2017年08月20日

名字の言〉 2017年8月20日

「この時期に、聖教新聞を配達しているとね」と、ある無冠の友が教えてくれた。「あの家この家で、目を覚ましたばかりの花が“おはよう”って迎えてくれるんです」▼聞けば「朝顔」だという。名前からして、「朝になると咲く花」と思いがちだが、実は、「夜明け前」に花を開かせることが多い。開花時刻を決めるのは「前日の日没時刻」。品種によって異なるものの、日が暮れてから8〜10時間後に開花する性質を持つ。朝の光や気温の高さによってではない。夜の闇や気温の低下こそが、開花を促す要因ともいえよう▼「冬は必ず春となる」(御書1253ページ)との御文を思い出す。夜もまた、必ず朝となる。桜が冬の寒さを越えて春に花を結ぶように、朝顔は夜に力を蓄え、花を咲かせるのだ▼夜明け前に咲くその花と、無冠の友の姿が、二重写しに見えてならない。街が眠りから覚める前に、さっそうと歩み始める。雨の日も風の日も、たとえ自身が苦悩の闇と戦う日々であろうとも。“あの友この友に、幸と希望の朝を届けたい”と願い、胸に勇気の花を咲かせながら▼朝顔は英語で「モーニング・グローリー(朝の栄光)」という名だ。皆で最敬礼しよう。わが地域を駆ける、栄光のトップランナーに感謝を込めて――。(之)
posted by ハジャケン at 09:56| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真のデモクラシー

 現代人には「舜何人【しゅんなにびと】ぞや我何人【われなにびと】ぞや」
 の観念が横溢【おういつ】して居る。
 けれども古人の謂【い】う意味と現代人の考える所とはまるで正反対である。
 現代人は舜何人ぞや? 舜も亦人ではないか。
 我々と同じ人間ではないか。
 彼もやはり娥皇【がおう】・女英【じょえい】という二人の女を持って、
 性欲も虚栄も野心もあった男だ。
 英雄崇拝とか哲人礼讃等は、
 要するに封建時代の奴隷的服従思想の遺伝であると嘲笑する。
 然【しか】し、かくて人間を平等視して自ら寛くする【、、、、、、】
 ことはあさましい理知の戯【たわむ】れに過ぎない。
 真【まこと】のデモクラシーやはり一切の人に良知を認め、
 人格を容【ゆる】して、一切の人を聖境【せいきょう】に
 高めんとする思想でなければならぬ。
 デモクラシーを単に外面生活に限るならば格別、
 之を以て内面生活を抹殺し去ろうとするのは
 許すべからざる人性【じんせい】の冒涜【ぼうとく】である。
 人間の向上を遮蔽【しゃへい】するものである。
 然しながら至深至奥【ししんしおう】な本性【ほんせい】の要求は
 是【かく】の如き時代思想に満足することは出来ないで、
 自己を高め救うべき何ものかを復【また】求めずには居られない。
posted by ハジャケン at 09:53| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教機時国抄P439

時を知らずして法を弘めば益無き上還って悪道に堕するなり―――
 教機時国抄P439
posted by ハジャケン at 09:49| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月20日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月20日
子どもというのは、
たとえ母親の忙しい状況をわかっていても、
自分のほうを向いて、
ちゃんと見てほしいものなのです。
それは幼い子どもだけではありません。
大きくなればな大きくなったで、
節目節目で受け止めてほしいと感じるものなのです。


posted by ハジャケン at 09:47| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

雄飛 五十六

小説「新・人間革命」〉 雄飛 五十六

 「メキシコの詩心に思うこと」――それが、グアダラハラ大学での山本伸一の記念講演のタイトルであった。
 彼は、“太陽と情熱の国”メキシコの人びとの独特な心の豊かさにふれつつ、そこにある詩心や笑顔は、心と心の回路の開放を意味しており、平和の建設、文化の交流においても、この心の回路の開放こそが肝心であることを論じた。また、メキシコの人びとがラテンアメリカ地域の非核化に、強いイニシアチブをとって努力を続けていることに深い敬意を表したのである。
 伸一は、グアダラハラから、アメリカのロサンゼルスに戻り、さらにハワイを訪問。ここでも、懇談会や御書研鑽会で入魂の指導を重ね、三月十二日に帰国した。
 彼は、渾身の力を尽くして、日本の、世界の同志への激励行を続けてきたのである。広布は、次第に上げ潮へと転じ始めていた。
 そして、5・3「創価学会の日」を祝賀する記念行事が、晴れやかに創価大学で開催された。伸一は、五月二日から五日まで、連日、記念勤行会、記念祝賀会等に出席した。
 創価の師弟の陣列は、薫風のなか、さっそうと二十一世紀への行進を開始したのだ。
  
 “さあ、世界の平和のために、走り続けよう!”――伸一は、五月九日、休む間もなく、ソ連、欧州、北米訪問へと旅立っていった。
 最初の訪問国であるソ連は、世界から非難の集中砲火を浴びていた時であった。一九七九年(昭和五十四年)十二月、ソ連軍がアフガニスタンに侵攻したことから、八〇年(同五十五年)夏のモスクワ五輪を、六十を超える国々がボイコットし、ソ連は国際的に厳しい状況に追い込まれていたのである。
 しかし、伸一は、すべてを政治的な問題に集約させ、対話の窓口を閉ざしてはならないと考えていた。そんな時だからこそ、文化・教育を全面的に掲げ、民衆の相互理解を促進する民間交流に、最大の力を注ぐべきであるというのが、彼の信念であった。
posted by ハジャケン at 10:25| 山梨 ☁| 新・人間革命 30-3雄飛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2017年8月19日

南米で経営者として活躍する壮年リーダーが言った。「実は私、カンクチョウだったんです」。カンクチョウ?――思わず聞き返すと、仏教説話の一つ「雪山の寒苦鳥」のことだった▼インドの雪山にすむ寒苦鳥は、夜の寒さに震え、“明日こそ巣を作ろう”と決意する。しかし太陽が出て暖かくなると、決意を忘れて遊んでしまい、再び寒い夜を迎える。結局、巣を作れないまま一生を終える――国や文化が違っても、物事を先延ばしにしがちな人間の性は共通なのだと納得した▼なぜ人はやるべきことを先延ばしにしてしまうのか。脳神経外科医の築山節氏によれば、脳の司令塔である前頭葉の働きが低下すると、“楽をしたい”という脳の原始的な欲求を抑えられなくなるという▼前頭葉の働きを高める方法の一つとして、氏は特に「家事」の有効性を強調する。例えば料理や片付けは「選択・判断・系列化」の連続であり、それを自主的に行うことで前頭葉の働きが活発になり、主体的な行動につながるそうだ(『脳が冴える15の習慣』NHK出版)▼御書に「心の師とはなるとも心を師とせざれ」(1025ページ)と。成長と幸福の方向へ、自身を動かしていくのが信心の力。「今ここから!」と決め、動きだせば、人生は変わり始める。(献)
posted by ハジャケン at 10:22| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡国の姿

 私の時々思い出す古人の警語の一に、
 王者は日に敬【つつ】しみ、
 覇者は時に敬しみ、
 僅かに存するのみなる国は危くして而る後之を戚【うれ】え、
 亡国は亡に至って而る後亡を知り、
 死に至って而る後死を知る。(荀子・彊国)
 ということがある。
 痛切・骨に響くものがあるではないか。
 王者は一日一日を大切にする。
 日日是れ好日たり得るは、
 日々是れ敬日に力めるからである。
 覇者になると、王者と違って力の政治であるから、
 時々油断がならない。時に敬しむ所以である。
 どうやらこうやら存在しているにすぎない様な
 自主自立性の乏しい間抜けた国は、
 危くなってから、やっと心配し始める。
 だめな国はどうにもならなくなって、やっとそれがわかる。
死ぬところまで落ちこんで、やっと死ぬのかと狼狽するのである。
posted by ハジャケン at 10:17| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下山御消息P344

仏法には賢なる様なる人なれども時に依り機に依り国に依り先後の弘通に依る事を弁へざれば身心を苦めて修行すれども験なき事なり―――
 下山御消息P344
posted by ハジャケン at 10:16| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月19日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月19日
何があろうとも、その場で、自分なりに、
悔いなく、精一杯生きることだ。
そして、自らの力で、
自らの運命を切り開いていくことだ。


posted by ハジャケン at 10:15| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

名字の言〉 2017年8月18日

少子高齢化、人口減少が急速に進む日本社会。時代の変化をどう読み、先手を打つか――さまざまな団体や企業が、生き残りを懸けて必死の努力を重ねている▼今、多くの自治体が直面する課題が公民館など公共施設の維持。かつて盛んに造られた「ハコモノ」は維持費等がかかり、財政を圧迫する。しかし、神奈川県の秦野市は逆転の発想で、この「お荷物」を「宝の山」へと変えた(「潮」9月号)▼例えば市役所の敷地内にコンビニを開設。賃料が入るとともに、市役所の利用者の利便性向上にもつながった。また、保健福祉センターの空き会議室を民間に貸与。市民のための「パソコン教室」などが開設され、その使用料は施設の維持管理費に充てられる。こうした改革で、財政状況を大きく改善できたという▼資源や財源は有限だが、人間の知恵は無限だ。どんな悪条件でも、必ず活路は開ける。大事なのは「時代の先を見る目」と「逆境を好機へ変える知恵」だ▼御書には「天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか」(254ページ)と。信心根本に努力と工夫を重ねて現実社会で勝利する。それが仏法者の生き方。変化の時代だからこそ、「知恵の太陽」をわが胸中に昇らせ、新たな価値を創造していこう。(駿)
posted by ハジャケン at 09:52| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非武装国家の幻想

 日本を取り巻く国々はみな実質的に
 武力国家侵略主義的国家でありまして、
 こんな割の悪い国は世界の何処にもありません。
 例えばヨーロッパ諸国にしても大体ソ連だけを考えておればよい。
 アメリカなどは何処【どこ】を向いても、
 遠い先々のことはいざ知らず現実に
 アメリカの存在を脅すような国家は見当らない。
 日本だけがただ独り眼の前に大変な国々が
 鼻面【はなづら】を並べておる。
 曰くソ連、曰く北鮮、曰く中国。
 そういう国々の中に在っていくら非武装国家を謳い中立を叫んでも、
 観念的・感傷的議論に過ぎぬ。
 それこそナンセンスというものであります。
posted by ハジャケン at 09:50| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報恩抄P329

極楽(ごくらく)百年の修行は穢土(えど)の一日の功徳に及ばず、正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか、是れひとへに日蓮が智のかしこきには・あらず時のしからしむる耳(のみ)、
春は花さき秋は菓(このみ)なる夏は・あたたかに冬は・つめたし時のしからしむるに有らずや―――
 報恩抄P329
posted by ハジャケン at 09:47| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする