っています。ただ、先生が会合で指導されることがなくなってしまい、皆、寂しい思いをしています」
 伸一は、すかさず言った。
 「そう感じたならば、青年が立ち上がるんです。そうでなければ、傍観者であり、主体者ではない。自分が一切を担おうと決めて、前進の原動力となっていくのが青年です」
 男子部の幹部が、困惑した顔で語った。
 「新しい活動などを提案しても、壮年の先輩たちは、なかなか賛成してくれません」
 伸一は、笑みを浮かべた。
 「青年が新しいものを企画し、先輩である壮年たちが反対する――多かれ、少なかれ、どの団体や社会でもあるものだ。
 年配者には、何事にせよ、豊富な経験がある。そこから導き出された経験的法則というものがあり、その尺度で物事を判断する。
 この経験則という裏づけがあるだけに、年配者の判断には間違いは少ない。しかし、自分が経験していない物事には否定的になりやすい。また、時代が大きく変化している場合には、経験則が役に立たなくなる。それが認識できないと、判断を誤ってしまう。
 壮年幹部の側は、その点を心して、青年の意見に、積極的に耳を傾けていくべきです」
posted by ハジャケン at 09:55| 山梨 ☔| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雌伏 二十九

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十九

 山本伸一は、来る日も来る日も、神奈川研修道場や新宿文化会館などで、各地や各部の代表らと懇談し、指導・激励を続けた。
 一部の週刊誌などは、相変わらず学会批判を続け、捏造、歪曲した報道も盛んであった。しかし、伸一は、悠然と、太陽が己の軌道を黙々と進むように、個人指導を重ねていった。励ました同志が、信心に奮い立ち、宿業の障壁に挑み、乗り越え、人生の凱歌を響かせる姿を見ることに勝る感動はない。
 伸一は、青年たちとも好んで懇談した。神奈川文化会館で数人の男子部、学生部の幹部らと語り合った折、彼は尋ねた。
 「学会は新出発して半年以上が経過したが、青年は元気かね」
 男子部の幹部が答えた。
 「はい。頑張っています。ただ、先生が会合で指導されることがなくなってしまい、皆、寂しい思いをしています」
 伸一は、すかさず言った。
 「そう感じたならば、青年が立ち上がるんです。そうでなければ、傍観者であり、主体者ではない。自分が一切を担おうと決めて、前進の原動力となっていくのが青年です」
 男子部の幹部が、困惑した顔で語った。
 「新しい活動などを提案しても、壮年の先輩たちは、なかなか賛成してくれません」
 伸一は、笑みを浮かべた。
 「青年が新しいものを企画し、先輩である壮年たちが反対する――多かれ、少なかれ、どの団体や社会でもあるものだ。
 年配者には、何事にせよ、豊富な経験がある。そこから導き出された経験的法則というものがあり、その尺度で物事を判断する。
 この経験則という裏づけがあるだけに、年配者の判断には間違いは少ない。しかし、自分が経験していない物事には否定的になりやすい。また、時代が大きく変化している場合には、経験則が役に立たなくなる。それが認識できないと、判断を誤ってしまう。
 壮年幹部の側は、その点を心して、青年の意見に、積極的に耳を傾けていくべきです」
posted by ハジャケン at 09:29| 山梨 ☔| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月27日

本部幹部会中継行事の終了後、自転車のかごにメモが入っていた。「タイヤの空気圧が低いようです。自転車屋さんで見てもらってはいかがですか」と記されていた▼持ち主の少女は驚いた。確かに、頑張ってペダルを踏んでも、自転車はなかなか進まなかった。メモを書いたのは創価班。来館者の自転車を、一台一台点検していた。とてもうれしかった――こんな声を、少女が寄せてくれたことがある▼そこまで確認する義務はないかもしれない。だが、自転車に不具合があれば、事故につながりかねない。この創価班は、皆が無事に帰宅するまでを「わが責任」と捉え、任務に当たっていた▼今月の中部を皮切りに、本年、全国で「創価青年大会」が開かれる。かつて、青年大会に参加した識者が語っていた。「合唱も演技も素晴らしかった。同じように、汗をかきながら、笑顔で参加者を迎え、黙々と責任を果たす役員の姿も、まぶしいほど輝いていた」▼池田先生は述べている。「(私は)『ここまで』と相手が驚くほど、手を尽くして、一人一人を励ましてきた」「友のために『頭』を使い、『心』を使う。それが真実の指導者である」。この師の心をわが心とし、自身を鍛え、幸福拡大に進む“励ましの挑戦者”でありたい。(鉄)
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☔| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四条金吾殿女房御返事P1135

一切の人はにくまばにくめ、釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏・乃至梵王・帝釈・日月等にだにも・ふびんと・をもはれまいらせなば・なにかくるしかるべき、
法華経にだにも・ほめられたてまつりなば・なにか・くるしかるべき―――
 四条金吾殿女房御返事P1135
posted by ハジャケン at 09:22| 山梨 ☔| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月27日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月27日
平凡なるよき市民、よき隣人として、
誰からも信頼され、
荒れすさんだ友の心を浄化していく、
地域、職場の良心となってほしい。


posted by ハジャケン at 09:21| 山梨 ☔| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

雌伏 二十八

小説「新・人間革命」〉 雌伏 二十八

 山本伸一は、十一月十六日の本部幹部会は学会創立四十九周年を記念する式典であるだけに、わずかな時間でも出席し、同志と共に新しい広宣流布のスタートを切りたかった。
 彼は、会合の途中で入場した。大多数の参加者が、久しぶりに伸一の姿を目にした。揺るがさんばかりの大拍手が場内を圧した。
 彼は、長い話をすることは自粛し、上着を脱ぎ、扇を手に壇上の中央に立った。
 「今日は、学会歌の指揮を執ります。『威風堂々の歌』にしよう!」
 会長辞任後、初めての伸一の指揮である。
 再び、雷鳴を思わせる大拍手がうねった。
 講演ばかりが指導・激励ではない。戦いは智慧である。工夫である。創造である。どんなに動きを封じられようが、広宣流布への不屈の一念があれば、前進の道が断たれることはない。伸一は、一曲の指揮で、皆の魂を奮い立たせようと、決意したのである。
 高らかに勇壮な調べが流れ、喜びに満ちあふれた躍動の手拍子がこだました。

 〽濁悪の此の世行く 学会の……

 彼は、まさに威風堂々と、大鷲のごとく、力強く舞った。
 “大東京よ、立ち上がれ! 全同志よ、立ち上がれ!”と心で叫びながら。
 頰を紅潮させ、大きく腕を広げ、力いっぱい手拍子を打つ壮年もいた。目を潤ませながら、声を限りに歌う婦人もいた。凜々しき瞳に闘魂をたぎらせる男子部も、歓喜に顔をほころばせて熱唱する女子部もいた。
 皆の息はピタリと合い、生命は一つにとけ合った。吹き荒れる嵐のなかで、この日、東京から、再び凱歌の行進が開始されたのだ。
 「仏法は勝負」である。ゆえに、広宣流布の戦いは、いかなる逆境が打ち続こうが、断固として勝つことを宿命づけられているのだ。
 広布の勝利王は、即人生の勝利王となり、幸せの勝利王となる。広布の峰を一つ一つ越えるたびに、幸の太陽は燦然と輝きを増す。
posted by ハジャケン at 09:16| 山梨 ☀| 新・人間革命30-2雌伏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年4月26日

広島平和記念資料館の9代目館長を務めた原田浩氏の講演を聴いた▼被爆50年の1995年、米国・スミソニアン国立航空宇宙博物館で初の原爆展が予定されていたが、退役軍人らの反対によって中止に。それ以降も、同博物館では被爆遺品を扱う展示会は開かれていない。原田氏は「B29爆撃機の展示キャプション(説明)には、いまだにその成果だけが記されている」と指摘した▼先月14日、ある展示会が、米南西部の原爆開発の地・ニューメキシコ州のロスアラモス歴史博物館の主催で行われた。被爆2世で美術家の壮年部員と、米国の女性画家が共同制作した現代アートが飾られていた。壮年が撮影した折り鶴の写真に、女性が描いたハトを重ね合わせた作品▼女性の父親はかつてマンハッタン計画(原爆開発計画)に関わった人物。一方、壮年の父親は爆心地から2・5キロで被爆した。加害者・被害者という立場を超え、「原爆が開発された地から、芸術の力で平和を発信したかった」と2人は口をそろえる▼池田先生は「真に対決し克服すべきは、自己の欲望のためには相手の殲滅も辞さないという『核兵器を容認する思想』です」と強調する。核の脅威が叫ばれる時こそ、“核は絶対悪”という根源からの思考を手放してはならない。(柑)
posted by ハジャケン at 09:13| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四条金吾殿御返事P1118

強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ、
あしき名さへ流す況やよき名をや何に況や法華経ゆへの名をや―――
 四条金吾殿御返事P1118
posted by ハジャケン at 09:11| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈る言葉365日 4月26日

女性に贈る言葉365日
 池田大作
4月26日
タンポポは、なぜ、踏まれても、踏まれても、
負けないのだろうか。強さの秘密は、地中深くに伸ばした根っこだ。
長いものだと、地下一メートル以上にもなるという。
人間も同じであろう。悪戦苦闘を耐え抜き、
自身の人生の根っこを、
何ものにも揺るがぬ深さまで張った人が、
まことの勝利者だ。


posted by ハジャケン at 09:10| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする