2016年08月24日

清新60

清新 六十

 山本伸一が藤根ユキを励ましてから、三年余がたっていた。伸一は今、ふくよかで明るい表情の彼女を見て言った。
 「藤根さん。元気になってよかったね」
 「はい! 実は、昨年、指導部になり、今は本部の指導長をしております」
 「そう。無理をしないで、体を大事にしながら、余裕をもって活動に励んでください」
 「それが、本部長をしていた時よりも忙しくなってしまいました。毎日、個人指導で予定はぎっしり詰まっています。でも、頼りにされていると思うと、嬉しくって……」
 「すごいことです。年配になって、ライン役職を離れても忙しいということは、その組織が団結し、仲が良いという証拠なんです。それが私の理想なんです。嬉しいことだ。
 また、あなたが“広宣流布のために、なんでもやらせてもらおう”との思いで、後輩を守り、積極的に活動に取り組んでいるからです。あなたの人柄ですよ。
 いつも文句ばかり言って動こうとしない先輩であれば、誰も相手にしなくなります。つまり、ラインの正役職を外れたあとの姿こそが大事なんです。誰からも頼りにされず、声もかけられないのでは寂しいものです。
 組織の立場は、みんな変わっていきます。しかし、広宣流布のために働こうという信心の姿勢は、変わってはいけません」
 藤根は、大きく頷きながら尋ねた。
 「でも、山本先生は、ずっと学会の会長でいてくださいますよね」
 「いや、私は、会長を辞めようかとも考えている。今や、学会本部には、世界中から大勢の同志が来る。海外の要人との対応も大事になっています。だから、会長は譲って、世界のために働こうと思っているんです」
 藤根は顔色を変えた。耳を疑った。
 「先生、困ります。本当に困ります」
 会合中であることも忘れ、必死に訴えた。
 伸一は、「わかったよ」と、微笑を浮かべた。三カ月後、この言葉が現実のものになるとは、藤根は想像さえできなかった。
posted by ハジャケン at 09:34| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月24日

「手帳を買ってまず書き込むのが、折伏した相手の入会記念日です」と壮年部の友。弘教は70世帯を超えるが、毎年、一人一人の記念日の前後に連絡を取るという。「第二の人生を踏み出した大切な日ですから」▼信心を始めたからといって、人生行路はいつも順風ばかりではない。逆風や嵐の日もある。中国の古典には「事窮まり勢蹙まるの人は、当にその初心を原ぬべし」(『菜根譚』今井宇三郎訳注)とも。行き詰まった時、初心の決意に帰ることが、打開への転換点になる▼仏典では、全ての菩薩は、初めて悟りを求める心を起こした時、四つの誓願(四弘誓願)を立てると説く。その第一が「衆生無辺誓願度」――“全ての衆生を幸福に導く”との誓いだった。個々の願いをかなえたいと信心した人も、仏法の眼から見れば、広宣流布という大理想を誓った地涌の菩薩。この三世の原点に立てば、無限の勇気が湧く▼「この世から一切の不幸と悲惨をなくしたい」との戸田第2代会長の言葉に打たれ、69年前のきょう、池田SGI会長は入信した。「わが胸には、戸田城聖先生の弟子として第一歩を踏み出した、あの十九歳の夏の初心が今も明々と燃えている」と▼その「広宣流布の信心」に連なり、人間革命の挑戦を開始したい。(献)
posted by ハジャケン at 09:31| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 機は何にでもある。
 禅に禅機、商売に商機、政治には政機がある。
 この政機を知らぬと、
 のんべんだらりとした情無い政治になって、
 不信を招き、
 丁度この頃の政冶のようなものになってしまう。
posted by ハジャケン at 09:28| 山梨 ☀| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P794

今日蓮等の弘通の南無妙法蓮華経は体なり心なり廿八品は用なり廿八品は助行なり題目は正行なり正行に助行を摂す可きなり―――
 御義口伝P794
posted by ハジャケン at 09:27| 山梨 ☀| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月24日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月24日
いずこの世界であれ、
ひとたび決めたしていの道に行き抜く人の姿は美しい。
また尊く、つねに新鮮な向上の人生となる。
 
posted by ハジャケン at 09:25| 山梨 ☀| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

清新59

清新 五十九

 九州記念幹部会は、午後一時過ぎに始まった。会場の大広間には、「先生、インドの旅お元気で行ってらっしゃい」と書かれた横幕が掲げられていた。集った同志は、山本伸一が意義あるインド訪問へ、九州の地から出発することに、喜びと誇りを感じていた。
 前方から会場に入った伸一は、皆の温かい拍手に迎えられ、参加者の中央を進んでいった。そして、大広間のいちばん後ろまでいくと、窓際に腰を下ろした。
 「今日は、ここで皆さんの話をお伺いします。“先駆の九州”の皆さんが団結し、意気盛んに、はつらつと前進する姿を心に焼きつけて、インドへ旅立ちたいんです」
 鹿児島の県長や九州の方面幹部、副会長の話と、式次第は進んでいった。
 伸一は、会場後方にあって、自分の近くに座っている人たちに視線を注いだ。そこに、見覚えのある懐かしい顔があった。宮崎県の藤根ユキである。
 彼女は、草創期から宮崎の地にあって、地区担当員(後の地区婦人部長)などを務め、近年は婦人部本部長として、真面目に、ひたぶるに信心に励んできた女性であった。伸一も、何度か出会いを重ねてきた。
 藤根は、一九七四年(昭和四十九年)に、苦楽を分かち合ってきた夫を亡くした。夫は、彼女をいちばん理解し、何でも話し合えた人生の伴侶であり、また、共に地域広布を切り開いてきた同志でもあった。心にぽっかりと大きな空洞ができ、すっかり元気をなくしてしまった。
 翌年の十二月、彼女は九州研修道場で伸一と会い、言葉を交わす機会があった。
 藤根は最愛の夫が他界したことを告げた。伸一は、こう言って彼女を励ました。
 「悲しいでしょうが、その悲しみに負けてはいけません。一人になっても、永遠の幸福のために戦っていくんです。ご主人の分まで頑張るんです。戦うあなたの心のなかに、ご主人は生き続けているんですから」
 その言葉に、藤根は奮い立った。
posted by ハジャケン at 10:16| 山梨 ☁| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月23日

日本選手団の連日のメダルに沸いたリオ五輪が閉幕し、聖火は4年後の東京へ託された。喜びと悲嘆、安堵と後悔、笑顔と涙――選手たちの見せた一瞬の表情には、4年分の物語が詰め込まれているようで、勝者であれ敗者であれ、息をのむほど濃密で美しかった▼「時計の針(短針)が1周するほど」、つまり1日12時間を超える猛練習の日々を振り返ったのは、女子卓球の福原愛選手。主将として2大会連続の団体メダル獲得に導いた。練習終了後は、しばらく立ち上がれないこともあったという。「こんなにやったんだからという自信が試合の成果につながった」▼シンクロ女子デュエットの乾友紀子選手と三井梨紗子選手は、朝昼晩の3回、計10時間以上に及ぶ猛練習を。これほど過酷な練習を積めば、「試合が一番楽になる」と臨んだ本番で、銅メダルに輝いた▼選手たちがメダルを手に「重い」と答えていたが、実際、今回の金メダルは、夏季五輪では最も重い500グラムだった。だがメダルの価値は、頂点を目指そうとした勇気、自分に負けなかった鍛錬の日々の中に詰まっている▼勝ち続けることには限界があるだろうが、成長に限界はない。それを表現した全てのオリンピアン(五輪選手)に「ありがとう」の拍手を送りたい。(差)
posted by ハジャケン at 10:09| 山梨 ☁| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆 力

 吾々はいくら智慧があっても、
 学問があっても、
 個人と個人との日常生活の細やかな問題の
 決定一つつかぬことが多い。
 偉い学者といわれる人がつまらぬ一瑣事に捉われるということは、
 つまり知識と見識が違うからで、
 従って見識というものは一つの決断力であり、
 これは人生においては直ちに行為となって現れなければならぬ、
 決断は同時に行でなければならぬ。
 従って見識は実践的でなければならぬ。
 ところが見識が実践に入るには又ここに一つの勇気が要る。
 この実践的勇気を称して、
 古来最も民衆的な言葉でいうと、
 「胆力」と申します。
posted by ハジャケン at 10:06| 山梨 ☁| 安岡正篤 一日一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御義口伝P774

妙音とは今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る事は末法当今の不思議の音声なり―――
 御義口伝P774
posted by ハジャケン at 10:04| 山梨 ☁| 御書を読もう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に贈ることば365日 8月23日

女性に贈ることば365日
 池田大作
8月23日
どうして自分だけが・・・・
どうして私だけが・・・・
何も嘆くことはない!
決してあきらめることはない!
勝負は一生で決まる。
途中ではない。
最後に晴ればれと勝てばよいのだ。
 
posted by ハジャケン at 10:03| 山梨 ☁| 女性に贈ることば365日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

清新58

清新 五十八

 山本伸一は、自身の人生の最大テーマは、「世界広布の基盤完成」にあると心に決めていた。世界は、あまりにも広く大きい。早くその事業に専念しなければ、世界広宣流布の時を逸してしまいかねないとの強い思いが、彼の胸には渦巻いていた。
 「七つの鐘」が鳴り終わる今こそ、まさに、その決断の時ではないのかとも思えた。
 二月一日、九州研修道場では、伸一が出席して、「伝統の二月」のスタートを切る九州記念幹部会が開催されることになっていた。
 幹部会の開会前、彼は、研修道場内の移動の便宜を図るために設けられた橋の、テープカットに臨んだ。
 小雪が舞い、霧島の山々は、うっすらと雪化粧をしていた。皆が見守るなか、木製の橋の入り口に張り渡されたテープを、女子部の代表がカットした。
 伸一は、集まっていた人たちに尋ねた。
 「この橋の名前は?」
 皆が口々に答えた。
 「まだ、ありません!」
 「先生、名前をつけてください!」
 彼は、即座に、こう提案した。
 「日印橋でどうですか? 日本とインドに友好の橋を架けるという意義と決意を込めて、つけさせていただければと思います」
 歓声と拍手が起こった。
 それから伸一は、先頭に立って橋を渡った。同行の幹部は、雪が薄く積もった橋を革靴で渡る伸一が転びはしないかと、はらはらしながら見詰めていた。彼は、橋を渡ることで、準備にあたってくれた同志の真心に、真心をもって応えたかったのである。
 その小さな行動のなかにも、世界を結ぼうとする伸一の、哲学と信念があった。
 ――誠実と誠実が響き合い、心が共鳴する時、永遠なる友情の橋が架かる。利害と打算の結合は、状況のいかんで、淡雪のごとく、はかなく消え去ってしまう。友情の橋こそが、人間の絆となり、さらには、恒久平和を築く礎になる!
posted by ハジャケン at 10:57| 山梨 ☀| 新・人間革命 29-3 清新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名字の言〉 2016年8月22日

何を書こうか、あれこれ悩んでも考えがまとまらない。そんな時は、取りあえずパソコンの画面を開き、書きだしてみる。すると、それにつられるようにアイデアが浮かび、文章が出来上がる。案ずるより生むがやすし、とはよく言ったものである▼比べるのもおこがましいが、大歴史学者のトインビー博士は、毎朝9時ごろには、気分が乗っていようがいまいが、机に向かった。「仕事をしたい気持ちになるのを待っていたのでは、いつまでも仕事はできない」と▼この職業的体験には裏付けがある。認知心理学で「現状維持バイアス」と言い、人間には、労力を掛けた末に失敗することを恐れ、自身の状況を大きく変えるような決断を避ける傾向がある。大事な作業の前に、急に部屋の掃除など、些末なことをやり始めるのも、万一、作業に失敗した時に“十分な時間がなかった”と、自分に言い訳できるからだという(『「時間の使い方」を科学する』一川誠著、PHP新書)▼この“先送り傾向”を打開する方法の一つが「まず始めてみる」。始めることで、目標に着実に近づく手応えが得られ、達成への好循環が生まれる。いよいよ「2018年11月18日」を目指す、本年の後半戦。一歩でもいい。自身の大目標へ行動を始めよう。(飛)
posted by ハジャケン at 10:54| 山梨 ☀| 名字の言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする